卵は完全栄養食品!犬の食べ物として問題なのはこの2点!

卵は、食べ物が豊富になかった時代の貴重品で、大事な栄養源、とても高価な食べ物だったということです。今ではそんなことは想像もつかないですね。

卵はどこでも簡単に手に入り、どんな料理にでも応用できるとても便利な食材です。手作り食で犬の食べ物にも使っている飼い主さん、いらっしゃるのではないでしょうか?

でも、最近はアレルギーで卵を食べられないという人が多く、いつの間にかアレルゲンとして避けられる食べ物になってしまい、何となくリスクが高い印象があります。

今回は、卵は犬の食べ物にしても危険はないのかということについて解説したいと思います。

スポンサーリンク

卵は完全栄養食品

は、とてもタンパク質が豊富で、アミノ酸スコアが最高値の100という、とても優れた食べ物です。

アミノ酸スコアとは、必須アミノ酸のバランスを数字で表したものです。上限は100で、この数字が高いと、アミノ酸のバランスがよく良質な蛋白源であると言えます。

アミノ酸は身体を維持し免疫力を向上させる、大事な栄養素です。必須アミノ酸の一つであるシスチンは卵に多く含まれ、特に免疫力を高めると言われています。

そして、卵には、なんと食物繊維とビタミンC以外の栄養素が全て含まれていて、これが”卵は完全栄養食品”と呼ばれる所以です。

卵に含まれる脂質レシチンの中にあるコリンという物質は、脳の働きに関与して脳を活性化させ、記憶力や学習能力を向上させて認知症予防にも効果的です。また、レシチンはコレステロールを除去する働きがあり、動脈硬化や心疾患、脳梗塞などを予防します。

鉄分においては、鉄分の宝庫であるホウレンソウの2倍も含んでいて、それに加えてカルシウムも豊富です。

卵は、黄身と白身を合わせた全卵として使用することが多いので、栄養素も基本的に全卵として考えられることが多いですが、卵の黄身、卵の白身、と分けた場合は多少違いが出て来ます。

卵の黄身の栄養素

卵の栄養素のほとんどは、卵の黄身の部分に含まれています。

卵の黄身は、前述したコリンが多く含まれている部分であり、この物質はアルツハイマー病などの予防にも効果が期待されている物質です。

卵の白身の栄養素

卵の白身の構成は、水分以外のほとんどがタンパク質です。

また卵の白身にはリゾチームという物質が多く含まれています。塩化リゾチームという名前に何となく聞き覚えはないでしょうか?

薬の成分としてどこかで何となく聞き覚えのある名前ではないかと思うのですが、これはまさに風邪薬の成分のリゾチームのことで、この成分は卵の白身から作られるのだそうです。

このリゾチームという物質には、菌の繁殖を抑制する作用があり、また免疫力を高める働きがあります。そしてこのリゾチームが、卵そのものをも腐敗させずに一定期間保つ役割もしているのです。

また、生卵を食べる時に取り除かれることの多い、ちょっと嫌われがちなドロッとしたカラザという部分、これは卵の重要な部分で、ここに含まれるシアル酸という物質が細胞を保護しています。

このシアル酸は免疫力を高め、ウイルスから体を保護し、ガンが広がるのを抑制するなどのとても有益な作用があり、嫌われがちですが捨ててはもったいない部分なのですね。

コレステロールの問題

卵と言えば、コレステロールというイメージが強いのではないでしょうか?

これまでは、卵はコレステロールが高いので人が食べるのは1日1個と推奨され、控え目が理想とされていました。美味しいけれども何となく健康が気になる食べ物でした。

しかし、その基準は2015年より変わっていて、健常者においては食事によるコレステロールの制限はかけないということが発表されています。

2015年2月に米国農務省USDAから一般国民向けに発表されたガイドライン作成委員会レポート[3]において、ACC/AHA同様、食事中コレステロールの摂取と血中コレステロールの間に明らかな関連を示すエビデンスがないことから、これまで推奨していたコレステロール摂取制限を無くすことが記載された。我が国の「2015年日本人の食事摂取基準」[4]では、健常者において食事中コレステロールの摂取量と血中コレステロール値の間の相関を示すエビデンスが十分ではないことから、コレステロール制限は推奨されておらず、日本動脈硬化学会も健常者の脂質摂取に関わるこの記載に賛同している。ただし、このことが高LDLコレステロール血症患者にも当てはまる訳ではないことに注意する必要がある。

出典元 日本動脈硬化学会 http://www.j-athero.org/outline/cholesterol_150501.html

コレステロールそのものは悪だけではなく、細胞膜を作る上で必要な成分であり、他にも神経組織を構成したり、脂肪の消化、副腎皮質ホルモンの原料、脂溶性ビタミンの吸収など、体に必要なものなのです。

過剰にありすぎることによる弊害の方ばかりが問題となりますが、全くなくては困るものです。ただし高脂血症などで治療が必要な場合は基準に当てはまりません。

卵は、コレステロールと共に、それを除去する働きのあるレシチンも多く含んでいるわけですので、よほど大量に食べすぎなければそれほど神経質になることはないということです。

スポンサーリンク

犬の食べ物に卵は大丈夫?

卵がとても栄養価の高い食べ物であることは間違いありません。

そして卵を犬の食べ物にするのも問題ありません。

ただし、次の2点だけは要注意です。

アレルギーの問題

卵は人間のアレルゲンとしても有名ですが、タンパク質ですから、やはり犬のアレルゲンになることも多いようです。

卵の黄身にはビオチンというビタミンが豊富で、このビタミンはアレルギー皮膚炎などの改善、皮膚や被毛を健康に保つような作用があるものなのですが、卵アレルギーがあった場合には、皮膚炎などは悪化していきます。

卵に対するアレルギー反応はないかをよく観察し、また、最初になくても、何度も食べさせるうちに出て来ることがありますので、痒みや嘔吐、下痢、皮膚の異常など、アレルギーの反応に十分に注意して下さい。

【アレルギー症状についての参考記事】

犬の目が腫れるのはアレルギー症状?目が腫れる原因と対処法

病院で犬のアレルギー検査にかかる費用はどのくらい?

アビジンの問題

アビジンは、卵の白身を生で食べさせる時に問題となるものです。

アビジンは、上記のビオチンというビタミンと結合することでその吸収を阻害し、それが続くと体内のビオチンの不足が起こります。

ビオチンが不足すると、ビタミンバランスやアミノ酸の代謝に支障をきたし、皮膚炎や消化器症状を起こしたりします。

でもこれは、卵の白身だけ生食する場合に問題になることであり、卵の黄身にはビオチンが豊富なので、全卵にするとお互いの成分が打ち消し合うことになって、身体に影響することはなくなります。

また、加熱するとアビジンはビオチンと結合しなくなります。

白身だけを生食というのも考えにくいですが、このような理由や、消化、食中毒などの予防という点からも、犬の食べ物に卵をあげる時は加熱してあげましょう。

一番消化しやすいのは半熟ゆで卵の状態だそうで、固ゆでになるとなぜか消化が悪くなるようなのでゆですぎないようにして下さい。

加熱しても、卵の黄身のビオチンや卵の栄養素はしっかり残っているので大丈夫です。

それから、卵は1個90Kcalくらいあります。アレンジしやすくて便利ですが、小さいわりにカロリーも高いので、量には注意が必要です。

卵の殻にも栄養があるが問題もある

ところで卵の殻はそのまま捨ててしまうと思いますが、実は卵の殻にはカルシウムが豊富で、卵の殻の内側の膜にはコラーゲンなどが豊富です。

それを聞くと確かに捨ててしまうのはもったいなく、卵の殻をサプリがわりにする飼い主さんもいるようなのですが、卵の殻は食中毒の原因になるサルモネラ菌などの付着の危険性があり、衛生面で少し問題もあります。

(ちなみに卵は特殊な洗浄後に店頭に並びますが、家で洗ったりすると表面の層が剥がれて菌が中に入りやすくなり、保存に問題が生じます。使う直前までは洗ったりしない方がよいとのこと)

また、犬にとっては卵の殻の消化も簡単ではないです。

卵の殻をカルシウムのサプリにするのであれば、使用後の卵の殻を集めてよく洗って干してお湯で5分ほど煮沸消毒し、乾燥させた後にすり潰して粉にし、根気よく濾して破片などを取り除き・・・・本当に卵の殻を手間をかけてなめらかなパウダー状にする必要があります。

???市販品で、卵の殻成分を抽出したサプリもあるようです。

アレルギーに効果が期待できるサプリのようですので、作るのが大変な時はこちらで。

 

まとめ

卵は犬にとっても栄養価の高い、良い食品と言えるようです。

アレルギーの問題、卵の白身の生食の問題をクリアすれば、犬の食べ物にもいろいろな使い方ができそうです。手作り食メニューへの応用もしやすいし、飼い主さんと一緒におやつにゆで卵を食べる、というような食べ方も可能です。

どのように食べさせる場合も犬が消化しやすい調理法で食べさせてあげて下さいね。小さくてもカロリーは高いですので、くれぐれも食べさせすぎには気を付けて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました?

【おすすめ記事】

犬のアレルギー対策 フードを手作りご飯にする効果と方法

犬用サプリで免疫!犬康食・ワンプレミアムの口コミと 評判 

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA