犬の膵炎は再発しやすい病気 食事療法が治療の基本!

膵炎は人にも多い病気ですが犬の病気にもあります。

ただ膵臓という臓器は地味なわりに複雑で、その役割は少しわかりにくいかもしれません。

膵臓は食事と深い関係があるので、膵炎の治療には食事療法が欠かせません。

今回は、犬の膵炎と治療・食事療法について解説します。

膵臓はデリケートな臓器

膵臓は、胃の後ろにある細長い形の臓器です。

膵臓は、消化酵素を分泌して、膵管という管を通して十二指腸まで消化液を送り出しています。

そして、口から摂取した食事の消化をおこなっています。

膵臓から分泌される消化酵素には(覚える必要はないですが)

  • 糖質を分解するアミラーゼ
  • 脂質を分解するリパーゼ
  • 蛋白質を分解するトリプシン
  • 核酸を分解するヌクレアーゼ

があります。

食事の消化に関わる膵臓の機能は、外分泌機能と呼ばれるもので、膵臓の役割の90%はこの働きです。

一方で、膵臓にはもう1つ、血糖値をコントロールをする内分泌機能という役割もあります。

膵臓の中には、ランゲルハンス島と呼ばれる細胞群があります。

そこからは、インスリン(血糖値を下げる)とグルカゴン(血糖値を上げる)という2つのホルモンを分泌しています。

この2つのホルモンは糖尿病に関係の深いホルモンで、特にインスリンは誰でも知っている有名なホルモンではないでしょうか。

この2つのバランスを取ることによって、血糖値を一定に保つようにコントロールしているのは、膵臓の役割なのです。

【糖尿病とインスリンの参考記事】

犬の糖尿病の症状チェック 初期症状や合併症はどんなもの?

まとめると、膵臓は

  • 消化酵素の分泌:食べ物をエネルギーに変える為の消化に直接的に関わる
  • ホルモンの分泌:エネルギー源である糖を調節する

という、2通りの役割を持つ臓器です。

膵臓はとてもデリケートな臓器で、体の奥の方にあるために病気の症状も出にくく、病気が発見されにくい「沈黙の臓器」とも呼ばれます。

膵炎には急性膵炎と慢性膵炎がある

消化酵素を含む膵液という消化液は、とても強力な消化液で、本来は、十二指腸に流れ込んだ時に初めて働く仕組みになっています。

しかし、一旦、十二指腸に流れた膵液が、再び膵臓内に逆流するなどの異常が起こって、膵臓の中でその消化酵素が働いてしまうことがあります。

強い消化酵素を含んだ膵液が膵臓の中で働いてしまうと、自分自身の膵臓の細胞さえも溶かしてしまい、炎症を引き起こします。

これが膵炎と呼ばれる病気で、膵臓の病気の中では代表的なものです。

膵炎の症状は

  • 激しい腹痛
  • 嘔吐
  • 下痢

などであり、さらに進行すると発熱黄疸も現れて、容態が悪くなると死亡することもある病気です。

症状が急速に出現して進行するものを急性膵炎と呼びます。

何度も急性膵炎を繰り返すことにより、症状が断続的に現れる状態は慢性膵炎と呼びます。

ただ、膵炎の時に見られる消化器症状は、膵炎に限ったような特徴的なものではないので、他の消化器の病気との区別もつきにくく注意が必要です。

【参考記事】

「吐く」「食欲不振」は何が原因?犬の病気を症状から考える

膵炎の原因は食事の影響が大きい

膵炎の発症には、「脂質の代謝機能に異常のある遺伝子」が関与していると考えられ、好発する犬種もあります。

《膵炎を発症しやすい犬種》

ミニチュアシュナウザー・トイプードル・コーギーなど

しかし、犬種に限らず、膵炎は肥満の犬にも多く見られる傾向があります。

そのことから、脂肪分を多く摂るような食習慣・もともと高脂血症がベースにあることなどが、膵炎を引き起こす原因になると考えられます。

食事の影響はすべての犬種で起こりうるので、たとえ好発犬種でなくても、膵炎を発症させないためには普段からの食習慣に気を付けなければならないのです。

【参考記事】

犬の寿命 コーギーの病気と長生きのために気をつけたいこと

大きさが違う!シュナウザー達の性格や犬の寿命と健康

膵炎を発症する要因は、他にもあります。

たとえば、腫瘍ができて、膵臓から十二指腸に繋がる膵管が詰まり、膵液が正常に流れずに膵臓内に逆流する場合には、膵炎が起こります。

《膵炎の原因になるもの》

  • 高脂肪の食事や不規則な食習慣(犬に不適切な人の食事やお菓子を与えるなど)
  • 肥満や高脂血症
  • 代謝異常を起こす基礎疾患(クッシング症候群、糖尿病、甲状腺機能低下症など)
  • 炎症性腸疾患
  • 胆のうや胆管の疾患
  • 高カルシウム血症
  • 外傷・手術・薬物の影響(ステロイド剤、抗けいれん剤、利尿剤など)
  • 栄養不良時の急激な食事開始

【参考記事】

犬の尻尾がハゲてくる?甲状腺機能低下症とはどんな病気?

犬のクッシング症候群に併発した糖尿病 治療と予後

祈りのポーズと呼ばれる症状

膵炎は、激しい腹痛を伴って発症することが多く、犬に「祈りのポーズ」と呼ばれる独特の姿勢が見られることがあります。

これは、伏せでお尻だけを高く上げる姿勢で、一見、遊びに誘う時のプレイバウというポーズに似ています。

しかし、プレイバウと違って、祈りのポーズには活気が見られず、尻尾を振るようなこともありません。

画像の出典元 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13122329778

犬は痛みに強い生き物ですが、この姿勢は、内臓の圧迫を軽減させて少しでも痛みを和らげようとしているのであり、かなり深刻な痛みがあることが予測されます。

もちろん、痛みがある時に必ずしもこの姿勢になるというわけではなくて、うずくまって部屋の隅で痛みに耐えているというようなこともあります。

繰り返す嘔吐や発熱、下痢に加えて、血便などの症状が見られることもあります。

激しい症状により、全身状態が悪くなると、ぐったりしてショック状態に陥ることもあります。

【血便の参考記事】

ストレスでも起こる?犬の嘔吐・下痢の原因と緊急性の判断

膵炎は早期治療が重要

膵臓は元に戻らない

膵炎は、自らの強い消化酵素によって膵臓そのものを自己消化しながら進行します。

膵炎によるダメージがひどくなると、たとえ治療したとしても、膵臓を元の健康な状態に戻すことは難しくなります。

重度の膵炎になると、そのダメージは膵臓だけにとどまらなくなります。

膵臓は、膵液を送る膵管が十二指腸に繋がっていますが、そこには胆のうから胆汁を送る総胆管も繋がっています。

膵炎が重症化すると、その炎症は総胆管にまで広がります。

総胆管が炎症を起こすと、胆汁の流れは停滞し、十二指腸に流れなくなります。

もっと進行すると、急性腎不全DIC(播種性血管内凝固症候群)といった重症な全身の病気へと移行していき、生命の危険性が高くなるのです。

膵炎によるダメージは、当然、もう一つの膵臓の働き、内分泌機能であるインスリンの分泌にも影響してきます。

膵炎から、インスリンを出せない二次的な糖尿病を発症し、インスリン注射の治療が一生必要となる可能性もあります。

膵炎は、軽症のうちの早期治療が大事です。

膵炎の症状を他の似たような病気と区別していかに早く診断できるか、早期治療に繋ぐかがポイントです。

膵炎の検査には、詳しい血液検査もありますが、結果が出るまでに時間がかかります。

実際の臨床では、症状や発症エピソードから膵炎と見当を付けて、詳しい検査結果を待つことなく治療を開始する場合も多いようです。

膵炎の治療

膵炎の診断には、一般的には炎症反応アミラーゼ、リパーゼという項目の血液検査が行われます。

確定診断には、膵特異的リパーゼとトリプシン様反応物質という項目の検査で、数値の上昇があることを確認します。

ただ、膵炎とわかっても、治療に対する特効薬はなく、第一の治療は膵臓を安静に保つことです。

3~4日間は絶飲食にして、その間は点滴で水分と栄養を補給し、蛋白分解酵素阻害剤などの薬剤を投与することになるので、治療は基本的に入院治療です。

痛みや吐き気に対する治療は、鎮痛剤や制吐剤、抗生剤の注射で対症療法を行います。

そして、膵臓の炎症がおさまるのを待つのです。

膵炎の症状が見られなくなれば、少量の水分を飲ませてみることから始め、少しずつ食事に戻していきます。

治療の経過は、大体1週間くらいですが、膵炎の重症度で日数も左右されます。

もし膵炎の原因になっているのが腫瘍などならば、手術治療も必要でしょう。

膵炎の食事療法

膵炎は、治療によって症状が消失した後も、生涯に渡っての継続的な食事管理が必要です。

自分の消化酵素で溶けてしまった膵臓の組織は、完全には修復できない上に、膵炎はとても再発の多い病気です。

膵炎の再発を予防する為には、低脂肪の食事による徹底した食事管理を続けていかなければなりません。

膵炎の食事のポイントは低脂肪と消化のしやすさ

膵炎の犬の食事のポイントは、良質な蛋白質を使った低脂肪であることと、消化のしやすさです。

脂肪分の多い食事や消化の悪い食事は、消化酵素を多く必要とするので膵臓に負担がかかります。

負担をかける食事は避け、膵臓に負担のかからない食事内容に変更していかなくてはなりません。

そして、肥満を防止しつつ、必要な栄養素とエネルギーはきちんと得られなければなりません。

手作りの食事にすることを考えた場合の栄養素の割合は、

タンパク質3:炭水化物4:脂質3

が目安になります。

そして、他にも病気を持っているかどうかによっても食事内容は異なります。

消化しやすい、良質の低脂肪食の蛋白源として望ましい素材は次のようなものです。

ささみ・鶏むね肉・鹿肉・馬肉

ただし、必ず加熱調理をするようにして下さい。

また、食事の一回量が多すぎるのも負担がかかりますので、食事は小分けにして、食事回数を増やすようにしましょう。

《膵炎で避けるべき食事》

  • 高脂肪の食事
  • 肪分の多いクッキーやケーキ類などのおやつ
  • 食物繊維の多い食事

膵炎の療法食フード

《Daily Style 犬用食事療法食 膵臓サポート 》

獣医師によって消化性の高い原材料が厳選され、脂肪を調整して低脂肪を実現した膵臓の療法食です。

 

《犬心 糖&脂コントロール》

高血糖・高脂血が関わるトラブルや病気のケアを目的とした療法食です。

膵炎の食事療法の難しさ

膵炎には食事の習慣が大きく影響するので、発症した犬は、それまで高脂肪の食事の習慣があった可能性が高いことが予想されます。

そして、人の食事もそうですが、大抵、高脂肪=美味しい食べ物です。

膵炎の犬も、これまで人の食べ物やおいしいおやつなどを与えられてきたかもしれない、言い換えればグルメな犬であることも多いです。

そのような犬が病気の治療でいきなり、それまでと比べて味気ない、低脂肪の食事に変更されることになるのです。

人でもなかなか食習慣を変えるのは難しいのに、治療目的という理由も理解できない犬に食事療法がうまくいかないことは大いに考えられることです。

低脂肪フードだけではどうしても食べないということで、何とか美味しく食べさせようとして食事を手作りするようになった飼い主さんもいらっしゃいます。

食べ慣れている、犬の好みの食事を食べさせることができないのは可哀想かもしれませんが、膵炎という病気は再発が恐いのです。

膵炎を繰り返すと、膵臓のダメージはどんどん深刻になり生命にも関わってくるので、再発させないことが何より大事なのです。

そのためには、食事療法は避けて通れない、もっとも重要な対策なのです。

アイスクリームやクッキー、脂肪分の多い肉など、犬がどんなに欲しがったとしても、一切食べさせないという姿勢を貫かなければなりません。

犬の食事の習慣を変えることは、飼い主さんにも大変なことかもしれません。

食事療法の工夫は水分と温度

飼い主さんは、膵炎の食事にお勧めの食材を把握しておきましょう。

少しでも満足感が得られるように工夫し、食事療法を成功させることが、膵炎の治療に繋がります。

低脂肪の鶏肉、キャベツ、ブロッコリー、白米、低脂肪チーズ、ジャガイモなどは、消化がよくてお勧めの食材です。

もちろん、量や総カロリーの検討も必要です。

このような食材を使って、水分の多いリゾットのような食事形態にすれば、消化しやすい上に満足感の得られる食事を作ることができると思います。

ドライフードは、水分を足してふやかすと消化しやすく、同じ量でもかさが増します。

また、温かい食事の方が匂いが強いので、食欲をそそるのに向いているでしょう。

フードは一定の温度を越えると栄養素が壊れてしまいますので、電子レンジを使って温める時やトッピングを乗せたりする時には、食材の温度にも注意して下さい。

あの手この手で食事の中身を工夫しても、どうしても低脂肪食を食べないかもしれません。

食事を食べなければ栄養が不足してしまいますので、最終手段としては、ペースト状にしてシリンジを使った強制給餌が必要になることもあります。

それでも高脂肪の食事は与えないで下さい。

食事内容はくれぐれも厳守の姿勢で取り組んで下さい。

まとめ

犬の膵炎は、犬の病気としては珍しくありません。

膵炎は、基本的に入院治療で絶飲食になりますが、改善して退院した後も厳しい食事管理が必要です。

膵炎が治っても、膵臓は元には戻りません。

膵炎を繰り返せば、膵臓の萎縮なども起こり、消化酵素が作られない膵外分泌不全という状態になることもあります。

これは全身性の病気を併発しやすく、衰弱する原因にもなります。

膵炎を発症しないよう、普段の食事には十分に注意し、初期症状は見逃さないで下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

デメリットも調べよう!ペッツベストのペット保険・口コミ評判

犬の糖尿病と食事療法のポイント フードの選び方について


あわせて読みたい記事はこちら


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"