冬の定番を犬の食べ物に!犬はみかん丸ごと食べても大丈夫? 

冬になると、暖かい部屋でなぜか手に取りたくなる「みかん」。

乾燥した部屋にいると、みかんのみずみずしい甘酸っぱさがおいしくて、つい何個も食べてしまうことがありますね。

その隣で飼い主さんと一緒にみかんを食べている犬もいるのではないかと思いますが、犬の食べ物にしても問題ないのでしょうか?

今回は、みかんを犬が食べても大丈夫かどうかについてご説明します。

スポンサーリンク

みかんを食べるとどんな効果が?

みかんにはどんな栄養があるのかを調べてみました。

みかんの栄養素で際立っているのは、何と言ってもビタミンCです。

人間の大人の場合、1日のビタミンC所要量は50㎎ですが、これは?サイズのみかん2個くらい食べることで十分に補える量です。

みかん100g中のビタミンCの含有量はおよそ32g、100gと言うと少し小さめみかんの2個分くらいになります。

ビタミンCは、身体の抵抗力を高めて、ストレスや疲労で崩れがちな身体のバランスを整え、皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあります。

そして、みかんにはビタミンCの吸収をよくするビタミンPも含まれている為、相乗効果で効率よくビタミンCを摂ることができます。

みかんには、他にも、βカロテン、カリウム、ビタミンB群、ペクチン(水溶性食物繊維)などが豊富に含まれています。

水分も豊富でジューシーな果物なので、喉が渇いている時などにはとても美味しく感じますね。

みかん100g中、およそ87gが水分なのです。

そして、みかんの酸味の元であるクエン酸は、柑橘類に多く含まれる成分であり、血液をサラサラにして疲労回復を早めてくれる働きがあります。

また、カロテノイドの一種であるβクリプトキサチンは、身体の免疫を高め、ガン予防の効果があるとして期待されている成分です。

柿に多いこの成分ですが、みかんにも豊富に含まれています。

このように、みかんは安価でとても手軽に食べられる健康的な果物ですが、カロリーもそれほど高くなく、100g(小さいみかんで2個くらい)で約46Kcal程度です。

水分豊富なために、食べやすいわりには満足感もあるものなので、これは低カロリーと言えるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

みかんを食べすぎると手が黄色くなる!

次から次へと手に取って食べてしまいがちなみかん、毎日みかんを食べていて、ふと手を見ると手のひらが黄色くなっていた、という経験はないですか?

そこまで食べたことがない人も、みかんを食べ過ぎると手が黄色くなるという話を聞いたことがあるのではないでしょうか?

迷信なのか何なのかよくわからない話にも聞こえますが、実は本当に黄色くなるのです。

これはみかんに含まれるカロテノイドという成分のせいです。

みかんのきれいなオレンジ色は、この色素によるものです。(柿のオレンジ色もそうです)

みかんには、βカロテン(カロテノイド)が豊富なために、食べすぎることにより柑皮症といってこのような状態になるのですが、これは一時的なものであり、体内に蓄積するような物質ではないので、大丈夫、心配はいりません。

βカロテンは、体内に取り込まれると必要な量だけビタミンAに変えられて、ビタミンAとして粘膜、皮膚の健康、免疫力を保つなどの働きをします。

そして体内でビタミンAに変えられなかった余分なβカロテンは、体外に排出されます。

その余分なβカロテンから生じる症状ですので、量を控えて食べすぎるのをやめると自然と元に戻ります。

ビタミンAそのものは、脂溶性ビタミンと言って過剰症もあり、摂る量に気を付けなければなりませんが、βカロテンという形で摂る場合は必要なものだけがそのように変換されてあとは対外に排出されるので、過剰症という大きな問題には繋がりません。

犬はみかんを食べても大丈夫?

問題ありません。犬はみかんを食べても大丈夫、犬の食べ物にしてもかまいません

元々、犬は酸味が嫌いなことが多いそうですが、それでもみかんを好きな犬はいます。

犬が好きで食べたがるのであれば、みかんは犬の食べ物として食べても大丈夫です。

みかんは犬が食べてはいけない食べ物ではありません。

基本的に犬は人間と違って、ビタミンCを自分の体の中で作ることができますので、私達のようにビタミンCを食べ物から摂らなければならない、ということはありません。

でも、犬が高齢の場合や、何か病気で治療中である場合、ストレスがかかっている場合は、体内でのビタミンCの生産が追いつかずに不足することがあります。

疲労している時などにも、ビタミンCを外から補給してあげることは意味のないことではありませんので、犬の食べ物にビタミン豊富なものをあげるとよいです。

また、水分が豊富なので、みかんを水分として食べさせてあげてもいいですね。

注意点・丸ごと食べても大丈夫?

犬の食べ物のどれもそうですが、特に果物に対してはアレルギーを発症する犬が多いです。

まずは、自分の犬にとってみかんがアレルギーの原因になってないかを飼い主さんが把握しておくことが大事です。

もしアレルギーがわかれば、みかんは食べてはいけないものになります。

みかんのアレルギーがなくて、食べても大丈夫なことがわかっても、食べさせる量には注意して下さい。

体重にもよるのですが、犬の食べ物として与えてよい量は15gくらいと言われています。

水分も多いですので、水分の摂りすぎでおなかを壊したり体を冷やしたりすることもあります。

カロリーのことも併せて、食べても大丈夫な量を調整してあげるようにして下さい。

犬の食べ物の話ではたびたび出て来るのですが、犬は食物繊維の消化は得意ではありませんので、繊維質のものは多量に犬が食べてはいけないものです。

その為、繊維質であるみかんの実の入った小さい袋や周囲の白いすじも取り除いてあげる方がいいです。

犬は食べ物を噛まずにそのまま丸飲みすることも多いので、消化困難なものは取り除き、食べても大丈夫な実の部分だけを小さくして食べさせるようにしてあげましょう。

みかんの白いすじの部分や皮にはビタミンPがたくさん含まれているので、本当はもったいないのですが。

ビタミンPは、みかんの効果のところにも書いたように、ビタミンCの吸収に関与する成分です。

ビタミンPとはポリフェノールの一種で、毛細血管の働きを正常化、中性脂肪を減らす働きがあるのだそうです。

でも犬には消化が難しく、犬の食べ物には向かないのですが、人間はこれを知っておくと無駄にはできないですね。

そして、柑橘系の果実というものは、茎や葉に中毒物質を含む可能性もあるそうですので、犬が食べてはいけないものです。

さらに、みかんの皮の防虫剤付着の問題や艶出しのワックスの危険などもあります。

人間は柑橘系の皮もよく洗ってジャムなどにする食べ方もありますが、犬は食べさせない方がよいです。

犬にみかんを生食させる時は、食べていい部位と食べてはいけない部位を分けて、犬が食べても大丈夫なのは袋の中身の実の部分だけと理解しておいた方がいいと思います。

まとめ

みかんは、食べてはいけない部分もありますが、基本的には犬が食べても大丈夫な食べ物です。

食べても大丈夫なのは小さな袋の中身の「実」の部分と思っていた方が良くて、みかん丸ごと1個は食べてはいけないようです。

消化困難なことがわかっているものは食べさせない方が、犬の腸にも負担をかけずにすみます。

また、ひとつ重要なこととして、犬だけでなく猫も一緒に暮らしている飼い主さんには注意していただきたいことがあります。

みかんは、犬が食べても大丈夫ですが、猫には危険な食べ物で、食べてはいけないものです。

柑橘類の皮には、リモネンという成分が含まれています。

これは香り成分として使用されることが多いので、誰でも名前くらいは耳にしたことがあるのではないでしょうか。

猫はこのリモネンを代謝することができません。

元々、猫は酸味のあるものを避けるという本能があり、みかんを食べる可能性は低いと思いますが、もし誤って食べた場合は、猫にとっては致死的になります。

みかんは、犬が食べても大丈夫ですが猫には食べてはいけないものです。

猫がいるご家庭ではくれぐれもご注意下さいね。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

食べさせる?ちょっと待って!柿は犬の食べ物として大丈夫?

おやつによく食べられるバナナ!犬の食べ物にもアイデア次第

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!