生後2ヶ月で上手にしつける!子犬のトイレトレーニング

あなたが家族として迎えた子犬、生後何ヶ月でしょうか?

どこから迎えるのかによっても、月齢は多少変わってきますが、子犬を迎える時は生後2ヶ月くらいで迎えたというパターンが多いのではないかと思います。

今回は生後2ヶ月の幼い子犬にトイレトレーニングをするにあたり、しつけのコツなどを解説したいと思います。

スポンサーリンク

子犬のトイレトレーニングはいつからできる?生後2ヶ月の子犬とは

まず、生後2ヶ月の子犬にはどのくらいの能力があるものなのかを理解しておきましょう。

子犬の生後2ヶ月は、人間で例えると、せいぜい1~2歳の子供と同じくらいととらえていると良いと思います。子供というよりも、まだまだ赤ちゃんと言った方が良いでしょう。

通常、生まれてからそのくらいの時期まで、子犬は母犬やきょうだい達と一緒に過ごしています。

生後1ヶ月くらいからは社会化の時期と言って、子犬は、慣れ親しんだ家族達の中で遊びやふれあいを通して、仲間との接し方などの社会性を学び、身に着けながら成長していくのです。

そのような理由から、あまり早くに肉親と離されてしまうと情緒不安定になりやすく、その後の子犬の性格にも影響を与えたり、分離不安などに陥りやすいと言われます。

母犬は生後1ヶ月くらいまでは子犬をたっぷりと可愛がり、しきりに子犬の体を舐めて愛情を注ぎ、一生懸命お世話をします。そして、少しずつ子供にしつけをしながら子離れし、子犬を自立させていくのです。

社会化のしつけが一番最適な時期は生後2ヶ月~3ヶ月と言われていています。

その時期は、人間からも周りの環境からもいろんな影響を受けやすい時期でもあるので、トイレトレーニングなどのしつけを始めるのにはちょうど良いのです。

スポンサーリンク

子犬のトイレトレーニング ステップアップのコツ

生後2ヶ月くらいの子犬には、母犬から離されて環境が変わることは、それだけでとてもストレスになります。

そのような状態に加えて、人間がかまいすぎて疲れ、体力を落としてしまうと、直接命の危険にも繋がることにもなりかねません。

生後2ヶ月くらいは低血糖なども起こしやすく、大変デリケートな時期です。

睡眠も17時間程度は必要なので、早い話が子犬はほとんど眠っているような状態と言えます。

生後2ヶ月の子犬を迎えたら、1週間くらいは、食事と、汚れたトイレシートの交換などのお世話以外はそっとしておいて、サークル内でゆっくり休めるような環境を作ります。

サークル内にはトイレシートを敷き詰めて、どこで排泄してもいいようにしておきます。

子犬が次第にトイレとして好んで使う範囲が限局されてくるので、そこに合わせてシートの範囲を少しずつ狭めていき、トイレでないエリアを食事と寝床に決めていきます。

生後2ヶ月の子犬のトイレの回数は多く、おしっこは1~3時間おきで1日20回くらいのこともあり、回数が多いということはそれだけしつけのチャンスも多いと考えます。

【子犬のトイレの回数について】

子犬が長時間トイレを我慢する時に問題となる3つのこと

2週目くらいから少しずつトイレのトレーニングを開始します。トイレで排泄できれば褒めて、ご褒美にサークルの外に出すというトレーニングを繰り返していきましょう。

しっかりと言葉で褒めて、子犬をサークルから出してあげてから片付けを行います。そしてサークルの外で10分くらい遊んだら、またサークルに戻してあげましょう。

3週目くらいになったら、生後2ヶ月の子犬もだいぶん環境の変化に慣れて落ち着きますので、トレーニングのレベルをあげます。飼い主さんの目が届くようにしてサークルの近くで遊ばせ、その最中にトイレの誘導のチャンスを探します。

生後2ヶ月の子犬では、食後や遊びの最中、寝起きなどにトイレに行くパターンが多く、トイレのサインとして、ソワソワしたり、くるくる回る、床のにおいを嗅ぐというような行動が見られます。

そのようなサインを見つけたらサークルに戻して、トイレで排泄できれば褒めてサークルから出すというトレーニングを繰り返しているうちに、トイレの時には自分でサークルに入るようになってきます。

ただし、生後2ヶ月の子犬の成功率はまだ低くて、2割くらいと理解しておいた方がよいでしょう。

もしトイレ以外の場所で排泄しようとしたら、飼い主さんが子犬をサークルまで運び、途中からでもそこでできたら褒めてあげて下さい。

その後も少しずつ、子犬が遊べるエリアを広げていきます。

生後2ヶ月の子犬のトレーニングの最中には、排泄の合図になるような言葉を教えておくと便利です。(「シーシー」など)排泄の最中に同じ言葉でいつも声かけを続けていると、その言葉がトイレの合図となって、排泄を誘導できるようになってきます。

子犬のトイレはペットシートか新聞紙か?活用を考える

一般的には、トイレ用の紙おむつのような市販のシートを使用することが多いと思います。

ブリーダーさんなどは新聞紙をトイレに使っていることもあるそうです。新聞紙の利点は何よりコストの問題かと思います。

そして、トイレトレーニングはインクのにおいで覚えるようになるという特徴があるようです。

ペットシートの下に敷いて使用したり、新聞紙を重ねて使用し、排泄したら上からはがして下に補充していくか、あるいは短冊のように細く切ったものをトレーに入れてトイレにするなど、トイレトレーニング中は惜しむことなく活用できるかもしれません。

ただ、欠点としては、トイレシートのような吸収力はないので子犬の足が濡れやすいです。

また、生後2ヶ月の子犬が成長してリビングで自由に過ごすようになった時、リビングに置いてある新聞や同じようにインクのにおいのする紙類の上におしっこしてしまう、ということもあるようです。

生後2か月のトイレトレーニング 失敗しやすいこととは?

トイレトレーニングで失敗しやすいことは次のようなことです。

◆汚れたトイレシートがある方が生後2ヶ月の子犬にわかりやすいと思い、あえて汚れたシートを残しておく

◆言葉で褒めずに褒める時は子犬を撫でる

◆遊ぶ時間が長い、または最初からサークルの外で自由にさせている

◆サークルの出入り口ではなく上から子犬を出し入れしている

犬はきれい好きで、トイレが汚れているためにトレーニングがうまくいかないこともあります。汚れたシートは交換してあげましょう。

また、褒める時は子犬にわかるように、しっかりとメリハリのある言葉や態度で褒めてあげて下さい。

また生後2ヶ月の子犬には、トイレにしていい場所といけない場所の認識はなく、寝床と食事するところ以外はどこでもトイレのようなものです。粗相の場面を作るようなことは避けましょう。

粗相が重なれば、成功して褒められるという体験が積み重ねられないので、トイレトレーニングが進まなくなります。

排泄そのものは子犬にとって気持ちのよいことなので、その気持ちよいことをトイレでできさえすれば褒められて、ご褒美ももらえて嬉しいことばかり!と、いうように、トイレ=嬉しい体験と関連付けをするイメージでトレーニングをしていくと、うまく進められると思います。

 

まとめ

生後2ヶ月の子犬はまだ赤ちゃんです。飼い主さんも「トイレがきちんとできなくて当たり前」くらいにおおらかに構えて、焦らずに丁寧に教えていきましょう。

トレーニングで大事なことは、失敗があっても決して叱らないことです。叱っても生後2ヶ月の子犬には意味がわからず、排泄そのものが悪いことのように勘違いしてしまいます。

生後2ヶ月の子犬は、お散歩デビューも待つ必要があります。ワクチンが終わって外に出られるようになると、外での排泄の習慣づけの方がスムーズになるとは思います。

しかし、外でしか排泄できないようにしてしまうと、困る問題も生じますので、室内のトイレトレーニングはしっかりしておいた方がよいです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

初めての首輪!子犬が無理なく着けられるようになるしつけ

どんな音が嫌い?子犬が日常の音に慣れるしつけの方法

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

私のおすすめ

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!