生後2ヶ月で上手にしつける!子犬のトイレトレーニング

あなたのうちに家族として迎えられたのは、生後何ヶ月の子犬でしょう?

どこから迎えるのかによっても違うかもしれませんが、子犬を生後2ヶ月くらいで迎えたというパターンが多いのではないかと思います。

今回は、生後2ヶ月の子犬のトイレトレーニングをする時のしつけ方のコツなどを解説したいと思います。

子犬の生後2ヶ月はトイレトレーニングに適した時期

生後2ヶ月の子犬、まだ小さくて体つきも頼りないのですが、どのくらいの能力があるものなのでしょう?

子犬の生後2ヶ月は、人間に例えると、せいぜい1~2歳の子供と同じくらいと考えていて下さい。

生後2ヶ月の子犬は、子供というより、まだまだ赤ちゃんと呼べるような幼さです。

子犬は、生まれてから生後2ヶ月くらいまでは、母犬やきょうだい達と一緒に過ごしています。

生後1ヶ月くらいからは、社会化の時期と呼ばれる時期に入ります。

この時期の子犬は、慣れ親しんだ家族達の中で遊びやふれあいを通して、仲間との接し方などの社会性を学び、身に着けながら成長していくのです。

その大切な時期に、あまり早くに肉親と離されてしまうと、情緒不安定になりやすく、その後の子犬の性格にも影響を与えたり、分離不安などの精神的な病に陥りやすいと言われます。

母犬は、社会化期に入るまでの子犬を全面的に依存させ、たっぷりと可愛がり、しきりに子犬の体を舐めながら母乳を与え、我が身を全て捧げるように一生懸命お世話をします。

そして、子犬が成長するに連れて、少しずつ子離れのしつけをしながら、子犬を自立させていくのです。

社会化のしつけが一番最適な時期は生後2ヶ月~3ヶ月とされています。

その時期になると、母犬だけでなく、周りの環境からも、傍にいる人間からも、いろんな影響を受けやすい時期でもあるので、トイレトレーニングなどのしつけを始めるにもちょうど良いのです。

子犬のトイレトレーニングはステップアップで進めるのがコツ

母犬に守られながら過ごしてきた生後2ヶ月くらいの子犬にとって、その母犬から離されて環境が変わることは、それだけで大きなストレスです。

また、体力的にも低血糖などを起こしやすく、大変デリケートな時期です。

睡眠時間も17時間程度は必要なので、生後2ヶ月の子犬は、ほとんど眠って過ごしているような状態と言えます。

そのような時期の子犬を人間がかまいすぎると、疲れて体力を落としてしまい、一旦体調を崩すと急変を招きやすく、命の危険に繋がることにもなりかねません。

そのような理由から、生後2ヶ月の子犬を迎えた時、1週間くらいの間は、食事と、汚れたトイレシートの交換などのお世話以外はそっとしておいてあげて下さい

まずは子犬が自分のサークル内で、ゆっくりと安心して休めるような環境を作ってあげることが大事です。

そのサークル内には、トイレシートを敷き詰めて、どこで排泄してもいいようにしておきます。

子犬にも好みの場所が決まってきて、次第にトイレとして使う範囲は限局されてきます。

それに合わせてシートの範囲を少しずつ狭めていき、トイレでないエリアを食事と寝床に決めてあげましょう。

生後2ヶ月の子犬のトイレの回数は多く、おしっこは1~3時間おきで1日20回くらいのこともあり、回数が多いということは、それだけしつけのチャンスも多いと考えることができます。

【子犬のトイレの回数について】

>>子犬が長時間トイレを我慢する時に問題となる3つのこと

家に迎えて2週目くらいになると、子犬も少し環境に慣れて来るので、少しずつトイレトレーニングを開始します。

トイレシートの上で排泄できれば褒めて、ご褒美にサークルの外に出すという、ご褒美付きで褒めるトレーニングを繰り返していきましょう。

しっかり子犬に伝わるように大げさに褒め、子犬をサークルから出してあげて、その間にシートを交換します。

初めは、サークルの外で10分くらい遊んだら、またサークルに戻してあげましょう。

3週目くらいになったら、生後2ヶ月の子犬もだいぶん新しい環境に落ち着いてきますので、トレーニングをステップアップします。

サークルの近くで、飼い主さんの目が届く範囲の中で遊ばせながら、その最中にトイレに誘導します。

生後2ヶ月の子犬では、食後や遊びの最中、寝起きなど、体が活動する時にトイレに行くパターンが多く見られるものです。

よく観察しているとトイレのサインもわかるようになり、ソワソワ落ち着かない、くるくる回る、床のにおいを嗅ぐというような行動が見られやすいと思います。

トイレかな?と思うようなサインを見つけたら、サークルに戻してみましょう。

トイレシートの上でちゃんと排泄できればきちんと褒め、またサークルから出すというトレーニングを繰り返しているうちに、サークルの外で遊んでいてもトイレの時には自分で戻ることを覚えるようになります。

ただ、生後2ヶ月の子犬の成功率はまだ低く、全体の2割くらい成功すれば良いと捉えておいた方がよいでしょう。

もしもトイレ以外の場所で排泄しかけたら、その時だけは飼い主さんが子犬をサークルまで運び、途中からでもトイレシートでできたら成功として、褒めてあげて下さい。

毎回先回りして抱きかかえていく癖を付けてしまうと、子犬がトイレまでの動線を覚える機会がなくなってしまうので、できる限り見守って自分で行くことができるように待ってあげて下さい。

【参考記事】

>>子犬がトイレを覚えない時のしつけ 5つの工夫!

その後は、少しずつ子犬が遊べるエリアを広げていきます。

生後2ヶ月の子犬のトイレトレーニングでは、排泄の合図になるような言葉を一緒に教えておくと便利です。(「シーシー」など)

排泄の最中にいつも同じ言葉で声かけを続けていると、その言葉がトイレを連想する合図となって、排泄を誘導できるようになります。

うちの愛犬は、寝る前などに「シーシー」と何度か声掛けをするとトイレに行きますが、これはそうやって教えたものです。

子犬のトイレは新聞紙でも代用できるが欠点もある

生後2ヶ月の子犬のトイレには、紙おむつのような素材の、市販のペットシートを使用するのが一般的だと思います。

ブリーダーさんの中には、新聞紙をトイレとして使っているところもあるそうです。

新聞紙の利点は、何よりもコストの問題でしょう。

そして、新聞紙を使った場合、トイレトレーニングはそのインクのにおいで覚えるという特徴があるようです。

新聞紙の使い方は、ペットシートの下に敷いて部分的に使用することもあれば、新聞紙を重ねて使用し、排泄すれば、上から汚れた枚数だけはがし、下に補充していくという使用法もあるようです。

あるいは、短冊のように細く切ったものをトレーに入れて使用するなど、惜しむことなく活用することはできるかもしれません。

ただ、新聞紙の欠点として、トイレシートのような吸収力はないために、子犬がおしっこで足濡れしやすくなります。

また、生後2ヶ月の子犬が成長し、リビングで自由に過ごすようになった時、リビングに置いてある新聞や、同じようにインクのにおいのする紙類をトイレと認識してしまい、その上におしっこしてしまう、ということがあるようですので注意が必要です。

ペットシートは種類も豊富にあり、用途に応じて使い分けることができてコストダウンも可能なので、処理のしやすさや清潔面などからも、私はペットシートを使うことをお勧めします。

生後2ヶ月のトイレトレーニングでの失敗と対応

トイレトレーニングで失敗しやすい原因に次のようなことがあります。

  • 生後2ヶ月の子犬が理解しやすくなると思い、あえて汚れたシートを残しておく
  • 褒める時に、言葉はあまりかけずに子犬を撫でてやる。
  • 遊ぶ時間が長い。あるいは最初からサークルの外で自由にさせている
  • 屋根なしのサークルの上から子犬を出し入れしている

犬は本来きれい好きなので、トイレが汚れているためにそこで排泄したがらなくなり、トレーニングがうまくいかないこともあります。

汚れたシートは交換し、清潔にしてあげて下さい。

また、褒める時は、子犬に伝えることを意識して、しっかりとメリハリのある言葉、態度で少し大げさ気味に褒めてあげましょう。

生後2ヶ月の子犬には、トイレにしていい場所といけない場所の認識はないのです。

犬の本能では、寝床と食事するところ以外はどこでもトイレのようなものです。

それを、人との暮らしの中で条件付けして習慣にしていくのがトイレトレーニングです。

粗相も習慣になりやすいので、できるだけ粗相の場面を作ってしまわないことが大事です。

粗相が重なってしまうと、成功して褒められるという体験が積み重ねられず、成功体験が得られないとトイレトレーニングも進めにくいのです。

排泄そのものは子犬にとって気持ちのよいことです。

その気持ちよいことをトイレと決められた場所ですることで褒められ、ご褒美ももらえ、嬉しいことばかり!と教えるのです。

トレーニングで大事なことは、失敗があっても決して怒らないことです。

叱っても生後2ヶ月の子犬には意味がわからず、排泄そのものが悪いことのように勘違いしてしまいます。

トイレ=嬉しい体験と関連付けをしてやるというイメージでトレーニングをしていくと、うまく進めることができると思います。

 

まとめ

生後2ヶ月の子犬はまだ赤ちゃんです。

飼い主さんも「トイレがきちんとできなくて当たり前」くらいにおおらかに構えて、焦らずに丁寧に教えていって下さい。

生後2ヶ月の子犬は、まだ散歩に出られませんが、ワクチンが終わり外に出られるようになると、外での排泄の方が簡単になるかもしれません。

しかし、外でしか排泄できなくなると困る問題も生じます。↓

>>子犬が長時間トイレを我慢する時に問題となる3つのこと

室内のトイレトレーニングも必ずしておくことをお勧めします。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

>>犬の粗相に使える消臭剤 掃除の必需品!おすすめ7選

>>デメリットも調べよう!ペッツベストのペット保険・口コミ評判


あわせて読みたい記事はこちら


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"