犬の糖尿病の症状チェック 初期症状や合併症はどんなもの?

糖尿病は、人の生活習慣病として代表的な病気ですが、人と同様に犬にも見られる病気です。

糖尿病は血糖値が高くなる病気ということは、一般的によく知られていますが、糖尿病の症状はどのようなものか、改めてチェックしておきたいところです。

特に初期症状は早期発見の為にも大切です。

今回は、犬の糖尿病と症状について解説します。

スポンサーリンク

犬の糖尿病は膵臓のホルモン分泌異常で起こる

糖尿病とは、膵臓のランゲルハンス島のβ細胞という部位から分泌される、インスリンというホルモンの不足によって、血糖値のコントロールができなくなる病気です。

犬の糖尿病は、内分泌疾患として代表的な病気の一つでもあります。

糖尿病には二つの型があります。

《糖尿病の型》

  • Ⅰ型糖尿病(インスリン依存型)
  • Ⅱ型糖尿病(インスリン非依存型)

Ⅰ型のインスリン依存型糖尿病の方は、インスリンを分泌する機能の回復の見込みがなく、インスリンが絶対的に不足します。

この治療には、外部からのインスリンの補給が不可欠です。

Ⅱ型のインスリン非依存型糖尿病の方は、生活習慣の改善や血糖降下剤の内服などで血液中のブドウ糖とインスリンのバランスを調整することにより、体内でのインスリンの充足も期待でき、改善できる可能性があります。

その為には、肥満の改善や食事療法の遵守、運動療法などの努力が必要ですが、体外からのインスリン補給を必ずしも必要とはしません。

人の糖尿病は、小児や若年性を除けば、生活習慣や肥満が原因になる中年以降の発症が圧倒的に多く、Ⅱ型糖尿病がほとんどです。

しかし、犬の糖尿病のほとんどがⅠ型糖尿病(インスリン依存型)と考えられています。

犬の糖尿病は、8歳以降で発症しやすく、体格ではどちらかと言えば小型犬に多く、200頭に1頭程度の割合で発生します。

また、オスよりもメスの方が2倍多いと言われ、これは発情期の黄体ホルモンが関係するようで、避妊手術は糖尿病の発症予防にも有効とされます。

糖尿病の発症には、他にも要因があります。

《糖尿病の発症の要因》

  • 遺伝的な素因
  • 自己免疫反応
  • 膵炎・クッシング症候群・副腎皮質機能亢進症・甲状腺機能低下などの疾患
  • ウイルス感染
  • 薬物
  • 肥満や運動不足
  • 食生活
  • 加齢
  • ストレス

【甲状腺機能低下症について】

>>犬の尻尾がハゲてくる?甲状腺機能低下症とはどんな病気?

また、好発犬種もあります。

《好発犬種》

ダックスフンド、ビーグル、ミニチュアシュナウザー、プードル、ラブラドールレトリーバー、ゴールデンレトリーバー、ジャーマンシェパード、テリアなど

インスリンはどんな役割をするのか?

食事から体内に入ったブドウ糖は、血液中に流れ込み、体の様々な組織のエネルギー源として使用されます。

この血液中のブドウ糖(血糖)は、インスリンというホルモンによって、常に一定に保たれています。

食事から糖が体内に取り込まれ、血糖値が上がると、膵臓のランゲルハンス島のβ細胞からインスリンが分泌されます。

そして、増加した血糖は、インスリンによって速やかに処理されます。

インスリンの働きは、次のようなものです。

  • 臓器細胞の糖の取り込み
  • 肝臓や筋肉で糖をグリコーゲンへ変換し合成を促進する
  • 貯蔵されたグリコーゲンの分解を抑制する
  • 脂肪の合成の促進
  • 脂肪分解抑制

インスリンが不足すると、糖の代謝が滞るので、血糖値が高い状態が持続します。

その状態が続くことにより、次第に臓器に障害が起きてしまうのです。

インスリンは、体内のエネルギー源となる糖の代謝に関わる重要なホルモンです。

スポンサーリンク

糖尿病の初期症状のチェックポイント

糖尿病の初期症状には、あまり目立つものがありません。

その為、糖尿病を発症していても気づかずに過ごし、病気が進行した状態で初めて診断されるということが多いので、要注意です。

人の場合も、自覚症状がなく、健診などで血糖チェックを受けた時に指摘されるパターンが多いのと同様です。

時に、糖尿病の合併症である白内障をきっかけに医療機関を受診し、初めて犬の糖尿病が発覚するようなこともあるようです。

しかし、初期に全く症状がないわけではありません。

人の糖尿病の症状で、「多飲・多尿・多食・体重減少」という3大症状と呼ばれるものがありますが、犬にも同様の症状が出現します。

糖尿病は、インスリンが正常に分泌されない為に、血液中に増えた糖を臓器に取り込むことができず、高血糖が持続している状態です。

腎臓は、血液中に浮遊している増えすぎた糖を尿として体外に排泄しようとするため、多尿という症状が表れます。

この尿をチェックすると、糖がたくさん排泄されていることがわかります(尿糖)

また、高血糖になった血液は浸透圧が高くなり(濃度が濃い)、体はそれを薄めて補正しようと水分を取り込みます。

このようなメカニズムにより、血糖が高くなると常に水分を必要として喉の渇きを強く感じ、多飲という症状が現れます。

そして、多飲により尿の回数はさらに増えるという悪循環に陥ります。

ちなみに、犬の飲水量の目安は、計算式もあり、また、気候や食事内容にもよりますが、体重1kgあたり50ml~60ml/1日と覚えておくと便利です。

肥満は糖尿病の要因になるものですが、病気が進行すると、反対にどんどん痩せていきます。

糖尿病は、血液中に糖がたくさん存在しているにも関わらず、インスリンの働きがないので、それをエネルギー源に変換して、必要としている細胞に届けるということができません。

それぞれの細胞が正常に機能するためには、エネルギー源が必要です。

それで、糖の代わりとして、体を構成している脂肪やタンパク質を分解して利用するようになり、それが体重減少という症状を引き起こすのです。

糖尿病は、このように、糖をエネルギーに変換して活用できないので、血液中に余って増えていくだけであり、一方で体は常にエネルギー不足の状態に陥ってしまいます。

エネルギーが枯渇するので常に空腹感があり、多食という症状が現れます。

しかし、どんなに食べて糖を取り入れても、有効な栄養になり得ない為、体重は減って痩せていくという症状になるのです。

そして、糖以外のエネルギー源を使うために、体内にはその代謝産物である有害物質が増え、代謝性アシドーシス(ケトアシドーシス)という状態を起こすこともあります。

代謝性アシドーシスには昏睡などの症状が現れ、最悪の場合は死に至ることもあるとても危険な状態です。

犬の糖尿病にいきなりこのような重症の症状が表れるというわけではありませんが、多食などは、健康で問題ないようにも見えやすく、チェックしてみるとすでに症状が出現している場合もあるのです。

糖尿病合併症の症状

糖尿病の初期症状に気づくことができなければ、病気はそのまま進行し、より重篤な合併症へと繋がっていきます。

人の糖尿病で、3大合併症といわれる代表的なものには、

  • 糖尿病性網膜症
  • 糖尿病性腎症
  • 糖尿病性神経障害

があり、治療の過程でも、合併症を起こしてないか、定期的なチェックが必要です。

これらは全て、血糖値が高い状態が持続することによって起こることです。

高血糖の持続は、失明の原因、足先や手先などの神経障害で末端が壊疽(組織が崩壊する)し切断しなければならない、腎不全へと進行し透析治療が必要、というように、不可逆性の症状を引き起こします。

しかし、犬の糖尿病には、この合併症の全ては当てはまりません。

合併症の中で、糖尿病を発症してから10年ほど経過して起こるものについては、犬の糖尿病の発症年齢と寿命の関係から考えても、人のように、長期の病歴の末にそこに至るということはほぼないことと考えられるので(合併症出現時期よりも寿命に達する方が早い)、人とは多少異なります。

犬に見られる糖尿病合併症には次のようなものがありチェックが必要です。

糖尿病性白内障

白内障は、犬の糖尿病合併症に最も多く、血糖値のコントロール不良によって、目の水晶体内部の浸透圧に異常が生じ、不可逆性に急速に進行します。

症状としては、見えづらくなるなどの視覚障害が生じることですが、視力の回復そのものは手術によって可能です。

ただ、この合併症に続発する、ぶどう膜炎や網膜症があるかどうかによって、術後の成績が左右されます。

【白内障の治療と手術について】

>>犬の糖尿病に合併する白内障 その治療と手術について

水晶体誘発性ぶどう膜炎

目のぶどう膜炎の原因には、ウイルスや細菌感染、外傷性など、様々ありますが、糖尿病性白内障にも続発して起こる炎症性の疾患です。

この病気があることで、白内障の手術の成功率が下がります。

目のぶどう膜には、眼内の組織へ血液を供給し、免疫の調整を行うなどの働きがあるのですが、ここに炎症が起こることによってそれらの機能に障害が起こります。

症状は、視覚障害で、重度になると強い眼痛やまぶたの痙攣を伴います。

治療にはステロイドか、または非ステロイド性の消炎剤による点眼や内服などです。

全身性高血圧

犬の糖尿病の経過中に、高血圧症を伴うことが多く見られます。

血圧をチェックしながら、程度によっては、適宜、高血圧症の治療を行うことになります。

糖尿病性神経障害

あまり頻度は高くないですが、糖尿病が長期に渡る場合に起こる合併症です。

症状は、歩行異常や反射の低下、ナックリング(足運びが悪く、つま先を引きずって歩いたり足の甲で歩くなどの歩行異常)などが見られます。

有効な治療法は特になく、予防には糖尿病の血糖コントロールが何よりも重要です。

糖尿病性腎症

タンパク尿を初期症状として、次第に進行し最終的には腎不全へと移行します。

血糖コントロールやその他対症的な治療になります。

人には多く、透析を受ける原因の第一位を占めているのがこの合併症によるものですが、長期経過によって起こる合併症である為、犬にはまれであると言われています。

【参考記事】

>>犬の腎不全と余命 検査数値と腎臓病のステージについて

>>犬の腎臓の重大な病気「尿毒症」末期症状にどう対処するか?

糖尿病性ケトアシドーシス

糖尿病に続発する、最も重要で重篤な病態です。

糖尿病を治療している経過中にも起こる可能性がありますが、糖尿病の初期症状に気づかないまま、このような重篤な症状になって初めて、医療機関を受診することもあるようです。

インスリン欠乏によって生体が糖をエネルギー源として利用することができず、体は糖以外の物質をエネルギー利用するようになります。

その産生物質であるケトン体が過剰に増えると、体は極端に酸性(アシドーシス)に傾き、昏睡状態に陥って死亡の転帰をたどることの多い、緊急を要する状態です。

ケトアシドーシスについては、↓のリンク先を参考にして下さい。

【糖尿病性ケトアシドーシス】

>>犬の糖尿病の検査方法と診断・治療にかかる費用について

他の合併症としては、メスの半数近くに尿路感染が見られ、膵炎、肝臓拡大、クッシング症候群の合併があることも多いです。

 

糖尿病の治療のポイントと治療中の震えの症状

犬の糖尿病は、一般的にはⅠ型(インスリン依存型)であり、体内でのインスリン分泌が期待できないので、その治療はインスリン療法が必須であることが多いです。

インスリン療法は、インスリンを注射で補う治療です。

インスリンには種類がいくつかあり、それぞれ作用時間などが違っていて、病状や体重によって使用量も異なります。

インスリン開始時は、基本的には入院し、血糖値の変動をチェックしながら量を決めることになります。

インスリン療法は、自宅で飼い主さんが注射を施行する必要があり、その指導も医療機関で受けることになります。

また、インスリン療法では、低血糖症状のチェックも必要です。

インスリンを強制的に体外から補充することになりますので、時に食事で入ってくる糖と比較してインスリン量が過剰になる可能性もあります。

そうすると、血中の糖の濃度が下がりすぎて低血糖症状を引き起こし、重度になると痙攣や意識障害、昏睡、失明などが生じることもあります。

インスリン療法を行っている時は、血糖値の変動に注意し、高血糖症状と共に低血糖症状のチェックも重要です。

低血糖の初期症状では、震えや生あくび、嘔吐、元気がなくなる、ボーっとするなどがあります。

特に、震えなど顕著に表れやすいですので、注射後は注意してチェックして下さい。

インスリン注射して3~6時間後までは低血糖が起こることがありますので、チェックが必要です。

そして、震えなどの低血糖症状が認められる場合は、糖分を含むものを舐めさせるなどの応急処置をして医療機関を受診して下さい。

人の場合、自宅で血糖チェックを行っている糖尿病患者さんは多く、症状に応じて血糖チェックもできますが、犬の場合、自宅で可能なのは尿糖チェックくらいです。

その場で血糖値を知ることができないので、飼い主さんは症状を把握しておき、そのチェックと早期の対処が必要になります。

犬の糖尿病で日常的にチェックすべきことは、高血糖症状と低血糖症状のチェックです。

低血糖の時には速やかな対応ができるように、ぶどう糖液などを準備しておくと良いと思います。

糖尿病は、血糖値をいかに良好に保てるかということが、合併症予防の重要な条件になります。

 

まとめ

犬の糖尿病の初期症状は、人間の糖尿病と同様に特に目立つ症状がなく、気づきにくいことが多いです。

病気が進行するにつれて、高血糖が持続することによる様々な細胞変性が生じ、合併症が出現して初めて医療機関を受診する、というパターンは珍しくなさそうです。

発症は比較的高齢であることが多い為、人のように長い期間を患うことはないかもしれませんが、予後を良好に過ごさせる為には、早期発見、早期治療開始が必要です。

犬の糖尿病は、治療が難しいと言われますが、努力によってコントロールも可能な病気です。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

>>犬の糖尿病と食事療法のポイント フードの選び方について

>>犬もリラックスして免疫アップ!ドッグマッサージの素敵な効果

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!