犬の命を熱中症から守ろう!症状が重症化する前に対処を

外気温が高い日が続くと、人も熱中症で救急搬送される患者数が増加しますが、犬もまた同じ現象が起こります。

しかし、熱中症を簡単に考えてはいけません。

熱中症は救急対象の全身疾患であり、短時間で重症化しやすく、症状が進行すれば助からないこともあって大変危険な状態なのです。

今回は、犬の熱中症の症状の発見と対処方法について解説します。

熱中症は全身疾患

生体は運動や何か作業をするたびに熱を発するようにできています。

体が熱を作り出すことを産熱と呼び、それを逃がすことを放熱と呼び、そのバランスを取ることで、体温は一定に保たれています。

熱中症はこのバランスが崩れてしまった状態です。

激しい運動や、強い陽射しの中にさらされるなどが原因で急激に体温が上昇した時、その熱を逃がすことができないとやがて全身の臓器にも影響が現れます。

体温が極端に上昇し、その熱が体内にこもった状態になることで臓器の機能は低下し、高体温が持続すれば生体の組織は破壊されていくのです。

それによって起こる症状は、脳を始めとして、心臓、肝臓、腎臓などの各臓器に及ぶことになります。

熱中症は、重症化しやすく、多臓器不全を招いて生命の危険にさらされます。

犬は熱中症に陥りやすい

体温があがると、体内に溜まった熱を放熱する為に私達は汗をかきます。

人の汗腺は全身にあり、全身で汗を出して効率よく熱を放散できます。

しかし、犬には、放熱するために汗を分泌するエクリン汗腺は肉球や鼻付近にあるだけです。

犬の全身には、エクリン腺とは異なるアポクリン腺が存在しています。

アポクリン腺の機能は、体臭の元になる皮脂を分泌しますが、体温調節をする為の汗は分泌しないのです。

犬は、体温が上昇すると、舌を出してハァハァと速い呼吸をします。

これは散歩時や走った後などによく見かける動作と思いますが、この動作をパンティング( panting)と呼びます。

犬はパンティングによって、舌から唾液(水分)を蒸発させ、その気化熱で体温調節をおこなっているのです。

犬は、高体温になっても、このような方法でしか熱を下げることができず、とても効率が悪い為、人よりも熱中症に弱いということが言えるのです。

熱中症ハイリスクの犬

犬の中でも、短頭犬種と呼ばれる犬種がいますが、このような犬種は特に熱放散の効率が悪いことが知られています。

短頭犬種とは、シーズー、パグ、ボストンテリア、フレンチブルドッグ、ペキニーズなど、いわゆる鼻がペチャっと潰れたような顏が特徴の犬種を指します。

このような犬種は、その特徴から、鼻腔が小さくて空気の通り道が狭いので、パンティングも他の犬種より効率が悪くなります。

このような犬種が高体温に陥りやすく、環境整備が特に必要であることは、おそらく短頭犬種の飼い主さんならご存じかとは思います。

このような犬種は、飛行機に搭乗させる時にも死亡事故のリスクが高く、航空会社によって制限があります。

【ANA規定】https://www.ana.co.jp/ja/jp/serviceinfo/domestic/support/pets/popup/notice

【JAL規定】https://www.jal.co.jp/jalcargo/support/animal/

また、サモエド、アラスカン・マラミュート、シベリアン・ハスキーなどの、寒い地域が原産である犬種は、寒さに耐えられる為の被毛がありますが、反対に暑さには弱いのです。

2012年に熱中症で命を落とした、テレビ番組のレギュラーとしても人気だったZIPPEI(ジッペイ)という犬は、サモエドという犬種でした。

ただ、ZIPPEI(ジッペイ)は、8月という真夏にエアコンの切れた車内に置かれていたことが原因であり、一緒に6匹の兄弟も亡くなっています。

もう暑さに弱いとかいう問題ではなく、この時は様々な批判が飛び交い、私も愕然としました。

当時の詳細はこちらにありました。

心臓に病気のある犬、気管虚脱を持っている犬なども、呼吸器や循環器機能が元々悪いので熱中症になりやすく、要注意です。

それと同じ理屈で、肥満のある犬も、脂肪に包まれていて熱がこもりやすい上に、脂肪のせいで気管が狭くなっている、心臓にも負担がかかっていることが考えられ、ハイリスクに入ります。

【参考記事】

気管虚脱がある犬の発作のコントロール 日常生活での対処法

心臓に雑音が生じる犬の病気 僧帽弁閉鎖不全症の症状と治療

そして、当然ながら老犬、子犬、何か疾患を持っている犬などは身体機能が元々弱っている、不完全であるなどの身体条件と思われ、熱中症が生じるような環境下ではハイリスクになります。

他にも、淡い色の犬よりも黒い被毛を持った犬の方が体温は若干上がりやすいと言われます。

要注意なのは、サマーカットを施している犬です。

人の目線で見れば、被毛を刈り上げると涼しげで「夏仕様」になるかもしれませんが、犬の被毛は無駄にあるのではなく、その中に空気を含み、冬は暖かく、夏は涼しく、保温する役割があります。

直射日光によるダメージを防ぎ、外気温の直接の影響を受けないように体を守っているのです。

短くカットするだけなら効果があっても、丸刈りにしてしまうのは、皮膚が直射日光をそのまま受けることになり、体温の上昇を防ぐことができなくなります。

涼しそうだからという人の感覚は、犬の被毛には当てはまらないのです。

さらに、丸刈りにしてしまった後に被毛が生えない可能性も少なくありませんので気を付けて下さい。

【参考記事】

暑い夏の犬の散歩は危険も!お出かけは万全の対策で

犬が熱中症を発症する環境

熱中症は真夏の話?いえ、真夏だけの話ではありません。

熱中症の発生の危険が高いのは、梅雨の晴れ間、または梅雨明けしてすぐの頃と言われます。

その理由は、暑熱馴化(しょねつじゅんか)にあります。

動物は、季節により外気温などが変化することに対し、その環境に体を適応させる能力が備わっています。

暑い季節には、低い体温の時から皮膚の血流を増やして、熱の放散を早い段階でおこなって、体温上昇をさせることなく、暑さに対応できるようになります。

反対に寒い季節には寒冷馴化が起こり、体内の熱量が増加して低体温になるのを防ぐように適応するのです。

しかし、このような体調の切り替えはすぐにできるものではなく、季節の変わり目から切り替えが終わるまでに60日かかると言われます。

この切り替えができてない時に急激に環境が変化すると、体温調整がうまくいかずに熱中症を招きやすいということなのです。

熱中症の発生の目安

熱中症の発生は、気温22℃以上、湿度60%以上が目安になります。

このような日は、近年の温暖化の環境の中では、春にもすでに見られます。

気温はそれほどではなくても、地面からの照り返し、風のあるなしなどによっても条件は異なって来ます。

熱中症は、夏だけではなく、天気の良い春先にも用心しておくべきです。

車内

熱中症を発症する環境のもっとも多いのが、車内に犬を残して留守番させている状況です。

先ほどのZIPPEI達7匹も、この状況で命を落としました。

その事故の時、飼い主は、エアコンを付けていたと主張していたようですが、発見時にエアコンは付いていませんでした。

そして犬達はみんなケージに入れられて車内に置かれていました。

JAFの実験で、次のようなデータがあります。

各部測定箇所別/ピーク時の温度と時間

  1. ダッシュボード付近  ・・・・・・・・   70.8 ℃(時間:11時50分頃)
  2. 車内温度(運転席の顔付近) ・・・・・・・・    48.7℃(時間:14時10分頃)
  3. 測定日の外気温 ・・・・・・・・  23.3 ℃(時間:13時40分頃)
  4. フロントガラス付近 ・・・・・・・・  57.7℃(時間:11時50分頃)

この日は最高気温が23℃と比較的過ごし易い1日でした。しかし、車内温度は50℃近くまで上昇し、車内に置いた一部の缶入り炭酸飲料が破裂しました。

出典元:JAF http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/usertest/temperature/detail1.htm

外気温が23.3度と、過ごしやすい気候の時でも、車内の温度は48.7度、そしてダッシュボード周囲は70.8度になっています。

JAFによると、車内温度はたった10分でも10度上昇するそうです。

また、日なたでは、春先と真夏でも日射量に変わりはないとのことです。

そして、仮にエアコンが入っていたとしても、犬がいる場所にそれが十分届いているかどうかはわかりません。

人も乗っている、エアコンの効いている車内でも、犬だけが熱中症を発症してしまうことも少なくないのです。

犬を車に乗せる時は、人の体感だけでなく、くれぐれも注意が必要です。

室内

犬を室内で留守番させている時も、環境次第で熱中症を発症する危険があります。

ケージの場所に日が当たっていて、犬はその中にいて自分で場所を選ぶことができない場合、たとえエアコンが入っていても、犬の場所は高温になっている可能性があるのです。

エアコンを付けていないという家もあるようですが、閉め切った部屋の中は人が想像する以上に室温が上がっていると思われます。

昔の家のように、窓を少し開けておけば涼しい風が通るということは、温暖化や最近の住宅事情では難しく、だから大丈夫ということはないと思います。

人がいなくなる留守中、犬は自分でどうすることもできず、逃げ場もありません。

そのようなことも想定して、留守中の環境を整える必要があります。

屋外

犬は、人よりも低い位置で地面と近い場所にいるので、地面からの照り返しも人に比べてかなり強く受けることになります。

炎天下でのレジャーや散歩などは、できるだけ避けた方が安全です。

焼けた地面の上を裸足で歩いている犬には、熱中症だけでなく、肉球の火傷の原因にもなってしまうのです。

屋外に繋いでいる犬などは、たとえ室内が無理でも、できるだけ玄関先など、直射日光を避けられる涼しい場所に移動させてあげて欲しいと思います。

近年の夏場の気候は、昔の気候とは大きく違い、外にいる犬にも過酷だと思います。

初期症状の早期発見

熱中症の症状は、高体温によるものであり、その直腸温(深部体温)は41℃以上になります。

犬の平熱は、通常37.9℃~39.9℃とされていて、それを越える場合は異常であり、発熱の原因になる病気がある場合を除いて、熱中症の可能性があります。

熱中症の時の体温は、直腸温の確認が必要です。

人の場合もそうですが、正しい体温を知る為には、外的条件に左右されない直腸温測定が基本です。

熱中症になると、体温を下げようと犬はハァハァとパンティングを行い、呼吸も荒く速くなります。

パンティングによって水分を大量に蒸泄させるため、体は脱水になっていきます。

パンティングが見られ始めるのは、まだ初期症状です。

この時点で、体を冷やして体温を下げ、水分を補給するという対処が必要であり、初期症状に対処なく見逃すと、次第に体内の血液循環不足で脳は酸欠状態に陥り、意識障害などが見られるようになります。

重症化した熱中症で救命できるのは約半数

症状が進行すると、激しいパンティングの他に流延(よだれ)、嘔吐、下痢などの症状が見られるようになります。

熱中症による高体温で、消化器などの臓器の機能が低下しているのです。

このような症状が現れ始めるのは、すでに熱中症の初期を過ぎてしまっているサインです。

脳の虚血により、意識が混濁して反応が鈍くなり、完全な意識消失や電解質の異常による痙攣発作などの症状が起こります。

このような症状は、かなり重症化していると言えるものです。

吐血や下血、血尿、目の充血、口腔の紫斑などの症状が見られるようになると、DIC(播種性血管内凝固症候群)の兆候であり、重度の熱中症で生命の危険があります。

熱中症で動物病院に搬入される犬の死亡率は、約50%とも言われていて、熱中症は決して軽視できません。

熱中症は進行も早く、時間勝負とも言える救急疾患です。

重篤な合併症には、横紋筋融解症、急性腎障害、急性呼吸窮迫症候群、そして最終的には敗血症および播種性血管内凝固が含まれる。犬の最も一般的な臨床徴候としては、急性虚脱、頻呼吸、自発的出血、ショックサイン、精神異常、例えばうつ病、方向転換またはせん妄、発作、昏睡および昏睡が挙げられる。早期の適切な体内冷却および集中的な支持療法にもかかわらず、重度の炎症性および止血性障害を改善するための特定の治療法がないため、死亡率は約50%であり、ヒトの熱中症患者のそれと同様である。

出典元:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29435477

 

 それぞれ54例のうち28例および54例に診断された播種性の血管内凝固(P = 0.013)および急性腎不全(P = .008)が死の危険因子であった。 全体の死亡率は50%であった。入院時の低血糖(<47mg / dL、P = 0.003)、延長PT(> 18秒、P = 0.05)、およびaPTT(> 30秒、P <.001)は死亡と関連していた。24時間後の血清クレアチニン> 1.5mg / dL(P = .003)、遅延入院(> 90分、P = .032)、発作(P = .02)、および肥満(P = .04)もまた死の危険因子であった。犬の熱中症は、適切な治療にもかかわらず、深刻な合併症および高い死亡率をもたらす。

出典元:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16496921

上記にもあるように、90分以上を経過してからの処置も救命率を下げます。

犬の命を救うために、犬の熱中症の症状に気づいた時点で、迷わず早く病院に連れて行って下さい。

後遺症

重症の熱中症は、腎臓・肝臓の合併症の頻度が高く、また脳神経症状が起こっている場合もあり、熱中症そのものからは回復できたとしても、その後も後遺症が残る可能性もあります。

熱中症によって臓器の組織壊死が起こった場合、それが元には戻らないものもあるからです。

例えば、失われた腎機能は回復することができず、その後も慢性疾患として抱えて生きていかなければならなくなることもあります。

【参考記事】

犬の腎不全と余命 検査数値と腎臓病のステージについて

麻痺や脳障害などの後遺症が残るかもしれません。

また、体温調節機能がその後もうまくいかなくなり、以前よりも熱中症になりやすくなる可能性もあるようです。

 

まとめ

人の救急搬入でも、熱中症は日常茶飯事に見られる疾患です。

熱中症というと、炎天下で運動などをしていたと思われがちですが、私が人間相手の救急で勤務をしていた時、運ばれて来るのは、室温の高い屋内で作業中だった人や家にいた人という印象です。

そして、本人はそれまで自覚なく、重症化しているパターンは多かったです。

まして、犬は我慢強く、どんな病気でも症状に気づく時はかなり重症であることも多いのです。

熱中症はあっという間に重症化しますので、十分に注意してあげて下さい。

対処法、予防については別記事で書きます。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

犬の熱中症の対処方法・予防に便利な対策グッズのあれこれ

犬の腎臓の重大な病気「尿毒症」 末期症状にどう対処するか?


あわせて読みたい記事はこちら


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"