犬のてんかんの薬と副作用 意識や食欲への影響について

犬のてんかんの発作はいつ起きるかわかりません。

しかし、発作がなければ、普段は特に問題もなく過ごしていることが多いので、てんかん薬を常用させるような治療はしていないという飼い主さんも多いようです。

犬のてんかんの治療に用いる抗てんかん薬は何種類もあります。

しかし、いつどのように使用するのか、副作用、食欲への影響など、どれがどれなのかわかりにくいものです。

今回は犬のてんかん薬と副作用について解説したいと思います。

スポンサーリンク

犬のてんかんの治療

犬のてんかんの症状には、いくつかの発作パターンがあります。

そのてんかん発作がどのような原因で起きているか?にもよるのですが、ほとんどの発作は5分ほどで自然に回復することの方が多く、何事もなかったかのように元に戻るものが大半です。

【てんかんの症状と発作のパターンについて】

犬のてんかんの症状と対処法 危険な発作の2パターンとは

普段はそのような病気があるようにも見えず、発作以外はいたって元気に過ごしている犬もたくさんいます。

ただ、異常行動とも見える行動が現れることもあります。

私の愛犬にも、時折現れるのですが、例えば、何か恐怖を感じている様子で隠れる、何かを探し回るような落ち着かない徘徊(探索行動)、舌を何度もペロペロと出す、何か噛んでいるようにくちゃくちゃと口を動かす、というような、意味のない動作が繰り返されることがあります。

これらのものは部分発作である可能性もあるし、または全般発作の前触れ(前駆症状)であり、これも発作の一部とみなすことができます。

しかし、それに続く発作もなく、異常行動が軽い場合などは、単にその犬の癖のようなものとして特に気にされないことも多いかもしれません。

てんかん発作がたまにある程度なら普段の治療は不要と思われますか?

いいえ、そうではありません。

脳はてんかん発作を起こすたびにダメージを受けています。

そして、今回のてんかん発作は前回の発作の結果である、と考えられます。

つまり、発作が起こるたびに脳には何らかのダメージがあり、発作が重なる分、ダメージも重なって行き、そのせいで次の発作がひどくなるというスパイラルに陥ることになるのです。

その為、てんかんの治療は、発作を起こさないようにする治療です。

これは人のてんかん治療の基本でもあります。

人のてんかん治療は、何も起きていない普段から、抗てんかん薬を使って発作が出ないようにコントロールするということが目的です。

発作が出たら治すというのではなく、起きないように薬で抑えること、これは犬にも当てはまることです。

犬のてんかんの治療は、①月一回以上の発作があった②発作の間隔が3~4ヶ月以内③群発発作を起こした④重責発作を起こした⑤発作の頻度が増えたということを基準にして、治療の開始を検討されます。

一般的には、てんかんを発症した初期に治療を開始する方が、何度も発作を起こしてから治療を開始するよりもてんかん発作のコントロールがうまくいくとされます。

それは、先ほど述べた「発作を繰り返すたびに脳がダメージを受ける」ことと関連していると考えられます。

発作のコントロールがうまくいくことは、結果としてその犬のQOL(生活の質)を保つことに繋がります。

尚、てんかん発作を起こす原因になる脳炎や脳腫瘍などの原疾患がわかっているケースについては、その疾患の治療なくしてはてんかん発作の改善は望めず、治療の基準もまた変わってきます。

【参考記事】

犬のてんかんは脳炎の可能性も・脳炎は完治する病気?

見逃さないで!その症状は犬の脳腫瘍の進行かもしれない

てんかん治療の薬の重要性とは

てんかんは、抗てんかん薬の内服が主たる治療法になります。

しかし、薬を飲ませるようになってしまったらずっとやめられなくなる・・と考える飼い主さんは多いです。

抗てんかん薬を飲ませるということはもう治らない状況を作る、絶望的な意味として誤解している飼い主さんもいるようなのです。

でも、薬を飲ませることは絶望的な状況になるのではありません。

てんかんという病気は完治する病気ではありません。

てんかんの治療の目指すところは、病気をいかにコントロールして日々の暮らしの質を保てるかということです。

薬を飲ませることで、発作を抑え脳を安定した状態に維持するのです。

特に、てんかんの重大な症状である重責発作や群発発作は、薬でしっかりと発作を抑制できなかった場合や、または薬を急にやめたりした時に起こりやすくなり、危険なのです。

薬を一度飲み始めるとやめられなくなる、というのは、発作を抑制する為に薬の継続が必要という意味では事実です。

抗生剤のように、炎症がなくなったから止めるというわけにはいかないからです。

だけど、それは発作のない元気な状態に見えても、爆弾を抱えているのと同じで、発作を抑える為の薬を必要とする病気なのです。

また、勝手にてんかんの薬を中断することは、抑えられていた発作を誘発する(離脱発作)危険があるので勝手にやめてはならないという意味です。

決して、薬を飲み始めたせいでそうなったのではないのです。

スポンサーリンク

てんかん治療に使用される薬と副作用

実際に犬のてんかん治療に使用される薬は何種類かあります。

その薬は、人間のてんかん治療にも使用されている薬と共通しているようですが、人間の治療薬ほど選択肢が多くありません。

犬のてんかん治療に使われている薬と薬の副作用を順に挙げていきましょう。

◆フェノバルビタール

フェノバルビタールは、バルビツール酸系の薬で、フェノバールという商品名で犬の抗てんかん薬としては選択される頻度の高い薬です。

散剤(粉薬)や錠剤、注射薬があります。

治療開始時には、まずこの薬を処方するという獣医師が多いようです。

この薬は、中枢神経系を抑制して興奮を鎮めるという効果があります。

人間の薬としても、抗てんかん薬や睡眠薬、または静脈麻酔薬として長く使用されてきた薬ですが、より使いやすいタイプの薬が出てきたので、てんかん治療の第一選択薬ではなくなりました。

治療域と毒性域が近いために、投与量の微調整がとても重要です。

過剰投与では深刻な肝障害が現れる危険があるので、投与後の血中濃度の測定も重要になります。

この薬は単独で使用されますが、血中濃度が十分であるにもかかわらず効果が少ない場合は、この薬を増量するのではなく他の薬(臭化カリウム)と併用されます。

血中濃度は経口投与後では4~5時間で最大となります。

しかし、薬の効果が安定するまでには2週間ほどかかります。

<副作用>

飲み始めに見られる初期副作用と長期服用中の長期副作用があります。

投与し始めて2週間くらいの間は、抑うつ状態、ふらつき、鎮静などがあり、過眠傾向や動きが悪くうまく歩けない、足がもつれている、などの異変が見られます。

しかし初期の副作用に関しては、2週間くらいで薬に慣れてくると言われます。

服用し続けていくうちに、今度は長期副作用が現れるようになります。

長期副作用も同じように、動きが鈍く、また、食欲の亢進、多尿になり、そのせいで尿失禁などが見られることもあります。

また、食欲が増して運動機能が低下するという悪循環で太りやすくなることもあります。

食欲があると元気な印象かもしれませんが、異常な食欲亢進の場合は薬の副作用です。

肥満防止の為にも、犬の食欲に合わせながら食事量の適正を守り、むやみに増やさないようにする注意が必要です。

薬の量が多すぎて血中濃度が高い状態が続いた場合、肝障害を起こす可能性がありることが、この薬の一番重大な副作用と言えます。

過剰投与は、そのような重大な副作用に繋がる恐れがあることを知っておきましょう。

食欲不振、黄疸や腹水などの症状が出るのは肝障害を起こしている兆候で、急遽、他の抗てんかん薬に変更して肝障害に対する治療が必要になります。

この薬は依存性もあって、急に薬を中断すると離脱症状としてひどい発作を起こす危険がありますので、この薬をやめて他の薬に変更するなどの時も、獣医師の指示通りに慎重に行わなければなりません。

また、併用禁忌の組み合わせがあります。

禁忌薬と一緒に服用すると、血中濃度が下がって効果が得られなくなるので、基本的には勝手に薬を止めたり与えたりするのではなく、必ず獣医師の指示に従うようにして下さい。

私の身近にこの薬でてんかん治療をしている犬がいますが、やはり少し活動性が抑えられているのか、おとなしくなった印象はあります。

しかし、起こりうる副作用を理解し、指示を守れば、過剰に不安になることはないと思います。

◆臭化カリウム

臭化カリウムは、人間の抗不安薬、抗けいれん薬として使用されてきた、安全性の高い薬です。

フェノバルビタール治療で効果が得られない時に、フェノバルビタールを増量するのではなく、併用する薬として第一に選択、追加される薬です。

また、肝臓に問題があって、肝臓に負担のかかりやすいフェノバルビタールを使用できない場合などは、臭化カリウム単独で使用されることもあります。

粉末ですが、微量で管理が難しくなるので、普通は液剤にして処方されることが多いと思います。

この薬を追加することで効果が上がることは多く、肝臓に負担もかからない安全な薬です。

ただ、効果が現れてくるまでにはかなり時間がかかるようです。

<副作用>

嘔吐、胃粘膜刺激があります。また、フェノバルビタールと同様に、食欲の亢進と多尿があります。

◆ゾニサミド

商品名エクセグランとして、人間においても抗てんかん薬として使用されます。

また、商品名トレリーフとしてやはり人のパーキンソン治療薬として使用される錠剤です。

ゾニサミドは日本で開発された薬であり、海外に先駆けて1989年に日本で発売されました。

それまで第一選択で主流だったフェノバルビタールでは、難治性のてんかんは発作のコントロールがつかないことも多かったようです。

しかし、ゾニサミドでよい結果が得られるようになり、何よりも、この薬の利点は副作用が殆ど出現しないということです。

私の愛犬はこの薬を使っています。

血中濃度の測定も可能ですので、有効濃度を確認しながら治療することができます。

動物医療で使用する薬には、人間用の薬をそのまま使用することは多いですが、ゾニサミドの成分は現在、犬専用薬も発売されています。

普通はゾニサミド単独で十分にてんかん治療が可能です。

また、この薬を追加薬として使用することも可能ですが、フェノバールとの併用はできません。

犬のてんかん治療には、この薬がメインで使用されるようになるとも予測されています。

<副作用>

ゾニサミドはスルホンアミド系薬剤であり、それに対する過敏症、嘔吐、軽度の鎮静、ふらつき、部分的な振戦(ふるえ)などが挙げられます。

また、ゾニサミドについては食欲が低下するという副作用もあります。

これまでフェノバルビタールで治療していた犬の場合などは、食欲亢進していたものが今度は食欲低下に陥るという不安定な状況が見られるかもしれません。

しかしこれらの副作用は服用開始して数日以内に消失することが多く、副作用らしい副作用は見られないことの方が多いです。

フェノバルビタールの副作用のように、依存性が生じやすいことや重篤な肝障害を起こす危険は少ないので、長期に服用させる薬としては問題が少ないと思われます。

こちらの薬に切り替える価値は十分あるかもしれません。

ただ、ゾニサミドは骨髄抑制を起こす可能性があり再生不良性貧血や無顆粒球症などの副作用が出現するというリスクはあります。

また、肝臓で代謝されるので、それを阻害する種類の薬は併用禁忌です。

◆ジアゼパム

商品名はセルシンホリゾンで知られている薬で、人間の医療でも鎮静薬として広く使用される薬です。

胃カメラの時の前処置としても使われることが多く、眠くなる薬としてよく知られている薬です。

この薬はベンゾジアゼピン系の抗不安薬で即効性があります。

錠剤、注射薬、座薬があり、てんかん発作時の緊急処置の注射薬として、医療機関で使用されるのもこの薬です。

また、自宅での発作時に対応する屯用の座薬として処方される「ダイアップ座薬」もこの薬です。

私のところにもダイアップは常備しています。

【参考記事】

犬のてんかん発作時の座薬の入れ方・タイミング・ 副作用について

<副作用>

副作用として鎮静、ふらつき、そして特に呼吸抑制に注意が必要な薬です。

長期の継続使用では依存性や耐性が生じやすいために、短期的に使用されることが多いです。

◆クロナゼパム

商品名はリボトリールランドセンで、ジアゼパムと同じ系統のベンゾジアゼピン系の抗てんかん薬に入ります。

ジアゼパムよりも作用時間が長いのが特徴で、やはり長期継続使用すると依存性や耐性といった副作用を生じる為、短期的に使用されます。

抗てんかん薬を他のものに変更する時などに、移行時の調整のために一時的に使用するというような使い方をされることもあります。

◆フェルバメート

薬でのコントロールが困難な難治性てんかんに対して有効性が高いと言われますが、発売後まもなく人間において重大な肝毒性の副作用が問題となりました。

しかし、この薬は犬の安全域は広いとされます。

薬剤としては高価で、あまり使用頻度の高い薬ではないようです。

◆ガバペンチン

吸収がよく、血中濃度があがりやすく(有効化されるのが早い)治療抵抗性のてんかんに使用されます。

しかし、作用が切れるまでの時間が短いので、頻回な投与が必要になるのが難点です。

プレガバリンという、これの類似薬の方は、半減期がこの倍くらいあるようです。

<副作用>

鎮静化が起こる薬であり、意識レベルが低下しボーっとなってしまうことが多いです。

◆レベチラセタム

イーケプラという商品名の抗てんかん薬です。

他の薬で効果が不十分な場合に併用、または、特に部分発作に対する単独使用で効果的な薬とされています。

この薬の利点は効果が現れるのが早いことです。

通常、薬の血中濃度が安定するまでには日数がかかります。

フェノバルビタールで10~14日、ゾニサミドは10日程度、臭化カリウムだと2~3ヶ月と言われます。

しかし、レベチラセタムは1日の服用で効果が安定しますので、速やかに作用して欲しい時などに単発的に使用することもできます。

私は、愛犬にもし発作があれば座薬を使用することと、レベチラセタムを3日間加えるように指導され、これもストックしています。

<副作用>

嘔吐、流延(よだれ)、軽い鎮静

てんかんの薬の副作用による食欲の変化について

抗てんかん薬の副作用ですぐにわかるものは、フェノバルビタール服用中の食欲を始めとする変化ではないかと思います。

反応が鈍くなり、活発さが薄れてあまり動かなくなり、それでも食欲だけは増進し水もがぶがぶ飲むということが起こりやすいです。

そんな姿を見て、犬が変わってしまったと悲しく思う飼い主さんもいるようですが、決して犬が変わったのではありません。

これは副作用なのです。

私の愛犬がフェノバルビタールを使用したのは短期だったので、あまり参考になりませんが、過眠傾向はあったものの食欲の変化はありませんでした。

ゾニサミドはもう何年も使っていますが、副作用とされる食欲の低下を感じることはありません。

もちろん個体差はあるという前提です。

それよりも、私が感じることは、薬の副作用で不調に陥るより、てんかん発作の不調の方がはるかに大きいということです。

原因が判明しているてんかんについては、その治療の為の薬も投与され、脳炎や脳腫瘍に対してステロイドが処方に加わることが多いです。

ステロイド処方時は、その副作用である食欲の異常亢進などが目立つと思います。

【ステロイドについての参考記事】

どんな薬?犬のアレルギー治療薬の種類とその特徴について

てんかん薬の服用中は、定期的に血中濃度を測定し、肝臓の機能をチェックする為の血液検査で副作用をチェックしていきます。。

自宅でも、食欲を含めた犬の症状や変化を飼い主さん自身で記録しておくことをお勧めします。

そうすることで獣医師に効率よく簡潔に、そして時系列で情報を伝えることができるので便利です。

 

まとめ

犬のてんかんの治療は、発作を予防する為に薬を使用するのです。

てんかんの治療に使用する薬は、人間の薬とも共通するものがあり、何種類かの中からメインの薬が選択されます。

副作用をやみくもに恐れ、なるべく薬を使わないように、と考える飼い主さんは多く、その不安になる気持ちもわからないでもありません。

しかし、てんかんで何よりも大事なことは、発作を起こさせないことです。

薬は、いわば脳を発作から守る為にあるようなものです。

犬のQOL(Quality of life生活の質)を落さないためにも、どうか必要に応じて薬を受け入れてあげて下さい。

発作によって脳がダメージを受け続けてしまうと、発作が発作を呼び、結果的に大きな発作に繋がって生命が危険にさらされる、または重大な後遺症を残すこともあります。

その方が副作用よりもっと怖いのではないでしょうか。

犬は自分で治療を選べません。

飼い主さんの選択が全てですので、気軽に話し合える、信頼できる獣医師を見つけ、早期に治療に繋がればと願っています。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

犬用サプリで免疫!犬康食・ワンプレミアムの口コミと評判

保険スクエアbang!と口コミ・評判でペット保険を検討しよう

 

スポンサーリンク