犬もつらいアレルギーのかゆみ症状 発症メカニズムと対処法 

犬のアレルギーの中で、皮膚の症状、特にかゆみは代表的なものであることをこれまでにも書いてきましたが、そもそもかゆみというのはどうして起こるのでしょうか?

かゆみは痛みと同様に大変苦痛な症状です。

そして、かゆみは掻けば掻くほど症状がひどくなってくる傾向があります。

人間でも難しいのに、犬に掻くことをやめさせることはもっと困難です。

かゆみという犬のアレルギー症状には、どのように対処したら良いのでしょうか?

スポンサーリンク

皮膚の症状の代表的なもの・かゆみとは何か?

かゆみというのは、掻きたい欲求を誘発する皮膚粘膜の不快症状のことを指しています。

かゆみを感じることには、皮膚の表皮と真皮の間にある、C線維という知覚神経が関与していると考えられています。

人の皮膚の感覚は、触覚、温覚、冷覚、痛覚、痒覚を基本的なものとして成り立っています。

も、温覚についてはやや鈍いと言われるのですが、人とほぼ同じと考えられ、かゆみは痒覚という皮膚の感覚で感じています。

表皮から何らかの刺激を受けたC線維は、それを脳に伝え、それによって皮膚の刺激がかゆみとして認識されます。

刺激がアレルギーによって引き起こされている場合、かゆみの原因にヒスタミンという物質が大きく関与しています。ちょっと難しい話です。

かゆみは、このようなメカニズム以外でも起こる症状であり、例えば、胆汁の影響で起こるかゆみや(黄疸に伴うかゆみ)、腎不全によるかゆみ(老廃物の蓄積でヒスタミン物質が増えることによるかゆみ)などの全身性のかゆみもあります。

または、モルヒネなどの麻薬投与によってもかゆみが生じます。

C線維やヒスタミンが関与するかゆみは末梢性のかゆみであり、胆汁や腎不全で起こるかゆみは中枢性のかゆみです。

中枢性のかゆみには、内因性オピオイドという物質が関与しており、かゆみという症状はとても複雑で奥が深いです。

食物やハウスダストなどが原因のⅠ型アレルギーと呼ばれる種類のアレルギーでは、アレルギーの原因となる抗原(アレルゲン)が、皮膚の表面にある肥満細胞という細胞のIgE抗体に結合します。

この刺激によって、細胞内のヒスタミンが細胞外に多量に放出されます。

ヒスタミンの刺激が、先述のC線維というかゆみをキャッチする知覚神経から脳に伝わり、これが末梢性のかゆみとして認識されるのです。

このヒスタミンのような刺激物質は、アレルギーの型によっても異なるもので、ややこしいのでここでは省略しますが、↓の記事に参考になる表がありますので、宜しければご覧になって下さい。

【アレルギー反応の型の一覧表】

>>犬の目が腫れるのはアレルギー症状?目が腫れる原因と対処法

基本的に、健康で正常な皮膚は、水分や油分を十分に蓄えることができ、それによってハリや艶があるので強いです。

そのような皮膚なら、外部からの刺激や異物から皮膚をガードする能力も高いのですが、乾燥肌はそのような能力が不十分であり、外部からの刺激にも弱くなってしまいます。

この刺激から皮膚をガードする能力のことをバリア機能と呼びます。

バリア機能が落ちている皮膚では、容易に刺激物質が表皮を通り抜けてしまいます。

そしてそれもかゆみ症状を起こす要素になります。

また、かゆみ症状を掻くということには、掻くことで快感を感じる報酬系という脳の部位が関係することが研究で明らかになりました。

痒いところを掻くと快感が生じます。しかしながら、その脳内メカニズムは不明でした。今回、自然科学研究機構生理学研究所の望月秀紀特任助教授、柿木隆介教授は、掻くこと(掻破)によって生じる快感に報酬系と呼ばれる脳部位(中脳や線条体)が関係することを明らかにしました。

気持ちよいからもっと掻いてしまうことがよくあります。特に、アトピー性皮膚炎患者など痒みで苦しむ人々にとっては、掻破による快感は深刻な問題です。なぜなら、過剰な掻破が皮膚を傷つけ、それが原因で痒みがさらに悪化してしまうからです。今回の発見により、快感に関係する脳部位が特定できました。この部位の活動を上手にコントロールできれば、過剰掻破を抑えることができます。そのような掻破の制御を目的とした新たな痒みの治療法開発につながることが期待されます

出典元 http://www.nips.ac.jp/contents/release/entry/2014/01/post-262.html

かゆみを掻くという行為に意味がある

かゆみが出現した時に掻く行為は、

  1. そのかゆみの原因となる寄生虫を排除して、寄生虫が媒介する病原体の感染を防御する
  2. 刺激物質を払い落として皮膚がダメージを受けることを回避する

などの意味がある行為です。

それは、種が生き延びて行くために無意識におこなっている本能的行為であるとも言えます。

しかし、掻いてもかゆみ症状が改善しない場合、「掻けば掻くほどにかゆくなる」という感覚は正しく、実際に掻くという刺激がかゆみの原因のヒスタミンのさらなる誘発を促します。

そして、かゆみはますますひどくなる、という悪循環に陥ってしまうことになるのです。

掻き続けると、皮膚表面は傷ついて、バリア機能はますます低下します。

バリア機能の低下は、皮膚刺激に対する過敏性を高め、さらにかゆみを引き起こすという、症状の深刻な状況に繋がるのです。

スポンサーリンク

アレルギー性皮膚炎とかゆみ症状

アレルギー性皮膚炎とは、外からの抗原(アレルゲン)に対する免疫反応から起こる皮膚炎です。

犬のアレルギーは食物アレルギーと環境アレルギーに分けられますが、どちらの場合であっても、皮膚の症状というのはアレルギーの症状として最も起こりやすいものであり、皮膚症状の代表的なものがかゆみです。

【犬のアレルギーと症状が出現しやすい部位】

>>犬のアレルギー症状とフードの関係・材料と安全性について

アレルギーとは、病原菌ではなく、特に有害な物質でもないその抗原に対し、体内の免疫が過剰に反応して抗体を作ってしまい発症する抗原抗体反応のことです。

抗原となるものには、食物や薬剤の他、ハウスダストも有名ですが、ノミアレルギーなども抗原抗体反応の一種と言えるものです。

ノミアレルギーは、ノミに直接噛まれた皮膚の部分的なかゆみだけでなく、ノミの唾液に含まれるタンパク質が関与して全身にかゆみの症状を発症する、免疫反応によるアレルギーの一つです。

【ノミアレルギーについて】

>>ノミ対策は大丈夫?犬が尻尾の付け根を噛む・舐める 

このようなアレルギーによる皮膚のかゆみには、発疹や脱毛の症状を伴うことも多く、犬にとっても苦痛が大変大きくなります。

かゆみの生じている部位を一心不乱に舐めたり、噛んだりしているうちに、皮膚炎が次第に悪化して、そこに細菌感染を起こしてしまうことも珍しくありません。

アレルギーと鑑別が必要なかゆみ症状

皮膚にかゆみの症状を起こす病気には、アレルギー以外にも、細菌やウイルス、寄生虫などが原因になっていることがあります。

診断によって治療が全く異なって来るので、初めに正確な鑑別診断が大事です。

かゆみ症状を起こす病気の一つである疥癬(かいせん)は、インセンコウヒゼンダニというダニが寄生することで起こります。

皮膚の角質層にトンネルを作り、その奥に寄生することが原因で、強いかゆみ症状のある皮膚炎を発症し、脱毛や皮膚の肥厚、痂皮などの症状を伴います。

ヒゼンダニは、他の同居動物や人間にも感染するとても厄介な寄生虫です。

駆虫と環境の改善を同時で一気におこなわなければ、寄生の繰り返しが止むことなく、すぐに拡大してしまうために早期の診断が大変重要です。

ノミアレルギー性皮膚炎は、当たり前ですがノミの駆除が第一の対策であり、やはり、寄生された動物の皮膚だけでなく、室内環境からの駆除が必要になります。

他にも、細菌性、真菌(カビ)などが原因になる皮膚炎もあります。

かゆみの症状があり皮膚の異常が認められる場合は、一日も早く正しい治療をするために、正確な診断を早期に受けられるようにして下さい。

かゆみは犬に大きなストレス・早期発見を

かゆみは人間でもかなり辛いものですが、犬にとっても、かゆみ症状が続くことは大きなストレスになります。

不眠、精神不安定、または犬が神経質になり攻撃性が現れるなどの原因にもなるのです。

犬にかゆみ症状がある時に考えられる行動

  • 食事中や散歩中などに関わらず頻繁に皮膚を掻いている
  • 皮膚が赤くなる、発疹がある、フケが多い、血がにじむなどの皮膚の異常
  • 抜け毛が多く地肌が見えている、被毛がべたつく、においが強いなど被毛の異常
  • しきりに手足や肉球を舐める
  • 耳や目を掻きむしったり床にこすりつけたりしている
  • 落ち着きがなくイライラしている、不眠、攻撃性など性格の変化

犬の様子を観察して、このような症状が認められたら、病院でアレルギー性のものなのかそうでないかの診断をしてもらうようにしましょう。

他に原因になるものがなく、アレルギー性と診断された場合は、何のアレルギーであるかを突き止めていかなくてはなりません。

【アレルギーの検査について】

>>病院で犬のアレルギー検査にかかる費用はどのくらい?

犬のかゆみ症状に対処する

犬は、かゆみがあることによって不快感を味わうだけでなく、皮膚を掻き壊してしまうことで難治性の皮膚炎に発展しやすいので、とにかくかゆみ症状への治療を開始することが大事です。

それとともに、普段からのケアをまめに行うこともまた、重要になってきます。

アレルギーへの対策として

  1. アレルゲンになる物質をできる限り避ける
  2. アレルゲンの付着を予防または速やかに除去する
  3. 環境を整える
  4. 体のコンディションを良好に保つ

というようなことが、日常のケアのポイントです。

環境を整える

犬が普段過ごす環境を清潔に保つようにしましょう。

フケや抜けた被毛などがあると、ダニ(疥癬の原因のヒゼンダニとは種類が違い、ほこりの中などに成育するダニ)が繁殖しやすくなります。

ダニの死骸などによるハウスダストは、犬のアレルギーの原因としても大変多いものです。

マメに掃除して、おもちゃやぬいぐるみなども定期的に洗濯して下さい。

また、室温や湿度も適切に保ちましょう。

高温多湿や、反対に乾燥がひどい部屋などは、皮膚の状態を悪化させ、かゆみ症状を増強させてしまいます。

被毛・皮膚のケア

アレルギー性皮膚炎は、抗原を洗い流して皮膚を清潔に保つために、シャンプーも治療の一つとして重要なものになります。

しかし、シャンプーをし過ぎることもまた、バリア機能の低下をきたして逆効果になりますので、注意が必要です。

そして、アレルギーと言っても全て同じではありません。

皮膚のタイプが違うアレルギーがあるので、どのアレルギータイプなのかによって、選択するシャンプーも全く違うものになるのです。

シャンプー選びを誤ると、皮膚の状態を改善どころか悪化させてしまう危険があります。

【アレルギーの犬のシャンプーの選び方とシャンプーの頻度】

>>アレルギー体質の犬におすすめシャンプー!皮膚に優しい6品

シャンプーをしない時にも、丁寧にブラッシングをするなどの皮膚のケアはきちんとしてあげて下さい。

 

《ペルシーアクアバリアスプレー》

獣医師と薬剤師が共同開発したバリア機能サポートが期待できるスプレー

栄養バランス

皮膚や被毛の健康には必須脂肪酸が欠かせず、特にオメガ3オイルが効果的であることが知られています。

私も、愛犬の皮膚の状態が悪かった時に試して、効果を実感した経験があり、それ以降、オメガ3オイルを食事に足すようにしています。

オメガ3オイルは人だけでなく犬にも必要な栄養素であり、効果は皮膚だけではありません。

【オメガ3オイル参考記事】

>>犬の認知症にサプリメントが期待される理由とお勧め7品

アレルギーを起こす原因が食物である場合、その食材は排除しなければなりません。

しかし、その分、栄養不足にならないように食事内容には配慮が必要です。

また、腸活という言葉がありますが、犬も腸内環境を整えることは大事です。

【プロバイオティクスについて参考記事】

>>犬の腸内環境サプリ「プロキュア」評価 お試し効果のレビュー!

適切な薬の使用

かゆみに対する治療薬は様々な種類があります。

それぞれの効果や副作用などよく説明を受け、正しく使用してあげて下さい。

せっかく症状を緩和する為に処方された薬なのに、量や回数が不足すると効果を発揮しないこともあります。

【アレルギー治療薬について】

>>犬のアレルギー治療薬の種類・ステロイドなどの特徴や副作用

 

《アポキル》

かゆみ症状に選択的に効いて犬のアレルギー性およびアトピー性皮膚炎のかゆみを緩和する

ストレスへの対応

運動不足などで犬がストレスを感じている場合、そのような心理的な要素が、かゆみを一層増強させる一因になっているかもしれません。

十分な運動でストレスを発散させ、十分にコミュニケーションを取ってあげて下さい。

そのどちらも、犬にはなくてはならないものです。

【犬のストレスサインについて】

>>犬が前足を噛む?犬のストレスサインに気づいた時の対処法

 

まとめ

犬のかゆみ症状の原因はアレルギーだけではなく、かゆみの原因が違っていた場合は治療の方法も異なります。

誤った対処をしていると皮膚の状態が悪化することにもなりかねないので、まずは正しい診断が必要です。

アレルギーであったなら、それが何のアレルギーであるか?を知ることによって普段の対応もしやすくなります。

かゆみの症状が続くことは、犬の精神状態を大きく左右するほど不愉快で苦痛なことです。

どうか早く気づき、早くその症状を取り除いてあげて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

犬用サプリで免疫!犬康食・ワンプレミアムの口コミと 評判 

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!