犬のてんかん発作時の座薬の入れ方・タイミング・ 副作用について

犬のてんかんの治療の目的は、発作を予防することであり、日常的に薬を継続して飲ませることが何よりも重要ですが、薬をきちんと飲ませていても発作の可能性は0になることがありません。

いざという時に自宅で対処する為、発作止めの座薬を処方されることもあるので、座薬の入れ方やタイミング、副作用などは事前に確認しておいた方が良いでしょう。

今回は、発作時の座薬の使い方について解説したいと思います。

スポンサーリンク

犬のてんかんの治療の基本は発作の予防

犬のてんかんには、二通りあります。

発作の原因になる疾患や外傷などがはっきりと判明していて、その原因によって発作を起こす二次的な症候性てんかんと、検査をしても原因が特定できないが、発作を起こす特発性てんかんがあります。

また、てんかん発作に似た意識消失や痙攣の症状を表すものの、脳の異常ではない内科的な疾患もあります。

てんかん発作を起こしたら、その症状が本当に脳から起こるてんかん発作なのか、てんかん発作だとしたら脳のどこに原因があるのかを検査し、その治療を開始することになります。

【犬のてんかんの診断までの流れと費用など】

犬のてんかん治療に必要な検査や薬 かかる費用の目安は?

犬のてんかん治療には、人間のてんかん治療薬ほどは選択肢がないですが、何種類の治療薬の選択ができます。

薬の効果を見る為の「血中濃度」という検査や、副作用を調べる肝臓の検査などを定期的に行いながら、症状や体質に合う薬を見つけ、長期にわたって継続し、発作を予防していくことになります。

てんかんの薬を飲み始めると二度とやめられなくなるから飲ませない、副作用が強いからできるだけ薬を飲ませない、という飼い主さんも多いようなのですが、それは誤った認識です。

副作用を恐れてできるだけ薬を使いたくない気持ちはわかりますが、てんかんは発作を起こした頻度や発作のレベルがその後の病状に影響します。

薬をやめられないと言われる本当の意味や、そもそもなぜ薬の継続の必要があるのかという意味について、是非、正しく理解して頂ければと思います。

犬のてんかんの治療は、日々の確実な薬の内服が基本ですが、どんな薬でも、副作用は完全には避けられず、使用方法によっては毒にもなるものなのです。

犬に穏やかな時間を過ごさせる為にも、最も大事なことは、決して自己判断せずに正しく薬を使うということです。

【薬の中断のリスクについて】

犬のてんかんの薬は中断禁忌!飲み忘れはどう対処する?

スポンサーリンク

てんかん治療に使う座薬とその効果について

その犬に合う薬の種類と量を決め、てんかんの治療を継続して薬の血中濃度が安定してくると、大部分の犬は発作がほとんど見られなくなるか、その頻度が減ると思います。

それでも発作を起こしてしまうことはあるのです。

いざという時、すぐに病院に運ぶことができるのであればよいのでしょうが、病院まで距離があるとか、病院が開いてない時間ということもあるでしょう。

てんかんを持つ犬の飼い主さんにとって、それは共通の不安の種ではないかと思います。

てんかん発作そのものは、大抵、短時間で自然におさまることが多いものです。

しかし、それを何度も繰り返したり(群発発作)、おさまりきれないまま長時間に渡る発作(重責発作)に発展していくなど、深刻で危険な発作もあります。

このようなパターンを示す発作は、脳へのダメージが大きく、その後に後遺症を残すことにもあれば、直接、命の危険にさらされることもあります。

【犬のてんかんの危険な発作の種類について】

犬のてんかんの症状と対処法 危険な発作の2パターンとは

自宅でそのような発作を起こした時に、病院のように、即効性のある注射薬を使用することができません。

しかし、注射薬と同じ成分の座薬はあります。

それを獣医師に処方してもらいストックしておき、入れ方や使うタイミングなどを覚えておくと、少しでも安心できるのではないかと思います。

発作のタイミングで使われる座薬は、一般名がジアゼパム、商品名はダイアップという座薬です。

ジアゼパムは、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬・催眠鎮静剤に分類される薬です。

この薬は、人用としてもセルシンやホリゾンという名前で注射薬や内服薬があります。

その成分の座薬であるダイアップ座薬は、人の臨床でも実に広い範囲で使用されている薬であり、特に、小児のてんかん発作や熱性けいれんのタイミングで使うものとして使用される薬です。

座薬は、直腸から素早く吸収される為に、内服薬に比べて効果の出現が早く、ダイアップ座薬を使用して15分~30分で鎮静効果が期待できるようになります。

人の場合の入れ方の参考ですが、ダイアップ座薬を1回入れた後、8時間後に2回目のダイアップ座薬を入れることで、効果の継続が24時間以上得られると言われています。

【てんかんの治療薬と副作用の参考記事】

犬のてんかんの薬と副作用 意識や食欲への影響について

座薬を使用するタイミング

この座薬は、効果が早いとは言っても、注射薬のような即効性は残念ながらありません。

たとえ発作が始まったタイミングで座薬を入れることができたとしても、その効果が出現する頃には、重症ではない普通の発作であれば、大抵はもうおさまっているはずです。

それに、てんかん発作の最中は、痙攣で体動も激しく、便失禁などもあるので、座薬の入れ方タイミングを見つけるのもかなり難しいと思います。

発作時に座薬を入れようとして抑えつけたりするのは、よけいな刺激を与えることになるので好ましくありません。

おそらく、座薬の入れ方で難航すると思います。

もし、無理と感じた場合は、格闘することはしないで、少しタイミングを待った方が良いと思います。

座薬の入れ方として、発作が鎮まるタイミングで使うということは、決して無意味なことではありません。

このタイミングで使う座薬が持つ意味は、すでに鎮まりかけたその発作に対してではなく、続けて起こる発作(群発発作)や重なって起こる大きな発作(重責発作)を予防するのに有効になるのです。

もちろん、座薬を使うべきかどうかは、飼い主さんの判断が必要です。

今の発作がおさまっても、続けて起こるかもしれないという予測ができるのであれば、一回目の発作のタイミングで使うのは、座薬の入れ方として懸命だと思います。

私は、愛犬が発作を起こした時には迷わずに座薬を使います。

座薬の入れ方のコツ

ダイアップ座薬には、4mg、6mg、10mgと、成分含有量の違うものがあります。

犬の体重によって使用量が違い、一回量や入れ方、タイミングについては処方時に指示があると思います。

小型犬などは、一回の使用量は1個の座薬の半量という指示になるかもしれません。

もし、1/2個という指示の時は、外包を開けずにそのままの状態ではさみで切る方が、表面が滑ることがなくて切りやすいです。(抵抗なく簡単に切れます)

そして外包を開けて中身を出して下さい。

座薬は、中身を出して手に持っているうちに体温で表面が溶けて柔らかくなり、ぬるぬるして持ちにくくなって来ますので、滑って落とさないように気を付けて下さい。

使い捨てのビニール手袋をはめておいた方が、座薬を持ちやすく、入れ方もスムーズになります。

通常、1個の状態で使用する時の入れ方は、先端の丸くなっている方から入れますが、半分に切ったものは入れやすい方(持ちやすい方)からの入れ方で大丈夫です。

入れる方の先端を手で軽く擦り、体温で表面を溶かしてなめらかにするか、オリーブオイルやベビーオイルを先端に少量つけると潤滑剤になり、入れ方もスムーズになります。

または少し水で濡らしても良いです。

座薬の入れ方は、差し入れてからもう少し奥に押し入れる、というイメージで、肛門の入り口より気持ちだけ深く入れます。

そして、座薬が出てこないように肛門をしばらく押さえておきます。

この、押さえておくというのがなかなか難しいのですが、押さえるというよりも、肛門の左右を指で軽くつまみ寄せて、肛門が開かないようにしばらく塞いでおくという感じです。

座薬の入れ方で無理をして、肛門部を爪などで傷つけないようくれぐれも気を付けて下さい。

入れ方はうまくいったとしても、てんかん発作で全身に力が入り、便失禁と一緒のタイミングで直後に出てきてしまうということも、よくあることです。

その時は、改めてタイミングを見計らって入れてみて下さい。

座薬が溶けて吸収され始める30分くらいは、入れ方がうまくいっても気づいたら出てきてしまっていたということもありますので、気を付けていて下さい。

私も愛犬の発作で座薬を使った経験がありますが、タイミングを見計らって入れても、失禁で出てきてしまって初めはスムーズにいきませんでした。

それは「早く入れなくては」という焦りもあるからです。

今の発作を止めようとすると焦りますが、そうではなく、次の発作を抑えるのが目的というように考えると、少しは冷静になれると思います。

ほとんどないのですが、最近は、てんかん発作の前兆と判断した時に、速やかに、予防的なタイミングで座薬を使うようにしています。

 

 

座薬の副作用と使用にあたって注意すること

ダイアップ座薬の成分であるジアゼパムは、比較的安全な薬とされて使いやすい薬ではあります。

しかし、量については制限がある薬で、1日1mg/Kgを越えて使用しないようにしなければなりません。

使用量については、獣医師の指示を守り、その指示を越えて使用するようなことのないようにして下さい。

この薬の一般的な副作用としては、眠気やふらつき、朦朧状態、興奮などが挙げられています。

その他にも、ジアゼパムの副作用には依存性があります。

ただ、ダイアップ座薬に関しては、継続的な使用をするわけではなく、発作時のタイミングという単発的な入れ方になるので、依存性という副作用が問題になることはまずないと思われます。

ダイアップ座薬は、筋肉の収縮を抑制する効果がありますが、それは副作用にもなるもので、効きすぎて呼吸が抑制されるという副作用が重要になります。

呼吸抑制の副作用は、呼吸がしにくくなることですので、ダイアップ座薬を使用した時には、呼吸状態にも十分注意して観察して下さい。

また、座薬は冷所保存であることが多いので、冷蔵庫で保存されるお宅がほとんどなのではないかと思います。

ダイアップ座薬の場合は、一応、遮光が必要ですが、室温保存OKです。

しかし、遮光していても、極端に高温になるような場所では、室温OKでもやはり変質・変形してしまいます。

ダイアップ座薬は50℃以上で溶けます。

間違っても車の中に置いたりしないように気を付けましょう。

遮光は、箱やアルミホイルなどに包んで光を避けることです。

そして、室温というのは、1~30℃の範囲と考えて下さい。

もし適切な場所がないようであれば、やはり冷蔵庫保存が確実で、私は冷蔵庫のポケットに保管しています。

 

まとめ

てんかんという病気は、どんなに治療をおこなっていても、またいつ発作を起こすかわからないという不安が尽きないかもしれません。

夜間にも対応してもらえる医療機関などをチェックしておくと共に、発作時の座薬を処方してもらい、タイミングや入れ方、さらに副作用も覚えておくというのは飼い主さんの安心にも繋がります。

発作のタイミングで座薬を入れることは、どんなに入れ方を理解していても、飼い主さん側にも焦りが生じたりして思ったより難しいものです。

普段から、頭の中でシュミレーションしておくと同時に、座薬を入れる際の必要物品を取りやすいように揃えておくと、少しでも慌てずに対応できるのではないかと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

犬用サプリで免疫!犬康食・ワンプレミアムの口コミと評判 

飛び出すおやつFurbo(ファーボ)ドッグカメラで保護犬支援!

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!