大好き!犬の食べ物で好評な定番野菜 かぼちゃの魅力とは?

かぼちゃは、その甘さやハロウィンの影響もあって、お惣菜としてだけでなく、お菓子で活躍していることでも有名な野菜です。

かぼちゃは犬の大好きな食べ物に迷わずランクインするのではないでしょうか?

犬の場合も、手作り食にもよく使われていて、また、おやつの材料にも使われています。

今回はそんなかぼちゃの魅力についての話です。

スポンサーリンク

かぼちゃは栄養抜群!犬も大好き!

かぼちゃは、ウリ科カボチャ属に分類される、つる性の植物で、品種はとてもたくさんあるのですが、大きくは西洋かぼちゃ日本かぼちゃに分けられます。

日本かぼちゃは、実が薄い黄色で水分が多く上品な甘味、西洋かぼちゃは、加熱することでほくほくとした食感になって甘味も強く、一般的にかぼちゃと言えばこちらの西洋かぼちゃを指すことが多いと思います。

また栄養価の点でも西洋かぼちゃの方が優れています。

かぼちゃは冬至に食べるということで冬の食べ物と思われがちですが、西洋かぼちゃの場合では収穫は大体7月から8月です。

その後に2,3ヶ月ねかせることでほどよく水分が抜け、でんぷんが糖分に変化してかぼちゃの甘味となり、食べ頃になるのだそうです。

かぼちゃはそれだけ長い期間に保存可能な野菜ということで、昔はとても重宝されたようです。でも今は輸入の野菜も多くて、いつが旬なのかわからないものが多くなりました。

かぼちゃも1年中食べることができますので、料理に使うには便利ですね。

では、かぼちゃの栄養素を見ていくことにしましょう。かぼちゃは、とても栄養豊富でバランスのよい緑黄色野菜です。

以下の数字は全て100gあたりのものになります。

ビタミンC:43mg

抗酸化作用のあることで有名なビタミンです。

ストレスがかかった時や病気の時などに消費が多くなり、たくさん必要となります。

犬はビタミンCを体内で合成できるのですが、そのようなリスクのある犬の場合や老犬の場合はビタミンCも不足となりがちなので、食べ物から補給することも効果があります。

βカロテン:3900?

含有量を見ただけで際立っていると言える、かぼちゃに大変多く含まれているビタミンです。

βカロテンは体内で必要な量だけがビタミンAに変化します。

粘膜や皮膚を強化、保護してその健康を保つ働きや細菌やウイルスの侵入を防ぎ呼吸器系を守る作用があり、免疫力を高めガンの予防などに効果が期待されます。

また、目の健康を正常に保つ働きがあります。

βカロテンが多い果物にはみかんがありますが、食べすぎると手が黄色くなることがあります。

これは、βカロテンを一度に摂りすぎることによる柑皮症という症状で、一時的に皮膚が黄色く色づくのですが、かぼちゃにも同様のことがあるそうです。

でも、βカロテンは必要なだけがビタミンAに変わり、後は代謝、排泄されるので、身体に蓄積されることはなく過剰症の心配はない成分です。

犬は、その体格によりますが、人間よりも多くのビタミンAを必要とすると言われています。

【ビタミンAについて】

冬の定番を犬の食べ物に!犬はみかん丸ごと食べても大丈夫?

ビタミンE:6,3mg

かぼちゃにはビタミンEも含まれています。

このビタミンはビタミンA、ビタミンCと共に若返りの3大ビタミンの一つであり、かぼちゃには全てのビタミンが含まれているということになります。

高い抗酸化作用があり、血管の健康を維持、免疫力の低下を防止、アンチエイジング、ガンの予防などの効果が期待できます。

カリウム:450mg

体内の過剰なナトリウムの排泄に関与し、血圧を正常に保ちむくみを改善します。

ナトリウムのバランスを取って、高血圧から起こる脳や心臓の病気を予防する為に大切なミネラル成分です。

その他

ビタミンK、ビタミンB群、リン、マグネシウム、カルシウム、鉄などがバランスよく含まれていて、かぼちゃの栄養素は、野菜の中でもトップクラスと言われるほどです。

しかし、同時にカロリーも高く、91Kcalあります。

また、食物繊維も豊富です。

スポンサーリンク

かぼちゃを犬の食べさせる時の注意は何?

かぼちゃはその栄養素も高いですが、犬の嗜好性も高く、犬の食べ物に適しています。しかし、問題となるのはそのカロリーの高さです。

犬が食べやすい食べ物であるために食べ過ぎになりやすく、習慣化すると肥満の原因に繋がってしまいます。

一般的に、おやつとして犬に食べさせていいのは食事量全体の20%以内と言われています。

もし、かぼちゃを食事のトッピングなどに使用する場合は、食いつきを良くする程度に少量にするか、太りやすい犬の場合は特に食事をその分だけ減らすなどの工夫が必要になります。

また、生のかぼちゃを食べさせることは通常はないと思いますが、生のかぼちゃは硬くて咀嚼も上手にされないと思われますし消化も難しいので、生食はさせないで下さい。犬の食べ物にする時は必ず加熱して柔らかくして食べさせて下さい。

本来はかぼちゃの皮にも栄養が豊富なために皮ごと食べるのが理想の食べ方です。しかし犬は元々食物繊維の消化が上手ではありません。

加熱しても、皮は消化しにくいものですので、犬の食べ物にするのでしたら皮は取り除いた方が良いです。

そして、もし丸飲みしても喉や腸に詰まったりしないように小さく切ったりつぶすなどして、消化しやすく安全な形であげて下さい。

消化がうまくできなかったら下痢や便秘などの原因になりますし、せっかくの栄養素も吸収されないことになります。

また、アレルギーの問題に関して、これはかぼちゃに限らず全ての犬の食べ物にあてはまることですので、必ず頭において食べさせましょう。かぼちゃに対してのアレルギーがないことを必ず把握して下さい。

もし皮膚や粘膜の痒みや赤くなるなどの異常、嘔吐や下痢など、犬の体調に変化がある場合は、アレルギーの可能性がありますので、食べさせるのはやめて下さいね。

かぼちゃを使った犬のスイーツが素敵

人間のスイーツにもよく使われているかぼちゃです。

オレンジ色はカロテンの色素ですが、あの鮮やかな色と「パンプキンの○○」という名前がついているだけで美味しそうに感じますね。

犬の手作り食にもたくさんのかぼちゃのレシピがあるようですが、市販のものでとても手が込んでいそうな犬用のスイーツを見つけましたので、ちょっとそちらをご紹介します。

お値段もお手頃でとても可愛くて美味しそうなスイーツです。

犬用スイーツは人間にとっては味が薄いですけど、素材の自然な味という感じで人間も十分食べられるようなものです。

何か特別な日にいかがでしょう?でも食べさせ過ぎには気を付けて下さいね。

モコモコロコケーキ・パンプキン犬用ケーキ・コロコ(約12cm)

 

【無添加】 スイートパンプキン 【犬 おやつ 犬用おやつ ドッグフード DOG …

まとめ

かぼちゃは栄養満点な野菜です。

大抵の犬が好む食べ物ですので、食が細い時には食欲をそそるトッピングなどにも使えそうですし、栄養の補給になります。食事にはもちろん、かぼちゃを使った安全でビタミンたっぷりの手作りおやつも作ることができます。

ただ、カロリーの高さは要注意ですので、食べさせる量は控えめにして下さいね。

冷凍のカットかぼちゃなども簡単に買えますが、かぼちゃを加熱したものを冷凍保存もできます。マッシュにしてジップロックなどで保存しておくと、少量ずつ使うことも可能になって便利ですよ。

犬も大好きなかぼちゃを犬の食べ物に上手に取り入れてみて下さいね。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

ブロッコリーは犬の食べ物で超人気!でもこんな注意点が!

おやつによく食べられるバナナ!犬の食べ物にもアイデア次第

スポンサーリンク