病院で犬のアレルギー検査にかかる費用はどのくらい?

犬が皮膚炎や耳のトラブルが続く・病院には通ったけど治りにくい・何回も繰り返すなどの症状がある場合は、アレルギー症状の可能性があります。

でも何のアレルギーなのかがわからないと、日常的に原因を避けることができず、症状の改善は困難です。

そこで、病院でアレルギー検査を勧められると思いますが、費用のことなども心配ですね。

今回は、犬のアレルギー検査と病院でかかる費用について解説したいと思います。

犬のアレルギー検査の目的はアレルゲンを知ること

アレルギーとは、何らかの原因物質(アレルゲン)が体内に入ることによって起こる不利益な免疫反応のことを指します。

アレルギーの原因は食べ物と結びつくと思いますが、それだけでなく、ハウスダストなどの環境が原因になっていることもあります。

環境アレルギーは、アトピー性皮膚炎と関連が深いものです。

【犬のアレルギーの原因についての参考記事】

犬のアレルギー症状とフードの関係・材料と安全性について

犬のアレルギー症状の多くは、皮膚のかゆみや炎症というトラブルで発覚しやすく、原因物質がある以上、症状はそれに反応して起こるので、原因を取り除かない限りは治りません。

そのまま症状が慢性的な経過を辿ったり、二次感染などが起こって症状が複雑になり、難治性になったりします。

また、皮膚だけでなく、消化器症状(下痢や嘔吐)を伴っていることもあります。

アレルギー検査は、原因がはっきりいていない、そのような症状に対して、アレルギー反応である可能性を考え、何に対するアレルギーなのかを調べる目的でおこなわれます。

アレルギー検査の種類

アレルギー検査は、病院で血液を採取して、血液中のIgE抗体という、アレルギーに関わる数値を特異的IgE抗体定量検査という検査方法で調べます。

環境アレルギー(アトピー性皮膚炎)も食物アレルギーも、皮膚のかゆみなどの症状は同様にあります。

しかし、両者にはそれぞれ特徴があります。

環境アレルギー(アトピー性皮膚炎)は、季節性があるものが多く、主に足先や耳、股などに皮膚症状が多いです。

食物アレルギーは、皮膚炎に季節性はなく、肛門周囲や顔、背中などに現れ、それと下痢や嘔吐などの消化器症状を合併していることが多いです。

そのような症状の特徴からも、検査の範囲をおおまかに絞ることができます。

その理由は、食物アレルギーがある場合はIgE抗体よりリンパ球が関わっているとされているためです。

つまり、IgE抗体の検査で高い反応が見られなくても、リンパ球の数値は反応していることがあるため、IgE抗体とリンパ球反応検査の両方の検査を併用した方が正確な結果が得られるのです。

少しややこしい話になってしまいましたが、アレルギー検査は、病院で血液を採ってその血液を検査会社に送るという方法です。

また、もっとも重要である原因物質の項目について、無限に存在する原因物質のどれが検査できるのかは検査会社によるようです。

通常、食物と環境を合わせて40項目ほどに対応し検査可能なようです。

海外の検査会社には、92種類の項目に対応しているところもありますが、どこの検査会社に依頼しているのかはそこの病院によります。

結果がわかるまでの時間も、病院がある地域などによって多少違うとは思いますが、おおよそ2週間前後と考えていれば良いかと思います。

環境アレルギーであるアトピー性皮膚炎では、アレルギー強度検査という検査もあります。

これは、病院で採取した血液から、アトピー性皮膚炎で多くなる血中のTリンパ球の割合を調べるものです。

この数値は、その数値の高さによって、重症化しやすい体質なのかどうかを判断し、その治療にステロイド剤を投与すべきか、という病院側の指標になるものです。

【治療薬・ステロイドについて参考記事】

犬のアレルギー治療薬の種類・ステロイドなどの特徴や副作用

以上のような検査結果から、アレルゲンが判明した場合はそのまま病院での治療へと移行します。

環境アレルギーが判明した場合、病院での投薬治療と共に環境の改善が必要です。

また、アレルゲンに徐々に慣らして反応が起こりにくくする「減感作療法」という治療がおこなわれる場合もあります。(これは対応可能な病院と対応していない病院があります)

食物アレルギーが判明した場合、最初は投薬を併用しながら原因になっているアレルゲンを含んでいない除去食療法という治療を行います。

そして、その過程で新しく食物アレルギーが起きていないかチェックしていきます。

この除去食は、病院によっては、血液検査をせずに「除去食試験」として、アレルゲンを調べる検査手段に用いることがあります。

【食物アレルギーの除去食試験の参考記事】

4種の症状に注意!犬の食べ物アレルギー対策について

アレルギー検査を受ける前に情報整理を

病院でアレルギー検査に至るまでには、発症して病院受診するまでに、様子を見ていた期間もあるかもしれません。

飼い主さんは、犬に症状が出現するまでの情報を可能な限りまとめておきましょう。

元々、かかりつけの病院があって、その犬の基本情報がたくさんある場合は話も早いと思いますが、経過についてのエピソードはとても重要になります。

《受診時の基本情報》

犬の年齢、犬種、既往歴、体重の変化(その時の体重は病院で測定します)、食事内容(フードの種類、おやつなど)症状、症状が出た時の様子、服薬の有無、何か対策をしていればその内容、ワクチン施行の日時など

かかりつけの病院でない場合は特に、できるだけ答えられるように整理しておいて下さい。

また、現在ステロイド剤を使用中の場合は、いきなり断薬することは難しく、薬の影響はリンパ球の検査に関係してきます。

ステロイド剤服薬中は、正しい数値が得られないのでリンパ球反応検査が不可能なこともあります。

アレルギーの検査にかかる費用の目安

費用については、検査の種類によって異なりますが、アレルギー検査の費用は一般的に高額になることが多いです。

また、基本的に自由診療なので、病院によって検査費用の設定も違います。

アレルギーには環境と食物があるということを書きましたが、対象とするアレルゲンの項目によっても費用が違ってきます。

例えば、特異的IgE抗体検査環境と食物の両方の検査をした場合の費用は2万~3万円というのが一般的な病院での費用の相場のようです。

食物アレルギーの検査に有効なリンパ球反応検査を入れた場合の費用は5万~7万円くらいと少し高額になります。

つまり、IgE抗体検査もリンパ球反応検査も、単独での費用は2万~3万円といったところになります。

しかし、それぞれ単独の検査というのはあまりないことで、検査費用は総額でその倍になるということです。

特異的IgE抗体検査の項目をいくつか選択し、環境の項目は除外するというように、検査範囲を狭めれば、費用を抑えることも可能です。

アレルギー検査の費用は、検査の中でも比較的費用がかさむ検査です。

もしも犬の医療保険に加入していたとしても、アレルギーの診断がなく、予防的な目的で検査を行う場合の費用は保険適応から除外されることが多いです。

しかし、すでに皮膚炎の治療を継続的に行っている途中であり、治療の評価に必要な検査として行われた場合では、その費用が保険適応になった飼い主さんもいるようです。

保険には免責事項がそれぞれあるので、よく確認してみて下さい。

私も以前、愛犬にアレルギーがあると考えられたので、検査をする予定で病院で費用を確認した時に、やはり5万円くらいの費用だったことを記憶しており、保険の対象ではなかったです。

うちは結局、軽症のまま改善に向かったので検査は受けませんでした。

ただ、食べ物アレルギーと想定して、食材の見直し、フードの変更、手作り食を足してサプリメントを使用する、などの工夫はしました。

その結果がうまくいったことは恵まれていたと思っています。

アレルギー検査をするメリットとデメリット

アレルギー検査をすることにより、何がアレルゲンなのかが明確になり、日常生活の中でそれを避けることによって、様々なアレルギー症状の改善が期待できることが何よりのメリットになります。

一方で、デメリットは、採血をしないといけない(針を刺さないといけない)検査であることと、その費用と精度の問題かと思います。

近年では、動物医療の質も向上し、検査の質も精度も信頼性が高まっているのは確かなことです。

しかし、これは、人の検査の場合でも言えることですが、結果に現れた数値と現在の症状が必ずしも一致しない可能性はあります。

ただ、漠然とした原因不明の状態から、気を付けなければならないことの見当がつくだけでも、多少の安心感が得られたり、環境の整え方がわかるのは、飼い主さんにもよいことではないかと思います。

アレルギー検査の費用は、病院によって違いはあるものの安い費用というわけではありません。

それでも、症状がこじれる前に適切な対応方法を見つけるには、必要な検査ではあります。

 

《ペルシーアクアバリアスプレー》

獣医師と薬剤師が共同開発したバリア機能サポートが期待できるスプレー

 

まとめ

犬のアレルギー検査では、病院で血液を採取し、アレルゲンに反応する数値を検査することによって、何がアレルゲンであるかを調べることができます。

アレルゲン物質が判明し、それを暮らしの中からできるだけ取り除くことで、犬の様々な症状を改善することが期待できます。

犬の症状がひどい場合などは、早くその苦痛から解放してやりたいものです。

費用のことも含め、かかりつけの病院で検査内容についてよく相談してみると良いと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

【おすすめ記事】

デメリットも調べよう!ペッツベストのペット保険・口コミ評判

犬のサプリ「プロキュア」効果で腸内環境良好!口コミ・評判は?

 


あわせて読みたい記事はこちら


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"