犬のアレルギー対策 フードを手作りご飯にする効果と方法

犬に食物アレルギーがあると、市販のフードがなかなか合わないということもあるのではないかと思います。

そのような理由から、手作り食へと移行した、またはこれから手作りを考えている飼い主さんもいるのではないでしょうか?

私も、半分くらい手作りのようなことをしています。

犬のフードを手作りにと言うと何だか大変になってしまう印象がありますが、確かに少しだけ手間はかかるけどそれも考え方次第、それほどでもないです。

今回は、犬の食物アレルギーでフードが合わない時の、手作り食の有効性や方法について説明したいと思います。

スポンサーリンク

犬の食物アレルギーの原因はドッグフードにあることが多い

犬のアレルギーには、食べ物によるものと環境によるものの2種類があります。

アレルギーの原因となるアレルゲンは、病院で血液を採取して検査すれば特定することができます。

【アレルギー検査の参考記事】

病院で犬のアレルギー検査にかかる費用はどのくらい?

アレルゲンが判明したら、そのアレルゲンとの接触をしないようにすることでアレルギー症状の改善も可能になります。

食物アレルギーが判明した場合、犬が普段食べている食事やおやつの内容の見直しをしてアレルゲンを除去していかなければいけません。

もちろん日常的な主食であるフードの内容の見直しが最も重要になってきます。

ところが、例えばですが「鶏肉」のアレルギーが判明し、フードのメイン食材を鶏肉以外のものに変更したとします。

それでもアレルギーの症状の改善がみられない場合は、フードに含まれる他の物質が作用している可能性があります。

【フードの原材料について参考記事】

犬のアレルギー症状とフードの関係・材料と安全性について

上の記事に挙げているフードはほんの一部で、これは良質とされているフードの表示内容です。

犬の市販のフードにはこれだけ多くの原材料が使われて作られているということを表しており、ここではそれが良いか悪いかという話ではありません。

アレルギーのある犬の場合、単純に一つのアレルゲンだけの問題ではないことが多いのです。

もし一つのアレルゲンが解決しても、これだけたくさんの原材料の中にはまだ関与しているアレルゲンがあるかもしれず、なかなか全ての除外は困難です。

そして、アレルギー検査で判明するアレルゲンの数値はあくまでも参考値ですので、実際の症状と結びつかない場合もあります。

先述の例の続きで、鶏肉のアレルギーが出てそれ以外のフードに変えても、やはりアレルギー反応が表れ、手作りで鶏肉を使ったものは大丈夫だった、ということもあるのです。

これが良質のフードならまだ良く、低品質のフードになると表示以外の実際の原材料が不明であることも多いです。

リンク記事中でも触れていますが、フードは法律で守られているようであって守られていないという曖昧さがあり、表示の信頼性については消費者で判断するしかない部分があります。

スポンサーリンク

食物アレルギーの治療の実際

参考値であるにせよ、食物アレルギーが発覚した場合、または検査しなくともこの食材によるアレルギーではないかという予測が立った場合、その食品を犬の食べ物の中からはずしていくことが何よりの治療になります。

今はアレルギー対応食も市販されています。

病院では、タンパク質が加水分解されている療法食(アレルギー原因になるタンパク質をあらかじめ分解してある為アレルギーが起こりにくい)などを使用し、他の食べ物を一定期間全て除外して経過を見るのです。

これは、治療でありながら「除去食試験」という、アレルゲンを特定する為の検査にもなります。

次にそのフードに食材を加えていき、また一定期間経過を見て変化を調べます。

症状が出てアレルゲンが特定されたら、それを食生活から除外しアレルギーの発症を抑えます。

自己流であれこれ試しすぎると、結局どれに対するアレルギーかわからなくなりますので、特定するには獣医師の指導を受けて行うようにして下さい。

【除去食試験の参考記事】

4種の症状に注意!犬の食べ物アレルギー対策について

私の愛犬も、アレルギー症状で皮膚や耳のトラブルがあった時期があり、病院通いをしました。

鶏肉メインのフードだったので、アレルゲンは鶏肉ではないかと見当をつけ、七面鳥フードに変更しましたが、なかなか解決しませんでした。

次に、フードの中のメイン食材以外のものが問題ではないか?と考えるようになりました。

お勧めできる方法ではないですが、自己流で有名なフードをいくつも試し、手作りレシピに行き着いた結果、今は皮膚も被毛も健康になりうまくいっています。

アレルギーに手作り食が効果的な理由

市販のフードは原材料が複雑で、アレルギーに関わっているのがメインのタンパク質だけとも限らないので、それらのものを全て取り除くことができません。

でも、手作り食にすれば材料が把握しやすく、症状の改善が早期に望める可能性があるのです。

また、手作り食では、代謝を促すための素材を選ぶことや、十分な水分を摂ることができるし、体内の毒素の排泄を促すことが可能になります。

私も、愛犬のアレルギーと食事を考えるにあたって、デトックスを意識しました。

手作り食のメリット・デメリット

画像出典元 https://cookpad.com/recipe/4398803

フードを手作り食にすることによって、犬が食べている食材を飼い主さんが把握して管理できるようになりますので、アレルゲンにもすぐに対応できます。

アレルゲンが複数ある場合、それを全て除外したフードを探すのは大変です。

また、同じものをずっと続けていくうちに、同じ食材に集中してしまい、その蓄積の中で再び新たなアレルゲンができてしまうこともあります。

そうならないためにも、フードは何種類かをローテーションするのが望ましいとされるのですが、条件に合うフードを何種類も見つけるのは、現実には難しいと思います。

手作り食にすれば、食材の選択は幅広く、アレルゲンの分散をすることができます。

さらに、ドライフードの場合は、それと別に犬にたっぷりの水分を飲ませるというのもなかなか難しく、水分が不足することもあります。

その点、手作りでは食材や食事に自然と水分が含まれています。

この、水分をたっぷり日常的に自然に摂れるということは大事なことで、体内に蓄積した毒素の排泄を促すには十分な水分が必要です。

しかし、手作り食にはデメリットもあります。

手作り食には、食材を準備して手作りするという手間と栄養のバランスに対する心配が生じます。

特に、完全に手作りしている場合、栄養素が偏っていて不足してしまう可能性もあります。

また、犬が手作り食しか食べない場合、飼い主さんが食事を作れない場合、犬をホテルに預けたり病院に入院させるようなことがあった場合、市販のフードを食べることができず大変困ることになってしまいます。

手作り食を導入する方法

手作り食を導入する時は、日常のことなのであまり難しく考えると本当に大変なことになってしまいます。

最初から完全手作り食を目指さずに、アレルギー療法食などのフードと併用して、一食を手作り食にするとか、フードと半々でトッピングの手作りから始めると楽かと思います。

基本は飼い主さんの食事に使う食材から選び、味付けなしで(塩や調味料を使わない)食材を小さく切って水で煮込み、手作り雑炊にするとイメージすると、以外と簡単ではないか思います。

凝って作ろうと思えば、犬の手作り食のレシピの本もたくさんありますし、ネットでも見ることができますが、最初からそんなに構えなくて良いと思います。

また、時間のある時などに手作りし、小分け冷凍しておくと便利です。

私は、ベースになるものだけ、材料を煮てミキサーにかけ、粗みじん切りくらいにして小分け冷凍しています。

カロリーを細かく計算するのは大変ですので、ボディコンディションスコアなどを参考にしながら観察していけばよいのではないでしょうか。

【ボディコンディションスコア】

犬の散歩30分でもメリットあり!犬と人間のカロリー消費量

犬は、元々肉食であったという考えから、グレインフリー(穀類不使用)というフードもあるくらいですが、人間と共存するようになり、雑食に適応して、限りなく肉食に近い雑食であるとも言われます。

色々な考え方がありますが、穀類が必要かどうかは飼い主さんの方針でよいのではないかと思います。

ただ、自然界の中で野生の肉食獣がその内臓まで丸ごと食べることで摂れる栄養素は、フードからは摂れないので人工的に添加されているという現実があり、さらに手作りになると穀類からしか得られないものもあるようです。

そういった意味でも、手作り食では穀類も必要と私は考えます。

食材の割合としては、基本として動物性タンパク質を多く考えれば大丈夫です。

「動物性タンパク質:野菜:穀類」が「3~5:3~5:1~3」が理想の割合とされています。

ただし、アレルギーがある犬は肝機能が弱っている可能性も考えられます。

動物性タンパク質は、代謝に負担がかかるので、症状がひどい間はタンパク質の割合を低くして様子を見る方がよく、この柔軟な対応が可能な点も手作りの利点です。

この割合は、単純に「1:1:1」で良いという考え方もあります。

つまり、それほど難しく考えなくてもOKということではないでしょうか。

手作り食の食材の候補になるもの

タンパク質

鶏肉(胸肉、もも肉、砂肝、ささみなど)、牛肉の赤身(新鮮な生肉でも可能)、豚肉(寄生虫の危険があり絶対に加熱)、馬肉、羊肉、白身魚、青魚、豆腐、卵など

【犬に食べさせるタンパク質の食材ごとの注意】

犬も魚をおいしく食べたい!犬の食べ物に5つの注意

犬の食べ物にアレンジ簡単!豆腐はやさしいヘルシーフード

卵は完全栄養食品!犬の食べ物として問題なのはこの2点!

どうすれば食べていい?犬の食べ物に大豆は要注意!

野菜・果物

カリウムや食物繊維の摂取ができる。かぼちゃ、ブロッコリー、人参、キャベツ、サツマイモ、大根、りんご、バナナなど。

【犬に食べさせる野菜・果物について】

【野菜】犬が食べてはいけないものと注意すべきもの

キャベツの栄養は覚えやすい!犬の食べ物にも使いやすい!

ブロッコリーは犬の食べ物で超人気!でもこんな注意点が!

犬が果物を好きな理由 犬の食べ物にNG果物とお勧め果物

大好き!犬の食べ物で好評な定番野菜 かぼちゃの魅力とは?

穀類、その他

白米、雑穀、玄米(消化が悪いので注意。よく炊く)、少量のうどんやそうめん(塩分が多い)昆布、わかめ、ひじき、サーモンオイル(皮膚の状態の改善に有効なオメガ3オイル)など

《私が実際に作っている手作り食について》

宜しければ参考にして下さい。

乾燥シイタケと昆布でとったダシで野菜を煮て、全部一緒にミキサーにかけ、それをベースにしています。

まとめて作って冷凍保存し、食べさせる時には、魚のフードにこのベースを解凍したもの、味付けなしの焼き魚かボイルした魚のほぐし身、その季節の野菜を茹でたものなどを足します。

野菜は、いつでも手に入る切り干し大根などをよく活用していますし、ヨーグルト、納豆を刻んだもの、オメガ3オイル、酵素サプリメントを足しています。

簡単ですし、本当に美味しそうに食べてくれるので見ていて嬉しくなりますよ^^

手作り食というだけで大変になるような気がしますが、こんなふうに気軽に考えてみてはいかがでしょうか?

【サプリについて】

犬の認知症にサプリメントが期待される理由とお勧め7品

犬の腸内環境サプリ「プロキュア」評価 お試し効果のレビュー!

手作り食を与える上での注意点

手作りの食材を選ぶ時は、基本的に飼い主さんと同じメニューの中で、犬のアレルゲンではないものを選び、飼い主さんの食事を作る途中に味付け前に取り分けたものというようにすると、手間も取らず手作りが習慣化しやすくなります。

ただし、人間には大丈夫であっても犬には健康を害する禁忌の食材というものがあります。

手作り食では、犬に食べさせてはいけないものをしっかり把握しておいて下さい。

例えば玉ねぎは禁忌の食材ですが、玉ねぎそのものだけでなく、玉ねぎの成分が染み出しただし汁などもあげてはいけないものです。

味付けする前に食材を取り出したとしても、玉ねぎも一緒に煮込んでいる場合は、その食材は食べさせないようにして下さい。

【犬が食べてはいけないもの】

保存版!犬のダメな食べ物は?犬の食べ物の禁止リスト

そして、アレルギー症状は、犬の健康状態などの要因によっても左右されます。

アレルゲンを避けるのは当然ですが、普段から腸内環境を整え、免疫力をつけてコンディションをよくすることも大事なことです。

 

まとめ

犬の食物アレルギーへの対処方法は、アレルゲンを特定して、それを日常の食べ物から除外することです。

しかし、フードがアレルゲンになっている可能性は高く、完全な除外は難しくなります。

手作り食を取り入れることで、何を食べているかが明確になり、また、材料の選択も広くなるので、食材が分散されてアレルギーを起こす可能性も低くすることができます。

手作り食は、あまり難しく考えず、トッピングから始めて、トッピングの割合を多くしていく、というような感覚で取り組むと、思ったより簡単です。

完全手作りを目指すのではなく、手作り食のいいところを部分的に取り入れるくらいの感覚でお試ししてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

犬のフードとアレルギー 外国産・国産の特徴とおすすめ5点

アレルギーがある犬に手作りおやつ 安全おすすめレシピ3点

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!