ブロッコリーは人気のある犬の食べ物 でも注意点もある!

ブロッコリーは、犬の食いつきのよい食べ物の一つとして飼い主さんたちに知られています。

犬のご飯のトッピングやおやつにと常備している飼い主さんも多いのでは?

料理に幅広く使えるので大変便利な食材のブロッコリーですが、犬の食べ物として実は注意が必要なこともあります。

今回はブロッコリーを与える時の注意点などを説明したいと思います。

スポンサーリンク

犬も大好きなブロッコリーの魅力とは

ブロッコリー、犬にはとてもおいしくて魅力的なのでしょうね。

ブロッコリーが嫌いな犬もいるかもしれないのですが、大抵は喜んで食べると聞きます。

茹でたてののブロッコリーは、やわらかくて甘く本当においしいと思います。

そして、とても栄養価の高い食べ物です。

ブロッコリーのモコモコした部分は、花蕾(はなつぼみ)といって花になる部分です。

ブロッコリーはイタリア原産の緑黄色野菜であり、花野菜と呼ばれる野菜で、同じ花野菜のそっくりなものにはカリフラワーがあります。

カリフラワーはブロッコリーの突然変異と言われていて、どちらも同じアブラナ科、キャベツの一種であるケール(青汁でおなじみですね)を改良して作られたものです。

ブロッコリーはとてもビタミンCが豊富で、同じ量のみかんの4倍含まれていると言われ、茹でてビタミンが減ったとしても約30mg/100gは残っているとのことです。

他にもβカロテン、ビタミンB群、ビタミンE、カリウム、鉄分、カルシウム、亜鉛・・・・とビタミンやミネラルがバランスよく含まれています。

これらの栄養素は抗酸化作用にすぐれ、免疫力を高く保ってくれますし、また、カルシウムやビタミンKは骨の成長に大事な栄養素です。

そして、ブロッコリーに特徴的な栄養素として、グルコラファニンという成分が含まれていて、胃がんの原因になると言われるピロリ菌の除菌に効果が期待されています。

I3C(インドール3カルビノール)という成分はがんの予防効果が期待されています。

さらに、スルフォラファンという成分は、体内の解毒作用や抗酸化作用に関与して、やはりがん予防に効果が期待されます。

スポンサーリンク

犬にブロッコリーの芯は食べさせる?

少しややこしい話になってしまいましたが、ブロッコリーはこのようにとても栄養豊富な食べ物なのです。

犬に食べさせる時にはどの部分を食べさせているでしょうか?

もし、花蕾の部分だけ食べさせて、ブロッコリーの芯(茎)は捨てている、ということでしたら、とてももったいないことです。

ブロッコリーは、全ての部分が栄養豊富、捨てるところのない野菜と言われています。

ブロッコリーの芯ももちろん食べられます。

むしろブロッコリーの芯の方が含まれている栄養は豊富とのことだそうで、料理人の方などにもブロッコリーの芯は食材として使われているようです。

ただ、食物繊維が多く、茹でても皮が硬いので犬には消化が困難です。

茹でて芯の皮を剥いて、中の方の柔らかい部分だけを食べさせてあげて下さい。

ブロッコリーを食べさせる時には注意も必要

ブロッコリーを犬に食べさせることは問題ないという前提で話していますが、実は注意すべきこともあるので、ここからはそのことについてです。

まずはアレルギーの問題です。

これは別にブロッコリーに限ることではなく、全ての犬の食べ物に考えなければなりません。

食べさせたことがない場合は、少量食べさせてみて、皮膚の異常や痒み、他にも嘔吐や下痢など、体調に変化がある場合はその食べ物のアレルギーの可能性がありますので、食べさせるのをやめた方が良いです。

次は、ブロッコリーに含まれる独特の成分による問題です。

ブロッコリーはキャベツの仲間でアブラナ科の野菜ですが、この種類のものにはグルコシノレートという物質が含まれています。

これは、消化酵素で分解されるとゴイトロゲンという物質に変化するのですが、このゴイトロゲンが甲状腺の働きを阻害し、ヨウ素を体内に取り込めなくしてしまいます。

ヨウ素が足りなくなると、甲状腺ホルモンが作れなくなるので甲状腺機能が低下、甲状腺機能が低下するのでそれを刺激する為のホルモンが過剰に出て、甲状腺肥大や甲状腺腫などの原因となります。

甲状腺ホルモンとは、身体のエネルギー代謝に関係するホルモンのことで、これが過剰の場合も低下の場合も心臓や神経の機能に異常をきたします。

ただし、これは大量に食べた場合のことであり、常識の範囲内での食べさせ方であればすぐにこのようになるわけではありません。

また最近はブロッコリーも品種改良がなされているとのことです。

しかし、やはり甲状腺の病気や体質の問題がある犬の場合は、ブロッコリーは食べさせない方が無難と言われています。

最後に、ブロッコリーにはシュウ酸という物質が多量に含まれています。

ほうれん草にも多いとされるこのシュウ酸は、尿路系の結石の原因になりやすい物質です。

シュウ酸は体内のカルシウムと結合し、通常は尿として排出されるのですが、残ったものが腎臓内に蓄積して結石をつくります。

もしシュウ酸カルシウムの結石がある犬やそのような結石ができやすい体質の犬の食べ物では、ブロッコリーにも注意が必要です。

調理する時に茹でこぼして水にさらすなどの工夫で多少減らすことができますが、結石で治療中などの犬の食べ物には避けておいた方がいいかもしれません。

また、ブロッコリーはお腹の中でガスを発生させやすいので、お腹が張る原因にもなります。

小型犬の食べ物として、一日10gくらいが適量だそうですので、あまり大量に食べさせないように注意して下さい。

これもブロッコリー!栄養満点!

ブロッコリースプラウトという名前のカイワレ大根のような野菜を見たことはあるでしょうか?

あれはブロッコリーが発芽してまもない新芽です。

ブロッコリーの栄養が最も濃厚な状態があのスプラウトです。

ブロッコリーの栄養素スルフォラファンは、成長した状態のブロッコリーよりも20倍多いそうです。

スプラウトは犬の食べ物にも問題ありません。

スプラウトであれば、柔らかいので生のままでも大丈夫です。

スプラウトの細胞をつぶして壊した方が効率よく栄養が摂れるそうですので、犬の食べ物にはミキサーにかけたり刻むなどして食べさせると良さそうです。

ブロッコリーを使っておいしいご飯

ブロッコリーを食材にしたおいしそうな犬の手作り食を見つけたので、ここでご紹介しますね。

リアン的には最後のサラミはなくていいような気もしますが、お好みでどうぞ。

飼い主さんのものと一緒に作って味のないものを犬に取り分け、残りに味付けすると一緒に食べれますね。

【わんちゃんと一緒☆ワンワンホットシチュー】

にんじん10g
ブロッコリー10g
ささみ10g
水10cc
豆乳50cc
サラミ少々

①野菜をわんちゃんに合わせた食べやすい大きさに刻み、少し水をかけ、レンジで2分あたためて柔らかくします。
②ささみは油をひかずに火をにかけます。
③色が変わって火が通ったら、レンジにかけた野菜と豆乳を入れ、軽く沸騰させます。
④全て火が通り柔らかくなったらサラミをちょこっと刻んで
⑤最後に盛り付けて完成です!わんちゃんが火傷しないように冷ましてからあげてください☆

人間が食べる場合は、
塩コショウ、粉チーズ、ブラックペッパー
などを入れても美味しいですよ♪
出典元 https://cookpad.com/recipe/2868395

まとめ

ブロッコリーは栄養価も高く、食いつきもよいので犬の食べ物に活用しやすいです。

ただ、健康に影響を与える物質も含んでいますので、注意して下さい。

甲状腺や結石などの問題がある場合は、その犬の食べ物にするのは避けた方が良いです。

硬いので柔らかく茹でてから小さくして食べさせましょう。

ブロッコリーの芯も茹でて皮を剥いた中心部は食べさせて大丈夫です。ただ、芯の部分があまり新鮮でなく筋のあるものは、茹でても硬いかもしれませんので諦めましょう。

ブロッコリーは1年中手に入りますが、旬と言われるのは11月~3月くらいの間とのこと。

選ぶ時は、できるだけ花蕾の部分が小さめできっちりと詰まっていて、濃くてきれいな緑色のもの、芯の切り口がきれいでみずみずしいものが良いようです。

おいしいブロッコリーを選んで下さいね。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

卵は完全栄養食品!犬の食べ物として問題なのはこの2点!

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!