老犬のお漏らし対策 その原因と必要となる介護について

犬のお漏らしの原因は病気であることも多いので、まずはその対策が最も大切ですが、老犬の場合には特有の原因や、その年齢から、介護の必要性が切り離せなくなる状況も想定できます。

今回は、お漏らしをする老犬の排泄の問題について、どのような原因があり、そして対策が必要なのかを考えてみましょう。

(2016/12/14公開記事)

スポンサーリンク

犬の老化と平均寿命

犬の寿命はだいたい12~15歳と言われています。2016年にアニコム損害保険会社が発表した犬種別平均寿命のデータによれば、全体の平均寿命は13、7歳であることがわかりました。(情報の出典元 https://www.anicom-sompo.co.jp/news/2016/news_0160531.html

大型犬よりも小型犬の方が長寿の傾向にあります。もちろん犬種や体格、個体差もありますが、犬の平均寿命はこの30年くらいで急激に延びているようです。

【犬の年齢の人間換算方法】

老犬に粗相が始まった時 理解すべきことと対策について

犬が長寿になった背景には、犬のフードの改善やワクチンの普及、昔のような外での飼育と違って室内飼育される犬が増えたことなどがあり、犬の健康に関心を持つ、意識の高い飼い主が増えたとも言えるでしょう。

そして、長寿であるということは同時に老犬の介護というものも必然になってきたということです。

犬が老犬と呼ばれる年齢になるのには、体格差などもありますが、老化の兆候は、大型犬では7歳くらい、小型犬はもう少し先で10歳くらいから見られ始めます。

免疫力の低下などが始まるのは、平均的に7歳くらいからと考えられていて、フードの種類の選択などでもそこを境にしていることが多く、いわゆるシニア期と呼ばれる時期に入ります。

老化の兆候として次のようなことが起こってきます。

  • 被毛の艶が悪くなってボリュームが減ってくる。
  • 目が白く濁り、視力が落ちて、あまり見えてない様子である。
  • 歯に付着している歯石が目立つようになり、口臭がある。
  • 呼んでも反応が鈍く、耳の聞こえが悪い様子である。
  • 一日を通して寝ていることが多く、活発に遊ばなくなる。
  • 食欲が異常にあるか、またはなくなる。
  • 動作に時間がかかり、起き上がれない、足元のふらつきがあり歩き方が不安定である。

そして、それまではできていたのに、トイレ以外の場所での粗相やお漏らし(失禁)という行動も、このような老化現象のひとつと考えることができます。

スポンサーリンク

老犬がお漏らしする原因

犬のお漏らしには様々な病気が原因となっていることも多いです。

【お漏らしの原因で考えられるもの】

犬のお漏らしは病気のサイン?知っておこう!原因と対策

お漏らしにはこのような病気が原因になっている可能性があり、老犬も例外ではなく、また老犬であるがゆえにこのような病気の発生が多いと言うことができます。

老化によってホルモン量が減少することが原因となりホルモンが関与する病気になりやすく、その種類の病気には、オス犬には前立腺肥大の発生があり、メス犬の場合には尿道括約筋機能不全が起こりやすくなります。

さらに老犬は、免疫力の低下が原因で膀胱炎などの炎症を起こしやすい上に、治りにくく、さらに繰り返しやすいなど、尿路系の病気を抱えてしまうことが多くなります。

老犬には腎機能の低下が見られることも多く、おしっこを濃縮する機能が悪くなることが原因でおしっこの量が増え、お漏らしを起こしやすい状況に陥りやすくなります。

また、加齢による筋肉の衰えは、膀胱や尿道の筋肉にも影響します。筋肉が緩んでくることが原因となって、おしっこを膀胱にたくさん溜めておくことができなくなります。

その結果、おしっこが少量しかたまってないのに我慢ができないので、おしっこの回数が増え、尿道を閉めておくのが難しいのが原因で、お漏らししてしまうという現象が起きてしまいます。

足腰も弱くなっていきますので、立ち上がるのも、排泄の時に体を自分で支えることも次第に難しくなって来ます。動作が鈍くなっていることが原因で、トイレに移動するのが間に合わず粗相するということも重なってくるようになるかもしれません。

あるいはおしっこそのものの感覚がわからなくなって来て、それもお漏らしの原因に繋がっていきます。わからなくなる原因には次のような病気の可能性もあります。

【犬の認知症について】

徘徊は犬の認知症の症状のひとつ 諦めないでまずは診断を!

さらに老犬の場合は、心臓の病気などを発症することも多く、そのような病気の治療で使う薬の種類によっては(利尿剤など)おしっこの量が増えるものもあります。それもお漏らししやすい原因になります。

【犬の心臓病について】

心臓に雑音が生じる犬の病気 僧帽弁閉鎖不全症の症状と治療

お漏らしする老犬への対策

お漏らしにもいろいろなパターンがあります。

老犬がまだ歩くことも移動することも可能でおしっこが少しずつ漏れていれば、飼い主さんは床に水滴がぽつぽつと落ちているのを見て異変に気づくのではないでしょうか。

犬が休んでいた場所やベッドがおしっこで濡れているなら、寝ながらお漏らししているという可能性もあります。

何らかの形で老犬のお漏らしに気づいたら、お漏らし対策とトイレの介助のことを今後考えていかなければなりません。

トイレでの排泄

犬が動ける状態であれば、排泄は室内トイレか散歩時の習慣があると思いますが、老犬の膀胱は筋力低下が原因でたくさんのおしっこを溜められなくなっていますので、そのことへの対策が必要です。

もし外でしか排泄ができない習慣があるのでしたら、散歩の回数を増やす対策が必要になるでしょう。

老犬の散歩時間は、長くまとめてするより、一度の散歩時間を短くして回数を増やす方が、体力的にも負担が少なくてすみます。お漏らし対策と合わせ、排泄のための短い散歩を増やしてあげて下さい。

【老犬の散歩について】

老犬が散歩で歩かない時・歩けない時の対応について

また、今は散歩に出られても、老化が原因で歩けなくなる可能性もありますので、室内のトイレも使えるように対策をとっておいた方が良いです。

それまで外でしかできなかった犬の場合は、習慣を変えるのは難しいかもしれませんが、時間を見計らってトイレシートに誘導し、そこでできたら褒めるという練習をしてみて下さい。

子犬のトイレのしつけと同じ要領で、トイレの場所はどこでもかまいませんので、トイレシートをトイレと認識させる対策をしましょう。

根気がいることですが、今後、体の動きがもっと悪くなったり、病気で外に連れだせなくなった時の対策として、室内トイレを使用できることは結果的に老犬も飼い主さんも楽になります。

そして、筋肉の衰えや関節痛などが原因で体を自分で支えることが難しく、排泄時の姿勢が安定せずにうまく排泄できないということもあります。出しきれてないおしっこがお漏らしの原因になっているのかもしれません。

その対策としては、飼い主さんが排泄時の老犬の姿勢を支えて安定させ、全部出し切れるように介助をしてみて下さい。

具体的な対策は、大型犬の場合は飼い主さんが後ろにまわり、腰から後肢にかけて支えてやると安定しやすくなります。小さい犬の場合は前から支える方が支えやすいかもしれません。

ちなみにうんちの時は、左右の太ももから胴体にかけて股の間から手を入れて内側から支え、犬が踏ん張ってもよろけないように手伝うようにしてみて下さい。

また、少量ずつのお漏らしがずっと続くということなら、マナーベルトや尿パッドなどの対策も良いでしょう。紙オムツよりも違和感が少なく、老犬には負担が少ないと思います。

【紙オムツ他の種類について】

犬のお漏らし対策 体にフィットするオムツを選んで快適に!

そして、同時に部屋のフローリング対策などもされた方が良いかもしれません。

これは、筋力が落ちた老犬が滑りにくくする為の対策でもあり、お漏らしで汚れた時の掃除対策でもあります。部分的にはずして洗えるタイルカーペットなどを敷いても良いと思います。

下の画像は滑り止めコーティング剤です。ペット専用で安全に配慮されていて、滑り止め対策、防水対策になり、掃除も簡単になると思います。

《リンレイ 滑り止め床用コーティング剤 》

【送料無料】リンレイ 滑り止め床用コーティング剤 スターターセットA

床対策も今更と思われるかもしれませんが、老犬と飼い主さん双方の負担を減らす為にもやはり何かの対策は必要と思います。

寝たままでの排泄

老犬が自分で動くことが難しくなってきたら、寝たままで排泄しても良いような環境の対策が必要になってきます。

動きの少ない犬であれば、オムツではなくお尻のあたりにトイレシートを敷いてあげる方が、蒸れの原因にもならず、違和感をあまり感じさせることなく、尚且つ皮膚のトラブルも防げます。

オス犬の場合は腹部の方に重点的に、メス犬の場合はお尻の方に広めに敷くと、おしっこが飛ぶ位置にちょうど当たってうまく受け止められると思います。

寝ていることが多くなると、皮膚の同じ部位の圧迫を避ける為に、定期的に向きを変えてやるという介助も必要になります。それは、ずっと圧迫されている部位に床ずれができやすくなるので、その予防対策の為です。

床ずれは、できてしまうと悪化しやすく治りにくいもので、寝たきりになってしまった時に床ずれをいかに予防するかという対策は、人間の介護でもとても重要なテーマなのです。

床ずれができる原因には、栄養状態の低下、同一部位の圧迫(骨の出ている部分に圧がかかりやすくできやすい)、皮膚の汚染や湿潤などがあり、常に排泄物で濡れている状態は床ずれを作ってしまう大きな原因になります。できる限り清潔で乾いた状態を保てるよう気を付けてあげて下さい。

そして、ほとんど寝たきりであったとしても、できる時だけでも排泄時間を見計らってトイレに連れて行ってあげましょう。

支えられながらでも、これまでと同じようにトイレで排泄するということは、老犬の精神面によい刺激になり、現在の機能の維持の為のリハビリ対策になります。

腹圧をかけられなくなったことが原因で自力でおしっこやうんちを出せない場合は、腹部を圧迫する方法や肛門を刺激する方法で介助する対策も必要になります。

これは、ただむやみに圧迫すればよいものではなく、おしっこが溜まっている状態で力をかけすぎれば膀胱を損傷する原因になり、危険です。手技は獣医師に指導を受けることが必要です。

オムツの活用

オムツ対策をする場合のサイズ選びは、お腹まわりに人間の指2本分くらいが入るゆとりがあって、足回りはぴったりとフィットしていることが条件です。

足回りが大きすぎると漏れの原因になりますし、きつすぎると絞まる原因になってしまうので、選ぶ前には実際のサイズを計測した方が間違いないです。

犬用のオムツもたくさんありますが、体格が合うようなら人間用のオムツを応用できます。

人間用を使用する時は、尻尾が出せるようにその部分を切って、さらに中のポリマーが出ないように切り口はテープで塞ぐなどの対策が必要です。

この時、尻尾の形に丸くくりぬくよりも、尻尾の位置に十文字に切り目を入れる方法が簡単です。その切り目から外側に折り返してテープ固定をすれば、テープで切り口周囲を覆う必要もなくなり、またテープや切り口が犬の尻尾の付け根に直接当たらないので、不快感の原因にならずにすみます。

まとめ

老犬のお漏らしに気づいたら、老化から起こる現象であると決めつけず、まずは何か病気が原因となっていないかということを考えて医療機関を受診させましょう。そして原因がわかって治療ができるのなら、是非、適切な治療をしてあげて下さい。

いろいろ試して、やはりオムツ対策が必要になった場合でも、着けたままにするのではなく、目が届く範囲でこまめにはずしてやることによって皮膚のトラブルの原因にもなりにくいです。

オムツが汚れた時は、マメに交換して体もきれいにしてあげて下さい。

そして、たとえうまくいかないとしても、排泄習慣を忘れないようにトイレに誘導することによって、メリハリもつき、老犬に残された機能の維持に有意義なことになります。

犬がまだ若い時には、このようなことは想像がつかず、関係のないことと思いがちですが、犬に目立つ老化の症状が出現するのは、ある日いきなりであることも珍しくないようです。

普段から、いずれは来る日への覚悟と、もしもの時の対策も考えておくべきだと思います。

そして、犬は自分から異変を伝えることはできませんので、飼い主さんがその健康状態に関心を向け、観察することが大事です。

年を取って体が動かなくなってしまっても、愛犬と過ごす時間はとても貴重で愛しいものではないでしょうか。どうか大事な家族と一緒にいられる時間が少しでも永く続きますように・・。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

犬のお漏らしにおすすめサプリ 効果に期待の5選

犬の粗相に使える消臭剤 掃除の必需品!おすすめ7選

犬用サプリで免疫!犬康食・ワンプレミアムの口コミと 評判

スポンサーリンク