『犬の十戒』~犬との約束~のページを開く

保存版!犬にダメな食べ物は?犬の食べ物の禁止リスト

犬の食べ物

人間にとっては大丈夫でも、犬は中毒を起こしたり命に関わるので食べてはいけない食べ物があります。

飼い主さんは犬に禁止の食べ物をチェックしていると思いますが、中には諸説あり曖昧なものもあるので注意すべきです。

犬には禁止の食べ物をまとめましたので、ぜひご確認下さい。

スポンサーリンク

命の危険があるために犬が食べてはいけない食べ物

玉ネギ・ネギ類

玉ねぎネギユリ科の植物であり、ニラ・ニンニク・ラッキョウなどもこの仲間です。

犬はユリ科の植物を消化できる酵素を持っていません。

これらは犬に禁止の食べてはいけない食べ物です。

玉ねぎやネギ類にはアリルプロピルジスルファイドという有機硫黄化合物が含まれています。

この物質が犬の赤血球を壊し、溶血性貧血を起こす原因になります。

食べた直後は何ともなくても、2、3日経過した後に血尿や血便などの症状が出て一気に重症化するパターンが多いようです。

この物質は、加熱しても変化しません。

ですので、調理されたものや成分が溶け出したダシ汁なども犬には危険なので禁止です。

市販のオニオンエキスを使ったコンソメなどもダメということになります。

個体差はあるので、少量でも死亡事故の例があるから絶対にダメとされている一方、食べたのに何ともない犬もいるようです。

でも、何ともなかった方が幸運だったと考えた方がよいと思います。

基本的に犬が食べてはいけないものと認識しておきましょう。

ニンニクについても、注意すべきではあるけど手作り食に少量使用するくらいは禁止することはないという意見もあります。

それもリスクがあるのを承知の上でのそれぞれの飼い主さんの判断になるとは思います。

私個人としては、リスクがある食べ物は禁止した方がよいと考えています。

チョコレート・ココア

チョコレートやココアの原料となるカカオに含まれている、テオブロミンという物質は、毒性のあるアルカロイドの一種です。

この物質は犬の中枢神経系や心臓に作用し中毒症状を引き起こします。

人間はテオブロミンを迅速に代謝することができますが、犬はその代謝がうまくおこなえません。

そのために一定量を越えたカカオが体内に入ると中毒死する危険があり、犬が食べてはいけない食べ物とされています。

チョコレートに置き換えて考えれば、そのカカオの含有量が問題になります。

近年、ポリフェノールが健康によいとされて人気のダークチョコレートは、カカオ率が高く(70%や80%など)同じ量でも特に危険なので、絶対に禁止の食べ物と認識しておいて下さい。

例えば、体重が5kgくらいの犬と仮定した場合、普通のビターチョコレート60gで危険量です。

つまり、板チョコレート1枚で死に至る危険性があるのです。

ミルクチョコレートの場合は、カカオ含有量が低いのでもう少し余裕がありますが、反対にカカオ率の高いチョコレートでは、もっと少ない量で中毒量になります。

中毒に陥った場合、解毒剤はないので治療ができません。

犬がチョコレート?と思われるかもしれませんが、結構バレンタインデーなどに誤食する犬が多いそうです。

カカオは犬が食べてはいけない、絶対禁止の食べ物ですので気をつけて下さい。

ぶどう

ぶどうの中毒は有名で、犬には禁止の食べ物であることも認識されているはずですが、ぶどうに含まれるどの物質が原因なのかということは実はまだ解明されていません。

犬がぶどうを食べると、腎機能障害が起こり、腎不全から死亡する危険があります。

【参考記事】

犬の腎不全と余命 検査数値と腎臓病のステージについて

犬の腎臓の重大な病気「尿毒症」末期症状にどう対処するか?

生のぶどうだけでなくぶどうを干した食べ物であるレーズンも犬にはダメな禁止の食べ物です。

レーズンは成分が濃縮されているので、ぶどうよりも危険です。

ぶどうの中毒量の目安は、体重1kgあたり約30gとされていますが、食べても大丈夫な犬もいれば、これより少なければ安全とも言えません。

中毒症状は、ぶどうを食べて2、3時間くらいから、遅ければ4、5日経ってから表れ急速に悪化することがあるようです。

ぶどうは犬が食べてはいけないものと認識し、注意すべきです。

アボカド

アボカドの果肉・皮・葉・枝・種の全てペルジンという有毒な物質が含まれています。

人間は食べても大丈夫ですが、人間以外の動物には中毒を起こします。

中毒を起こすと嘔吐や下痢などの症状があり、心臓血管系にも影響が現れ命にも関わります。

アボカドは栄養価の高い食べ物として有名ですが、犬が食べてはいけない、犬にはダメな食べ物です。

ところがアボカドを原料としたフードがあるのです。

アボカドのフードは皮膚の健康に良いとされ、比較的有名なフードです。

アボカドが有害と聞いていて、おそらくこのことに矛盾を感じていた飼い主さんもいたのではないかと思います。

私も、そのフードは危険ではないのかという疑問を持っていました。

調べてみると、アボカドというのは3系統1000種類を越える種類があるそうで、毒性もそれぞれの種類で異なるようです。

その中で危険なのはグァテマラ系のアボカドで、アボカドのフードに使用されているものはそれとは違い、毒性は低いそうです。

ただ、アボカドそのものが注意すべきものではあるので、この判断は飼い主さん次第になると思います。

キシリトール

キシリトールは、インスリンの過剰な分泌を促して、犬に急激な低血糖状態を招く原因となりますので絶対に禁止です。

肝障害を起こし、重篤になると肝不全になって死亡する危険もあります。

キシリトールの誤食による死亡事故は結構聞きます。

キシリトール入りガムや歯磨き粉など、普段から私達の身近にあるので注意すべきです。

犬が食べてはいけない食べ物と認識していて下さい。

【キシリトールの参考記事】

犬の食べ物に甘酸っぱいイチゴ!何個まで食べていいの?

マカダミアナッツ

ピーナッツなどのナッツ類は、脂肪やミネラルが多すぎるなどの理由で犬にはダメなものとされています。

でもそれだけではありません。

マカダミアナッツは中毒を起こす危険があるので、犬が食べてはいけない食べ物です。

マカダミアナッツ中毒は、犬が食べてから12時間以内に高熱・運動障害・痙攣・後肢麻痺などが起こって重症化することがあります。

日本ではあまり聞かない病名ですが、ハワイなどでは有名な中毒のようです。

マカダミアナッツは犬に禁止の食べ物です。

【マカダミアナッツ中毒参考記事】

ピーナッツは犬が食べてはいけないもの?食べられるもの?

鶏の骨

加熱してある鶏の骨は、歯で砕くと縦に裂けて先端が尖ります

それが犬の消化管を内側から傷つけ、内蔵に刺さるのでとても危険です。

犬には禁止すべき食べ物です。

同じように鯛などの硬い魚の骨も禁止です。

それでも一方では、食べさせるべきであるという推奨する意見も見かけます。

鶏の骨はコラーゲンなどが豊富で、肉を食べる犬が骨を食べられないわけがないし胃液で消化できるから大丈夫とする説です。

ですが、私は実際に鶏の骨が内臓に刺さって亡くなってしまった犬を知っています。

その飼い主さんは良かれと思って食べさせたようですが、その犬はあっけなく亡くなりました。

そんなことから鳥の骨に関しては、私は迷うことなく犬には禁止すべきと思っています。

未成熟な果実・種

果物の未成熟な果肉や種などには、中毒性のある物質が含まれていることが多く犬には注意すべきです。

未熟な桃、杏、青梅、りんご、びわ、なしなどにはアミグダリンという物質が含まれています。

これが犬の体内で胃液と反応し、青酸毒に変化して重大な中毒を起こす危険があるのです。

【アミグダリンについて】

りんごを犬の食べ物にする時に1日の量と効果的な食べさせ方

アルコール・タバコ・カフェイン・刺激物

カフェインは、人にも中毒はあるものの適量であれば問題にはなりません。

タバコのニコチンは、吸い殻からニコチンが溶け出した水を誤って飲んだりした場合などは人にも致命的な毒物になります。

食べ物ではないですが、このような嗜好品は犬にとって少量でも致死量になるので絶対に禁止です。

アルコールを飲ませることもないと思いますが同様に禁止です。

カフェインは、コーヒーだけでなくお茶や紅茶などにも含まれています。

これらの刺激物の誤飲にくれぐれも気を付けて下さい。

ジャガイモの芽

ジャガイモの芽にはソラニンと呼ばれる毒性物質があり、犬だけでなく、人間にも有害なのでその部分は食べてはいけません。

緑色に着色している皮の部分にも含まれていますので、大きく取り除いて下さい。

全体的に緑色になってしまっているじゃがいもは避けた方がよいです。

ぎんなん

中毒物質であるアルカロイドが含まれていて犬にはダメな食べ物です。

あまり知られてないかもしれませんが、人間にもぎんなん中毒というものがあり量には注意すべき食べ物なのです。

私は救急で勤務していた時にぎんなん中毒の患者さんと遭遇したことがありますが、その人はそんなに大量に食べたわけではありませんでした。

つまり人においても中毒量に個人差があるということだと思います。

すぐに命に危険はないが注意すべき避けたい食べ物

タコ・イカ・スルメ・カニ・エビ・貝類

これらのいわゆるシーフードは、消化が大変悪く犬の消化管に負担をかけるので禁止する方が無難な食べ物です。

また、生食すると健康に害を及ぼす物質も含んでいます。

スルメなどは消化管閉塞の原因になるので犬には禁止の食べ物です。

【スルメの参考記事】

犬の食べ物にイカは危険?イカを食べるとこんなことが起こる

貝類には春先になると毒を持つものもあるので犬には禁止です。

牛乳

犬は牛乳に含まれる乳糖を分解できず(乳糖不耐性)、下痢などの消化器症状を起こします。

人間にもこの体質の人がいて、牛乳で下痢をするという人はそうです。

牛乳を飲んでも全く何ともない犬もいますが、それでも乳糖が分解できているわけではないそうなので注意すべきです。

【食物不耐性について】

犬も食べていいの?大豆を犬の食べ物にする時の注意点

何ともなければ禁止するほどではないと思いますが、犬には犬用のミルクの方が負担がかかりません。

生卵白

生の卵白にはアビジンという物質が含まれているのですが、これが体内のビオチンというビタミンと結合します。

そしてビオチン不足を招くので、生の卵白は犬にダメな食べ物です。

【卵白についての参考記事】

卵は完全栄養食品!犬の食べ物として問題なのはこの2点!

植物

園芸植物や観葉植物など、植物には中毒物質を含んでいるものがあるので、誤食には注意すべきです。

中毒性がある代表的なもの

菊類(春菊も含む)・アロエ・スミレ・トリカブト・ヒガンバナ・スズラン・ワラビ・サフランなど

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターには、硬水・軟水と成分による種類があります。

硬水に分類されるものにはミネラル分が多く、犬の尿路結石の原因になります。

腎臓にも負担がかかりますので、硬水は犬に禁止です。

生のイースト

生のイーストはアルコール成分を作ってしまうので、誤食するとアルコール中毒を起こします。

パンを家で手作りする時には、犬の誤食に注意すべきです。

果物

いちじく・ざくろ・すだち・レモン・グレープフルーツ・ドライフルーツ全般の皮や種などには中毒性のある成分を含んでいます。

ドライフルーツは成分が凝縮されているのでより毒性が高くなり、犬は食べてはいけない食べ物です。

緑茶

緑茶には、カテキンやタンニンなどの成分が含まれ、摂り続けると犬の体に蓄積し肝臓に負担をかけますので禁止です。

人間のお菓子・調味料

脂肪分や糖、塩分の過剰摂取になるので、味のついた人間の食べ物は犬にはダメな食べ物です。

生の豚肉

トキソプラズマという寄生虫の卵がついている可能性が高く、人間も生食は禁止です。

犬にも当然ダメで食べてはいけません。

まとめ

ここに挙げたもの以外で、通常与えることはないでしょうが、カエルも毒を持っていて犬が食べてはいけないものです。

日常的に身近にある食べ物の中で何が禁止かを知っておくのは飼い主さんの義務です。

犬が誤食する危険を回避できるのは飼い主さんだけです。

禁止かどうかの賛否が分かれている食べ物もありますが、判断するのは飼い主さんです。

少しでもリスクがあると思われるものをわざわざ犬の食べ物にする必要はないと私は思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

コメント

テキストのコピーはできません。