「吐く」「食欲不振」は何が原因?犬の病気を症状から考える

犬は言葉が喋れないので、体調が悪くても言葉にして私達に伝えることはできません。

飼い主さんが犬の病気に気付いた時には、すでに重症になっているという危険性もあります。

「吐く」「食欲不振」という症状は、どんな病気にもよく見られる代表的な症状です。

今回は、「吐く」「食欲不振」という症状を示す時に想定される犬の病気について解説したいと思います。

スポンサーリンク

食欲不振は犬の病気で多い症状

食欲不振とは

私達も、季節、感情、ストレス、疲労などの様々な条件で、特に病気がなくても食欲が落ちることはあります。

食欲不振と言っても、漠然とした表現なので、犬の食欲不振はどこで判断すべきかが難しいかもしれません。

食欲不振とは、食べる量が減る、または、全く食べないという状態のことを指しています。

厳密な定義で言えば、全く食べない状態が48時間以上続くあるいは普段の食事量の半分以下しか食べない状態が3日以上続くことです。

犬の病気の中には、異常に食欲が亢進する症状が出るものもあるのですが、体調が悪い時のほとんどには食欲不振の症状が伴っています。

普段の食事量は、その犬によって大体決まっているので、飼い主さんにはわかることだと思います。

いつもの食事を残すことが多くなるとか、全く食べたがらないという状態は、食欲不振に陥っていると判断してもよいでしょう。

食欲不振の原因

犬が食欲不振になる原因もたくさんあります。

食欲というと、胃や腸などの消化器系の病気がまず思い浮かぶかもしれません。

しかし、腎臓など他の内臓の病気、脳神経系が原因になる食欲への影響、関節や骨などの病気による痛み症状など、直接の消化器の病気のみに関わらず、犬の病気全般で食欲不振という症状は起こります。

または、口の中、歯、喉などの痛みや炎症などが原因になっていることもあります。

さらに、犬は嗅覚で食べると言われるほど匂いに敏感であるため、鼻に異常や問題があり、嗅覚が鈍っている時なども、食べ物の匂いが判別できなくて食欲不振に陥りやすいです。

そして、私達と同様に、精神的なストレスも食欲不振の原因になります。

犬が感じている不安や寂しさなどの精神的なダメージが、食欲不振を招いていることもあります。

あるいは、病気ではないけれど、食欲不振の原因になるものはたくさんあります。

《犬の食欲不振で考えられる原因》

  • 消化管の病気
  • 身体の不調や痛み:腎臓などの内臓の病気、脳神経系が原因になっている食欲への影響、関節や骨などの痛み症状、口の中、歯、喉などの痛みや炎症
  • 嗅覚の問題
  • 精神的なストレス
  • その他:気温や気候の影響、フードが好みではない、フードが劣化している、年齢とともに食事の必要量が少なくなってきた、食器の高さや飲み込みが悪いなどの問題が生じていて食事することが負担など

病気の判断

犬に食欲不振が見られる時、もしかしたら重大な病気が潜んでいる可能性もあるので、原因が何であるか見極めなければなりません。

一回食べなかったというだけでは、それほど問題になるわけではありませんが、重要なのは食欲不振の他にも何か症状はないかということです。

もし明らかな症状が他になく、全身状態が良いのであれば、慌てずに少し様子を見てもよいでしょう。

しかし、食欲不振が明らかで何も口にしないような場合は、その状態でどこまで待てるかということも判断しなければなりません。

犬が全く食事をせずに過ごせるのは3~4日とされます。

しかし、食事だけでなく、水も飲まないというような状態であれば条件は変わって来ます。

水分も摂れていないようでは、犬の体格やその年齢によっては、脱水に陥るのも早く、急変してしまうことがあります。

このあたりの考え方は、ちょうど人間の子供と同じような感覚で捉えるとよいと思います。

脱水の観察点として、おしっこが出ているかということは重要なポイントです。

食欲不振の原因として、何らかの病気の可能性があるか、体力を消耗している様子が見られるのであれば、早めの受診が必要になります。

スポンサーリンク

「食欲不振」と「吐く」症状が重なる時に考えられる犬の病気

犬が「吐く」はよく見られる現象

犬が吐くというのは、程度の違いはあるものの日常的にもわりと見られることの多い症状です。

しかし、犬が吐く理由もまた様々です。

吐くことがそれほど問題にならず、経過観察で良い時と、緊急性がある時があり、同じ「吐く」症状であっても決して放置してはいけません。

吐く症状が単発的であり、その後はケロッとしてして、食事も普通にできる場合もありますが、一般的に、吐くという症状は食欲不振とセットであることが多いものです。

【犬の嘔吐と緊急性の参考記事】

ストレスでも起こる?犬の嘔吐・下痢の原因と緊急性の判断

 

「吐く」「食欲不振」がある消化器系の犬の病気

◆急性胃炎

急に吐くという症状から始まる病気で、一番多い犬の病気の病名は急性胃炎です。

急性胃炎は、次のような原因で胃粘膜が刺激を受けて引き起こされる症候群のことです。

  • 腐敗した食べ物の細菌や毒素
  • ウイルス
  • 毒物や薬物などの誤食
  • 寄生虫
  • アレルギー反応など

原因がどれであっても、その多くは急に吐くという症状で始まります。

吐くことを何度も繰り返し、胃の中に吐くものがなくなっても吐こうとするような吐き気の症状だけが続くこともあります。

何度も吐くことで脱水を起こし、腎機能が悪くなり、体内の電解質のバランスが崩れて重篤化するというパターンもあります。

【急性腎不全の参考記事】

犬の腎不全と余命 検査数値と腎臓病のステージについて

急性胃炎は、その原因によって軽度から重度まである一般的な犬の病気であり、治療もその原因ごとに異なります。

基本的な治療は、原因になっているものを除去することが共通であり、病原菌に対しては抗生剤などを使って対処し、同時に、点滴で水分や電解質を補って脱水の予防に努めます。

治療中は胃を休ませる目的で絶飲食にすることもあります。

回復の兆しが見られたら、口から水分を摂ることを開始し、吐く症状が治まっていれば流動食から少しずつ食事を元に戻していきます。

しかし、治療しても回復の兆しが見られず、激しく吐くなど、重篤化の傾向がある場合は、原因に重大な感染症が隠れているかもしれませんので、治療内容の変更が検討されます。

◆胃拡張・胃捻転症候群

胃拡張・胃捻転症候群は、好発犬種がある犬の病気です。

胃が空気と食べ物で膨れ上がった状態のまま、ねじれを起こし、胃拡張が悪化して血液循環障害を起こします。

循環障害によって胃壁が壊死し、全身はショック状態に陥る重大な病気です。

この病気は何が原因かは明らかにはわかっていません。

しかし、大量の早食いや水分の一気飲み、食直後の運動などが発症の要因になるとされています。

前兆に食欲不振などはなく、健康で元気な状態から突然発症するのが怖い病気です。

この病気は、吐き気があっても吐くことができないのが特徴的な症状の一つで、吐くに吐けなくて腹部は大きく膨らみ、腹痛もあります。

この病気では、犬は苦しんで涎を垂らし、呼吸状態も悪くなります。

やせ型で胸の深い大型犬であるコリー、ボルゾイ、シェパードなどに好発する病気ですが、大型犬以外のダックスフンドやペキニーズなどにも発症することがあります。

治療は、まずは全身管理を行いながらショック状態を改善しつつ、胃にチューブを挿入して貯留したガスを抜いてから手術を行います。

しかし、それまで犬は元気に過ごしていて急激に発症・進行するので、発見も遅れることが多くなり、対処が遅れると命に関わる危険性が高い、重要な犬の病気です。

◆腸閉塞

腸閉塞は、異物の誤飲や腫瘍、寄生虫などによって小腸が閉塞して通過障害が起こる現象です。

閉塞した部分から上部にはガスなどが溜まり、そのために細菌が異常繁殖したり、細菌が出す毒素によってショック状態になったりします。

また、体液のバランスや電解質のバランスは崩れ、全身の状態が悪くなります。

通過障害が不完全な(完全には閉塞してない)場合は、吐く、食欲不振、便秘、脱水などの症状を表しながら次第に全身状態が悪くなっていきます。

しかし、完全に閉塞して全く通過できなくなっている場合は、吐く症状は急速で激しく、詰まってしまった腸管は壊死が起こり、大変危険な状態になります。

治療は、全身管理でショック状態を改善しながら、手術によって腸を切除するか異物を除去するなどの対処が必要です。

異物の誤飲が原因で腸閉塞を起こすことは少なくないようです。

特に子犬など、おもちゃの誤飲には十分注意しなければなりません。

◆感染症

食欲不振と吐く症状は、パルボウイルス感染症のような重要な犬の病気の初期にも見られる症状です。

ワクチン未接種で、病気などで体力が弱っている犬や老犬、免疫力のない幼犬では、食欲不振と吐く症状がある場合、このような感染症の可能性もあります。

この感染症は、一週間程度の潜伏期を経て、食欲不振、発熱、水溶性下痢、血便、激しく吐く症状などが現れ、ショック状態になり急死することも多い病気です。

感染経路は、感染している犬との食器の使い回し、ウイルスを持っている犬の便や吐物に触れることなどによって感染します。

パルボウイルスの生存力は大変強く、また、感染力も強く、治療法は確立されていません。

その為、全身の免疫力を高めながら、治療は対症的に行うことになります。

パルボウイルス感染症は、保健所など多数の犬が収容されている場所で時折発生しているようです。

感染を食い止めるためには飼育環境の消毒も入念に行う必要がありますが、ウイルスは通常の環境で1年ほども生存できると言われ、感染拡大の可能性の高い、重要な犬の病気です。

「食欲不振」「吐く」症状がある時の対応

犬に食欲不振が見られる場合は、全身状態や他にも症状がないかを観察しましょう。

病気から起こるものであったとしても、それは必ずしも消化器の病気とは限りません。

どこかに痛みがあるせいで食欲不振に陥っているのかもしれません。

吐くという症状も犬の病気で表れやすい症状ですので、全身をチェックしてみて下さい。

急に吐く場合は、その前に何があったのか、何を食べたのか、吐くまでのエピソードを探ってみると原因がわかるかもしれません。

散歩中に何か異食した可能性はないでしょうか?

遊んでいたおもちゃなど、破損してなくなっている部品がないかなどを調べてみるのも大事です。

激しく吐く場合や、全身状態が悪い場合などは緊急性があります。

迷わずにすぐ医療機関を受診するようにして下さい。

吐く症状と下痢が重なると、急変の可能性は高くなり、早期の対応が必要です。

病気の可能性は低く、食欲不振の原因が他にある場合、食欲がわくような工夫をしてみるのも必要かもしれません。

準備しても食べないのであれば、そのまま置いておかずに一旦片付けましょう。

そして、改めて新しい食事を与えて下さい。

食事に犬の好きな匂いのトッピングなどをすると、食いつきがよくなることも多いです。

犬用のトッピングもふりかけなどの市販品がありますが、ささみや犬の好む野菜、チーズなどを少量載せてあげると、匂いで食いついてくれることも多いです。

ただし、アレルギーや塩分には注意してあげて下さい。

【参考記事】

犬のアレルギー対策 フードを手作りご飯にする効果と方法

犬も魚をおいしく食べたい!犬の食べ物に5つの注意

 

まとめ

食欲不振と吐く症状のどちらも、犬の病気ではよく見られる症状です。

食欲不振と吐く症状が重なる消化器分野の犬の病気を挙げてみましたが、同じような症状を表すものは他にもあり、脳の病気も吐く症状と関連があります。

見逃さないで!その症状は犬の脳腫瘍の進行かもしれない

犬の病気は、飼い主さんが気づく以外に早期発見の方法はありません。

また、犬の病気は一見緊急性がなさそうであっても、犬の大きさや年齢によっては時間の経過とともに手遅れになる場合もありますので注意しましょう。

様子がおかしいと思ったら、自分で判断するより医療機関を受診した方が間違いないです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

【おすすめ記事】

デメリットも調べよう!ペッツベストのペット保険・口コミ評判

犬用サプリで免疫!犬康食・ワンプレミアムの口コミと評判

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!