「吐く」「食欲不振」は何が原因?犬の病気を症状から考える

犬は言葉が喋れないので、体調が悪くても自分から表現することができません。飼い主さんが犬の病気に気付いた時にはすでに重症になっている危険性もあります。

「吐く」「食欲不振」という症状は、どんな病気にもよく見られる代表的な症状です。

今回は、吐く・食欲不振という症状を示す時に想定される犬の病気を解説したいと思います。

スポンサーリンク

食欲不振は犬の病気で多い症状

食欲不振とは

私達も様々な条件で特に病気がなくても食欲が落ちることはあります。食欲不振と言っても漠然としていますが、犬の食欲不振はどこで判断すべきでしょうか?

食欲不振とは、食べる量が減る、または全く食べないという状態を指します。

厳密には、「全く食べない状態が48時間以上続く」あるいは「普段の食事量の半分以下しか食べない状態が3日以上続く」ことです。

犬の病気の中には異常に食欲亢進する症状が出るものもありますが、体調が悪い時のほとんどには食欲不振の症状が見られます。

犬の普段の食事量は大体決まっていると思います。食事を残すことが多くなるとか、全く食べたがらないという状態は食欲不振に陥っていると言えるでしょう。

食欲不振の原因

犬が食欲不振になる原因は様々です。

食欲というと、胃や腸などの消化器系の病気がまず思い浮かぶかもしれませんが、消化器系も含めて腎臓などの内臓の病気、脳から起こる食欲への影響、または関節の病気による痛みなど、犬の病気全般で食欲不振が伴うことは多いです。

口の中や歯、喉の痛みや炎症などが原因になっていることもあります。犬は嗅覚で食べると言われるほど匂いに敏感であり、鼻に問題があり嗅覚が鈍っている時なども食欲不振になります。

精神的なストレスも食欲不振の原因になります。不安や寂しさなどのダメージが食欲不振を招いていることもあります。

あるいは病気ではないけれど、気温などの影響、フードの好み、フードが古い、年を取って食事の必要量が少なくなった、食器の高さや飲み込みなどの問題で食事が負担になっている、など、食欲不振の原因になるものはたくさんあります。

病気の判断

犬に食欲不振が見られる時、その原因が何であるかを見極める必要があります。

一回食べなかったというだけではそれほど問題になりませんが、重要なのは食欲不振の他にも何か症状があるのかということです。

もし明らかな症状が他になく、全身状態が良ければ少し様子を見ることになります。しかし、食欲不振で何も食べない場合は、それをどこまで待てるかということが次の判断です。

犬が全く食事をせずに過ごせるのは3~4日とされますが、食事だけでなく水も飲まないというような状態であれば、犬の体格や年齢によっては脱水で急変してしまうことがあります。おしっこが出ているかどうかも重要なポイントです。

食欲不振の原因として病気の可能性がありそうなら早めの受診が必要です。

「食欲不振」に「吐く」症状が重なる時に多い犬の病気

犬が「吐く」はよく見られる現象

犬が吐くというのは、程度の違いはあるものの日常的にも見られやすい現象です。

しかし、犬が吐くのにも理由があり、それほど問題にならず経過観察で良い時と、緊急性がある時がありますので、吐くのを放置してかまわないわけではありません。

何らかの理由で吐くことが単発的に見られ、しかしその後はケロッとして食事するということもありますが、吐くという症状は食欲不振とセットであることが多いです。

【犬の嘔吐と緊急性について】

ストレスでも起こる?犬の嘔吐・下痢の原因と緊急性の判断

「吐く」「食欲不振」がある消化器系の犬の病気

急性胃炎

急に吐くという症状の時の病名として、一番多い犬の病気は急性胃炎です。

急性胃炎は、様々な原因で胃粘膜が刺激を受け、引き起こされる症候群です。原因としては、腐敗した食べ物の細菌や毒素、ウイルス、毒物や薬物などの誤食、寄生虫、またはアレルギー反応などがあります。

多くは急に吐くという症状で始まります。吐くことを繰り返して、胃の中に吐くものがなくなっても吐こうとするという症状が続くこともあり、また、何度も吐くことで脱水になり、電解質バランスが崩れて重篤になるというようなパターンもあります。

原因によって、軽度から重篤なものもある一般的な犬の病気であり、治療もその原因によって変わってくることになります。

基本的には原因になっているものを除去して(抗生剤などで叩いて)、点滴で水分や電解質を補い、絶飲食によって胃を休ませるという治療を行います。

回復の兆しが見られたら、口から水分を摂ることを開始して少しずつ流動食から食事を元に戻します。

しかし、回復の兆しがなく、激しく吐くなどの重篤化がある場合は、原因は重大な感染症によるものとも考えられ、治療内容の変更が必要になります。

胃拡張・胃捻転症候群

胃拡張・胃捻転症候群は好発犬種がある犬の病気で、胃が空気と食べ物で膨れ上がった状態でねじれを起こし、胃拡張が悪化し、血液循環障害を起こして胃壁は壊死し、ショック状態に陥る病気です。

何が原因かははっきりとわかっていませんが、大量の早食いや水分の一気飲み、食直後の運動などが発症要因になるとされています。食欲不振などなく、健康な状態から突然発症します。

この病気は、吐くことができないのが症状の一つで、吐き気があるけれど吐くに吐けず、腹部が大きく膨らみ、腹痛も生じます。また、涎を垂らし、呼吸状態も悪くなります。

コリー、ボルゾイ、シェパードなどのやせ型で胸の深い大型犬に好発しますが、ダックスフンドやペキニーズなど、大型犬以外に発症することもあります。

治療は、全身管理を行いながらショック状態を改善し、胃にチューブ挿入してガスを抜いてから手術を行います。しかし対処が遅れると命に関わる危険性が高い、重要な犬の病気です。

腸閉塞

異物の誤飲や腫瘍、寄生虫などによって小腸が閉塞して通過障害が起こり、閉塞した部分より上部にガスなどが溜まって細菌が異常繁殖したり、細菌の毒素によるショック、体液や電解質のバランスが崩れて全身に影響を及ぼします。

通過障害が不完全な場合は(完全には閉塞してない)、吐く、食欲不振、便秘、脱水などの症状が見られ、次第に全身状態が悪くなってきますが、完全に閉塞してしまった場合は吐く症状が激しく、腸管の壊死が起こり、大変危険な状態となります。

治療は、ショック状態を改善しながら、手術で腸を切除する、異物を除去するなどをします。

異物の誤飲が原因であることは多いようで、特に子犬などはおもちゃの誤飲に注意が必要です。

感染症

食欲不振と吐く症状は、パルボウイルス感染症のような重要な犬の病気の初期にも見られるものです。

ワクチン未接種で、体力が弱っている犬や幼犬では、食欲不振と吐く症状はこのような感染症の可能性もあります。

一週間に満たない程度の潜伏期を経て、食欲不振や発熱、水溶性下痢、血便、激しく吐く症状などが現れ、ショック状態となり急死することも多いです。

感染犬との食器の使い回しや、便や吐物に触れることなどにより感染し、またこのウイルスの生存力は大変強く、治療法も確立されていません。その為に治療も対症的に行います。

パルボウイルス感染症が発症した場合は、感染を拡大させないために飼育環境の消毒も入念に行う必要がありますが、ウイルスは通常の環境で1年ほども生存できると言われ、感染拡大の可能性の高い、重要な犬の病気です。

スポンサーリンク

「食欲不振」「吐く」症状が見られたら

犬に食欲不振が見られる場合は、全身状態や他の症状を観察してみて下さい。

もし病気であったとしても、犬の病気のほとんどに食欲不振は現れるので、必ずしも消化器の病気とは限りません。どこかに痛みがある場合でも食欲不振の原因になります。

吐くという症状もまた、様々な犬の病気で表れやすい症状です。

元気だった犬が急に吐く場合、その前に何か原因がわかるエピソードがなかったかを考えてみましょう。

例えば散歩中に何か異食した可能性はないか?おもちゃの部品など破損してなくなっているものがないか?などです。

激しく吐く場合や、全身状態が悪い場合などは緊急性がありますので、すぐに医療機関を受診して下さい。吐く症状にさらに下痢が重なると急変の可能性が高まりますので早期の対応が必要です。

病気の可能性が低く、食欲不振の原因が他にあると思われる場合は、食欲がわくような工夫をして対応しましょう。

食べないのであれば、そのまま置いておくのではなく一旦片付けて、新しい食事を与えて下さい。食事に犬の好きな匂いのトッピングなどをすると、食いつきがよくなることも多いです。

 

まとめ

食欲不振と吐く症状のどちらも、犬の病気ではよく見られる症状です。

今回は、食欲不振と吐く症状が重なる犬の病気を消化器疾患の中で挙げてみましたが、同じような症状を表すものは他にもあります。

犬の病気は、飼い主さんが気づく以外に早期発見の方法はありません。

また、犬の病気は一見緊急性がなさそうであっても、犬の大きさや年齢によっては時間を置きすぎると手遅れになる場合もありますので、注意して下さい。

基本的に、様子がおかしいと思ったら医療機関を受診するようにした方が間違いないと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

犬用サプリで免疫!犬康食・ワンプレミアムの口コミと評判

スポンサーリンク