犬の糖尿病と食事療法のポイント フードの選び方について

糖尿病の犬では、人間と同様に食習慣の改善が必要で、食事療法が重要になります。

大部分の犬は、ドライフードが日常の主食なのではないかと思いますが、糖尿病の診断がついた場合は、ドライフードの見直しや変更をしなくてはなりません。

今回は、糖尿病の食事療法を行う上での管理の方法、また、どのようなフードを選ぶべきかなどをご説明したいと思います。

スポンサーリンク

犬の糖尿病と治療方法

糖尿病にはⅠ型糖尿病Ⅱ型糖尿病という、二つの型があります。

それぞれ、インスリン依存型糖尿病インスリン非依存型糖尿病と呼ばれ、その名前の通りに、Ⅰ型ではインスリンの絶対的不足があるもの、Ⅱ型はインスリンの相対的不足があるものと区分されます。

糖尿病の型、インスリンについての詳細は下のリンク記事を参照下さい。

【糖尿病とはどんな病気か?インスリンとは?】

犬の糖尿病の症状チェック 初期症状や合併症はどんなもの?

犬の糖尿病はほとんどがⅠ型のインスリン依存型糖尿病と言われ、この治療にはインスリンを体外から補充することが必須になります。インスリン療法は、自宅で飼い主さんが注射という形で行うことになります。

犬の糖尿病は進行した状態で発見されることが多く、症状の一つとして、多食であるにも関わらずに痩せているという場合が殆どです。

それは、インスリン不足により体内での糖の代謝ができなくなっていることが原因であり、食事として摂取した糖をエネルギー源として取り込むことができない為、生体は常にエネルギー不足になっています。

エネルギーを取り入れようと食欲は亢進し、多食になりますが、いくら食べても吸収されず、体はどんどん痩せていくという状態です。

人間の糖尿病は、生活習慣病から起こるⅡ型糖尿病が多く、その要因の一つは肥満です。体に入って来る糖の過剰でインスリンの分泌が追いつかなくなり、相対的なインスリン不足に陥っているのがⅡ型糖尿病です。

人間は、この生活習慣を改善し、または経口糖尿病薬を併用することで、インスリン療法まで行わなくとも糖尿病のコントロールがつくようになることも多いです。

犬も、発症の要因にカロリー過剰による肥満がありますが、犬の場合はⅠ型糖尿病が多く、この型では生活習慣の改善だけで糖尿病のコントロールはできません。

犬の糖尿病の治療は、ほとんどがインスリン療法の選択となり、血糖値を安定させるための適切な食事と運動が必要になります。

スポンサーリンク

糖尿病の食事療法のポイント

糖尿病は、血液中にある糖(血糖)の代謝がうまくいかない病気です。糖の代謝はインスリンというホルモンの働きによるものですが、糖尿病ではインスリンの働きが十分ではありません。

血糖値は食事に影響されますが、血糖値を急激に上げると肥満に繋がりやすく、またインスリンの必要量も多くなって膵臓に負担がかかります。

糖尿病の犬、またはその傾向にある犬は、食後の急激な高血糖状態を避けるような食事の工夫が必要です。

糖の吸収を緩やかにし、肥満を解消する為には、繊維質を豊富に含んだ食事内容が望ましいです。

そして、インスリン療法と併用していく上で、食事量や食事時間も規則的であることが重要です。インスリンはごくわずかな量で血糖値を大きく左右します。

通常は体内にある、血糖値に比例して分泌されるホルモンを強制的に注射するので、血糖値が不安定だと低血糖状態などに陥る危険があります。

血糖値の急激な変化を起こさず、安定した状態に保つための食事療法は、食物繊維(特に可溶性食物繊維が効果的)の豊富な食事を規則正しく与えること(早食いは食後の高血糖を起こしやすいので)早食いさせない工夫摂取カロリーと消費カロリーのバランスを考えた食事がポイントです。

肥満の犬は、それを解消しなければインスリン療法の効果が得られないこともあります。

インスリン療法、食事療法と合わせて、毎日、一定量の運動療法も必要です。

糖尿病の犬のフード選び

犬の主食にはドライフードを選んで食べさせていることが多いと思います。ドライフードは種類も豊富で、それぞれの疾患に合わせた療法食というものも簡単に手に入ります。

犬の糖尿病用のフードは繊維質が多く含まれたフードであり、満腹感が得られやすく、低脂肪、低カロリーフードであることが特徴になっています。

糖尿病用のフードは、食後血糖値の上昇が緩やかになることが期待でき、カロリーの過剰摂取も抑えることができるようになります。

しかし、糖尿病用のフードが犬の嗜好に合うかどうかという問題もあり、確実に食べてくれるフードでなければインスリン療法がスムーズにいきません。血糖値の安定を図る為には、決められた食事を規則正しく食べてくれて、インスリンを確実に投与できることが条件です。

もし糖尿病用のドライフードが犬の嗜好に合わない場合は、成犬用や老犬用のドライフードで量を調整するか、水分の多い缶詰のウェットフードを選んでみて下さい。半生フードは一般的に糖質が多く、糖尿病の犬には向いていないようです。

糖尿病フードには、不溶性・可溶性食物線維8%~17%が含まれていると効果的であるとされています。(情報出典元 http://hanakarakusa.info/14_7_shikkan_dogs_tounyou.html#0

不溶性繊維が多すぎると、便が増えすぎたり便秘や排便困難という問題が生じやすくなり、可溶性線維が多すぎると、水様便やガスが増えるという問題が生じやすく、不溶性と可溶性のバランスをとることが必要です。また、繊維が多すぎると嗜好性が落ち、必要なカロリーが取れなくなってしまいます。

さらに、注意したいのは、糖尿病が進行していて著しく痩せている犬の場合は、体重を正常まで戻すことが優先ですので、高線維食は与えず、カロリーのある低線維の食事で血糖コントロールのみを行うようにします。

また、必要のない間食は避けないといけません。

市販されている糖尿病用フード3点

糖尿病用のフードは療法食であり、動物病院で取り扱いがあるので、食事療法の指導を受ける時に購入を勧められるのではないかと思いますが、ネット販売されているものを自分で購入することもできます。

そこの病院で取り扱っているメーカーや価格、犬が好んで食べるかというようなことを検討し、血糖コントロールに問題ないのであれば飼い主さんが選ぶのも可能と思います。

いずれにしても、食事指導は獣医師に受ける必要があります。

ヒルズプリスクリプションダイエット 食事療法食 w/d 

動物病院での取り扱いもあるメーカーの糖尿病療法食フードです。粒の大きさがレギュラー粒と小粒の2通りあり、犬の食べやすい方を選択することができます。

消費できそうであれば、まとめての購入の方がお得に買えるようです。

【犬】ヒルズプリスクリプションダイエット食事療法食 w/d レギュラー粒/小粒 3kg ヒルズ w/d 小粒 3 療法食 ドッグフード ダイエット ドッグフード ドライ 体重管理 糖尿病 送料無料【D】 楽天

 

ヒルズ プリスクリプションダイエット 食事療法食 w/d缶

上記のメーカーの同じラインのフードで、こちらは缶詰のウェットフードになっています。

缶詰フードは犬の嗜好性が高いので、療法食のドライフードを犬が食べない場合、お試しに食べさせてみてはいかがでしょうか?

こちらは12個セットになっています。

[ドッグフード ヒルズ]体重管理 糖尿病 消化器病の食事療法に【犬】ヒルズ プリスクリプションダイエット 食事療法食 w/d缶 370g×12個セット【D】 楽天◆2

 

 

犬のナチュラル療法食 犬心

上記2点は海外の有名メーカーのフードですが、こちらは国内メーカーのものです。

糖と脂質のコントロールに特化して開発され、合併症に対応可能、素材も高品質にこだわって作られたフードです。

無料お試しサンプルは、定期コースまたはまとめ買い注文の方のみ対象になっていますので、ご注意下さい。サンプルを試して食いつきが悪い場合は、注文のキャンセルも可能になっています。

内容量1kgの少量のものがありますので、最初は単品注文の方が無難かもしれません。

《詳細はこちら》

まとめ

犬の糖尿病の治療は、そのほとんどがインスリン依存型糖尿病であることから、多くの犬にインスリン療法が選択されます。

そして、インスリン療法と同時に、食事や運動などの生活習慣を適切に維持することも重要なことです。

犬のフードには様々な種類があり、糖尿病用のフードもいくつか販売されていますので、犬の嗜好に合ったものを選ぶと良いでしょう。

いくら良いフードであっても、犬が食べなければインスリン注射もできなくなり、血糖値の安定が図れなくなります。

犬の糖尿病の治療では、規則正しい食生活と、毎日の一定の運動量、確実なインスリン注射で、血糖値の安定化により重大な合併症へと繋がらないようにすることがポイントになります。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

犬の糖尿病に合併する白内障 その治療と手術について

犬用サプリで免疫!犬康食・ワンプレミアムの口コミと評判 

スポンサーリンク