【野菜】犬が食べてはいけないものと注意すべきもの

私達が普段食べている食材の中で、犬が食べてはいけないものは想像以上に多いです。

野菜の中では、ネギ類などが犬が食べていけないものの代表ですが、このあたりであれば飼い主さんなら誰もが知っているのではないかと思います。

しかしそれだけでなく、野菜には他にも注意すべきものがあります。

野菜の中で、犬が食べていけないもの以外の注意すべきものは何があるのでしょうか?

スポンサーリンク

野菜の中で犬が食べてはいけないもの

野菜の中で犬が食べていけないものと言えば、玉ねぎを始めとした、ネギ、ニラ、エシャロットにニンニクなどの野菜がよく知られています。

これらは全てユリ科の野菜で、人間が食べても大丈夫なものです。

しかし、これらに含まれているアリルプロピルジスルファイドという有機硫黄化合物が、犬の赤血球を破壊、溶血性貧血を引き起こし、最悪の場合は死に至る危険があります。

野菜そのものだけでなく、成分が抽出されて溶けだしたスープなども注意すべきもので、オニオンスープや玉ねぎを使ったコンソメなども犬が食べてはいけないものです。

ニンニクに関しては、この成分がそれほど多くはないので、少量を香りづけに使う程度であれば問題ないという考え方もありますが、このような中毒症状はあくまでも個体差があるものです。

食べても何も問題ないような犬もいれば、少量の誤食で命を落とす犬がいるというのも事実です。

判断は飼い主さんがする以外にはないと思いますが、どうしても使わなければならない、または使いたいという以外は、このようなものをわざわざ食べさせる必要はないかもしれません。

また、じゃがいもの芽に含まれる成分、ソラニンというアルカロイド物質は、人間にも有害です。

じゃがいもの皮が緑色に着色している部分にもこの物質は含まれています。

じゃがいもを与える時には、有害な部分をきれいに取り除いてから加熱して使用して下さい。

あまり知られてないかもしれませんが、未熟な緑色のトマトもこれと同様にトマチンという有害なアルカロイド物質を含んでいます。

トマトは、未熟な緑の実、葉や茎、ヘタなどもこの物質が含まれていて、人間にも有害ですが、犬が食べてはいけないものです。

完熟したトマトにも、この物質は微量ながら含まれているのですが、大量でない限りは、完熟トマトであれば犬も食べられます。

【犬が食べてはいけないものについて】

保存版!犬のダメな食べ物は?犬の食べ物の禁止リスト

スポンサーリンク

禁止ではないが場合によっては控えたい 注意すべきもの

アルカロイド

野菜や果物は、自然毒であるアルカロイドを含んでいるものがほとんどです。

これは植物が害虫を近づけない為にあるのですが、それぞれに構造や種類が異なっています。

人間の場合でも、同じ野菜を大量に生食することや長期に渡って食べ続けることは、同じアルカロイドの蓄積に繋がり好ましいことではないと言われていて、いろんな種類の野菜をローテーションする方がよいとされます。

絶対に犬が食べてはいけないものではないにしても、アルカロイドを多く含む野菜は、できれば続けて大量に食べさせないように注意すべきものです。

ユリ科の野菜はその代表になりますが、ユリ科野菜はすでに犬が食べてはいけないものとしてあげられているものになります。

それ以外の野菜は次のような野菜です。

◎ナス科の野菜:じゃがいも、トマト、ピーマン、ナス

◎マメ科の野菜:インゲンマメ

シュウ酸

ホウレン草にはシュウ酸が多量に含まれます。

シュウ酸はカルシウムと結合してシュウ酸カルシウムとなり、尿路系の結石の原因になりやすいものです。

茹でこぼすなどの調理によってこの成分を減らすことは可能ですが、尿路系結石の治療をしている、なりやすい体質などであれば、シュウ酸を多く含む野菜は注意すべきものです。

シュウ酸を多く含むものは次のような野菜です。

◎ホウレン草、キャベツ、レタス

【キャベツについて】

キャベツの栄養は覚えやすい!犬の食べ物にも使いやすい!

アルカリ性の食品

野菜、果物はアルカリ性食品で、人間の体には良いものです。

しかし、人間とは代謝の仕組みが異なる犬の体をアルカリ性に傾けてしまうと、おしっこもアルカリ性を呈することが多くなり、それも尿路系結石であるストルバイト結石を作りやすい環境を作り出します。

また、おしっこがアルカリ性に傾くと、免疫機能が十分働かなくなり尿路系の感染症も多くなります。

犬の体は、酸性に傾いている方が健康を保てるという点で人間と違っていて、食事の中には動物性タンパクが必須となります。

犬の食生活のアルカリ性食品への偏りは注意すべきものです。

アブラナ科の野菜

アブラナ科の野菜にはグルコシノレートという成分が含まれていて、これが消化酵素によって変化し甲状腺の働きを阻害する働きがあります。

甲状腺機能低下や、甲状腺腫の原因になることがあり、甲状腺疾患で治療中や問題を持っている犬には注意すべきものです。

アブラナ科の野菜には次のようなものがあります。

◎キャベツ、大根、カブ、白菜、ブロッコリー、カリフラワー

【ブロッコリーの成分】

ブロッコリーは犬の食べ物で超人気!でもこんな注意点が!

犬に野菜を食べさせる時には工夫が必要

犬の消化管は野菜の食物繊維の消化に適していないということは、あちこちで出て来る話です。

人間の場合は、食物繊維が腸を刺激し便秘の改善にも重要です。

犬の場合でも、食物繊維がそのような働きをすることについては同じなのですが、量が多すぎると負担がかかり、ガスが溜まりやすくなったり消化不良を起こします。

また、犬はあまり咀嚼せずに丸飲みする傾向にあるので、できるだけ繊維を切り離して与えてあげる方が良いのです。

生で与えられるものなら、小さく刻むか、すり下ろすなどして、または加熱することで柔らかくして、消化しやすい形で食べさせてあげましょう。

適度な量の繊維質は、腸内の環境を健康に保つのに役立ちますので、犬の消化管にやさしい状態に手を加えてあげて下さい。

まとめ

野菜には、犬が食べてはいけないものの他にも注意すべきものや体調によっては避けなければいけないものがあります。

基本的には、種や茎、皮、芯などに毒性のある成分があることが多いので、取り除いた方が安全です。

そして、中毒などについても個体差があるので、全ての犬に症状が出るわけでもなければ、大丈夫なわけでもありません。

中毒でないとしても、アレルギーの問題などもあります。

犬に食べさせる全ての食べ物についての判断は飼い主さんに委ねられることになりますので、気を付けてあげて下さい。

また、食材を選ぶ時は、私達のものを選ぶのと同様にできるだけ新鮮で安全なものを選んであげて欲しいと思います。

【おすすめ記事】

4種の症状に注意!犬の食べ物アレルギー対策について

犬が果物を好きな理由 犬の食べ物にNG果物とお勧め果物 

 

 

*私のイチオシ!*

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!

 

スポンサーリンク