犬がぐるぐる 回る・しっぽを噛む・毛をむしる常同行動とは?

犬が自分のしっぽを追いかけてぐるぐる回る姿をご覧になったことはあるでしょうか?

目が回るのではないかと思うほど高速で回る犬もたまにいますが、無邪気に見えるあの行動も、しっぽを噛む、しっぽの毛をむしるなどとエスカレートしていくようなら注意が必要です。

今回は犬がしっぽを追って回る、噛む、毛をむしるなどの行動について解説したいと思います。

スポンサーリンク

犬がぐるぐる回る行為

犬がしっぽを追って回る行為は、そう珍しいものではありません。

しかし、噛む、毛をむしるなどの行為が同時にあるようなら、それは自傷行為と呼ばれるものかもしれず、問題が大きくなる可能性もあるのです。

しっぽを噛むことで毛はボロボロ、しっぽは傷だらけ、それでも噛むのをやめられなくてしっぽを噛みちぎってしまうようなことも起こりうるのです。

このような、不合理な一つのことを繰り返して行うことを常同行動と呼びます。

回る、しっぽを噛む、毛をむしる以外にも、前足などの同じ部位を執拗に舐め続けて毛が剥げて皮膚がただれ、皮が破れて潰瘍になっても舐めることをやめない(舐性皮膚炎)、同じ場所を意味なく何度も行き来している、などの行動もあります。

【参考記事】

犬が前足を噛む?犬のストレスサインに気づいた時の対処法

回るだけでなく、噛む、毛をむしるなどの行為もあるなら、それは犬が出しているSOSかもしれません。

次の項では、ぐるぐる回る、噛む、毛をむしるという常同行動の原因になるものについてあげていきましょう。

スポンサーリンク

しっぽを追って回る・噛む原因となるもの

犬が自分のしっぽを追いかけて回る行動にはいくつかの理由があり、考えられるのは次のようなものです。

遊び

犬がまだ幼い時は、しっぽが自分のものということがはっきりと認識できないことも多いです。それで単純にしっぽを追いかけて回ることで遊んでいるだけのことがあります。

無邪気に回って遊んでいるだけなので、この場合は純粋に可愛くて微笑ましい行動と言えます。

しかし、回る行動が頻繁にあり、飼い主さんがやめさせようと注意したりすることがきっかけで、よけいに回る行動がエスカレートすることもあります。

子犬には、飼い主さんの注目を浴びることは何よりのご褒美です。

一人遊びに過ぎなかった、しっぽを追って回る行動が、思いがけず飼い主さんの注目を集めたことによって習慣になり、次第に激しくしっぽを噛む、毛をむしるまでに発展してしまうこともあります。

皮膚のトラブルや不快感

アレルギーや寄生虫によって皮膚にトラブルが起きていて、痒みなどの不快感が原因で、気になるしっぽを追ってぐるぐる回る、噛む、しっぽの毛をむしるなどの行動が見られることがあります。

噛むために皮膚のトラブルはひどくなり、毛も抜け落ち、よけいに不快感が増して回る行動も激しくなっているのかもしれません。

【参考記事】

ノミ対策は大丈夫?犬が尻尾の付け根を噛む・舐める 

ストレス

問題になるのは、回る、しっぽを噛む、毛をむしるなどの行為がストレスを回避するための転位行動と呼ばれるものである場合です。

犬が耐えられる限界を越えるようなストレスがかかり、それを犬自身がどうすることもできない環境の中にいる場合、その葛藤がこのように回る、噛む、毛をむしる常同行動となって表れることがあります。

例えば、いつ散歩に行けるのかわからない、嫌な相手と暮らし苦痛である(同居の他の動物や家族も含む)、庭に繋がれたまま雷や花火などの恐怖に常にさらされていて隠れる場所もない、待っていても飼い主さんからいつ構ってもらえるのかわからない、というようなことがストレスになりやすいです。

犬の期待が叶わない、犬の立場から見るといつも裏切られてしまう、というようなことが続くと犬の精神状態は不安定となり、葛藤が生まれます。

全ての犬が同じ環境で同じ状況になるわけではなく、そこには個体差という要素も加わります。

ストレスへの抵抗性が弱い犬が、ムラのある飼育環境の中で強い葛藤の中にさらされている状況では、回る、噛む、毛をむしるなどの問題が大きくなる傾向にあります。

常同行動の症状は、人間で言う強迫性障害と同じものと考えられますが、動物に強迫観念が当てはまるのか?という点で今の時点では解明されてないので、犬の場合は常同障害という言葉に置き換えられています。

常同行動が悪化してくると、行動そのものが目的となり、コミュニケーションも取れなくなり、延々と執拗に回る、噛む、毛をむしるだけというような状況に陥っていきます。

治療・対処方法

ぐるぐる回る、しっぽを噛む、毛をむしるなどの常同行動が目立つようになる前に、犬もストレスを感じているというようなサインを出していることが多いです。

自傷行為に発展していく手前でそれに対処できた方が望ましいです。

ひたすら体の一部分、または床などを舐める、そわそわして落ち着きがない、普段しないような粗相をするなど、飼い主さんであれば犬を見ていておかしいなと気づくこともあるかと思います。

他に体調が悪いわけでもなく、ストレスが溜まっていると思われるサインを見つけたら、犬とのコミュニケーションを十分に取り、原因を探り、運動などで発散させることを試みて下さい。

運動量が増えるだけでも常同行動に発展させるのを止めるには効果的なこともあります。

しかし、しっぽを追って回る、噛む、毛をむしるなどの行動が本格化してくると、なかなか修正することが困難になり、人間のうつ病の治療に使用されるようなセロトニン再吸収阻害剤などの薬剤を併用する必要性も出てくることがあります。

常同行動には他の病気の可能性もあるので、それを鑑別診断する必要もあります。

回る、噛む、毛をむしる常同行動は、前述のかゆみや不快感の原因となりうる皮膚の疾患、脳の問題、視野など目の問題、またはてんかん発作の一つのパターンであることも考えられます。

原因となる疾患が他にない場合には、どのような対処法が有効かを次にあげたいと思います。

【参考記事】

犬のてんかんの症状と対処法 危険な発作の2パターンとは

規則正しい生活リズム

犬の一日のスケジュールを決めて規則正しい生活リズムに整えることにより、犬が次に起こることや行動を予測でき、不安や葛藤を軽減することに繋がります。

また、何かの行動に移る時にはコマンドで合図してからにしましょう。

「おすわり」や「待て」の指示が有効になるようなしつけをして、何かする前にはこのような合図をすることで不安なく行動でき、その指示の後には何か良いことがあるというように気持ちの切り替えができます。

「おすわり」や「待て」のような制止の指示は、メリハリのある行動パターンを身に着け、落ち着く為にも効果的です。

【おすわりのしつけと待てのしつけについて】

すぐに覚えられるしつけ!子犬におすわりを教えよう!

上手に待てるかな?子犬にわかりやすい「待て」のしつけ 

ストレス耐性を高める

子犬のうちに社会化のしつけを十分にしておくことは、その後のあらゆるストレスに対する耐性を身に着け、安心して過ごせるようになる、という意味でも大切なことです。

いろいろな人に慣らし、またその犬の性格を見極めて犬に合わせたしつけ方法のアドバイスを得る為にも、パピー教室やしつけ教室を利用して参加するというのも効果的です。

【しつけ教室について】

子犬と一緒に通いたい!しつけ教室にはいつから参加できる?

ぐるぐる回る行為を強制的に制止しない

回る、しっぽを噛む、毛をむしるなどの常同行動が見られても、その最中に無理に触ったり大きな声を出したりしてストップしようとしないようにしましょう。

前述の原因の項にあるように、そのような行為も常同行動を強化してしまう原因になります。

だからと言って、放置すると常同行動は次第に興奮を高め、その行動を続けることそのものが強化の原因にもなります。

一番良いのは、何か他のことに犬の気持ちを逸らすことです。

全く関係のない、犬が興味を持つものを提示し、回る、噛む、毛をむしることに没頭している犬を自然にそちらに誘導するようにして下さい。

環境調整と十分なコミュニケーション

犬にとって、回る、しっぽを噛む、毛をむしるなどの自傷行為を誘発したストレスがいったい何であるのかを探り、その要因を取り除くことが最も重要なことです。

その犬に合う環境とは何かを考えて、環境の調整を図ることが、問題行動の改善には欠かせません。

そして十分にスキンシップを取り、遊びや運動によって犬が発散し満足できる時間をたくさん作って下さい。

あるいは、反対に犬との関係が密着し過ぎていて、犬が休息できない環境であることが原因となっている場合もあります。

その場合は、適切な距離を取れるようにし、心身が十分な休息のできる状態に整えることも必要です。

何をどのように修正すべきかはその個体によって違います。まずは医療機関で身体的な異常がないことを確認し、行動治療に詳しい、あるいはそのような専門性を持った獣医師の指導を受ける方が良いかもしれません。

まとめ

犬がしっぽを追って回ることに、このような深刻な問題があることを知らない方もいる一方で、常同行動がエスカレートし対処に困っている飼い主さんも多いようです。

しっぽを噛む、をむしるような自傷行為、意味もなく不合理に回るような繰り返し動作は、人間の強迫性障害と同様、犬のストレス性の心の病ともいうべきものです。

人間の症状には「手が荒れて皮が剥けても何度も何時間でも手を洗い、洗面所から離れられず他のことができない」「出かけようとしても鍵をかけたのかが気になって何度も鍵を確認し、確認行動に縛られて出かけられない」などがあり、不合理とわかっていますが、それでも不安でやめられなくなるのです。

犬の場合は、ぐるぐる回るしっぽ追い行動の出現頻度が高いようです。

しっぽを噛みちぎることを防止するためにエリザベスカラーを着けたままで暮らさなければならなくなる犬もいます。このような深刻な状況に陥る前に、ストレスサインに気づけるのは飼い主さんしかいません。

犬のストレスに気づいたら、重症化する前に早期に対処し環境の改善をしてあげて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

犬もかかる精神の病気 ストレスがまねくうつ病について

犬用サプリで免疫!犬康食・ワンプレミアムの口コミと 評判 

 

スポンサーリンク