ストレスが原因になる犬の脱毛 心因性脱毛を見分けよう

部屋中に犬の毛がすぐに散らかってしまう、犬の脱毛が多くて掃除が大変・・・という経験は、飼い主さんには共通の悩みかもしれません。

しかし、脱毛が多く、皮膚が見えてしまっているような時は、異常事態です。

犬の脱毛にはいろいろな原因があり、ストレスもその一つになります。

今回は、ストレスが原因になる脱毛について解説します。

スポンサーリンク

犬の自然(正常)な脱毛・換毛期

の被毛は私達の髪の毛と同様に生え変わります。

犬には、換毛期という時期があり、その時期には多くの脱毛が見られ、次の季節に合わせた被毛に生え変わるのです。

しかし、「犬種によってはあまり脱毛しない」というような話を聞いたことはないでしょうか?

換毛期は犬種によって違うとも言えます。

換毛期があるのは

犬には、オーバーコートアンダーコートという被毛が2重構造になっています。

オーバーコート(上毛)は表面を覆っている硬めの毛で、アンダーコート(下毛)はそれをかき分けたら間に密生している、保温性の高い綿毛のような毛のことです。

犬は、この2重構造になっているダブルコートという種類と、下毛が発達している為にほとんど上毛がないシングルコートという種類がいます。

このうち、換毛期があるのは2重構造のダブルコートの犬達です。

これから暑くなるという季節には、保温性の高い下毛の脱毛が多く上毛が増えて、寒くなるという季節には上毛が抜けて下毛が増えていきます。暑くなるとスマートになり寒くなるとモコモコになる犬がいるのは、このような理由からです。

ではシングルコートの犬は脱毛しないのか?と言えばそんなことはなく、換毛期というまとまった脱毛の時期はないものの、私達の髪の毛のように、年間を通して少しずつ脱毛しながら生え変わっています。

また、シングルコートの犬には、激しい脱毛はないかわりに毛が伸び続けるので、トリミングが必要な犬種が多いです。

換毛期のあるダブルコートの犬種

ゴールデンレトリーバー、ラブラドールレトリーバー、ポメラニアン、チワワ、ダックスフンド、ボーダーコリー、コーギー、シベリアンハスキー、柴犬、秋田犬、ジャックラッセルテリア、ミニチュアシュナウザー、ジャーマンシェパード、フレンチブルドッグなど

換毛期のないシングルコートの犬種

プードル、ヨークシャーテリア、マルチーズ、パピヨン、アフガンハウンド、ミニチュアピンシャー、グレートデーンなど

換毛期はいつ?

換毛期は、年間で基本的に春と秋の2回とされています。

これには日照時間、気温の変化などの外的刺激が関係すると言われ、私達が季節の変わり目に体感で衣替えをするように、犬も体毛の衣替えをするのです。

しかし、最近は、犬もエアコンによって温度調整されている室内で暮らしていることが多く、また照明によって日照時間もわかりにくくなっていますので、そのような環境の犬では換毛期がはっきりしないこともあるようです。

換毛期の脱毛の特徴

換毛期の脱毛は、ごっそりと大量に抜けたりもしますが、新しく生えた毛と入れ替わりながらの脱毛ですので、抜けた部分の皮膚がむき出しになるようなことはありません。

また、痒みなどの皮膚症状を伴うこともありませんし、皮膚に異常があるわけではありません。

もし何か皮膚の症状が見られる場合は、原因が別にあることを考えましょう。

シングルコートの犬の場合は、基本的に換毛期がなく、ごっそり脱毛するようなことはないのが普通です。もし、シングルコートの犬でそのような脱毛が起こっている時は、やはり原因を調べる必要があります。

スポンサーリンク

犬の病的(異常)な脱毛・その原因になるもの

犬は換毛期以外でも日常的に脱毛があるのは普通ですが、それが大量で皮膚が透けて見えるような脱毛の場合は、原因になっている病気があり、その症状の一つとも考えられます。

脱毛の原因には次のようなものが考えられます。

アレルギー性皮膚炎

犬のアレルギーの原因には、「食べ物によるもの」「環境によるもの」があります。

アレルギーを発症した時にもっともわかりやすいのは皮膚の症状です。

【食物アレルギー症状が出やすい場所・症状】

犬のアレルギー症状とフードの関係・材料と安全性について

アレルギー性皮膚炎は、激しい痒みを伴うのが一般的で、皮膚のバリア機能は低下してカサカサに乾燥する、またはべたつくなどの症状があり、脱毛も進行した症状の一つです。

犬もつらいアレルギーのかゆみ症状 発症メカニズムと対処法

寄生虫や細菌などの感染症

皮膚の炎症などの異常を引き起こし、脱毛の原因になるような感染症には、ノミ、マダニ、アカラス、疥癬、ツメダニ、シラミなどの寄生虫皮膚炎やカビが原因になる皮膚真菌症、細菌が原因の膿皮症などがあります。

これらの皮膚炎の場合も、脱毛だけでなく強いかゆみなどの自覚症状があることが一般的です。

【ノミアレルギーとは?】

ノミ対策は大丈夫?犬が尻尾の付け根を噛む・舐める

内分泌疾患

内分泌疾患とは、腫瘍や自己免疫性など何らかの原因により、体内のホルモン分泌異常をきたす病気です。

このような病気の中にも脱毛を症状とするものがあります。

脱毛以外の皮膚の症状であるかゆみなどはないですが、色素沈着などが見られることもあります。また、これらの疾患では脱毛などの皮膚症状だけではなく、特徴的な全身症状が認められます。

【脱毛のある内分泌疾患の参考記事】

犬の尻尾がハゲてくる?甲状腺機能低下症とはどんな病気?

犬のクッシング症候群に併発した糖尿病 治療と予後

ストレスが原因の脱毛・心因性脱毛

犬の脱毛にはストレスが原因となるものもあります。

人も強いストレスで円形脱毛症などになることがありますが、犬にもこれと同じ、心因的な脱毛が起こります。

犬に脱毛を認め、皮膚そのものに異常所見もなく、検査してもアレルギーや寄生虫、細菌などの原因は見つからず、脱毛の原因になる全身性の疾患もない場合、ストレス性脱毛であることが考えられます。

または、犬がストレスの転位行動として同一部位を舐めたり噛んだりしていることが原因で、皮膚が炎症を起こし、慢性的な脱毛が起こっていることもあり、この場合は皮膚炎に伴った脱毛になります。

なぜストレスで脱毛するのか?

ストレスを受け続けることによって、毛細血管は収縮し血行が悪くなります。

ストレス性脱毛は、この血行障害が原因となって引き起こされます。

また、ストレスによる転位行動(ストレスをごまかし気を紛らわせるようなその場に関係ない行動)が重症化し、常同障害にまで発展していくと、自分の体を執拗に舐めたり噛んだり毛をむしったりするような自傷行為が止められず、このような行動による脱毛が顕著に見られるようになります。

【常同障害の参考記事】

犬がぐるぐる 回る・しっぽを噛む・毛をむしる常同行動とは?

ストレス性脱毛の特徴

ストレスによる血行障害が原因になって脱毛が起こるストレス性脱毛では、皮膚病ではないので皮膚に病変は認められず、犬もかゆみなどの自覚症状はありません。

毛根からきれいに脱毛するために、傷んでいない皮膚がそこだけむき出しになってしまいます。

人が円形脱毛症になった場合も脱毛以外の自覚症状がない為に気づきにくく、人に指摘されて初めて気づく、というような状況と同じです。

しかし、同じようにストレスが原因になっていても、舐めたり噛んだりという物理的な刺激が過剰に続くことによって2次的に起こる脱毛の場合は、皮膚は炎症を起こし、2次感染などを引き起こしている可能性があります。

ストレスによってこのような状況に陥っている犬は、自律神経系のバランスを崩してしまっていることも多く、他にも下痢などの身体症状が見られることもあります。

ストレス性脱毛への対処法

ストレスの原因

犬のストレスの原因は何か?思い当たるものを探り出してみましょう。

人との暮らしの中では、犬は想像以上にストレスにさらされやすい状態にあります。

飼い主家族の人数や家族構成の変化、家族の喧嘩や不仲、同居の動物との相性、引越し、ペットホテルへの宿泊や入院、散歩や運動の不足、嫌いな音や光の刺激、きつく叱る、スキンシップの不足など、原因になりそうなことはなかったでしょうか?

人間には「そんなことが?」というようなことの積み重ねが、犬が脱毛してしまうほどのストレスの原因になっていることもあります。

日常的に犬がストレスサインを出していることもあります。

これまでに犬が出していたストレスサインなど、心当たりはなかったか考えてみて下さい。

【犬のストレスの原因とストレスサイン】

犬が前足を噛む?犬のストレス サインに気づいた時の対処法

ストレスへの対処

ストレス性脱毛の治療は、脱毛を起こすほど大きなストレスになっているものが何かを見つけ、原因を取り除くことに尽きます。

ストレスが原因の脱毛は犬の性格などにも関係し、比較的繊細な性格の犬が、解消しきれないようなストレスにさらされ続けた結果とも言えます。

環境を調整し、犬が苦手なものはできる限り取り除き、または遠ざけ、落ち着いて過ごせるようにしてあげて下さい。

このような犬は精神的に不安定になっているので、飼い主さんとの十分な触れ合いの中で、リラックスや安心感を増やしてやることも大事です。

治療の上で、精神安定剤などの薬物を使用することになる場合もあります。

しかし、薬物を使って不安感などを緩和できたとしても、原因がなくならない限りは根本的な解決にはなりませんので、必ず原因を見つけて対処、改善してあげて下さい。

皮膚のケア

ブラッシングは血行を促し、皮膚の新陳代謝を改善します。

さらに、飼い主さんが体に触れながらゆったりとブラッシングを行うことは、犬のリラックスタイムにもなります。是非、スキンシップも兼ねてゆったりとしたブラッシングの習慣を作って下さい。

シャンプーも清潔を保つ為に大事なことですが、あまり頻繁に行うとバリア機能を低下させてしまいます。

頻度としては多くても2週間に1度くらいで、あとはブラッシングなどの日々のケアをこまめにした方が良いです。獣医師の指示がある場合はそれに従って下さい。

【犬のシャンプーについて】

アレルギー体質の犬におすすめシャンプー!皮膚に優しい6品

まとめ

犬の換毛期の脱毛は、大量に抜けることがありビックリしますが、ちゃんと生え変わりながらであって皮膚が透けて見えるようなことにはなりません。

もし、そのような脱毛があれば、それは何らかの病気が原因になっている可能性があります。

脱毛は、皮膚病だけでなく、全身の病気が原因になることもありますので、まずは医療機関を受診しましょう。

検査してもそのような原因が何もない場合、ストレス性の脱毛という診断に絞られて来ます。

ストレス性の脱毛症は、治療に時間がかかることもありますが、ストレスの原因を特定し対処することが根本的な解決になります。

また、ブラッシングなどの皮膚のケアも丁寧にしましょう。

飼い主さんにゆったりブラッシングをされることは、良いスキンシップにもなり、犬の精神の安定にもよい効果をもたらすと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

犬用サプリで免疫!犬康食・ワンプレミアムの口コミと評判

スポンサーリンク