犬の尻尾がハゲてくる?甲状腺機能低下症とはどんな病気?

犬の被毛は、シングルコートの犬以外では換毛期になるとごっそりと抜けて生え変わります。

しかし、毛が抜けてしまうという症状の病気はたくさんあります。

そして、毛が抜けてしまって犬の尻尾がハゲてしまうというものもあります。

尻尾がハゲてしまうのは、あるホルモンが関係している病気の時に特徴的に見られる症状です。

今回は、この尻尾がハゲてしまう原因になる病気について解説したいと思います。

スポンサーリンク

犬の脱毛の原因・皮膚疾患

に皮膚病がある場合などには、毛が抜けるという症状はよく見られるものです。

毛が抜ける症状が起こる皮膚の病気には、脂漏性湿疹、膿皮症、真菌症、アトピー性皮膚炎、アカラス症、疥癬、ノミアレルギー性皮膚炎など、たくさんのものがあります。

【ノミアレルギー性皮膚炎とは】

ノミ対策は大丈夫?犬が尻尾の付け根を噛む・舐める

皮膚病の原因には、細菌や真菌(カビ)、寄生虫など様々ありますが、ほとんどの皮膚の病気で、皮膚の炎症に伴い、毛が抜ける症状は大変多く見られる症状なのです。

皮膚の病気そのものがハゲてしまう原因にもなりますが、犬が痒みのせいでその部分を舐めたり噛んだりする外的な刺激が加わることも、ハゲてしまう原因になります。

また、真菌(カビ)が原因で起こる皮膚炎の場合は、炎症のある部位がまるで円形脱毛症のように丸くハゲるというものも特徴的な症状です

毛が抜ける症状は、部分的なものと全身的なものがあり、

  • 毛の数が減少するというパターン(通常のイメージはこちらではないかと思います)
  • 毛の長さが短くなるパターン

があって、そのどちらも症状として考えます。

皮膚の病気によるものには、痒みがあることがほとんどなのですが、もし痒みなどの症状がなく、ただ毛が抜けてハゲてしまう時は、内科的な病気である内分泌疾患が原因になっていることが考えられます。

【皮膚炎のかゆみのメカニズムについて】

犬もつらいアレルギーのかゆみ症状 発症メカニズムと対処法

犬の脱毛の原因・甲状腺機能低下症

ラットテイル

尻尾がハゲてしまう症状を表す言葉があり、この症状は「ラットテイル」と呼ばれます。

ラットテイルは尻尾の毛が全て抜けてハゲてしまって、まるでネズミの尻尾のようにツルンとしたものになってしまう症状のことです。

尻尾がハゲてしまいラットテイルになってしまうのは、ある病気のとても特徴的な症状で、この症状を典型的な症状とする病気は甲状腺機能低下症です。

どのような病気?

甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンは、生きていく上で必要なエネルギー代謝の全てに関わり調整をしているホルモンです。

このホルモン分泌機能が低下することにより、基礎代謝が落ちて全身の活動性が低下してしまいます。

一般的には5歳以降~高齢犬などで発症が多い傾向にありますが、その他の全ての年齢にも発症することはあります。

◆症状

何となく元気がない、体温が保てないために異常に寒がる、基礎代謝が落ちるので体重が増えて太ってくる、皮膚が乾燥してかさかさする、皮膚が肥厚する、フケが出る、お腹のあたりが黒ずむなどの色素沈着がある、被毛の艶がない、左右対称性に体幹がハゲてくる、尻尾がハゲてみすぼらしくなる(ラットテイル)、動作が鈍い、ぼんやりしている、むくみがあるために悲劇的顔貌といわれる特有の悲し気な顔つき、などの症状が現れます。

これらの症状により、活気がなく全体的にむくんで老けたような印象になって来ます。

高齢犬などでは、このような症状が元々の老化と区別がつきにくいので、病気に気付いた時には重症化していて、心不全や衰弱、昏睡などの意識障害を引き起こしてしまうこともあります。

また、高齢犬の場合には、他の症状が現れることのないまま、突然、前庭障害(首が傾いたまま戻らない、くるくると同じ方向に旋回するなどの神経症状)が出ることでの発症パターンもあるようです。

毛が抜けてハゲてしまっても通常は30%ほどハゲて初めて気付くことが多く、もし抜け毛があって地肌が見えるような状態であればそれは異常であると考えた方がよいです。

甲状腺機能低下症は中型犬や大型犬に多く発症し、犬の内分泌疾患では一番多いもので、どの犬種でもあるのですが、好発犬種というものも存在します。

《好発犬種》

柴犬、ゴールデンレトリバー、シベリアンハスキー、ビーグル、ドーベルマン、ボクサー、プードル、ブルドッグ、アフガンハウンド、アメリカンコッカースパニエル、アイリッシュセッターなど

◆原因

この原因となるものは、自己免疫性疾患である免疫介在性リンパ球性甲状腺炎特発性甲状腺委縮、または内分泌疾患であるクッシング症候群が代表的なものです。

自己免疫疾患というものは、遺伝的な素因もあると考えられ、自分の免疫が間違って自身を攻撃することで起こる病気のことで、甲状腺の機能もそのようにして破壊されてしまいます。

また、クッシング症候群では、副腎皮質ホルモンの分泌過剰になるという症状があるために、その影響で甲状腺の働きが阻害されて、結果的に甲状腺機能低下となります。

このあたりのホルモンの働きは複雑なので、病態が難しい話になってしまいます。

犬のクッシング症候群に併発した糖尿病 治療と予後

◆治療

甲状腺機能低下を起こす原因になっている病気を治療しなければなりません。同時に甲状腺ホルモンを薬によって補充する必要があります。

原因になっている基礎疾患の方を治療することができれば、甲状腺機能低下症も改善し、ホルモン剤を中止できるようになりますが、基礎疾患が治療困難な場合、一度発症すると生涯にわたってホルモン剤を投与することが必要になります。

ホルモン剤を投与し補充できれば症状は改善でき、いい状態を維持することはできます。

スポンサーリンク

犬の脱毛の原因・その他のもの

アロペシアX

原因不明で、ポメラニアンに多いことから通称ポメハゲと呼ばれたり、偽クッシング症候群などとも呼ばれるアロペシアXという病気があります。

原因不明ではあってもサマーカットやバリカンなどの刺激が発症のきっかけになることが多いと言われています。

尻尾や体幹はハゲてしまうのに、頭と四肢はハゲないのが特徴で、健康状態に特別影響はなく、皮膚の痒みもないとされています。

カラーダリューション脱毛症(CDA)

淡色被毛脱毛症とも言われ、好発犬種が存在します。

グレーなどの淡色の被毛の犬で、生後2,3年以内に発症する、メラニン形成異常による先天疾患です。

発症すると尻尾や体幹の一部などがハゲる、ひどい場合は全身がハゲてツルツルになってしまうこともあって治療法のない病気です。

ストレス性

これと言って身体的な病気や異常がないのにハゲるなどの症状は、ストレス性の可能性もあります。

ストレスが強くかかっていると、血行が悪くなり毛が抜けハゲてしまうこともあります。

ストレスがある時には尻尾を噛む行為なども見られやすく、そのようなことも尻尾がハゲてしまう原因になります。

【ストレスの参考記事】

ストレスが原因になる犬の脱毛 心因性脱毛を見分けよう

犬がぐるぐる 回る・しっぽを噛む・毛をむしる常同行動とは?

脱毛症を手軽に確認する

尻尾がハゲてラットテイルと呼ばれるような状態になっていれば異常であると気づくでしょうが、換毛期か異常かの見分けがつきにくいこともあるでしょう。

地肌が透けて見え、犬の毛をつまんで少し引っ張って、何の抵抗もなく簡単に抜けハゲてしまうようなら脱毛症であることが考えられます。

また、犬が体を舐めている時には毛を飲み込んでいるのでうんちの中にも毛が混じるものですが、排泄されている毛の量が多いかどうかを確認することも指標にできます。

まとめ

犬がハゲてしまうという病気は何種類もありますが、尻尾がハゲてしまう症状はラットテイルと言われる特徴的なもので、その症状が出る典型的な病気は甲状腺機能低下症です。

このような内科的な病気では、尻尾がハゲてしまう以外に他の全身の症状が見られ、皮膚の痒みなどの症状は乏しいということも特徴です。

尻尾だけハゲてしまったという症状の犬は意外と多くて、それを心配している飼い主さんも多いようです。ハゲる原因になっているのが皮膚の病気なのか内科的な病気の症状なのか、それによって対処の方法も全く違います。

正しく治療をするためにも、まずは医療機関できちんと診断をつけてもらう必要があり、早期に診察を受けることをお勧めします。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

犬の糖尿病の症状チェック 初期症状や合併症はどんなもの?

犬用サプリで免疫!犬康食・ワンプレミアムの口コミと 評判 

スポンサーリンク