犬の熱中症の対処方法・予防に便利な対策グッズのあれこれ

熱中症は進行するのが早く、たちまち多臓器不全に陥って命も失う、緊急性のある全身疾患です。

そして、犬の体は、体内の熱を発散させる機能の効率が悪いために、熱中症にかかりやすいのです。

熱中症は夏だけの話ではありません。

今回は、熱中症の兆候が見られた時にどのように対処すべきか、また、予防対策グッズについてご説明します。

犬の熱中症は重症化しやすい

生体は、常に熱を産生(産熱)しています。

そして、体温が上がりすぐないように、汗として水分を蒸散させることで熱を体外に逃がし(放熱)ます。

そのバランスを取ることで、体は一定の体温を保つことができます。

しかし、犬は構造上、人のように全身で汗をかくということができません。

汗を出す為のエクリン腺という汗腺は、犬の体に少なく、肉球や鼻にしか存在しないのです。

犬はその分、舌を出してハァハァとあえぐような呼吸をして、舌から水分を蒸散させて体温を下げようとします。

この動作をパンティングと呼び、日常的にも見られる動作です。

熱中症にかかって極端に高体温に陥った場合、放熱が追いつかず、体温を正常に保てなくなります。

そして、高体温によって身体の様々な臓器は機能不全に陥り、それは生命にも関わっていきます。

犬の熱中症の初期は、激しいパンティングが見られますが、その他に目立つ症状がないことが多いです。

しかし犬の熱中症は重症化しやすく、それは時間の問題とも言えるでしょう。

【参考記事】

犬の命を熱中症から守ろう!症状が重症化する前に対処を

熱中症に気づいたらすぐに対処を

熱がこもるような環境下で、激しいパンティングで苦しそうな呼吸が続いている時には、熱中症の可能性を考え、すぐに対処するようにしなければなりません。

安全な場所に動かす

犬を涼しい木陰や、エアコンがきいた場所に安全に移動させて下さい。

犬がまだ歩ける状態であっても、歩かせると体温が上昇しますので、気道を確保しながら運んであげましょう。

屋外であれば、温度が上がっている地面に寝かせるとその影響を受けてしまいますので、断熱のために体の下に敷物を敷いて下さい。

体を冷やす

犬の体を冷やし、体温を下げてやらなければなりません。

下げる犬の体温の目安は39℃です。

犬の体を冷やす手段として、首や腋の下、後ろ足の内側などの大きな血管のある部位に、保冷剤や氷水を入れたビニール袋など(氷嚢)を必ずタオルなどに包んで、冷たすぎないようにしてから当てて下さい。

水に浸したタオルを腋の下などに当ててあげても良いし、頭も冷やしてあげると良いです。

また、犬の体に水をかけて濡らし風を当てると、気化熱で体温を下げることができます。

汗をかかない犬の体は、そのままの状態で扇風機など当てても、この気化熱が発生しないので体温は下がらず、涼しくはならないのです。

それどころか周囲の気温が高い場合、扇風機は、熱風を当てているのと同じことになり逆効果です。

水で濡らす時も、犬の被毛ではなく、皮膚を濡らすようにしなければ効果が得られません。

犬の体を濡らす時、シャワーなどの流水が使える場合は、水圧が強くならないように気を付けて下さい。

冷水や氷水を体にかけると良いという情報もネット上にありますが、氷水などは熱を下げる効率が悪くなり逆効果です。

冷たすぎる水は、毛穴や肌表面の血管を収縮させ、放熱の効率が低下して冷却を遅らせてしまうからです。

ある程度、冷却したら、体温(直腸温)を測定してみて下さい。

39℃程度であれば、そこで冷却はやめましょう。

体温を下げ過ぎると、今度は下がりすぎた熱を上げるように体が反応してしまいます。

犬の体温は私達よりも高めであり、37.7℃くらいまで下げ過ぎた場合には、低体温であり、その後の死亡率が高くなるとされています。

水分の補給

水を飲める状態であれば、十分に飲めるように与えて下さい。

体温を下げる為には体内の水分が大量に必要で、脱水に陥っています。

脱水は体内の電解質異常を招き、危険です。

飲みたいだけ飲ませてあげてかまわないのですが、もし、意識が朦朧としている場合は、誤飲してしまう危険もあるので、無理に飲ませるようなことはしないでとにかく病院に搬送して下さい。

軽症に見えてもできるだけ早く医療機関へ

熱中症に適切に対処することによって、元気になり改善したようにも見えるかもしれません。

しかし、医療機関を受診することは、その後の合併症を防止するためにもやはり必要です。

見えないところですでに臓器がダメージを受けているかもしれないからです。

そして、遅れて出て来る機能不全が致命的である危険性もあるのです。

意識がないなどの重症の熱中症は、冷却しながら一刻も早く病院に搬送して下さい。

病院での治療

熱中症の治療は、点滴による水分や電解質の補正、酸素投与、薬剤投与などであり、入院治療になります。

そのような全身管理を行いながら、重症の合併症を予防し、対処します。

熱中症は予防できる

熱中症は、環境などをきちんと整えて対処することで、予防することができます。

近年の温暖化した気候の中では、気温が上昇するのも季節が早い時期から起こります。

犬を室内に残して留守番させる時などは、十分に室温の上昇に対処できるようにして下さい。

犬の体感気温は人間と6℃ほどの差があると言われ、私達が少し暑いと感じる環境は犬にはとても暑く感じたりしているのです。

留守番中もエアコンで室温を管理しておくことがベストです。

そして、ケージ内で過ごしていて自分で自由に場所の移動ができない犬の場合、その場所に直射日光が当たらないように対処しましょう。

室外で過ごしている犬は、せめて暑い時は室内で過ごせるようにして欲しいのですが、それが無理ならば、日陰に自分で移動することができるように、涼める場所を作ってあげて下さい。

そして、留守中も新鮮な水を好きなだけ飲めるようにしてあげましょう。

車の中は、想像以上に室温が上昇し、大変危険です。

動物も子供も、熱中症は車内で多く起きています。

犬を乗せている時は、そこにエアコンが行き届いているのかを意識しておきましょう。

また、ほんの少しの時間と思っても、その短時間が危険ですので、決して車内に犬を乗せたまま、離れることのないようにして下さい。

暑い季節は、散歩時間を考慮し、屋外でのレジャーも控えた方が安全です。

日が昇り気温が上昇してからの散歩は、熱中症もですが、足裏を火傷する原因にもなります。

【参考記事】

暑い夏の犬の散歩は危険も!お出かけは万全の対策で

また、色の濃い洋服は熱を吸収し、体温上昇の要因の1つになりますので、暑い時期は避けた方がよさそうです。

熱中症予防に使えるグッズ

ソフトジェル クールバンダナ

保冷剤を包んで首に巻くタイプのバンダナで、暑い日は重宝します。

中身の保冷剤は、凍らせても硬くならないジェルタイプなので使いやすいと思います。

おまけに保冷剤に使われることの多い、エチレングリコールという口に入れたら危険な成分は使っていませんので安心!

また、バンダナの生地は、接触冷感生地というものを使用していて爽やか!

生地は保冷剤の水滴も吸収し、消臭機能もあります。

 

アイスベスト

水に濡らして着せるベストです。

ベストに水を含ませて、その気化熱を利用してひんやり感を保ちます。

メッシュ素材で軽くて気やすく、持ち運びも便利、見た目も涼し気でオシャレです。

水に濡らして何回も使えます。

 

ひえひえ爽快NEWジェルマット

夏の定番、涼感ジェルマットです。

こちらは中身にクッション性の良い新素材、クールガムジェルというものを使用しています。

低反発の使用感でジェルの偏りもなく、底付き感がありません。

外側のカバーははずして洗えるので清潔です。

電気もいらないし、冷やす必要もなく、手軽に使えます。

 

ひんやり 大理石 マット

こちらは天然の大理石でできたボードです。

ジェルマットはどうしても噛んでしまう癖がある場合などにおすすめです。

大理石はひんやり感があることで知られています。

大理石に似せた商品もありますが、これは本物でリーズナブルです。

重さがあるのは欠点かもしれませんが、固定された場所を作ってあげるのには良いと思います。

 

GEX ピュアクリスタル クリアフロー 

こちらは、循環式給水器です。

フィルターを通して、いつでも流れるきれいなおいしい水をたっぷり飲むことができます。

電気代は一ヶ月でわずか43円!

違和感なく飲める形状でお手入れも簡単。

また、停電時なども手前のスペースには水が入っているので大丈夫です。

 

動物用 体温計

犬の深部体温(直腸温)を測定する為の体温計で、正確な体温を知ることができます。

測定時間は10秒、アラームで知らせてくれます。

先端は曲がるようになっていて、柔らかすぎず硬すぎず、安全で使いやすくなっています。

防水加工でカバーもついています。

尚、耳で測定する体温計では、直腸温より約0.6℃低い値になるとされます。

まとめ

犬の熱中症は、たちまち進行して重症になりやすく、多臓器不全で命を失うこともあります。

救命できても、損傷してしまったまま元に戻らない臓器もあり、後遺症を抱えることにもなりかねません。

犬の熱中症は、予防が何より大事で、それは飼い主さん次第とも言えます。

犬は、与えられた環境を自分ではどうすることもできません。

どうぞ飼い主さんが守ってあげて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

犬用サプリで免疫!犬康食・ワンプレミアムの口コミと評判


あわせて読みたい記事はこちら


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"