犬の寿命 コーギーの病気と長生きのために気をつけたいこと

犬好きな人の中でも、大型犬や小型犬など体型の好み、そして特にこの犬種が好きで、という犬種ごとの好みも存在します。

胴長で足が短い体型、活発な性格が可愛いコーギーも人気の犬種です。

コーギーという犬の寿命はどのくらいが平均なのでしょうか?できるだけ長く一緒に暮らしていくためには、どのようなことに気を付けるとよいのでしょう?

今回はコーギーという犬の寿命と病気の話です。

スポンサーリンク

コーギーってどんな犬?

日本でも飼われている、一般的によく見かける胴長で短い足のコーギーは、ウェルシュコーギーペンブロークというのが正式名称です。

「一般的によく見かけるとは?」と不思議に思われた方もいらっしゃるでしょう。

コーギーという犬種は、実は2種類いて、ウェルシュコーギーペンブローク以外に、ウェルシュコーギーカーディガンという種類がいます。

どちらのコーギーもイギリスが発祥の地、元々は牧畜犬だったという歴史があります。それぞれに、南ウェールズのペンブロークシャー地方出身、ガーディガンシャー地方出身ということでこの名前が付いています。

コーギーペンブロークの方は、イギリス王室の愛犬ということでブームに火が付き、その後、人気は世界に広がっていき、ポピュラーな犬種になったようです。

一方で、コーギーカーディガンの方は特にブレイクはなく、数の少ない希少犬種であり一般的にペットショップなどでは手に入らない種類です。

2種類のコーギーの違いはほとんどなく、コーギーカーディガンの方がやや大柄でカラーが多く胴が長め、耳も大きめで尻尾はフサフサとしています。

キツネ寄りの顔立ちはコーギーペンブロークの方で、こちらは断尾を施す犬種になっていますが、最近は断尾に対する否定意見も高まっていて、日本でもフサフサした尻尾を残す方針のブリーダーも出て来ました。

また、他にも珍しい長毛のコーギーがいるようです。

こちらはフラッフィーコーギーと呼ばれていて、劣性遺伝により生まれた種類であり、あえて繁殖されるものではなく、また繁殖力も乏しいようです。

基本的に劣性遺伝の種類は規定外なので、たまたま生まれた種類であっても繁殖で量産させるものではありません。

コーギーの特性

コーギーは元々牧畜犬で、農家で走り回ることを仕事としていた働き者の犬だった歴史からとても活発で運動量の必要な犬種です。

体格は、体重が10~14kgくらいで、小型犬、または小さな中型犬と分類される大きさで、声が太いです。性格は朗らかで友好的、飼い主には従順な犬と言われます。

筋肉質でがっちりしていて運動神経がよく、好奇心旺盛な性格もあるのでアジリティなどにも向いています。被毛はダブルコートで寒さには比較的対応できますが、湿度の高い日本の夏には弱い犬種です。

このコーギーという犬の寿命はだいたい11~13歳とされています。もちろん、犬の寿命には個体差があり、また飼育環境などが影響するでしょう。

スポンサーリンク

コーギーの病気について

コーギーには、かかりやすいと言われる病気の中に遺伝病があります。

変性性脊髄症

Degenerative Myelopathy(DM)と呼ばれる、コーギーの代表的な病気です。

原因は遺伝、免疫介在性など様々考えられていて、はっきりと解明されていませんが発症リスクのある遺伝子の存在はわかっており、10歳前後でこの病気を発症する可能性のあるコーギーが48%という高率の重要な病気です。

歩行が不安定な症状から始まり、次第に後ろ足の麻痺、前足の麻痺などが現れ、進行すると起立困難、排泄のコントロールもできなくなり、やがて呼吸抑制が起こり、発症して3年ほどで死に至る病気です。脊髄の病変が広がっていく病気で、治療法はなく、この病気が犬の寿命を左右しているとも言えそうです。

股関節形成不全

ほとんどが遺伝性ですが、それ以外に子犬の時期の極端な肥満などでも発症します。股関節が緩く亜脱臼を起こしている状態であり、成長と共に進行して関節炎なども併発します。

両側で発症することが多く、成長期に症状が出始めて、後ろ足がうまく動かず足を引きずる、跳ねるような歩き方、腰を大きく振りながら歩くという独特な歩き方になります。

安静にすることによって重症化は食い止められることもありますが、外科手術の適応があります。

犬の寿命に直接関わるわけではないのですが、運動量の多い犬種に運動制限がかかるのはストレスとなり、コーギーの生活の質の低下に繋がる原因になります。

それは健康を維持していく上でのリスクになり、他の病気を誘発して犬の寿命に影響することもありそうです。

進行性網膜委縮

遺伝が関与する病気で、コーギー以外でもこの病気が発症しやすい犬種はいます。

両目に起こり、網膜の細胞が少しずつ委縮し、目が見えにくくなってやがて完全に失明する進行性の病気で治療法はありません。

犬の寿命に関わる病気ではなくても、行動制限によって健康維持が困難になり、他の病気につながったり、事故などで犬の寿命を縮めることがあるかもしれません。

コーギーに限らず、他の犬種にも発症する病気です。

犬の寿命 ミニチュアダックスフンドは長生きする犬種?

椎間板ヘルニア

コーギーは軟骨異栄養性犬種という分類に入っています。

これは骨の成長期に椎間板変性が始まりやすい犬種で、2~7歳の若年齢で急性のハンセンⅠ型ヘルニアを発症する可能性が高い種類です。

もう一つにハンセンⅡ型というのがありますが、そちらは加齢に伴う椎間板の変性で、老年期にかけて多く慢性的に経過するというタイプです。

ハンセンⅠ型は急速に悪化しやすく、重症では麻痺で排泄困難や歩行困難になり、痛みやストレスから呼吸困難などを起こして犬の寿命が縮まるケースもあります。

コーギーの健康のためにできること

コーギーという犬の寿命を延ばすためには、かかりやすい病気などを考えれば、肥満させないということも重要なことです。食事量に注意をして、また十分な運動をさせる必要があります。

コーギーの体型はただでさえ足腰に負担がかかりやすいので、日常の中でもできるだけ足腰に負担がかからない環境を作ってあげないといけません。

フローリングは滑りやすいので床材に工夫したり、滑り止めのカーペットを敷き詰めるという工夫も必要かもしれません。

おくだけ吸着 洗えるバリアフリータイルマット 30×30cm 無地64枚(8枚入…

活発な動きをする犬なので、高い所に飛び乗らないように気を付ける、スロープなどを利用するのも病気の予防に必要な工夫です。

〈1年保証〉犬 階段 ステップ ペット用 階段 ドッグステップ Mサイズ 幅40…

大きな怪我をさせるとその後の生活動作に影響して犬の寿命に関わってくることにもなるので、そうならないような生活上の配慮が必要だと思います。

また、たとえ病気になっても、できるだけ質のよい生活環境を保ってあげることはその先の犬の寿命にも大きく影響があるでしょう。

そして、体型的に散歩中に地面からの影響も受けやすいです。照り返しや寄生虫の付着にも十分注意してあげて下さい。

皮膚や被毛を清潔に保って皮膚病を予防することは、全身の病気の予防にも繋がり、犬の寿命に関係してくると思います。

まとめ

コーギーは活動的で体力のある犬種ですが、犬の寿命には進行性の遺伝病の影響が大きいと言えそうです。

治療法が確立するか、延命できる手段があればよいでしょうが、それよりも、犬の寿命には遺伝性疾患の犬を繁殖させないことが重要で、繁殖に携わる人間の意識の向上がもっとも必要なことかもしれません。

コーギーは、現在、繁殖数が減り、絶滅危惧種になる可能性があるとも言われています。その原因は小型犬の人気があがってきたこととヨーロッパで法的に断尾禁止国が増えたことだそうです。

尻尾がない姿が可愛いと言われますが、それは元々のコーギーの姿ではありません。

ありのままの姿で健康に犬の寿命を全うする為には、犬に珍しさや元々ないものを求める消費者側の意識を変えることも必要なのではないでしょうか。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

犬の尻尾を切る習慣はなぜ存在するのか?断尾の理由とは

保険スクエアbang!と口コミ・評判でペット保険を検討しよう

スポンサーリンク