病院で犬のアレルギー検査にかかる費用はどのくらい?

犬の皮膚炎で痒そう・・耳のトラブルが続いている・・病院には通ったけど何度も繰り返す、治りにくいなどの症状がある場合は、何かのアレルギーがある可能性があります。

でもアレルギーの原因が何であるかがわからないと、日常的にそれを避けることもできないので症状の改善が難しくなります。

病院でアレルギーの原因を突き止める検査はできるのでしょうか?もしできるとしても、費用のことなどは心配ですね。

今回は犬のアレルギー検査と病院でかかる費用について解説したいと思います。

スポンサーリンク

犬のアレルギー検査とはどのようなものか?

犬のアレルギーも人間のアレルギーと同様に、何らかの原因物質(アレルゲン)が体内に入ることによって起こる不利益な免疫反応のことを言い、食べ物が原因のこともありますが環境が原因になっていることもあります。

【犬のアレルギーの原因の参考記事】

犬のアレルギー症状とフードの関係・材料と安全性について

症状の多くは皮膚のかゆみや炎症というトラブルで発覚しやすく、アレルゲンに反応するためにそれを取り除かない限りは治癒できず、慢性的な経過を辿ったり難治性になったりします。また皮膚だけでなく消化器症状(下痢や嘔吐)などを伴っていることもあります。

アレルギー検査は、原因が明確にできないそのような症状に対してアレルギー疾患が可能性として考えられる場合、何に対するアレルギーかを調べる目的を持って病院でおこなわれます。

スポンサーリンク

アレルギー検査の種類

アレルギー検査は病院で血液を採取し、その血液中のIgE抗体というアレルギーに関わる数値を調べる特異的IgE抗体定量検査という方法で検査します。

環境アレルギー(アトピー性皮膚炎)と食物アレルギーは同様に皮膚のかゆみなどの症状がありますが、特徴もそれぞれにあります。例えば、皮膚炎の場所が肛門周囲や指趾先端、顔、背中にあり、季節性はなく、軟便などを伴う場合は食物アレルギーを合併している可能性が高いです。

そのように症状の特徴から判断してどの検査が適しているか絞ることができます。

何故なら、食物アレルギーがある場合はIgE抗体よりリンパ球が関わっているとされていて、IgE抗体の反応がなくても、リンパ球が反応することがあるので、IgE抗体とリンパ球の二つの検査を併用した方が正確な結果が得られるからです。

ややこしい話になってしまいましたが、アレルギー検査は病院で血液を採り、その血液を検査会社に送るということになります。

また、検査できる原因物質の項目は検査会社によるようですが、食物、環境、合わせて40項目ほど調べられるようです。検査会社が海外で92種類に対応しているところもありますが、どこに依頼しているのかは病院によると思います。

結果がわかるまでの時間も病院の地域などによって違うとは思いますが、2週間前後と考えていたら良さそうです。

アトピー性皮膚炎では、アレルギー強度検査という検査もあります。これは病院で採血した検体からアトピー性皮膚炎で増える血中のTリンパ球の割合を調べるもので、この数値は重症化しやすい体質かどうかを知って治療にステロイド剤を投与すべきかの病院側の指標になります。

このような検査結果でアレルゲンが判明した場合は病院での治療に移行します。

環境アレルギーが判明したら、病院での投薬と共に環境の改善が必要になり、また、アレルゲンに徐々に慣らしていく減感作療法などがおこなわれる場合もあります。(行っている病院と行っていない病院があると思います)

食物アレルギーが判明した時には、最初は投薬も併用しながらアレルゲンを除去した除去食療法を行い、新しく食物アレルギーが起きていないかをチェックしていきます。

この除去食は、病院によって、血液検査をしない場合に「除去食試験」としてアレルゲンを調べる手段にすることもあります。

【食物アレルギーの除去食試験の参考記事】

4種の症状に注意!犬の食べ物アレルギー対策について

アレルギー検査を受けるにあたっての準備

病院でアレルギー検査に至るには、症状があり病院受診するまでに様子を見ていた期間もあるかと思います。

飼い主さんは犬に症状が出現するまでの情報をまとめておきましょう。

かかりつけの病院があり情報が残されている場合は話も早いと思いますが、どの場合でも経過についての情報は必要になります。

犬の年齢、犬種、既往歴、体重の変化(その時の体重は病院で測定します)、食事内容(フードの種類、おやつなど)症状、症状が出た時の様子、服薬の有無、何か対策をしていればその内容、ワクチン施行の日時など、かかりつけの病院でない場合は特に、基本的なことも答えられるようにしておいて下さい。

また、現在ステロイド剤使用中の場合などで断薬が難しい時は、リンパ球反応検査にはその影響がありますので、検査できないこともあります。

検査費用はどのくらいかかるのか?

費用については、検査をする種類によって変わってきますが高額な費用になると覚悟しておいた方がいいです。また、基本的に自由診療なので、病院によって検査費用の設定も違うと思います。

アレルギーには環境と食物があるということを書きましたが、どのアレルゲンについて調べるかによっても費用が違ってきます。

例えば特異的IgE抗体検査で環境と食物の検査をした場合の費用は2万~3万円というのが病院の相場の費用のようです。

食物アレルギーの検査に有効なリンパ球反応検査を入れると費用は5万~7万円くらいに上がります。

つまりリンパ球反応検査単独での費用も2万~3万円といったところかと思いますが、それ単独の検査というのはあまりないと思いますので、これを入れると費用は倍になるということです。

しかし、特異的IgE抗体検査の項目を全てせずに、例えば環境の方は除外するとかにすれば、費用を抑えることは可能になります。

アレルギー検査の費用は高いというイメージがあると思いますが、確かに費用がかさむことにはなります。そして、もし犬の医療保険に加入していたとしても、アレルギーがあるかどうか検査する、というような予防的なものでは費用は保険適応にならないことがほとんどです。

ただ、皮膚炎の治療を継続的に行っている途中で、疾患の評価に必要な検査として行われたアレルギー検査の場合では、費用が保険適応になった飼い主さんもいることはいるようです。

アレルギー検査をするメリットとデメリット

アレルギー検査をすることにより、何がアレルゲンなのかが明確になるのでそれを避けることによって様々なアレルギー症状の改善が期待できます。それがなによりのメリットだと思います。

デメリットとしては、採血をしないといけない(針を刺さないといけない)検査であること、そしてその費用と精度の問題かと思います。費用がかさむことを考えておかないといけません。

近年では、検査の質も良さそうで精度も信頼できるようではあるのですが、数値と症状が必ずしも一致しない可能性があります。

 

まとめ

犬のアレルギーでアレルゲンを特定する為の検査としては、病院で血液を採取してそのアレルゲンに対する特異的IgE抗体反応を検査することによって知ることができます。

何がアレルゲンになっているかが判明し、それを取り除くことでアレルギー反応によって犬の健康を害している様々な症状の改善も期待できますし、その後に気を付けなければならないことを知ることで安心感も得られると思います。

しかし、アレルギー検査の費用は、病院によって多少違いはあるものの決して安い費用ではありません。

私自身も愛犬のアレルギー検査を依頼しようと思ってかかりつけの病院に費用を伺ったことがありますが、たしか5万円くらいの費用と記憶しています。それはリンパ球検査を含んでの費用だったのでしょう。

ただ、私の愛犬の主治医は特に積極的に検査を勧めるわけでもなく、結局は受けませんでした。それほど重症化することがなかったこと、自身で食材のチェックをして、フード変更、手作り食を足す、サプリメント使用などの対応でうまくいったことで、検査の必要性がなくなったからです。

でも、犬の症状がひどい場合は、早くその苦痛から解放してやるためにも早急に検査を検討されてみても良いのではないかと思います。

いずれにしても、検査については費用のことも含め、かかる予定の病院で内容を一度お聞きになってみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

保存版!犬のダメな食べ物は?犬の食べ物の禁止リスト

犬の糖尿病の検査方法と診断・治療にかかる費用について

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

私のおすすめ

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!