子犬はどんな音が嫌い?日常の音に慣れさせるしつけ方法

私達にも苦手な音、耳障りな音というものがありますが、子犬にも嫌いな音があります。

でも日常の中には音が溢れています。

子犬の頃に音に少しでも慣れることができれば、その後ストレスなく暮らしていけるようになります。

今回は、子犬が音に慣れるしつけについて解説したいと思います。

犬の聴力は抜群にいい

「犬は耳がいい」という話は、私達の間でも認識していることですが、どのくらい耳がいいかご存じでしょうか?

飼い主さんが帰って来る時の靴音がわかる、家の車のエンジン音がわかる、他の人の足音と聞き分けられるなど、犬の耳にまつわる話はたくさんあります。

犬が音として聞き分けることができる周波数の範囲は、40Hz(ヘルツ)から65000Hzと言われています。

人間は20Hzから20000Hzですので、高周波になると、3倍以上違うということになります。

超音波というのは、20000Hz以上の高周波の音で人間には認識できません。

しかし、犬の耳には超音波がしっかり認識できるということになります。

さらに、音の判別は、人間が聞くことができる距離の400倍離れた距離から判別できると言われています。

犬は、外から帰ってくる飼い主さんの足音などに、早くから気づいているということなのです。

また、音を聞きとれる方向を比較すると、人間は16方向からと言われていますが、犬はその2倍の32方向から聞きとることができるそうです。

これらのことを総合すると、犬の聴力がどれだけ優れているかがわかります。

普段から、犬は、人間にはわからないたくさんの音を聞きながら暮らしているということになるのです。

子犬が嫌いな音・苦手な音

子犬が嫌いな音にはどんなものがあるでしょう?

子犬が嫌いな音には次のようなものがあるようです。

  • 掃除機やドライヤーなどの電化製品の音
  • 工具を使用する時の音
  • 花火や爆竹などの破裂音
  • 雷や台風や大雨などの自然の中の大きな音
  • 電話の呼び出し音
  • 電話の受話器から聞こえる相手の声
  • インターホン

他にも、消防車などのサイレンに吠えるといった反応をすることも多いのではないかと思いますが、こちらは嫌いな音というのとは意味が違うようです。

サイレンの音は、周波数がちょうど犬の遠吠えと同じ30000Hzくらいなのです。

遠吠えは、遠くにいる仲間からの呼びかけの合図なので、犬の習性から、それに答えようとしていることが考えられます。

また、人間の声というのは、20Hzから4000Hzです。

女性の声の方が一般的に周波数が高いので、高周波の音を聞きとるのが得意な犬にとっては、聞き取りやすい女性の声の方が好きだそうですよ。

子犬が嫌いな音には理由がある

電化製品が作り出す音は、人工的な機械音であり、子犬にとっては得体の知れない複雑な音です。

自然にはない音であり、理解ができないことが子犬を不安にさせる音なのです。

インターホンや電話も同様に、姿が見えない人の声が機械音として聞こえるという状況が、子犬を不安にさせてしまいます。

花火などの大きく破裂するような音は、私達でもびっくりはするのですが、それでもそれが何であるかの正体がわかっています。

しかし、子犬には意味不明に不規則に大きく響くこのような音は、大きな恐怖です。

台風や嵐の時の雨風の音など、空気を振動させるような音も苦手です。

また、過去にその音と重なって何か嫌な経験をしたことがあるとしたら、音と嫌なことがリンクしてその音も苦手な音になります。

嫌いな音がまねくトラブル

嫌いな音があることはどうしても避けられないことです。

でも嫌いな音によるストレスがあまりにも大きすぎると、それが深刻な問題に発展することもあります。

ストレスがかかることが多いと、子犬はパニックになって集中力を失い、遊ぶことも、飼い主さんの声に耳を傾けることもできなくなります。

自分の体を噛んで傷つけるなど、ストレス反応による自傷行為が見られるようにもなります。

【参考記事】

犬が前足を噛む?犬のストレスサインに気づいた時の対処法

パニックで暴れて、思わぬ怪我に繋がる危険もあります。

花火や雷の音が原因で、パニックを起こして逃走してしまい、そのまま迷子になっている犬の話も決して珍しくありません。

飼い主さんの留守中に子犬がそのような恐い体験をすると、飼い主さんの留守とその体験が結びついて、留守番に大きな不安を持つようになり、それは分離不安の原因にもなります。

しかし、ストレスになる音を日常から完全に遮断することはできません。

だからこそ、少しずつ音に慣れ、繰り返し、音がしても何も起こらないというように不安を解消するしかないのです。

子犬の安心感を育てる為に音に慣れるしつけが必要になるのです。

子犬のうちによくある日常音を聞き覚えよう!

子犬が日常音に慣れるしつけをすることは、子犬が成長してからも不安におびえることなくその環境で暮らせるようになるためです。

どうしても避けられない日常音を恐怖に感じない程度のボリュームで少しずつ聞かせて、その音とおやつなどの嬉しい出来事を結びつけて音のイメージを変えていくというしつけです。

苦手な音と嬉しい体験とセットにするのです。

そしてその音に対するイメージを良いものに変えていくというしつけ方法です。

サンプルとして聞かせる音はネット上を探してもありますが、サンプル音を集めたCDなども販売もされています。

↓いろいろな効果音を集めたCDです♪

音のしつけの進め方

最初はボリュームを一番小さくして子犬に聞かせてみましょう。

音を聞いても平気でいられたら、ご褒美のおやつをあげて褒めましょう。

そのボリュームに慣れてきたら、少しボリュームを上げて同じことを繰り返します。

もしボリュームを上げて怖がるようなら、すぐに元の大きさに戻して下さい。

しつけは長時間になると集中力がなくなるので、1回5分くらいで切り上げましょう。

子犬に少しでも恐い思いや嫌な思いをさせてしまうと、逆効果になりますので、無理に聞かせたりせずに少しずつ進めて下さい。

また、しつけでその音に慣れて、大きな不安や恐怖は克服できたとしても、私達にも苦手があるように子犬も嫌いなものは嫌いなのです。

わざわざ不快な音を聞かせる必要はないので、避けられるものであれば避けてあげて欲しいと思います。

機械音を子犬の目の前で鳴らさない、雷や花火の時は窓を閉めてできるだけ大音響で聞こえないようにするなど、暮らしの中でできるところは回避してあげましょう。

良かれと思って花火大会などに連れて行っても、犬はただ恐怖を感じているだけのことも多く、毎年のように花火大会で逃げ出して飼い主とはぐれてしまう犬がいます。

人は花火の音もお祭りとして楽しめますが、犬にはそういう概念はないので、犬の目線で考えてみることも必要です。

雷や強い風の音など、人間でも恐怖を感じたり苦手なことがありますよね。

でも飼い主さんは、子犬の前では頑張って毅然として何事もないように振舞ってあげましょう。

嵐が来ようがいつもと変わらず飼い主さんが堂々と振舞うことは、子犬に安心感を与えます。

嫌いな音を利用するしつけもある

天罰方式と呼ばれるしつけで、子犬が嫌いな音を天罰のように鳴らして、少しだけ嫌な思いをさせ(嫌悪刺激と呼ばれる)その行動をやめさせる、というものです。

天罰の音として使われる音は、空き缶に小銭などを入れて振ったら鳴る、金属が触れ合う独特の音で、犬はこのような音が嫌いと言われます。

してはいけないことをしつける時に、天罰としてこの音を鳴らすのです。

ただ、これはやり方を間違うと、音に対する恐怖心を植え付けることになり、あまりおすすめしません。

犬と良いコミュニケーションを取り、良い行動を褒めて強化するポジティブトレーニングがやはりしつけの望ましい方法と思います。

【参考記事】

子犬の噛み癖は早くなおすのが大事!噛み癖のしつけ方法

まとめ

音に敏感で過剰に反応する子犬は、元々が繊細な性格であることが多いです。

ストレスが強すぎると子犬の心身の成長にも影響が大きくなるので、適切な時期にしつけをすることは大事なことです。

子犬の社会化期のしつけでいろいろな体験をさせることの中には、いろいろな音に慣れることも含まれています。

ただ、どうしても慣れないこともあるし、心身の健康が保てないほど重症な恐怖症もありますので、音のしつけは子犬の様子をよく見ながら無理のないように進めて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

性格の問題?落ち着かない子犬を落ち着かせるしつけ方法

犬用サプリで免疫!犬康食・ワンプレミアムの口コミと評判


あわせて読みたい記事はこちら


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"