ノミ対策は大丈夫?犬が尻尾の付け根を噛む・舐める 

犬がしきりに皮膚を舐める時や、噛む時の原因として一番考えられるのは、皮膚に何らかの異常があることでしょう。

尻尾の付け根など、決まった部分を気にするような様子があれば、そこに痒みがあるのかもしれないし、トラブルが起こっているかもしれません。

尻尾の付け根はノミの寄生の好発部位であり、犬が舐める、噛むことの原因はノミが関係している可能性があります。

今回はノミの寄生とノミアレルギーについてご説明します。

スポンサーリンク

犬の外部寄生虫

の寄生虫には、内部寄生虫外部寄生虫の2種類がありますが、ここでは皮膚のトラブルの原因となる外部寄生虫の話をしたいと思います。

外部寄生虫とは、皮膚の表面や皮下で、被毛や皮膚、フケなどを餌としながら寄生するもので、その代表的なものがノミですが、他にもマダニ、アカラス、疥癬(かいせん)などが重要です。

これらの寄生虫のために犬は常に激しい痒みや不快感があり、皮膚を舐める、噛むなどの原因になります。

ノミは昆虫の仲間で、それ以外のものは全てダニですが、ダニはクモの仲間で人間にも感染するので注意が必要です。

犬に寄生するノミのほとんどはネコノミという種類のものです。

暖かい気候になり、春から夏にかけては寄生虫の活動も活発になるので、外部寄生虫による犬の皮膚のトラブルは多くなります。

それぞれの寄生虫が媒介する病気というものもあって、ノミは瓜実条虫という消化管内寄生虫を媒介、マダニはバベシアという原虫を媒介する危険性があり、予防が必要な重要な理由でもあります。

それぞれには寄生する時の好発部位もあり、マダニは毛のない部分を好みまぶたの縁や耳の裏側に寄生することが多く、疥癬は腹部や胸部、肢などに好発、そしてノミは腰から尻尾の付け根などに寄生することが多いです。

犬が尻尾の付け根をしきりに噛む、舐めるという動作が見られていて、そこの被毛の中に黒いごま状のものが見られたら、それはノミの糞かもしれません。

スポンサーリンク

ノミアレルギー性皮膚炎

ノミに刺されることによって、刺されたことによる痒みだけでなく、ノミアレルギー性皮膚炎(ノミ刺咬性過敏性皮膚炎)という皮膚炎を起こします。

この皮膚炎は、犬がさらに尻尾の付け根を噛む、舐めることの原因になります。

ノミは、口に2本の管を持っていますが、血を吸うのは1本だけで、もう片方の管からは血を固まらなくする為に同時に自分の唾液を流し込んでいます。

その唾液中に含まれるタンパク質が、犬にアレルギーを引き起こす原因物質となり皮膚炎を発生させます。

症状としては、好発部位である腰や尻尾の付け根の皮膚に起こりやすく、赤く腫れて熱感を持ったり、湿疹が出る、ただれるなどします。

痒みは激しく、犬は尻尾の付け根をしきりに舐める、噛む、体を地面にこすりつけるなどして、そのような刺激も加わって皮膚の状態は悪化します。

舐める、噛むという動作が日常になり、二次感染が起これば炎症はますます悪化、尻尾の付け根や尻尾、周囲の毛は抜けたり、かさぶたなども見られるようになります。

尻尾の付け根にとどまらず、ひどい場合は全身に広がり、その苦痛は犬の精神状態にも影響して、不眠や苛立ちにも繋がっていきます。

ノミの寄生がわかり、駆除をおこなったとしても、ノミアレルギー性皮膚炎はすぐには改善しません。

駆除後も1ヶ月くらいは皮膚炎がおさまらず、尻尾の付け根を舐める、噛むという刺激でさらに治りにくいということもあるようです。

また、アレルギー反応が激しく出現した場合、まれにショック死も起こる可能性があります。

皮膚に異常があっても、原因が何であるかを見分けるのは難しいですが、腰から尻尾の付け根にかけての湿疹や脱毛、舐める、噛むなどの痒がる行為があり、ノミの寄生が疑われるようならこの皮膚炎かもしれません。

ノミ寄生の発見方法と対策について

ノミは寄生されている動物との接触によって感染します。

ペットホテルなどでは、大抵は預かる時の条件に寄生虫駆除・予防をしていることとあると思います。

しかし、万が一、衛生状態の悪い場所などに預けて、ノミ寄生のある他の動物と一緒になった際などは感染の機会があります。

または、散歩の時など、藪の中や草むらの中に入ることでノミが体につくことがあります。

犬が体を痒がって、尻尾の付け根を舐める、噛むなどしている場合は、被毛をかき分けて皮膚を観察してみて下さい。

ノミそのものも肉眼で確認することはできますが、動きが早いので、ノミの糞を見つけることも寄生を確認する手掛かりになります。

尻尾の付け根あたりに黒ごま様の糞らしきものがあれば、それを水で湿らせたティッシュに乗せ、血が染み出してくるようならノミの糞であると確認できます。

対策はノミの駆除に尽きます。

ノミ・ダニの駆除・予防のできる薬剤には、スポットタイプのものや内服薬などいくつかの種類があります。それぞれの利点、欠点があり、また同じようなものであっても成分が多少違う場合があり、その犬に適応できるかも微妙に違います。

持病によって使えない成分などもあるので、獣医師と相談の上で使用する方が安全と思います。

例えば、内服薬コンフォティス錠の主成分、スピノサドには「てんかんの既往症に対する慎重投与」などがあります。
(情報の出典元 http://www.maff.go.jp/nval/tenpubunsyo/pdf/PanoramisPI.pdf

ホームセンターなどで手軽に購入できる薬剤もありますが、その効果には不明なところもあり、ハーブの忌避効果にしても、寄り付きにくくなるレベルのものでしかなく駆除はできません。

ノミは1匹いただけでもノミアレルギーを発症し、卵などがついている場合はあっという間に繁殖します。

ノミを体に付けない、予防するということが何より大事です。

そして、環境を清潔に保つことも大事なことです。

卵が室内に持ち込まれた場合ですが、現在は室温も年中快適に保たれていることが多く、13度以上の室温があればノミは活動することができます。

ノミの寄生がわかったら、使用していた物は全て洗うか処分するかにして、カーペットや寝具などを清潔にし、室内は徹底して掃除機をかけるようにして下さい。

尻尾の付け根を舐める・噛む行為で他に可能性があるもの

膿皮症

尻尾の付け根に限らず、表皮、真皮、または皮下組織において、ブドウ球菌などの常在菌が異常繁殖して化膿する皮膚疾患で痒みがあります。

健康な状態では、常在菌でこのようなことは起こりませんが、抵抗力が低下したり細菌バランスが崩れた時にこのようなトラブルとして発症します。

また、ノミアレルギー性皮膚炎を掻き壊して、二次感染として起こることもあります。

全身のどこにでも起こる可能性があるので、尻尾の付け根にも発症し、舐める、噛むという行為の原因にもなります。

ストレス

皮膚に異常がなく、他に原因が見当たらない場合、尻尾の付け根を噛む、舐めるなどの行為はストレスによるものという場合もあります。

同じ部位を舐める、噛むために、皮膚のトラブルを起こしたり、脱毛してしまうこともあります。

【ストレスから尾を追う行動について】

犬がぐるぐる 回る・しっぽを噛む・毛をむしる常同行動とは?

まとめ

犬が尻尾の付け根を舐める・噛むという行為には、いろいろな理由が考えられますが、可能性の高いものとしては皮膚の異常です。

特に尻尾の付け根は、ノミの寄生の好発部位なので、まずはそのようなトラブルが起こっていないかどうかを確認してあげましょう。

ノミの寄生がない皮膚のトラブルは、その皮膚の疾患に合った治療が必要になります。

痒みというのはとても強いストレスです。舐める、噛むことで?き壊してしまい、慢性的な皮膚炎に移行してしまうと、なかなか治りづらいということもありますし、もしアトピーなどにこの皮膚病が合併すると重症化しやすいです。

犬は痒みという苦痛があっても言葉で訴えることもできないので、そのような状態になる前に対処してあげて下さい。

ノミダニは予防することができるもので、現在のような安定した室内環境であれば季節問わず、一年を通して必要です。

しかし、確実に効果のある薬剤でなければ、使っていることに安心してしまい予防になっていないこともあるかもしれません。どのような方法で予防すれば良いか、薬剤のタイプなどについては是非、獣医師の指導を受けて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました?

【おすすめ記事】

4種の症状に注意!犬の食べ物アレルギー対策について

犬用サプリで免疫!犬康食・ワンプレミアムの口コミと 評判

スポンサーリンク