『犬の十戒』~犬との約束~のページを開く

犬の散歩30分でもメリットあり!犬と人間のカロリー消費量

♦犬の散歩

犬にとって散歩は運動だけが目的ではありません。

犬の心身の健康にもたらすメリットはとても大きく、不可欠な習慣です。

人間にもメリットがあると感じている飼い主さんも多いと思いますが、長時間でなくても毎日積み重なっていくので、たしかによい運動習慣になりますね。

今回は、犬の散歩で消費するカロリー計算と、散歩のメリットについてのお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

犬が散歩で消費するカロリーはどのくらい?

犬が散歩で消費するカロリーの出し方については、計算式があります。

77d×BW-0.4+1.22×BW-0.25

(d=運動距離km、BW=体重)

でもこれを見ただけでは何のことやらよくわかりません。

難しくて現実的ではないですね。

そこで体重ごとの目安カロリー消費の表がありますので、そちらをご紹介したいと思います。

《犬の体重別 100m/1km歩行時のカロリー消費量》単位:kcal

体重kg135710
100m1.43.24.65.97.7
1km3.46.38.811.114.1
1520253040
10.412.915.217.421.5
18.522.526.229.636.1

出典元:https://www.koinuno-heya.com/syokuji/err.html

例えば、体重10kgの犬なら100mの歩行で7.7kcalの消費、1kmの歩行で14.1kcalの消費になることが上の表からわかりますね。

犬のダイエットをうまく進めたい

肥満の目安

犬の肥満度の目安を知る為には、もちろん体重が大切ですが、人も体重そのものより体脂肪や筋肉が問題になりますよね。

それは犬も同様です。

そこで判定に使われるのが、この「ボディコンデイションスコア(BCS)」という表です。

動物病院などにも貼ってありますので、みなさんも見たことがあるかもしれません。

出典元 https://www.irisplaza.co.jp/media/A13937615380

その犬の骨格や体型があるので、同じ犬種でも一概に体重だけでは判断できないし、元々どっしりとして見える犬種もいます。

ですので、この測定方法は、肋骨・背骨・腰骨がどのくらい出ているかということが基準にされているのです。

消費カロリーを具体的に計算する

肥満傾向にある場合、いろいろな病気のリスクを回避するためにもダイエットが必要でしょう。

その場合、摂取カロリーと消費カロリー両方のバランスを考えなければいけませんね。

摂取カロリーについては別の機会にして、ここでは散歩による消費カロリーの話に絞ります。

どのくらいの距離を歩いたかを測るには万歩計が利用できます。

飼い主さんが付けて歩いても良いのですが、犬用の首輪に付けるタイプの物もありますよ。

事前に犬にこれを付けて、10mを何歩で歩くかなどを測っておくとよいですね。

そして目標の歩数を決めておいてスタートすれば、途中で目標にどのくらい近づいているかを確認できて便利です。

その目標歩数に達するのに、どのくらいの時間がかかるのかも最初に測っておくと、目標消費カロリーに必要な歩数・それにかかる時間などがだいたい把握できます。

ただ犬の動きによっては万歩計が外れてしまう可能性もあるので、使用する時には注意して下さいね。

目標設定は無理なく

早くダイエットさせようとして、一気にカロリー消費の目標を高くしすぎないようにしましょう。

私達には100gや200gの増減は誤差になりますが、元々の体重が少ない犬にとってはかなり大きい数字です。

人もいきなり何Kgのダイエットなどはできません。

負担がかからないように無理のない目標を立てて下さい。

ダイエットは、1ヶ月かけて犬の体重の2~6%減量の範囲内くらいにとどめるのが無理がないです。

一度の散歩でたくさん歩くよりも、地道に回数を重ねた方が効率がよく、ダイエットの効果もあがります。

たとえば1時間続けて歩くよりも、30分を2回にしたり15分を4回にしたりと短時間を増やす方がカロリー消費の効率が良いのです。

上の体重別消費カロリーの表をよく見ると、100mの消費の10倍が1kmの消費量ではないですね。

例えば30分の散歩の中でも、途中で適度に休憩を入れながら移動をする方が運動効果があがるということなのです。

歩き続けるのではなく、距離や消費カロリーは計算より少なくなるかもしれませんが、休みながら歩く運動方法の方がダイエットには向いているのです。

何よりも犬が散歩嫌いにならないことが第一です。

人間もダイエットの為と決めても、ただ毎日30分歩くというのはなかなか難しいものです。

歩くことが楽しくなるような散歩を工夫してあげて下さいね。

スポンサーリンク

犬の散歩は30分でもメリットがある

犬のメリット

犬の散歩は、エネルギーの消費だけでなく、ストレス解消・脳内のセロトニンなどのホルモン分泌を増やして精神を安定させます。

外の空気に触れて適度に運動すれば脳内モルヒネが放出され、犬は精神的にも快適になるのです。

それは飼い主さんとのコミュニケーションにも十分影響して来ます。

犬が健全で安定した精神を保つ為にも、楽しい散歩は欠かせないのです。

飼い主側のメリット

例えば30分の散歩だったとして、その30分で飼い主さん側も十分にメリットを得られます。

飼い主さんも全身の血行が促されて血管が柔軟になり、病気の予防やダイエットにも繋がります。

例えば体重50kgの人が散歩を30分した場合、消費カロリーは79kcalになります。

たかだか30分でもこのくらいのカロリーを消費するのです。

これだけ見ると、大したことないと思うかもしれませんが、1日2回であれば消費カロリーは158kcalになります.

それを毎日積み重ねるとバカになりませんね。

人間の消費カロリーも計算式があります。

METS×運動時間×体重Kg×1.05=消費カロリー

METSとは運動強度のことで、安静時の数値を1とします。

そしてその運動が安静時と比較して何倍のカロリーを消費するかが決まっています。

でもこれもわかりにくくて難しい計算式ですね。

もっと簡単に自動計算してくれるものをパナソニックのサイトに見つけましたのでご紹介しますね。

《チェックしてみようあなたの消費カロリー》

犬の散歩は、飼い主さんにとっても精神的な効果も高いです。

適度な運動習慣は、体だけでなく脳をリラックスさせて精神的にも安定できます。

また、「犬友達」と言えるような仲間との出会いもあるかもしれません。

散歩は犬だけのためではなく、飼い主さんも必然的に散歩に出ていくことになるため、知らず知らずに多くのメリットを得ているのです。

スポンサーリンク

まとめ

犬のダイエットを目的にした場合、続けて歩かせるより適度に休憩を入れながらの方が効率がよいです。

無理をさせるのではなく、体調を見ながら少しずつ距離や時間を延ばしてみて下さい。

犬の散歩は犬にたくさんのメリットをもたらしますが、30分程度であっても毎日続けることで飼い主さんの方にも思わぬメリットがあるものです。

散歩の時間をどうぞ楽しんで下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

コメント

テキストのコピーはできません。