犬の尻尾を切る習慣はなぜ存在するのか?断尾の理由とは

断尾という処置をご存じでしょうか?

犬種によって、生まれた時には長かった尻尾を切ることで短くしてしまうのです。

そう言えば同じ犬種で尻尾が長い犬と短い犬がいる、と気づいた方もいるかもしれないですね。

生まれた時にはあったはずの犬の尻尾を切る理由とは何なのでしょうか?

今回は犬の尻尾を切る断尾という行為とその理由について解説します。

スポンサーリンク

犬の尻尾を切る・断尾とその歴史について

断尾とは、の尻尾を根元から、あるいは少し長さを残した状態で切り、短い尻尾にする処置のことです。

断尾の歴史は、18世紀のイギリスにおいて、犬の尻尾は短い方が使役犬として有能であると信じられ減税の理由にもなっていたということから始まっています。

当時のヨーロッパでは、尻尾を切ることが狂犬病の予防にもなり、また背中の筋肉を強めて狩猟犬など使役犬としての能力も高くなるという、常識では考えられないような理由が常識とされ、尻尾を切るということは当然の習慣でした。

尻尾がある犬に対しては課税制度まであったことを理由に、断尾は積極的におこなわれていました。

この課税制度はその後廃止されていますが(1796年)、犬の尻尾を切る習慣はなくならず、現在に至っています。

断尾をすることで有名な犬では、次のような犬種がいます。

ボクサー、ドーベルマン、ジャックラッセルテリア、ミニチュアピンシャー、アメリカンコッカースパニエル、ミニチュアシュナウザー、ウェルシュコーギーペンブローク、ロットワイラー、ワイマラナー、トイプードル、ヨークシャーテリア、ブリュッセルグリフォン

コーギーなどでは、生まれつき長い尻尾を持っている犬と短い尻尾を持っている犬がいますが、尻尾がないことが犬種スタンダードと推奨され、短い尻尾でさえも根元から切る処置がなされます。

その為、子犬としてショップなどに出された時には尻尾はなく、コーギーという犬種に尻尾があることを知らない人もいるようです。

犬の尻尾を切る・断尾の理由とは何か

課税制度が廃止になり、それでも現在に至るまで続けられている断尾の理由には次のようなものがあります。

医学的理由

狩猟犬や牧羊犬などの使役犬である場合、狩猟犬は長い尻尾があると山や茂みの中に入った時に尻尾が怪我を負うリスクも高く、また、牧羊犬では牛や馬などの家畜に尻尾を踏まれて怪我を負うリスクがあり、そのようなリスクを減らす為という理由があります。

さらに、肛門が近くにあって汚染されやすいので、衛生を保ち健康を維持する為という理由があります。

外見的理由

その犬種のスタンダード(犬種標準)という、犬種の理想とされる姿形があり、その基準に合わせる為という理由です。

それを決めたのはあくまでも人間ですが、人間が求める姿に合わせるという理由で犬の尻尾を切る、ということがおこなわれます。

そして、例えば前述のコーギーのように、尻尾がない犬が普通であるという飼い主側の常識があり、断尾せず尻尾を残した犬は売れ残る傾向があるのも事実で、消費者のニーズに合わせているとも言えます。

犬の尻尾を切る・断尾の方法

断尾は、まだ生後2~5日くらいの子犬に対し、その時期には痛みを感じないという説を前提に麻酔なしでブリーダーまたは獣医師によっておこなわれます。

生後8日以降になると、痛覚が発達することを考慮し8週齢くらいまで待ってから全身麻酔によっての手術になることが多いようです。

断尾の方法には二通りあります。

結紮法

尻尾をゴムバンドで締め付けるバンディングという方法で、そこから先への血流を止めることによって壊死させ(腐らせて)自然と落ちるのを待つ方法で、ブリーダーなどがこの方法をとるようです。

3日ほど経てば自然と先端が落ちるとのことですが、縛り方が適切ではなく感染を起こし先端が何倍も腫れて治療が必要になるようなことも起こります。

切断法

メスやはさみを使用して尻尾を切る方法です。

スポンサーリンク

犬の尻尾を切る・断尾によるデメリット

身体的

尻尾は犬にとって身体のバランスを取る大事なものであり、走ったり方向転換したりジャンプするという陸上の動き以外にも、水中で泳ぐ場合もこの尻尾でバランスを取っています。

尻尾を切ることにより、犬の身体能力が低下すると言われます。

意思疎通

尻尾はコミュニケーションツールとしても重要であり、他の犬との関係性においては意思の疎通が十分はかれないことで警戒される理由になると言われます。

しかし断尾には、これを逆手にとって、闘犬種などにおいて犬の感情が表れる尻尾や耳を切ることであえて感情が出ないようにするという理由があるのだそうです。

幻肢痛

幻肢痛というのは、あるべきはずの身体の一部を失った後にも、なくなった部位の痛みを感じるという症状のことで、人間においては、四肢の切断後などこのような症状が残ることが知られています。

犬は人間と同じ神経系の構造を持つという理由から、同じように痛みが発生しているのではないかと考えられているようです。

尻尾は骨や筋肉、神経や血管が通っている脊椎の一部であり、犬にはあるべきもので不要な部位ではありません。

また、感染や切断面のトラブルが理由で後遺症が残ることもあります。

尻尾を切る手術が理由となって亡くなってしまう子犬もいます。

断尾についての賛否と方向性

犬の尻尾を切ることに対する意見には賛否があり様々です。

歴史背景があったにせよ、使役犬ではなくなった家庭犬に断尾を施す理由も現在はなく、単に、人間が勝手に決めた犬種スタンダードに合わせて尻尾を切るのは人間のエゴであり、このように不必要な痛みを与えるのは虐待である、という反対意見が高まっていて、動物愛護の観点から断尾を法律で禁止している国もあります。

【尻尾の役割と断尾禁止国の参考記事】

何故?飼い主にしっぽを振らない犬 犬に好かれていない?

一方、断尾肯定派からは、犬の神経系統は生後数日間は未熟であるので、尻尾を切る時の痛みを感じることはない、つまり虐待には当たらないという意見があります。

これに対して、反対派からは、子犬が痛みを感じないというのであれば、同じ晩成性動物(生まれてすぐに自立できる早成性動物とは逆、親の保護や給餌を必要とする動物)である人間の新生児も痛みを感じないはずだが、新生児は痛みに対する反応を示す、つまり子犬も尻尾を切る時に痛みを感じている、という意見があります。

実際に、獣医師の国際組織である世界小動物獣医協会が2014年に出した「痛みの認知、評価および治療のためのガイドライン」の中では痛みの解釈についての誤解について書かれています。

【痛みの認知、評価および治療のためのガイドライン】
10一般的な痛みの誤解
「新生児と幼児動物は痛みを感じない」
False。すべての年齢の動物は痛みを感じる。
出典元 http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/jsap.12200/full

日本では、この犬種スタンダードを管理統制するJKC(ジャパンケンネルクラブ)は断尾に反対ではなく、しかし、断尾してない犬も犬種の標準内として認める内容に訂正されているようです。

また、日本の法律の方向性としては次のようにあるのが現状で、最終的には飼い主に委ねられます。

小動物医療の指針・第11項
【小動物医療における動物愛護と福祉】
断尾・断耳等
飼育者の都合等で行われる断尾、断耳等の美容整形あるいは声帯除去術、爪除去術は、動物愛護・福祉の観点から好ましいことではない。
したがって、獣医師が飼育者から断尾・断耳等の実施を求められた場合には、動物愛護・福祉上の問題を含め、その適否について飼育者と十分に協議し、安易に行わないこと
が望ましい。
しかし、最終的にそれを実施するか否かは、飼育者と動物の置かれた立場を十分に勘案
出典元 http://nichiju.lin.gr.jp/about/chikai_pdf/2-1.pdf

まとめ

元々あるはずの犬の尻尾を切る理由の歴史的背景はあったとしても、現在、その理由のほとんどは犬種標準に合わせるという人間による外見へのこだわりによるものです。

病気や怪我などのやむを得ない理由で尻尾を切る場合を除いて、その処置は必要なのかという疑問は多く、禁止国がある一方、獣医師への費用の支払いを惜しむ理由で熟練してないブリーダーが直接おこなっていることもあり、失敗の数も少なくないのです。

また、獣医師に委ねられた場合でも、外見の可愛さを追求するあまり、行き過ぎた断尾をおこなったことで命を落とす子犬がいるのも現実です。

しかし、断尾する犬種については、既存の中で尻尾がある子犬を求めることの方が難しいようです。

ブリーダーに、尻尾を切ることなく残して欲しいという旨を伝え予約しなければ求めることはできず、またその子犬は売れ残る可能性が高いのでキャンセル不可、という現実があるそうです。

実際に尻尾を切る時に悲鳴のような鳴き声をあげる子犬もいると言われます。

その苦痛やデメリット、さらに命と引き換えにしても尻尾を切ることを標準と定める理由があるのだろうか?という違和感を持たずにはいられません。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

叩くというしつけが及ぼす影響 その方法は子犬に有効か?

仰向け固めは子犬のしつけ?それはどんな意味があるもの?

スポンサーリンク