初めての首輪!子犬が無理なく着けられるようになるしつけ

あなたの家に迎えた子犬と一緒に、お散歩に行くことを想像しただけで、ワクワクしませんか?

お散歩デビューには、首輪とリードが欠かせません。

その前に、首輪に慣れる練習をしないと、なかなかうまく着けられないこともあります。

お散歩デビューするまで、子犬の首輪を選び、首輪を着けることができるしつけをしておきましょう。

首輪を着けるのは何の為?

子犬にとって、首輪の目的とは何でしょう?

首輪がないとリードも着けられませんね。

屋外でノーリードが許される場所は、基本的にはドッグラン以外にないと認識しておかなければなりません。

では、首輪とリードは子犬を拘束しておくためのもの?

いいえ、首輪とリードは犬の安全を守る為にあります。

  • 犬が飼い主さんとはぐれないように
  • 危険な目に合わないように
  • あらゆる事故を回避できるように

飼い主さんが自分の犬を守るためにある、愛情の絆と言ってもいいかもしれません。

しかし、それならリードとハーネスでもかまわないのでは?

リードを装着するという役割だけを考えれば、もちろんハーネスでかまわないので、どちらを選んでも使いやすい方でOKです。

でも、首輪は首輪だけのもう一つの目的があります。

それは、子犬の身分証としての役割です。

もしも万が一、何かのアクシデントで子犬が迷子になった時、首輪に飼い主さんの連絡先などが書かれてあれば、飼い主さんのところに帰って来ることができる確率が上がります。

首輪に直接記入しておくこともできるし、首輪に迷子札を着けておくこともできます。

首輪のしつけ・サイズや種類の選び方と付け方

首輪は、慣れないうちはやはり違和感のあるものなので、子犬のストレスにもなります。

子犬のうちから慣れることができるようなしつけをしてあげましょう。

首輪の種類と選び方

首輪にも、素材やデザインなどが様々、可愛く凝ったものもたくさんあるので、どんなものを選んだらよいか迷いますね。

首輪の選び方で一番大事なことはそのサイズです。

頭囲と首まわりのサイズをきちんと測ってみて下さい。

子犬の体のサイズを把握しておくことは、その後に洋服などを選ぶ時にも役に立ちます。

首輪は、首に巻いて大人の指2本が入るくらいの余裕があるのが適切なサイズです。

大型犬の体格であれば、指3~4本くらいの余裕がある首輪が適切なサイズです。

小さすぎて首が締まるようなものは、どんなに可愛くても絶対に選ばないのはもちろんのことですが、サイズが大きすぎても危険があります。

  • 首輪が抜けてしまう危険
  • 首を後ろ足で掻く時に緩すぎる首輪の隙間に足が挟まり怪我をする危険
  • 子犬の口が首輪に引っかかって怪我をする危険

など、首輪が抜ける以外にも危険はあるのです。

危険のない、適切なサイズの選び方をして、安全に付けましょう。

次の選び方基準は、素材です。

素材には、革、合成皮革、布、ナイロン、金属などがあります。

ベルトのような構造の首輪は、革製か合皮かの素材でできていて、一般的には、このタイプの首輪を見かけることが多いのではないでしょうか。

バックルでカチッと止めるタイプの首輪などは、ナイロンまたは布製のベースにプラスチックという組み合わせ素材で、耐久性があるとは言えないのですが、素材は優しいです。

子犬が最初に使う首輪としてや、華奢な小型犬などには無理がない首輪です。

その中には、バックルで止めるだけでなく、トップリングカラーと言う、バックルとリングの二重構造になっていて、バックルだけに力がかからないように耐久性を高めているものもあります。

しかし体格のいい犬や、引っ張る力が強い犬の場合は、このタイプの首輪はすぐに破損する危険があるので注意が必要です。

子犬はまず首輪に慣れることが目的ですので、装着しやすく、着けていても違和感の少ない、負担にならないようなものを選んであげて下さい。

子犬は成長が早いので、首輪は、最初は慣らす目的で選び、成長と共に交換していくものというように考えて下さい。

首輪には、一般的なもの以外に、チェーンチョーク、ハーフチョーク、マーティンゲール、ジェントルリーダー、スパイクチェーンというような名前のものもあります。

しかしこれらは、あくまでもトレーニングなどの特殊な状況に使用するもので、普段使用のものではありません。

ちなみに、これらの中には、装着が危険な為に、現在はトレーニングにも推奨されないものもあります。

使用する側のテクニックも必要であり、少なくともそのような特殊な種類のものは、子犬の首輪としての選択には論外です。

↓こちらは、リードを付けられるタイプではありませんが、軽量で負担がかかりにくい、迷子札として使用できる首輪です。

ネームも入れてもらえます。

とても可愛いくておしゃれなので、ちょっとご紹介してみました!

首輪の前にリボンに慣れる

首輪の前の段階として、首に何か巻くことに慣れさせるしつけから始めましょう。

いきなり首輪を着けるのはハードルが高いかもしれませんので、リボンやバンダナなどの軽くて負担の少ないものを着け慣れておくとよいと思います。

首輪は難しくても、リボンなどは比較的簡単に巻けたりします。

子犬の体格が小さいうちは、布製のシュシュタイプの猫用首輪なども便利で、私はそれを使っていました。

全く何も着けたことがない場合は、リボンなどを体に触れさせて、ご褒美をあげながら少しずつ慣らし、拒否されずにリボンを巻けるようにしてあげて下さい。

着けておく時間は短時間からでかまいません。

着けたり外したりしながら、おやつや褒めるなどのご褒美でしつけをしてあげましょう。

首輪を着ける

首にリボンなどを巻いても大丈夫であれば、いよいよ子犬の首輪を着けてみましょう。

首輪を見せたり、子犬のそばに置いて、首輪を確認させてあげて下さい。

においを嗅いだりするうちに首輪の存在に慣れ、特に怖がらない様子であれば、着けてみましょう。

無理やり着けようとすると、首輪に恐怖感を持たせてしまうので、うまく着けられない時は無理をしないようにして下さい。

子犬が動いているのに、抑えつけて着けるというような行為は危険を伴います。

首輪は、子犬が自分からおとなしく着けさせるようになるしつけが必要です。

首輪を輪っかにして、首輪の手前からおやつを見せて首輪をくぐるように誘導してみるといいかもしれません。

自分から首輪に入って来れば、そのタイミングでおやつをあげて褒める、というしつけをしてみましょう。

首輪をくぐるといいことがあるとしつけて、何度か輪っかを出たり入ったりすることを繰り返しても良いでしょう。

輪っかに頭を通すことに慣れて来たら、首輪を着けるようにします。

首輪を着けるまでのことができたら、しばらくその状態で遊んであげて下さい。

首輪を着けた後は、楽しくて良い時間に繋がると子犬が感じられるようにしてあげましょう。

首輪を着けた後に、決して嫌な思いをさせないようにして下さい。

首輪をつけっぱなしにはしない

首輪を着けている間は、皮膚の状態に十分注意してあげましょう。

首輪が皮膚に負担をかけることがあります。

また、成長して、サイズもすぐに合わなくなったりします。

つけっぱなしで、サイズが合わなくなっていることに気づかないことがないよう、十分注意して下さい。

そして、リードを着けて散歩に行く前には、必ず首輪を確認しましょう。

  • 首輪に破損がないか
  • 安全な状態が保たれているか

を常にチェックする習慣をつけておきましょう。

迷子札は、室内でも着けておくのがベターです。

室内で使用する首輪は、軽くて負担の少ないものにしておいて、散歩時に外出用の耐久性のいいものと交換するという使い分けをしても良いと思います。

小型犬で、骨格の問題や気管が弱い場合など、首輪とリードという組み合わせでは不適切なこともあります。

その場合は、迷子札としての役割だけを考えて、かかる負担を最小限に選び、リードはハーネスとセットにするという使い方で十分です。

ハーネスは、首輪よりもかかる力が分散されるために、体に負担がかかりにくく、安定感があります。

首輪が負担になる小さい子犬や小型犬の散歩には、こちらの方がおすすめのことが多いです。

首輪の危険性を理解する

リードを強く引っ張って首輪が絞まることにより、頸椎や気管を損傷する危険があるということも、飼い主さんは十分理解しておいて下さい。

慢性的に首輪を絞めるような行為を続けると、脳にダメージを与える危険があり、また、眼圧も上がるために眼球を損傷するというような危険もあります。

犬の体格によっては、このような行為は致命傷にもなるものです。

むやみにリードを引いて、首が絞まるようなしつけ方をしないように気を付けて下さい。

また、首に対して幅が狭すぎる首輪も、首輪の部分に力がかかりやすくなり、食い込んで絞まりやすいので注意して下さい。

トレーニング用とされているチェーンチョークなどは、引けば必ず首が絞まる構造になっています。

ジェントルリーダーと呼ばれる首輪は、口にも巻き付けるようになっています。

スパイクチェーンは内側に突起があり、引くとそれが首に食い込んで痛みを与えるしくみです。

このような特殊タイプの首輪は、引っ張り癖のある場合の行動矯正などに使われるものですが、危険と隣り合わせの首輪でもあります。

容易に犬の体を傷つけることになり、このような首輪に対するプロのトレーナーの見解も様々です。

少なくとも、トレーニングの素人である一般の飼い主さんが選択すべきものではありません。

このようなものがあるということも一応知っておくと、犬をトレーニングに預ける機会がある場合、その訓練所の方針を知る一つの選択基準にもなると思います。

>>犬のしつけ教室と預かり訓練 その違いと選び方について

まとめ

子犬の最初の首輪のしつけは、首にリボンやバンダナなど何かを巻いていられるというところから慣らして、首輪に対する警戒心や抵抗を持たないようしてあげて下さい。

初めての首輪は、できるだけ優しい素材で違和感のないものを選び、首輪のサイズをきちんと合わせることが大事です。

また、子犬は成長がとても早いので、必ずサイズをマメにチェックして、成長に合わせて買い換えてあげましょう。

決してつけっぱなしにならないよう、首輪を着けた後もサイズや皮膚の状態の確認が必要です。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

>>【迷子対策】犬のマイクロチップ料金とメリット・デメリット

>>「いぬとねこの保険」は安い?免責や口コミ評判もチェック!


あわせて読みたい記事はこちら


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"