犬のてんかんに食事療法はある?効果的なレシピのポイントとは

犬のてんかんの治療は薬の内服が基本になりますが、食生活でレシピの見直しなどできることはないのかと私も考えたことがあります。

体を作っているのは毎日の食事であり、脳も当然その栄養素の影響を受けています。

調べてみると、あまり知られていませんが人のてんかんには薬物と並行しておこなう食事療法があります。それは犬に応用できるのかを考えてみました。

今回はてんかんと食事療法の解説とおすすめのレシピのご紹介をします。

スポンサーリンク

犬のてんかんの治療の基本は薬

のてんかんの治療の基本は薬です。

てんかんは、発作を起こさない、または起こしたとしてもその回数を減らすということが治療の目的です。その為には発作のない時も薬を継続していく必要があります。

てんかん発作が起こらなくなったからと言って、もう治ったとみなして薬を勝手に中断することはもっとも危険なことです。

薬というものは、使用方法を間違うと毒にもなる物質です。長期にわたって飲ませることは当然副作用の心配もあります。

だからこそ、副作用を早期に発見する為に、また、薬の量が体調に合っているかをきちんと確認する為に、定期的な通院と検査が必要なのです。

てんかんという病気についての詳細は下のリンク先記事も参照下さい。

【てんかんの症状について】

犬のてんかんの症状と対処法 危険な発作の2パターンとは

【てんかんの治療の流れとかかる費用について】

犬のてんかん治療に必要な検査や薬 かかる費用の目安は?

【てんかんの薬について】

犬のてんかんの薬と副作用 意識や食欲への影響について

もし、てんかん発作を起こす原因になる病気がわかって(脳腫瘍などがてんかんの症状を起こすことがある)、その治療が可能な時はそちらの治療を中心に行います。

しかし、原因不明の特発性てんかんについては、発作のコントロールだけを一生続けていくことになります。それは犬の生活の質を保たせるためには大事なことです。

スポンサーリンク

人のてんかんの食事療法・ケトン食療法

人のてんかん治療の基本もまた、薬を何種か組み合わせて一番合うものを探し出し、それをきちんと内服することで、3分の2は発作の抑制が可能と言われています。

しかし、残り3分の1は、発作のコントロールが困難な「難治性てんかん」と呼ばれるものです。

この難治性てんかんの患者さんの主に小児を対象にして、てんかんの食事療法「ケトン食療法」が行われることがあります。これは、低糖質、高脂肪の食事療法です。

もちろん勝手に行うのではなく、医師、栄養士の管理下で、それぞれの栄養素の比率を一定に計算したレシピと、特殊な治療用ミルクを併用する食事療法です。

この食事療法は、脂質が分解されてできるケトン体脳の神経細胞に作用し抗けいれん効果が得られるというもので、食事療法を開始して1ヶ月くらいから効果があると言われます。

*そもそもこれで改善するてんかんは、グルタミン酸トランスポーター1(GLUT1)欠損症候群という先天的な代謝異常が関与しているとされます。

この食事療法は2年ほどに渡って行い、その後は段階的に元に戻していくようです。

ケトン食療法は海外で長い歴史を持つ

ケトン食療法は、海外では早期に導入されているようで、小児科専門病院にはケトン食専門外来というものもあるそうです。

実は歴史が長く、1921年に遡ってすでに開発されていた食事療法で、アメリカでは1995年以降に急速に広まったという経緯があります。

薬の治療効果が得られない難治性てんかんの約半数はこの食事療法で発作が起こる頻度が減少したとも言われています。

この食事療法に修正を加えた修正アトキンス食療法という食事療法もあります。こちらはアメリカで成人の肥満治療に開発されたアトキンス食という食事療法を元に、成人のてんかん食事療法にアレンジしたものです。

日本では、まだ治療として浸透しているわけではありませんが、2016年より、このケトン食療法がてんかんの食事療法として厚労省に健康保険適応と認可されています。

(11) てんかん食とは、難治性てんかん(外傷性のものを含む。)の患者に対し、グルコースに代わりケトン体を熱量源として供給することを目的に炭水化物量の制限及び脂質量の増加が厳格
に行われた治療食をいう。ただし、グルコーストランスポーター1欠損症又はミトコンドリア
脳筋症の患者に対し、治療食として当該食事を提供した場合は、「てんかん食」として取り扱
って差し支えない。

出典元 http://www.mhlw.go.jp/file.jsp?id=335831&name=file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000114887.pdf

ただし、この食事療法の欠点として、極端な栄養素の偏りが出現する可能性があります。そのために低血糖や発育障害などの副作用のリスクも高く、専門医の指導下でないと難しい食事療法です。

人のてんかん食事療法は犬にも有効なのか?

脳の栄養になるのは糖質です。その理屈から犬のてんかんには脳に栄養(糖質)を十分に与える食事療法レシピが大事という意見はよく見かけます。

糖質を十分に与える方が良いという意見の中には、犬は人間と違ってこのような食事療法をしてもケトン体は増加しない、人間の食事療法=ケトン食療法はあてはまらないという獣医師のものもありました。

しかし、一方で、糖質をうまくエネルギーに変えることができないことがてんかん発作の要因になるという意見の方では、糖質を十分に摂っていながら発作が制御できないなら、根本から考え直して糖質を制限してみるというのも価値はあるかもしれないとケトン食療法を勧めています。

鍵になるのは中鎖脂肪酸トリグリセライド(MCT)

ここは少し難しい話です。食事療法によるケトン体の効果とされるものは、正確に言うならケトン体を作っている中鎖脂肪酸トリグリセライド(MCT)という脂肪酸です。

MCTを犬に3ヶ月与えたところ、発作頻度が減少するという有用な結果が得られたとの報告もありました。(MCTD=MCTを含む食事)

適切な抗てんかん薬治療にもかかわらず、癲癇を有するヒトおよび犬の約3分の1が発作を経験し続け、てんかんの人または犬の生活の質を向上させる新しい治療戦略の重要性を強調する。特発性てんかんの慢性的に抗てんかん薬治療を受けた犬で、標準化されたプラセボ飼料とケト化中鎖TAG食餌(MCTD)を比較するために、6ヶ月の無作為化二重盲検プラセボ対照クロスオーバー食餌試験を計画した。犬にMCTDまたはプラセボ飼料のいずれかを3ヶ月間飼育した後、それぞれの飼料をさらに3ヶ月間切り替えた。発作頻度、臨床および実験データを収集し、試験を完了した21匹のイヌについて評価した。犬がMCTDを給餌したときに発作頻度が有意に低かった

出典元 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=26337751

わかりにくくなってしまいましたが、つまり、ケトン食というてんかん食事療法の効果は、それによって増える中鎖脂肪酸トリグリセライド(MCT)という脂肪酸によるものと考えられるのです。

ただし、このMCTは、肝臓が悪い場合には処理が追いつかず、肝性脳症の悪化を招く危険があります。また糖尿病があり、そのコントロールが悪い時にも、糖尿病の重大な合併症であるケトアシドーシス(血液が極端に酸性に傾いて意識障害などを起こす)に陥ることがあります。

肝臓の病気や糖尿病がある場合、ケトン食は危険です。

犬のてんかんに良いとされる栄養素

ケトン食によるMCT(中鎖脂肪酸トリグリセライド)がてんかんの食事療法の鍵になるということはわかりました。

また、人の医療で脳外科などにおいては、確かにグルコース(糖)を中心とした輸液、糖をインスリンと組み合わせ補給することがあります。脳に糖質が重要な栄養素であるのは間違いないです。

結局、糖質が重要だから糖を補給すべきという意見と糖質を制限するという両極端の意見に分かれているのです。

何度も言いますが、てんかんの治療の原則は人も犬もまず薬での発作コントロールです。現在、食事療法は、薬では効果がない人(特に小児科)の難治性てんかんを対象にして、限定された医療機関で行われているものです。それも薬を排除しての勝手な食事療法はあり得ないものです。

私の個人的な見解になりますが、このように両極端に意見が分かれている中では確立したものはなく、栄養素が偏らないことを第一に考えた方が堅実と考えます。

そもそも獣医師の指導もなく、レシピのサンプルや補助的な総合栄養食もない中では、食事療法のレシピ自体が難しいでしょう。

極端な食事療法をするより、まずは質のよいフードや食材にこだわり、代謝を良くすることなどに重点を置いた方が良いです。

【安全なフード選びの必要性】

犬のアレルギー症状とフードの関係・材料と安全性について

ただ、MCTに代表されるように脂質はとても重要な栄養素です。

青魚に多く含まれるDHAEPAオメガ3と呼ばれ、脳に良い脂肪酸として人のサプリやレシピも定着しています。炎症やアレルギー、癌細胞を抑制する作用があり、てんかんや認知症を予防する栄養素としても重要なものです。

【認知症とオメガ3の効果について】

犬の認知症にサプリメントが期待される理由とお勧め7品

オメガ3とオメガ6という脂肪酸のバランスも重要で、サーモンオイルなどはバランスが良いオイルの代表です。簡単にレシピに足すことができますので活用すると良いと思います。

さらに、ビタミンB6は神経系の伝達に関わるビタミンです。人間のてんかん発作の治療で大量投与が有効であることもわかっています。

ビタミンB6不足とてんかんの関連はあるとされます。これは腸内で合成されるビタミンですので根本的には腸内環境をよくすることが有効です。

マグネシウムもてんかんとの関連を言われることが多いですが、確かにマグネシウム欠乏症の痙攣というものはあります。しかし低マグネシウム血症によるものは少ないと考えられています。(出典元http://www.jsvetsci.jp/10_Q&A/v20160708.html

一方で尿管結石との関連を言われる栄養素でもあるので、マグネシウムのようなミネラルもサプリよりはバランスのよいレシピで解決できるものと思われます。

 

【正規輸入品】Animal Essentials(アニマルエッセンシャルズ) ワイルドアラスカンサーモンオイル 犬猫用 251ml

 

体質改善と代謝促進

てんかんは薬によって発作のコントロールがうまくいけば、病気であることさえわからないほど安定した日々を送ることも可能です。しかしやはり薬が体に負担をかけることは否定できません。

抗てんかん薬は肝臓で代謝されるので、肝臓の状態を良好に保つことも大事なことです。

飼い主さんの中には、肝臓ケアのサプリメントなどを併用される人もいるようですが、肝臓を強化するようなレシピの食事療法も工夫すると良いと思います。

また、日常的なケアとしては、体に有害物質を蓄積させないということが肝臓の負担の軽減になります。

【肝臓の働きと肝臓の病気について】

肝機能検査の数値の異常 肝臓・胆のうに多い犬の病気

質の良いフード選びを始めとして、身の回りの添加物や化学物質をできるだけ避け、代謝を促すレシピなどを心がけるようにしたいものです。

また、食物アレルギーや食物不耐性とてんかんとは関わりがあると言われます。アレルギーと腸内環境は関連が深いと言われますが、腸内環境はてんかんにも無関係ではないということになります。

先述したビタミンB6が腸内で合成されるように、脳の神経伝達には腸内環境が大きく関与しているのです。

てんかんの食事療法は、栄養バランス、腸内環境を良好にすること、肝臓を強化して毒素を排出し代謝促進をはかるレシピの工夫がポイントではないかと思っています。

てんかんの犬におすすめレシピ

てんかんのレシピは、腸内や代謝を意識したレシピとは言っても全て手作り食にするわけではなく、フードをベースにしてトッピングのレシピを工夫をすれば良いのではないかと思います。

もちろん、フードの原材料もよく吟味し添加物などをチェックした良質のフードが基本です。

【フードの表示の落とし穴】

犬のフードとアレルギー 外国産・国産の特徴とおすすめ5点

代謝促進には水分が大事ですので、トッピングをスープ仕立てのレシピにすると、犬が自分で水をそれほど飲まない場合でも自然に摂らせることができます。

私が作っているレシピと似ているレシピを見つけましたのでここでレシピをご紹介してみます。

★飼い主ごはんと一緒に作れるデトックス野菜スープのレシピ

【材料】 切り干しだいこん適量・だいこん適量 ・にんじん適量 ・きゃべつ適量 ・干ししいたけ1.0枚 ・なす適量 ・しょうが適量 ・ズッキーニ適量

①切り干しだいこんと干ししいたけは軽く水洗いする。 材料は一口大に切る。
②干ししいたけをお湯で戻して、いしづきを取る。 (戻し汁も一緒に煮込みました)
③煮込んで灰汁を取って、冷まして完成☆ お好みでとろみをつけても◎

私のレシピは、昆布と干し椎茸でだしを取り、切り干し大根などの野菜と一緒にくたくたに煮込んで昆布も椎茸も一緒に全てミキサーにかけます。そして魚をボイルまたは焼いて骨を取り、ほぐして乗せます。冷凍でストックもできますし、フードとも馴染みやすく水分たっぷりです。

私は腸内環境も意識しているのでヨーグルトや甘酒も使います。

刻んだ納豆やゴマも肝臓に良い食材です。レシピに足すのもおすすめです。

【大豆の栄養素について】

どうすれば食べていい?犬の食べ物に大豆は要注意!

そして、レシピの仕上げにオメガ3が摂れるサーモンオイルや亜麻仁油、えごま油を垂らしても良いと思います。

ただし、肝臓の強化の為のレシピと、肝臓の疾患がある時のレシピでは、タンパク質やエネルギーの制限などが異なってきます。

もし他の病気がある時には、食事療法をする上で禁止すべきことなどを獣医師に確認して下さい。

まとめ

人間も犬も、てんかんの治療の基本は薬です。発作を抑えうまく病気をコントロールするというように考えると良いと思います。

しかし難治性てんかんについては人の臨床では食事療法が行われることがあり、厚労省にも健康保険で食事療法が認可されるようになりました。

犬の場合も研究結果などを見ると食事療法を試す価値はあるかもしれません。しかし確立されているわけではなく、極端な食事療法は危険かと思います。

てんかんの食事療法ではなくともてんかんの為の食事改善はいつでも可能です。

腸内環境を整え、飲み続ける薬は肝臓に負担がかかりますので、肝臓を強くし毒素の排泄を促すことに重点を置いたレシピをおすすめしたいと思います。レシピの工夫でてんかんと上手に共存できるように良好な栄養状態に保ってあげると良いのではないでしょうか。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

犬のサプリ「プロキュア」効果で腸内環境良好!口コミ・評判は?

犬のてんかんの薬は中断禁忌!飲み忘れはどう対処する?

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!