4種の症状に注意!犬の食べ物アレルギー対策

近年、卵や牛乳、そばなどにアレルギーのある人も多く、その食べ物を食べると、重症の場合は命にかかわるようなこともなりかねません。エビやカニなどの甲殻類のアレルギーもよく聞きますね。

アレルギーは軽視できない症状です。

犬にも食べ物アレルギーが存在します。実際に犬の食べ物アレルギーではどのような症状があるのでしょう?今回は、犬の食べ物アレルギーについての解説をしたいと思います。

食べ物アレルギーとは何か?

動物の体の中には、外から入ってきた細菌やウイルスなど、身体にとっての有害なものから体を守る免疫というシステムがあります。

しかしその免疫が、有害でないはずの食べ物の中に含まれるタンパク質に過剰に反応してしまうことがあります。免疫の過剰な働きによって、不利益な症状を引き起こすこの免疫反応のことをアレルギーと呼びます。

そして、その免疫反応(アレルギー反応)を呼び起こす原因になっている特定の物質=抗原のことをアレルゲンと呼びます。このアレルゲンのせいで異常な免疫反応を起こすようになってしまうことを「アレルゲンに感作される」と言います。(ここは覚えなくても大丈夫です)

一度感作されてしまうと、その後も、同じアレルゲンが入った時にはこの反応が呼び出されるようになってしまうので、やはりアレルギー反応が起こるようになります。

この反応は、繰り返すたびに強化(ひどくなる)されるのが一般的です。

同じアレルギーでも症状が出るかどうかは個体差がある

本来、動物の身体は、病原体のような有害なもの以外に過剰反応することのないようなシステム(免疫学的寛容というシステム)が抑えてくれています。

しかし、その体質であるとか、遺伝や健康状態などのいくつかの条件が重なった時に、食べ物のタンパク質のようなものにさえ過剰反応を起こしてしまうことがあるのです。

アレルギー反応は、身体に入った時にすぐに起こることもありますが、調べるとアレルギーがあるにもかかわらず、一生症状が出ないまま過ごすこともあります。

アレルギーは、アレルゲン(原因物質)の量が限界になって溢れた時に症状という形になります。

その限界の量は、その時体に入って来たアレルゲンの量や、症状を出さずに溜めておけるその個別の容量にもよります。従って、症状が出るまでには個人差があるのです。

また、食べ物アレルギーは、口から食べるという行為だけに限るのではなく、皮膚や粘膜にアレルゲンが触れた時にも同じ反応を起こす場合があります。

食べ物アレルギーの症状

食べ物アレルギーは、アトピー性皮膚炎と似ていますが、異なるのは、食べ物アレルギーの方は全身に症状が出る可能性があることです。

人も時々、そばアレルギーのことなどがニュースで流れていることがありますが、アレルギーを持つ人にとってはとても深刻な問題なのです。

アレルギー反応は、身体のコンディションが良い時には何ともなくても体調の悪い時などに症状が重く出現することが多いです。

皮膚や粘膜の症状

口の周りや皮膚の赤み、発疹が顏から耳や体まで広がり、陰部や肛門周囲などにも症状が出ます。かゆみがあったり、口の中や喉の違和感、鼻水などが多量に出る症状があります。

消化器の症状

肉眼で見えないのでわからないのですが、食べ物アレルギーの症状は、皮膚だけでなく腸の粘膜にも同じ反応が起きていることが多いです。そのせいで腹痛、嘔吐、しつこい下痢などの症状が見られます。

呼吸器の症状

また、気管にも同じことがおこります。気道浮腫と呼ばれる、気管内がアレルギー反応でむくんで狭くなる症状があり、その為に呼吸困難に陥って次の段階のショック症状に移行しやすいです。

気道が狭くなって呼吸がしにくく喘息のように喉がゼーゼーする、咳が出る、息苦しい、酸素欠乏の症状です。

ショック症状

顔がむくみ歯茎が蒼白になる、ぐったりして動かない、血圧が異常に低下し意識を失うなど、重症なショック症状を起こすこともあります。

このような変化はアレルゲンが体に入ってから短時間で起こることが多く、「アナフィラキシーショック」と呼ばれるものです。これはアレルギー反応の最も重症な症状で、命が危険にさらされる状態です。

関連記事→犬の目が腫れるのはアレルギー症状?目が腫れる原因と対処法

犬のアレルゲンに多い食べ物

犬のアレルゲンになりやすい食べ物としてよく指摘されるものは、牛肉、鶏肉、ラム肉、豚肉、乳製品、鶏卵、大豆、とうもろこし、小麦添加物などがあげられます。

アレルゲンになるものは単独ではなくて、複数あることの方が多いかもしれません。

ここに挙げられた食べ物を見て、お気づきのこともあるのではないでしょうか?

これらの食べ物は、犬のフードの材料に使われていることが多いものです。実は犬の食べ物アレルギーは、フードのアレルギーが一番多いと言われています。

犬のフードは、人間の食べ物のように法律で厳しく守られているわけではありません。法律は一応あるのですが、添加物などに明確な基準がない為に、多く使われているものもあります。

防腐剤の成分には発がん性が問題視されているようなものもあるのですが、よく見たらそのような成分が使われているフードもあります。

食べ物以外で添加物質が犬の食べ物アレルギーにおおいに関係しているという現実もあるかと思います。

犬のフードの安全性についての参考記事はこちら

犬のアレルギー症状とフードの関係・材料と安全性について

食べ物アレルギーの治療と対策

除去食試験

食べ物アレルギーの症状が現れた場合、病院では、注射や内服などの薬による治療がおこなわれます。また、アレルゲンが何であるかを把握する為の「除去食試験」というものがあります。

除去食試験は、アレルギーを起こしにくいように作られた療法食のフードだけを一定期間食べさせて、その間は他の食べ物を一切禁止するというものです。

その期間に症状の改善が見られるようだったら、アレルギー症状の原因はやはり食べ物だったということがわかります。

食べ物のアレルギーという予測がつけば、次はその療法食フードに違う食べ物を一定期間ずつ加え、症状の変化を観察していきます。もし症状が現れたなら、その時に加えた食べ物が原因になっていることがわかるのです。

こうやってアレルゲンがわかれば、日常の食べ物の中からそれを除去していかなくてはいけません。

逆に、アレルゲンがはっきりして、そのアレルゲンを除去することで、食べ物アレルギーは解決することができます。

タンパク質の分解

また、アレルギーがある犬は肝臓の働きが弱いことも少なくありません。その為にタンパク質の分解が負担となっていることもあります。

肝臓の機能も病院ですぐに検査することができます。

肝臓の病気と検査の参考記事はこちら

肝機能検査の数値の異常 肝臓・胆のうに多い犬の病気

療法食のフードがそうなのですが、おやつにもタンパク質がアレルギーを起こしにくい段階まで分解している(加水分解)低アレルゲンのものもあります。

フードやおやつなど食べ物を選ぶ時はそういうものを選んであげると良いと思います。そして、原材料や添加物の記載なども必ずよく見て選びましょう。

また、近年、腸内環境は免疫系に影響しアレルギーとの関連が深いことが人においても知られるようになりました。免疫系を正常に保つためには腸内環境の改善も大事です。

《腸内環境を整える!》

 

酵素とプロバイオティクスのペット(犬・猫)用サプリメント【プロキュア】

まとめ

フードは犬の食べ物で最も重要なものです。アレルギーを発症させない為にはフード選びはとても大切なことだと思いますので、原材料や添加物をきちんと吟味して、納得できる、できるだけ質の高いものを選んであげて下さい。

おやつも同様に、添加物がたくさん使われているような食べ物は犬にはおいしそうな匂いがつけてあり食いつきも良いことが多いですが、避けた方が安全です。

また、食べ物アレルギーはいろいろな食材で起こりうるものです。初めて食べさせる食べ物には、どの食べ物でも、アレルギー症状の出現にくれぐれも注意して下さい。

リスクの高そうな食べ物は犬にわざわざ食べさせない!ということは大事なことではないでしょうか。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

病院で犬のアレルギー検査にかかる費用はどのくらい?


あわせて読みたい記事はこちら


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"