アレルギー体質の犬におすすめシャンプー!皮膚に優しい6品

最近は犬のサロンも豊富にあるので、犬のシャンプーはサロン任せという飼い主さんも多いと思います。

送迎付きのサロンもありますので、預けるのも楽ですね。

一方で、やはりシャンプーは飼い主さんが自宅でというパターンもあります。

皮膚にトラブルがある場合などは、シャンプーそのものが治療の一貫であり大切なケアになります。

病院指定のシャンプーがある場合を除いて、トラブルを起こしやすいアレルギー体質の犬には、どのようなシャンプーがおすすめなのでしょう?

今回は、アレルギーのある犬のおすすめシャンプーをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

犬はシャンプーが好きとは限らない?シャンプーの必要性

をつい人間の感覚に当てはめて見てしまうことは、結構多いかもしれません。

特に、室内で常に一緒にいるような小型犬などに対して、シャンプーも人間のお風呂と同じように考えるのか、毎日一緒にお風呂に入っている飼い主さんもいることを聞いたことがあります。

そこまでではないとしても、毎週シャンプーしているという飼い主さんは少なくなさそうです。

勿論、皮膚の治療の一つとして、週に一回程度のシャンプーを指示されることもあります。

一日おきの薬浴が必要という状態のこともありますが、それは健康な犬にとって、日常的なことではありません。

犬の体幹には、私達のように、体温調節をする為の汗をかく汗腺(エクリン腺)はないので、体が汗びっしょりになって汚れるということもありません。

その代わりに、犬の全身には、ちょうど人間の腋の下にあるような、脂分が主体の汗を分泌しフェロモンの役割をするアポクリン腺という汗腺があります。

【犬の体温調節と汗腺について】

犬の命を熱中症から守ろう!症状が重症化する前に対処を

暑い夏の犬の散歩は危険も!お出かけは万全の対策で

犬は人間のように、全身が汗まみれになって汗臭いというようなことにはなりませんが、皮脂を分泌しているので、シャンプーしなければ確かに体臭は強くなって来ます。

また、洋服を着せている犬も多くなりましたが、やはり被毛に汚れは付きますし、外遊びをした時などは汚れもひどくなると思います。

猫は毛繕いをして自分で体を綺麗にしてしまいますが、犬はそのような習性はありません。

そのために、犬に対して定期的なシャンプーは

  • 衛生を保つ
  • 皮膚の状態を観察し異常を発見する
  • 寄生虫などを予防する

という目的でおすすめということになります。

しかし、問題なのはシャンプーの頻度です。

正常な犬の皮膚は、皮脂が全身を覆っていることによってバリア機能を保っています。

このバリア機能が、皮膚に雑菌が入り込むことや、花粉、ほこりなどの異物の付着を防止しているのです。

このバリア機能が壊れてしまうと、外界の刺激から皮膚を守ることができなくなり、アレルギー症状や皮膚炎を起こす原因になってしまいます。

シャンプーをしすぎると、この大切な皮脂を剥がし、新たな皮脂が皮膚を覆うことが間に合わなくなってバリア機能が壊れてしまい、健康な皮膚を保てなくなってしまうのです。

さらに人間と違って、シャンプーは犬の体力も必要ですし、シャンプーを強いストレスと感じる犬もいます。

犬にかかる負担を考えても、犬のシャンプーの頻度は1ヶ月に1~2回程度がおすすめです。

このシャンプーの頻度を少ないと感じるでしょうか?

それでは犬の体臭が・・と思う飼い主さんもいるかもしれません。

しかし、そもそも犬のシャンプーは、一緒に暮らす為の人間側の都合とも言えるものです。

必要な犬の皮脂を奪い取ってしまわないくらいの適正な頻度で行うようにしましょう。

【シャンプー以外での被毛のお手入れ方法の参考記事】

犬の散歩は雨の日も楽しく!お勧めグッズ5選と散歩後のケア

足が汚れるのは仕方ない?雨降りの犬の散歩の足のケアと対策

 

犬のシャンプーをする時の注意点

犬に初めてのシャンプーが可能になる時期は、獣医師によっても指導が異なるようです。

しかし、生後3ヶ月が過ぎ、ワクチンプログラムが3回終了して、その後2週間を経過してからがおすすめ時期とされることが多いようです。

幼齢の子犬は体力も弱く、皮膚も抵抗力が低くて弱いです。

汚れていたから良かれと思ってシャンプーしたら、急に弱って亡くなってしまったという悲しい事例もあります。

幼齢の子犬は、あまり負担がかからないようにして体を綺麗にしてあげるようにして下さい。

犬の皮膚は薄くて、人間の皮膚の20%~30%くらいの厚みしかないので刺激に弱いです。

犬にシャンプーをする時は、皮膚を傷つけたり刺激しないよう、ごしごしと洗わないようにしなければなりません。

人用のシャンプーは人間の為に作られているので、どんなに人には優しいシャンプーでも、そもそも肌のPH(ペーハー)が違う犬の皮膚には合わないためにおすすめできません。

人の皮膚は弱酸性ですが、犬の皮膚は中性~弱アルカリ性です。

犬のシャンプーについてのポイントは次の通りです。

1.シャンプー前には丁寧にブラッシングして、被毛の流れを整えておく。

2.お湯は人間がぬるいと感じる35℃~38℃、決して熱くしない。

3.シャンプー前にしっかり体を濡らすシャンプー剤は直接体に垂らさない。

4.シャンプーは、お尻の方から始めて顔を最後にする。優しくマッサージするように揉みこんで、流す時は顏から逆の順番に流していく。(顔にシャンプーがつくのを嫌がる犬が多いので、洗えなければ無理をせずに拭く)

5.シャワーの音ができるだけしないよう、シャワーヘッドを高いところからかざさない皮膚に沿わせるように静かに流し、目や耳に水やシャンプーが飛んだり、入らないようにする。

6.包み込んで押さえるようにタオルドライをし、その後に被毛を立てながら根元や指の間などをしっかりドライヤーで乾かす

7.ドライヤーは熱風が皮膚に当たらないように調節する。弱風か、室温によっては冷風が安全。

 

シャンプー選びはアレルギーのタイプで全く違う

同じアレルギー体質と言っても、全くタイプの異なるものがあるので、それを見極めておかないとせっかく選んだシャンプーも逆効果になってしまいます。

アレルギー体質の皮膚は、酸性に傾くものとアルカリ性に傾くものがあります。

【酸性肌】

皮脂の過剰分泌があり、酸化した脂肪分のせいでアレルギー性皮膚炎を起こします。

被毛や皮膚はベタベタしています。

好発部位は、首の下、腋、下腹部、腿の内側、尻尾の付け根などで、体質改善や、汚れた皮脂を落すシャンプーが必要になります。

 

【アルカリ性肌】

アルカリ性肌の方は、反対に皮脂が不足しています。

皮脂が不足しているということは、皮膚のバリア機能が低下しているということで、皮膚はカサカサに乾燥していて、本来は皮脂がブロックするはずのアレルゲンが簡単に皮膚に侵入し、アレルギー性の炎症を起こします。

好発部位は、口や目の周り、肛門周囲、背中などで、バリア機能を改善することが皮膚炎の改善にもなります。

このように、全く逆の原因でそれぞれのアレルギー性皮膚炎を起こしているので、シャンプーはその原因を考えて選ぶことがおすすめです。

バリア機能が落ちている皮膚に、刺激の強い、油分を落してしまうタイプのシャンプーを使ってしまうとアレルギーは悪化してしまうことになります。

反対に、低刺激シャンプーは皮膚に良いと思いがちですが、抗菌力はなく洗浄力も弱いので、過剰な皮脂を落してやらなければならない酸性肌の場合には効果が得られず、やはりアレルギー性皮膚炎を悪化させてしまいます。

同じようにアレルギー性皮膚炎と言っても、タイプが異なるものについて、それぞれの目的別でおすすめのシャンプーは違うのです。

 

《ペルシーアクアバリアスプレー》

獣医師と薬剤師が共同開発したバリア機能サポートが期待できるスプレー

ペルシーアクアバリアスプレー(PealthyAquaBarrierSpray)

アレルギーのある犬におすすめシャンプー

そのシャンプーの主成分が何であるか、まず表示ラベルを見ると思いますが、人間用は薬事法で守られていて成分が全て表記されているものの、犬用は特に規制はありません。

その販売元の任意なのが現状です。

このあたりは、やはりドッグフードと同様で悲しくなりますね。

【ドッグフードの安全性と法律】

犬のアレルギー症状とフードの関係・材料と安全性について

それでも、できる限り安全なシャンプーを選んであげることがおすすめです。

アレルギーのある皮膚の弱い犬におすすめできる、評判の良いシャンプーを次に挙げてみます。

♠アデルミル ペプチドシャンプー

皮膚のトラブルがあって動物病院にかかった時などに、獣医師からもおすすめされる頻度の高いシャンプーです。

石鹸成分を含まずに、セラミドや必須脂肪酸を配合し、バリア機能を回復させることを目的とした低アレルギーシャンプーです。

アトピーなどのアレルギーの犬にも安心しておすすめできます。

無香料で泡立ちも少ないので、人間から見れば物足りなさがあるかもしれません。

しかし、嗅覚の敏感な犬はシャンプーの香料を嫌うこともありますので、その意味でも刺激を最小限にできるのはおすすめです。

うちも自宅シャンプーでは愛用しますが、使用後の乾燥もなくとてもしっとりします。

 

ビルバック アデルミル ペプチドシャンプー(200mL)【ビルバック】[快適いぬ生活]

 

 

♠【A.P.D.C(APDC)】ティーツリーシャンプー&コンディショナー

ティーツリーは古くから抗菌剤として皮膚の治療などに役立てられてきた植物です。

こちらはオーガニックティーツリーを主成分に1999年にオーストラリアで作られたおすすめの植物由来シャンプーです。

A.P.D.Cは、安心・安全なケアアイテムにこだわったブランドですが、価格もお手頃でおすすめです。

ナチュラルなハーブの香りで、使用感がよく使いやすいと人気のシャンプーです。

 

【A.P.D.C(APDC)】ティートリーシャンプー&コンディショナーセット 250ml(各1)

 

♠ラファンシーズ スーパーナチュラルシャンプー&リンス

サロンでもおなじみで、綺麗な毛艶とスタイルを整えることで定評の、プロにも愛される老舗ブランドのおすすめシャンプーです。

スーパーナチュラルは、ラファンシーズの中でも、アレルギー・敏感肌用に作られていて、低刺激、無香料なのが特徴です。

希釈して使用でき、皮脂を取り過ぎずにマイルドな使用感で、子犬のシャンプーなどにもおすすめです。

 

ラファンシーズ スーパーナチュラルシャンプー&リンス 200ml ○

 

♠ノルバサンシャンプー

ノルバサンシャンプーは1973年よりアメリカで使われている、歴史と信頼のあるおすすめシャンプーです。

ノルバサンは、薬用シャンプーで、主成分はクロルヘキシジン酢酸塩という薬剤です。

膿皮症やマラセチアなどの皮膚疾患の改善や予防にはこのシャンプーが有効です。

薬用シャンプーで低刺激ですが、カサカサになるアレルギーのタイプには、乾燥を促すことがあるのでおすすめではありません。

またクロルヘキシジンは人間の皮膚の消毒薬にもありますが、まれに過敏症がみられることもあります。

 

ノルバサンシャンプー0.5 200ml【あす楽_土曜日営業】

 

 

♠アースリーフ(EARTH LEAF) スキンケアシャンプー

化学薬品を含まず、飲用できるスキンケアウォーターであるアースリーフを使用したシャンプーです。

アミノ酸、ビタミン、ミネラルが豊富で、乾燥肌、敏感肌におすすめの刺激の少ないシャンプーです。

皮膚トラブルがある時にも優しく使えます。

泡立ちや泡切れがよいので皮膚に負担をかけにくく、保湿にすぐれたおすすめシャンプーです。

 

 

♠モンシュシュ 入浴剤

こちらは、シャンプーというより入浴剤ですが、入浴剤として溶かしたお風呂に浸かるだけで汚れを浮かして、潤いはそのままに皮膚と被毛を清潔にでき、手軽に使えておすすめです。

アレルギーで皮膚が弱い犬でも、これを溶かしたお湯に浸けるだけで、洗ったり泡を落す必要もなく、皮膚を刺激せずにすむのでおすすめです。

ちょうど人間の新生児を沐浴させるような感覚で使用できます。

 

モンシュシュ 入浴剤

 

まとめ

アレルギーと一言で言っても、皮脂が不足でバリア機能が落ちているか、皮脂が過剰で炎症を起こしているかなど、タイプ別に選ぶシャンプーは違ってきます。

それを間違うと、アレルギー用として選択したつもりでも逆効果になりますので注意が必要です。

薬用シャンプーは、その呼び名だけで万能と勘違いしてしまいがちですが、このようなシャンプーがかえって刺激になることもありますので、皮膚の治療中などは獣医師とよく相談して下さい。

また皮膚に異常がある時はまず診察を受けて原因を明確にし、それに合った対応をしましょう。

安価なものもたくさんありますが、ただでさえ成分が心配な犬用シャンプーですので、できるだけ評価の高いおすすめシャンプーで、質の良いものを選んであげて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

犬もリラックスして免疫アップ!ドッグマッサージの素敵な効果

犬用サプリで免疫!犬康食・ワンプレミアムの口コミと評判

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!