りんごを犬の食べ物にする時の1日の量と効果的な食べさせ方

子供の頃、風邪などで熱があり食欲がない時に、すりおろしりんごを食べさせてもらってホッとした経験はありませんか?

柔らかな甘さのりんごは、離乳食にも活用される優しい食べ物。

りんごは犬の食べ物にしてもよい果物ですが量に気をつけなくてはいけません。

今回は、りんごの栄養と犬が食べても良い量について解説します。

りんごは医者いらずの優れた食べ物

今は保存環境の工夫により1年中その果物が手に入るので、どの季節のものなのかわからなくなりがちですが、りんごの旬は8月下旬~12月頃と幅広いです。

「1日1個のりんごで医者いらず」と言われるくらいに、りんごは優秀な果物ということは、昔から知られていました。

りんごにはどのような栄養素がどのくらいの量、含まれているのかを挙げてみましょう。

りんごの種などを取り除いた、可食部100gあたりの栄養素は次の通りです。

《りんごの栄養価・可食部100g》

  • エネルギー: 61kcal
  • たんぱく質:0.2g
  • 脂質: 0.3g
  • 炭水化物: 16.2g
  • 灰分 :0.2g
  • カリウム :120mg
  • カルシウム :4mg
  • マグネシウム :5mg
  • リン :12mg
  • β-カロテン :当量27μg
  • ビタミンC :6mg
  • 食物繊維 :1.9g(水溶性 0.5g、不溶性 1.4g)

出典元: 青森りんご https://www.aomori-ringo.or.jp/component/

また、りんご100g中、水分84、9gと、その重さのほとんどは水分の量です。

カリウムを豊富に含んでいますが、ビタミンはさほどの量ではなく、りんごの主な成分は糖質です。

カリウムは体にとても重要なミネラルであり、体内のナトリウムの調整をして、余分なナトリウムを排出させる結果、高血圧を予防し、血圧を安定させる作用があります。

また、りんごには、ペクチンと呼ばれる水溶性食物繊維も豊富に含まれています。

水溶性食物繊維とは、水に溶けるとドロドロのゲル状になるタイプの食物繊維で、腸内で善玉菌のえさになり、善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれます。

果物でジャムを作ると、ゼリーのようになって固まる成分がありますが、あれは水に溶けだしたペクチンによる変化です。

ペクチンはりんごの皮に多く含まれ、整腸作用以外にも、粘膜保護作用、コレステロールの排出などの働きを持っています。

また、りんごの皮にはポリフェノールも豊富で、ご存じの方も多いとは思いますが、ポリフェノールは抗酸化作用があるとして有名な成分です。

りんごには、りんご特有のりんごポリフェノールと呼ばれるものが多量に含まれています。

このりんごポリフェノールは、複数の種類のポリフェノールで構成されており、

  • 抗酸化作用によるアンチエイジング
  • 生活習慣病の予防
  • ガン予防
  • アレルギー緩和

などの効果が注目を浴びています。

ただ、注意すべきことは糖質の量の多さかもしれません。

りんご1個を200gと考えると、糖質は30gを越え、これはいかにも糖質の量が多そうなイメージの、甘いバナナ1本21.4gという量を越えています。

【参考記事】

>>おやつによく食べられるバナナ!犬の食べ物にもアイデア次第

しかし、1個と言えば結構な量ですので、犬が食べられる量から見ればそれほど心配することはないとは言えますね。

私達人間にとっては、食欲がない時などに皮ごとすり下ろして食べると、水分の補給もでき、食べやすく、消化しやすくてお腹に優しいエネルギー源として、とても良い食べ物です。

抗酸化作用による様々な効果もあって、これらが医者いらずと言われる所以でしょう。

【抗酸化作用の参考記事】

>>犬の認知症にサプリメントが期待される理由とお勧め7品

りんごには危険な成分もある

りんごは、普通はその果実だけが市販されており、私達が手に入れるのは、熟した果実としてのりんごですので心配はないと思いますが、りんごにも中毒性のある物質が含まれている部分があります。

りんごの茎や葉、種の部分には、アミグダリンという物質が含まれています。

これは、犬の消化管に入り、胃液と反応することによって青酸毒を発生させ、これは重大な中毒を起こす物質です。

この中毒性物質は、未熟な実の部分にも含まれているようです。

この中毒に対しては、解毒剤というものが存在せず、犬が誤食すると致命的な状態になる危険もあるので注意が必要です。

普段食べるような成熟したりんごであれば、犬の食べ物にも心配ないですが、安全の為に種や茎は除去して果実だけを食べさせるようにして下さい。

【参考記事】

>>保存版!犬のダメな食べ物は?犬の食べ物の禁止リスト

りんごの艶はワックスなどではなかった!

りんごの表面はつやつやと輝いていて、きれいなものも多いと思います。

これは、人工的にワックスがかけられているものと、私は長いこと思いこんでいました。

ところが、この艶は、りんごが自分で出している自然な輝きなのです。

りんご自身が、その実の乾燥を防ぐ為に、脂肪酸という物質を表面に滲み出して、自分でコーティングしているのだそうです。

この現象は、専門的に油上がりと呼ばれるそうで、つやつやと輝いたコーティングは、その実が成熟している証拠だそうです。

脂肪酸の量が多く、艶があり輝いているほどおいしいりんごである証のようです。

しかし、中には、人工的にワックスでその輝きを見せているものもあるのかもしれません。

農薬の心配もあります。

基本的に日本で収穫されたりんごは、そのようなものを使用していたとしても、使用量は制限が厳しく、水で洗えば落ちるレベルだそうです。

りんごを皮ごと使う時は、水で洗い落とす作業もしておいた方が良いですね。

犬が食べてもいい量と上手な食べさせ方

お待たせしましたが、いよいよ本題です。

りんごを犬の食べ物にする時の適切な量の話です。

目安として、中型犬(体重11kg~20kg)の体格と仮定した場合、犬が1日に食て良いりんごの量20g程度と言われています。

これは、りんご1個から芯や種を取り除いた実の部分だけで、大体、4分の1個くらいが目安の量になるようです。

大きくて立派なりんごの場合は、4分の1個の量だと、少し多いかもしれませんね。

食べさせる量が多すぎた場合は

  • りんごは糖質が多いので量が多すぎると肥満の原因になる
  • 食物繊維の量が多すぎると下痢などを起こす可能性がある
  • 大抵の犬はりんごの甘さが好きなので、適切な量を越えて食べる習慣がつくとフードに見向きもしなくなる

このような問題が生じることがあります。

犬の食べ物にする時には、限度を設けて、くれぐれも量に注意をしましょう。

また、りんごを食べさせる時には、量だけでなく、他にも注意点があります。

犬の食べ物にする時には全てに共通することですが、それはアレルギーの問題です。

りんごのような優しい果実でも、アレルギーを起こす可能性はあるので、アレルギー反応を起こさないかを見る為に、少しの量から試すと良いでしょう。

りんごはバラ科の果物であり、その仲間の果物には、梨、いちご、桃などがあります。

これらの食べ物でアレルギーがあるとわかっている場合は、りんごもアレルギーの原因になる可能性が高く、反対に、りんごにアレルギーがあればこれらの食べ物も危険ということになります。

【参考記事】

>>アレルギーがある犬に手作りおやつ 安全おすすめレシピ3点

>>犬のアレルギー対策 フードを手作りご飯にする効果と方法

そして、犬に与える時のりんごの大きさにも注意して下さい。

りんごは、私達には噛み砕きやすい食べ物ですが、犬は食べ物を丸飲みしてしまう傾向があります。

りんごのかけらが大きすぎると、そのまま食道や気管に詰まらせてしまう危険があるのです。

丸飲みしても大丈夫な大きさに切るか、スライスやすりおろしたものを食べさせてあげて下さい。

りんごの皮には栄養素が豊富に含まれているのですが、犬には消化がよくない部分ですので、皮は剥いてあげると良いと思います。

ペクチンやりんごポリフェノールは、実はすりおろしの状態が一番効率よく吸収されるのだそうです。

このことを覚えておくと、私達がりんごを食べる時にも役立ちますね。

りんごポリフェノールは、金属に反応して酸化しやすいという性質があるので、すりおろす時には金属製のおろし金は使用しない方が良いとのこと、これも覚えておきたいですね。

おいしそうなりんごのおやつ

りんごを好きな犬は多いので、食欲のない犬の栄養補給や、少量をトッピングとして使い、甘い匂いで食いつきをよくするなどの利用もできそうです。

りんごは、調理するとしても扱いやすいので、手作りおやつや市販のおやつにもよく使われる材料です。

りんごのおいしそうなおやつを見つけましたので、ちょっとご紹介してみますね!

まるで人間のお菓子かと思うほど、おいしそうです。

犬の体格によりますが、お菓子のサイズによっては一度に全部食べさせると量が多すぎるので、保存がどのくらい可能かなども注意して下さい。

こちらのおやつはサイズも小さいようですので、この量なら食べてしまうまでにそれほど日数を要することはないと思われます。

 

まとめ

りんごは糖質と水分が豊富、お腹の環境も整えてくれるし、りんごポリフェノールの効果にも期待できる、体に優しい食べ物です。

食欲が落ちている時などの犬の食べ物にも使えそうです。

ただ、犬が好む食べ物であり食べすぎる可能性があるので、くれぐれも量には注意して下さい。

また、喉に詰まらないように、大きさも気を付けてあげて下さいね。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

>>犬用サプリで免疫!犬康食・ワンプレミアムの口コミと評判 


あわせて読みたい記事はこちら


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"