犬の食べ物にブロッコリーは人気!注意すべきことは何?

私の愛犬はブロッコリーが大好きですが、飼い主さん達の間でも犬のおやつにあげているという話はよく聞きます。

手作り食にも使いやすいブロッコリーですが、犬に与える時は注意点もあります。

今回は、ブロッコリーの栄養と犬の食べ物にする時の注意点などを解説します。

スポンサーリンク

ブロッコリーは栄養たっぷりの魅力的な野菜

ブロッコリーを嫌いな犬もいるかもしれないのですが、大抵は喜んで食べるのではないでしょうか。

茹でたてのブロッコリーは、甘くて本当においしいですね。

ブロッコリーはとても栄養価の高い食べ物です。

ブロッコリーのモコモコした部分は花になる部分で、花蕾(はなつぼみ)といいます。

ブロッコリーはイタリア原産の緑黄色野菜であり、花野菜と呼ばれます。

同じ花野菜でそっくりなものにカリフラワーがあります。

カリフラワーは、実はブロッコリーの突然変異と言われています。

どちらも同じアブラナ科で、青汁でおなじみのキャベツの一種ケールを改良して作られたものです。

ブロッコリーは、とてもビタミンCが豊富。

同じ量のみかんの4倍も含まれていて、茹でてビタミンが多少減ったとしても、約30mg/100gは残ると考えられます。

βカロテン、ビタミンB群、ビタミンE、カリウム、鉄分、カルシウム、亜鉛と、ビタミンやミネラルなどの栄養素もバランスよく含まれていて、これらの栄養素は抗酸化作用にすぐれ、免疫力を高く保ってくれます。

また、カルシウムやビタミンKといった骨の成長に大事な栄養素もあります。

そして、ブロッコリーに特徴的な栄養素にグルコラファニンという成分があるのですが、これは胃がんの原因になると言われるピロリ菌の除菌効果が期待されています。

また、I3C(インドール3カルビノール)という成分には、がんの予防効果が期待されています。

さらに、スルフォラファンという成分は、体内の解毒作用や抗酸化作用という働きがあり、やはり、がんの予防効果が期待されます。

ブロッコリーには、少し覚えにくい名前ですが、特徴のある素晴らしい栄養素があるのです。

スポンサーリンク

犬にブロッコリーの芯も食べさせる?

犬にブロッコリーを食べさせる時、どの部分を食べさせていますか?

もし、花蕾の部分だけ食べさせて、ブロッコリーの芯(茎)は捨てている、ということでしたら、それはとてももったいないです。

ブロッコリーは、全ての部分が栄養豊富、捨てるところのない野菜と言われています。

ブロッコリーの芯ももちろん食べられます。

むしろブロッコリーの芯の方が栄養素が豊富で、料理人の方などにもブロッコリーの芯は1つの食材としてみなされているのです。

ただ、食物繊維が多い部分でもあり、茹でても皮が硬いので、そのままでは犬には消化が悪いです。

茹でて芯の皮を剥き、中の柔らかい部分だけを食べさせてあげると良いですよ。

ブロッコリーを食べさせる時には注意も必要

ブロッコリーを犬の食べ物にする時、実は注意すべきこともあるので、ここからはそのことについてご説明します。

それは、ブロッコリーに含まれる独特の成分による問題です。

ブロッコリーは、キャベツの仲間でありアブラナ科の野菜ですが、この種類の野菜にはグルコシノレートという物質が含まれています。

この物質は、消化酵素で分解されると、ゴイトロゲンという物質に変化します。

このゴイトロゲンは、甲状腺の働きを阻害しヨウ素を体内に取り込めなくしてしまうのです。

ヨウ素が足りなくなると、甲状腺ホルモンが作れなくなり甲状腺機能が低下します。

甲状腺ホルモンは、身体のエネルギー代謝に関係するホルモンのことで、これが過剰になっても低下しても心臓や神経の機能に異常をきたします。

【参考記事】

犬の尻尾がハゲてくる?甲状腺機能低下症とはどんな病気?

不足した甲状腺ホルモンを出すように刺激するホルモンは過剰に出るようになるので、甲状腺肥大や甲状腺腫などの原因になります。

ただ、これは大量に食べた場合のことで、常識の範囲内での食べさせ方ですぐにこのようになるわけではありません。

また最近は、ブロッコリーも品種改良がなされているので、あまり大きな問題にはならないようです。

しかし、やはり甲状腺の病気など体質的に問題を抱えている犬の食べ物にブロッコリーは避けた方が無難とも言われています。

また、ブロッコリーにはシュウ酸という物質が多量に含まれています。

ほうれん草にも多いこのシュウ酸は、尿路の結石の原因になりやすい物質です。

シュウ酸は、通常はおしっことして排出されるものの、残留してしまったものが体内にあるカルシウムと結合し、蓄積して結石をつくります。

すでにシュウ酸カルシウム結石がある犬や、過去にそのような結石ができて治療をしたことがあるなど、できやすい体質の犬の食べ物にもブロッコリーは注意が必要です。

シュウ酸は、調理する時に、茹でこぼして水にさらすなどの工夫で減らすことができますが、やはり結石で治療中の犬の食べ物としては避けておいた方がいいかもしれません。

【参考記事】

頻尿や血尿で急変の危険?尿路結石はあなどれない犬の病気

また、ブロッコリーはお腹の中でガスを発生させやすいので、お腹が張る原因にもなります。

例えば、小型犬の食べ物としては1日10gくらいが適量のようですので、あまり大量に食べさせないように注意して下さい。

そして、アレルギーの問題ですが、これはブロッコリーに限ることではなく、全ての犬の食べ物で考えなければならないことです。

少量食べさせてみて、皮膚の異常や痒み、嘔吐や下痢など、体調に変化が表れた場合は、その食べ物のアレルギーの可能性もあるので、食べさせるのはやめた方が良いです。

これもブロッコリー!栄養満点!

ブロッコリースプラウトという名前のカイワレ大根のような野菜がありますが、あれはブロッコリーが発芽してまもない新芽です。

ブロッコリーの栄養が最も濃厚な状態があのスプラウトなのです。

ブロッコリーの栄養素スルフォラファンは、成長した状態のブロッコリーと比べて、スプラウトには20倍も多いそうです。

スプラウトも犬の食べ物にして問題はありません。

スプラウトであれば、柔らかいので生のままでも大丈夫です。

スプラウトの細胞をつぶして壊した方が効率よく栄養が摂れるそうです。

犬の食べ物にする時も、ミキサーにかけたり刻むなどして食べさせると良いかもしれませんね。

ブロッコリーを使ったおいしい犬の手作りご飯

ブロッコリーを食材にした、おいしそうな犬の手作り食を見つけたのでご紹介しますね。

私としては、最後のサラミはなくていいような気もしますが、お好みで。

飼い主さんのものと一緒に作って、味のないものを先に犬に取り分け、残りに味付けするとお揃いで食べられますね。

【わんちゃんと一緒☆ワンワンホットシチュー】

にんじん10g
ブロッコリー10g
ささみ10g
水10cc
豆乳50cc
サラミ少々

①野菜をわんちゃんに合わせた食べやすい大きさに刻み、少し水をかけ、レンジで2分あたためて柔らかくします。
②ささみは油をひかずに火をにかけます。
③色が変わって火が通ったら、レンジにかけた野菜と豆乳を入れ、軽く沸騰させます。
④全て火が通り柔らかくなったらサラミをちょこっと刻んで
⑤最後に盛り付けて完成です!わんちゃんが火傷しないように冷ましてからあげてください☆

人間が食べる場合は、
塩コショウ、粉チーズ、ブラックペッパー
などを入れても美味しいですよ♪
出典元 https://cookpad.com/recipe/2868395

 

まとめ

ブロッコリーは栄養価も高く、食いつきもよいので犬の食べ物に活用しやすいですが、健康に影響を与える物質も含んでいますので注意して下さい。

ブロッコリーの芯も茹でて、皮を剥いた中心部は食べさせて大丈夫ですが、芯の部分があまり新鮮でなく筋のあるものは諦めましょう。

ブロッコリーの旬は11月~3月くらい、できるだけ花蕾の部分が小さめできっちりと詰まっていて、濃い緑色のもの、芯の切り口がみずみずしいものが良いようです。

おいしいブロッコリーを選んで下さいね。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

卵は完全栄養食品!犬の食べ物として問題なのはこの2点!

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!