大きさが違う!シュナウザー達の性格や犬の寿命と健康

犬の種類でシュナウザーと聞くと、ミニチュアシュナウザーを思い浮かべる人が多いと思います。

かつてドラマに出て来る可愛らしさで有名にもなりましたが、観ていた方はいらっしゃいますか?

ミニチュアという名前が付くくらいですから、そうではないシュナウザーもいるということなんです。はたしてシュナウザーという犬はどんな犬なのでしょう?

例えば性格やかかりやすい病気、寿命など知っておくと、飼い主さんが注意すべきことがわかると思います。今回はシュナウザーという犬についての話です。

スタンダード?ジャイアント?シュナウザーは大きさがまるで違う!

シュナウザーはドイツ生まれの犬種で、ミニチュアの他にスタンダードジャイアントがいて、合わせて3種類の大きさの異なるシュナウザーがいることになります。

スタンダードシュナウザーは14世紀ごろから存在していたと言われ、元々は牧畜犬として飼われていた犬でした。

スタンダードシュナウザーを小型に改良したものがミニチュアシュナウザー、そしてグレートデンなどの大型犬との交配によって大型化したのがジャイアントシュナウザーと言われています。

シュナウザーは凄腕のネズミ捕りと呼ばれるほど小型動物の狩りが上手く、家畜の番として優れた能力が重宝されてきましたが、現在は家庭犬であることが一般的になっています。

また、ジャイアントシュナウザーにいたっては、第一次世界大戦の時には警察犬としても活躍してその名前を広く知られることになりました。

シュナウザーは一般的に、忠誠心が強く温和で懐きやすいと言われますが、ジャイアントシュナウザーは警戒心が強く、その性質が警察犬としては最適だったようです。

この3種類のシュナウザー達ですが、大きさが本当に全く違います。

  体重 体高
ジャイアントシュナウザー 30~40kg 60~70cm
スタンダードシュナウザー 15~20kg 45~50cm
ミニチュアシュナウザー   4~7kg 30~36cm

小さなミニチュアシュナウザーと大きなジャイアントシュナウザーでは体重が10倍も違います。

ジャイアントは、本当に大型犬になるのですね。

シュナウザーの特徴や性格

シュナウザーという名前の由来は、「口髭」という意味のドイツ語であるシュナウツから来ているそうですが、なるほどピッタリの表現かもしれません。

シュナウザーはその髭や長い眉毛のように見える被毛が特徴です。

その髭や眉毛にはちゃんと役割があって、ネズミ捕りの時にネズミの反撃から自分の目や鼻を守る為に長くなったという説があります。

その性格は優しくて穏やか、活発で運動が大好き、知能が高くて協調性があり、飼い主さんやその家族に対する忠誠心が高くなつきやすいと言われます。

このような理由からシュナウザーは大変しつけやすい犬種と言われています。

シュナウザーの被毛はダブルコートになっていて、トリミングの必要がある犬種です。カラーは、ソルト&ペッパー、ブラック&シルバー、ブラック、ホワイトがいます。

犬の寿命と健康管理

シュナウザーは大きさがまるで違う3種類がいますが、平均寿命にそれほど違いはないようで、シュナウザーの寿命は大体12~16年くらいとされています。

ただ、シュナウザーにも遺伝的な病気があり、寿命がそのような病気に左右されることはあるかもしれません。遺伝的なものと考えられる、注意すべき病気としては次のようなものです。

若年性白内障

目の水晶体というレンズの部分が白濁してきて次第に視力を失っていきます。どの犬種も高齢の犬の場合は白内障になることも多いですが、遺伝的な白内障は5歳前後の若年から発症し、シュナウザーにはこのパターンがあるようです。

直接、犬の寿命を左右するわけではないですが、発症した場合は暮らしやすい環境の調整などが必要になって来ます。

またこの病気はシュナウザーに限ったものではなく柴犬などにもあります。

ギネスに載ったのは柴犬だった?犬の寿命はここまで延びる!

進行性網膜委縮

網膜の細胞が委縮し、暗い所で目が見えづらいという症状から始まり最終的には失明する、遺伝性、進行性の病気です。

犬の寿命を左右はしませんが、治療法がなく失明ということに備えての環境調整が必要になります。

【進行性網膜委縮について】

長生きさせたい!パピヨンという犬の寿命と病気について

シュナウザー面ほう症候群

病名に「シュナウザー」という名前が付いていることからも、遺伝性の病気と考えられています。背骨を中心にして黒いかさぶたのようなものができ、痒みや化膿などの症状を引き起こします。

進行することで脱毛の症状も表れてきますが、治療法は確立されていないようです。

膵炎

シュナウザーは遺伝的に脂肪代謝異常があることがあり、膵炎を起こしやすいようです。

慢性的に経過することで膵臓の組織が次第に破壊されていき、消化液の分泌がうまくいかなくなったり糖尿病を発症することもあります。

慢性膵炎が悪化すると寿命を左右する可能性がありますし、糖尿病を発症するとさらに病気のコントロールが難しくなってきますので注意が必要です。

早期に発見して食事療法などで対応していくことで、病気を持ちながらも寿命を延ばすことは可能だと思います。この病気は、脂質の高いおやつの習慣などが引き金になることもあるので、そのような食べ物は普段から避けておく方がいいかもしれません。

他にシュナウザーがかかりやすく気を付ける病気には、尿路結石、股関節形成不全などがあります。それも遺伝的なものがあると言われていますが、個体差があり、シュナウザー全てということではありません。

良質なフードや肥満にならない運動習慣、体を清潔に保ちケアを怠らないことなどの基本的な健康管理をして、異常に早く気づくということが犬の寿命を延ばすには大事です。

シュナウザーのカットスタイル画像

おじいさんのような個性的な風貌が魅力のシュナウザーですが、カットスタイルもとてもたくさんあって、ますます個性的に見えます。

シュナウザーは口の周りの被毛が食事で汚れやすく、また耳の中にも毛が多いので、皮膚病や外耳炎などを予防するためには日常的に清潔を保てるように注意してあげなくてはいけません。

シュナウザーのカットスタイルをいくつかあげてみました。カット一つでイメージも変わり、このようなおしゃれが楽しめるのもシュナウザーの魅力かもしれないですね。

こちらはよく見かける、シュナウザーらしいカット 出典元 http://shinno-en.com/trimming/schnauzer

長いまつ毛を作るカットがとても女の子らしいですね 出典元 https://www.wisedoggy.com/cut-catalog/

似ているようですが違います。モヒカン? 出典元 http://www.funky-d.net/style_cat/minischnauzer

まとめ

シュナウザーという犬種には、ミニチュアシュナウザー、スタンダードシュナウザー、ジャイアントシュナウザーの3種が存在していて、小型犬と大型犬ほどの体格差があります。

しかし犬の寿命にそれほど変わりはありません。

遺伝的な病気やかかりやすい病気はありますが、それには個体差もあり、決してシュナウザーだけの問題ではありません。一緒に暮らしていく中で、そういうものにも気を付けながら普段の健康管理ができていれば、犬の寿命を十分延ばしてあげられると思います。

シュナウザーはトリミングが必要な犬種で、皮膚病を予防するという意味でも特に口の周りや耳には手をかける必要があります。また普段からそのようなケアを習慣化することは、犬の健康、そして犬の寿命にも関わってくることではないかと思います。

トリミングもいろんなスタイルがあって、可愛くおしゃれを楽しめますし、性格も良いシュナウザーとの暮らしは楽しいことがたくさんあるのではないでしょうか。

しかし何より大事なことは、外見を整えるだけでなく飼い主さんが愛情を注ぐことです。

飼い主さんに愛され安心して暮らせることが犬のストレスをなくし、犬の寿命を延ばす大きな要素だと思います。

穏やかで性格のいい犬と言われるシュナウザー、一度迎えたら終生離れることなく、その犬の寿命を全うさせてあげられるように可愛がってあげて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

保険スクエアbang!と口コミ・評判でペット保険を検討しよう

犬の糖尿病の症状チェック 初期症状や合併症はどんなもの?


あわせて読みたい記事はこちら


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"