犬のアレルギー症状とフードの材料との関係・安全性について

人間のアレルギーと同様、犬にもアレルギーがあり、「うちの犬はアレルギーがあるので・・」という飼い主さん同士の会話はよく耳にします。

アレルギー対応のフードもあり、病院で勧められたり飼い主さんが選択することもできますが、フードとアレルギーの関係がよくわからないという飼い主さんも多いようです。

以前、犬の食べ物アレルギーについての記事を書きましたが、今回は改めて、犬の主食となるフードとアレルギーの関係について取り上げてみたいと思います。

犬のアレルギーとは

犬のアレルギーの発症のしくみも人間とかわりありません。

アレルギーとは、体内に入って来るタンパク質に対して生じる、不利益な免疫反応のことです。

通常なら、この免疫反応は、外から入って来た細菌やウィルスなどの有害なものから体を守る為に働いています。

しかし、それが、有害でないはずの食べ物のタンパク質などに過剰反応を起こすことで、体には様々な症状が出現します。

この場合の、アレルギー原因となる外から入って来る物質のことをアレルゲンと呼びます。

【アレルギー発症のシステムについての参考記事】

4種の症状に注意!犬の食べ物アレルギー対策について

アレルゲンに反応する要因は、単純に体質のみではなく、その時の健康状態や環境などいくつかの条件が関わっていると考えられます。

同じアレルゲンであっても、健康状態が良い時など、症状が起こらない場合もあります。

反対に、腸管の粘膜損傷などはアレルゲンの吸収を高め、アレルギー症状の発症のリスクを高めることもあり、腸管粘膜損傷を起こす寄生虫感染などは、アレルギー反応が激しくなる要因になるようです。

アレルゲンを初めて体が認識した時、それに反応する抗体が体内で作られます。

そして症状が出現するかしないかは、生体側の抵抗力などの条件によるのです。

どこで症状が出るのかという限界点は閾値(いきち)と呼ばれ、同じようにアレルギー因子を持っていても個体差や健康状態などが閾値に関係してきます。(人間も同じです)

限界点が低ければすぐにアレルギー症状となりますし、限界点が高ければ無症状で過ごせることもあるのです。

アレルギーの種類

アレルギーには、食べ物に対する食物アレルギーと住環境などに対する環境アレルギーがあります。

食物アレルギーには、肉、魚、野菜、果物など犬の食べ物になるもの全てがアレルゲンの可能性を持ち、環境アレルギーではハウスダストやカビ、化学物質、タバコの煙などがアレルゲンになります。

国内フード製造販売会社「ペットライン」独自の調査によれば、犬全体の4割にものぼる犬に食物アレルギーがあるか、その可能性があるという結果が得られたとのことでした。(情報の出典元http://www.petline.co.jp/note/dog/allergy/what/

犬のアレルギーの症状

アレルギーを発症した時に、もっとも多く、わかりやすい症状は皮膚の症状です。

特にかゆみという症状は初期に共通して起こりやすいです。

犬はかゆみのために執拗に舐めたり噛んだり掻いたりするので、皮膚が炎症を起こして傷になり、そこに二次感染が起こると、次第に炎症症状がひどくなり脱毛や慢性的な皮膚炎へと移行します。

アレルギーの初期症状に対し、適切な対応が遅れると次第に症状は難治性になっていきます。

慢性的な症状に移行すると、皮膚のバリア機能が低下して、皮膚がカサカサに乾燥するなどの症状が見られ、被毛の艶もなくなっていきます。

アレルギー症状は皮膚だけでなく、粘膜や耳などにも現れ、なかなか治らない外耳炎などもアレルギー症状であることがあります。

アレルギー症状が出現しやすい部位

【症状】痒み、ひっかき傷、皮膚の紅斑(炎症で赤くなる)、色素沈着、皮膚の肥厚(硬く厚くなる)、脱毛、外耳炎、皮膚のべたつきや体臭など

 

画像出典元 http://www.petline.co.jp/note/dog/allergy/what/

また、消化管症状として、嘔吐や下痢の症状の出現もあります。

さらに、ショック症状として気道が狭くなり呼吸困難を急激に起こすものは、アナフィラキシーショックと呼ばれ、急変して命の危険の高い重大な全身症状です。

ドッグフードとアレルギーの関係

犬の食物アレルギーを起こす、アレルゲンになりやすいものには、牛肉、乳製品、鶏肉、鶏卵、小麦、大豆、ラム肉(子羊)、とうもろこし、スパイスや添加物類などが挙げられ、これらはフードの材料と一致していることに気づくのではないかと思います。

ドッグフードの原材料について、2009年より「ペットフード安全法(愛玩動物用飼料の安全性の確保に関する法律)」が施行され、2010年より、フードには5種類の内容についての表示が義務付けられるようになりました。

この法律の内容は環境省のHPで確認ができます。

【表示義務内容】名称 ・原材料名 ・賞味期限 ・製造業者等の名称及び住所 ・原産国名

この表示はそのフードに使用されている割合の多い順番になっています。

次に表示内容の例を挙げてみましょう。

◆カナガンドッグフード

骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ  出典元 https://www.canagandogfood.co.jp/cart

◆オリジンアダルトドッグフード

新鮮骨なし鶏肉、乾燥鶏肉、新鮮鶏肉レバー、新鮮丸ごとニシン、新鮮骨なし七面鳥肉、乾燥七面鳥肉、新鮮七面鳥レバー、新鮮全卵、新鮮骨なしウォールアイ、新鮮丸ごとサーモン、新鮮鶏ハツ、鶏軟骨、乾燥ニシン、乾燥サーモン、鶏レバー油、赤レンズ豆、グリンピース、緑レンズ豆、日干しアルファルファ、ヤムイモ、えんどう豆繊維、ひよこ豆、カボチャ、バターナッツスクワッシュ、ホウレン草、ニンジン、レッドデリシャスアップル、バートレット梨、クランベリー、ブルーベリー、昆布、甘草、アンジェリカルート、コロハ、マリーゴールドフラワー、スイートフェンネル、ペパーミントリーフ、カモミール、タンポポ、サマーセイボリー、ローズマリー、ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ナイアシン、リボフラビン、葉酸、ビオチン、ビタミンB12、亜鉛、鉄、マンガン、銅、セレン、発酵乾燥腸球菌フェシウム 出典元 http://www.acanafamilyjapan.jp/orijen/adilt.html

◆ロイヤルカナン アミノペプチドフォーミュラ

コーンスターチ、加水分解フェザーミール(アミノ酸およびオリゴペプチド)、ココナッツオイル、大豆油、植物性繊維、チコリー、フラクトオリゴ糖、魚油、動物性油脂、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、乳化剤(グリセリン脂肪酸エステル)、アミノ酸類(L-チロシン、L-リジン、タウリン、L-トリプトファン、DL-メチオニン、ヒスチジン)、ゼオライト、ミネラル類(K、Ca、P、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、イノシトール、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B2、B1、葉酸、ビオチン、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル) 出典元 https://www.royalcanin.co.jp/vets/product_dogs/Anallergenic+/

有名な3つのフードの原材料を比較掲載してみましたが、それぞれのご家庭にある犬のフードの材料表記もこのようになっていると思います。

これを見ると、フードには添加物も含め実に多くの材料が使用されていることがわかります。

例えば、鶏肉のアレルギー症状があり原材料にそれがないフードを選んだとしても、症状に改善が見られない場合などは、単純に肉だけの問題ではなく、フードに加えられているこれだけの材料の中の何かがその症状を起こしている可能性も考えられるのです。

また、フードを主食としてそれだけを食べている犬も多く、犬は同じものを毎日食べ続けることになります。

上の項目で挙げたように、もしその中にアレルゲンがあるなら、今は大丈夫であっても体内のバランスが壊れる時が来た場合、ある日、アレルギー症状が出て、それまでのフードを食べられなくなる可能性もあります。

それを避ける為には、1種類の同じフードだけを食べさせ続けるのではなく、何種類かのフードをローテーションする方がよいとも言われます。

【原材料の選び方についての参考記事】

犬のフードとアレルギー 外国産・国産の特徴とおすすめ5点

ドッグフードの安全性について

ペットフード安全法は施行されたものの、原材料の表示義務があるだけで、食品としての栄養成分や安全性に対する規制がされているわけではないのです。

犬のフードは、食品衛生法で保護された食品という位置付けではありません。

特に、添加物については、基準も設けられてない為に、その添加物が一体何なのかが不明であったり、よく見ると発がん性が問題になっているものであっても、フードの原材料の中に入っていることもあります。

実際に、過去に中国産のフードで健康被害が問題となったり、国産のおやつの表示偽装が発覚したりと、それぞれにリコールになる騒ぎがありました。

このように、犬のフードには安全性において規制が甘いために、不明な部分が多く、もし偽装があった場合は、どの材料がアレルギー症状の原因かも明確にできません。

フードを選択する上では、信頼性の点で何を基準にするのかが難しく、それは飼い主の判断に委ねられるのです。

また、アレルゲンは、大抵何種類かが重なっていることが多く、フードのメイン食材以外の添加物が症状を起こしている場合もあるので、それが判明し症状が改善するまでには時間がかかることも少なくありません。

犬が毎日食べているものが体の不調を起こしてしまうのはとても辛い状況ですが、アレルギー症状に早く気づき、対応してあげられるのは飼い主さんだけです。

 

まとめ

犬のアレルギー症状は、日常的に食べ続けているフードが関係していることがとても多いです。

その原因を考える時、それまで大丈夫だったフードが犬のアレルギーの症状を起こしている可能性も視野に入れる必要があります。

私の愛犬もアレルギー症状があり、フードの見直しに始まり様々なことを試みて、皮膚のトラブルも今はすっかり改善しました。

幸いあまりひどくなかったのだろうとは思いますが、試してよかったことなどは、今後書いていこうと思っています。

アレルギー症状は時として急に重篤になることがあります。

犬の体調がおかしい時には、見逃さずに医療機関を受診させ適切な対応をしてあげて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

犬用サプリで免疫!犬康食・ワンプレミアムの口コミと評判

犬のアレルギー対策 フードを手作りご飯にする効果と方法


あわせて読みたい記事はこちら


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"