暴れる子犬を止められない!よくある3つの場面でのしつけ方法

子犬の暴れる行動があまりにも激しすぎる!と、心配になったことはありませんか?

子犬は元気な方がよいのだということは、飼い主さんもわかっているんです。

でも暴れる時のテンションが高すぎて、どう扱ったらいいかわからなくなることもありますね。

よく見る光景の中で子犬が暴れる3つの場面についての対処法と有効なしつけについて考えてみましょう。

スポンサーリンク

子犬が暴れる理由

子犬は好奇心が旺盛なので、暴れるという行動が単純に遊んでいるだけのこともあります。

あるいはストレスが溜まっていてそれを発散させている場合もあり、運動が足りてないことなども考えられます。

暴れ始めると、部屋中を全力で走り回り、物を噛んで破壊するなどの行動が見られ、掴まえたくても逃げ回って掴まらなかったり、または突進してきたりもするでしょう。

そわそわと落ち着きなく体を掻いたり、興奮しすぎて視点が定まってないなどが見られることもありますが、そういったものは特にストレスの高い状態の時に見られる特徴のようです。

暴れる理由には、前述のようにいろいろありそうですが、まずはその原因として思い当たるものを見つけることが必要です。

スポンサーリンク

ケージの中で暴れる場合

ケージの中に入っている時に中で激しく暴れるということがあります。

ケージの柵を噛みまくり、床に敷いているペットシートや毛布なども噛み散らかしてめちゃくちゃにしたり、クッションなどを破って詰め物を出してしまったり、飛んだり跳ねたりして鳴く、吠えるなどしながら暴れる子犬もいます。

この原因になるものとしては、運動不足や遊びが足りなくてストレスが溜まっているということが考えられます。

または、子犬がケージというものに対し、自分のリラックスできる場所であるという認識が持てない為に、ケージに閉じ込められているという感覚になっているということも暴れる原因となります。

ケージに慣れていない子犬の場合は、人間の閉所恐怖症と同じ症状を示すこともあるようで、閉じ込められているという状況にパニックを起こし、ストレスが高まり、大暴れして泣き叫んでいる、といった状態です。

そしてなんとかそこから出ようとして必死でケージを噛み、少し体の大きい子だとケージを破壊してしまって脱出することもあるようです。

脱出するだけであればまだ良いのですが、それが事故に繋がることもありますので注意が必要です。

ケージやサークルの中にいることに抵抗して暴れる子犬の場合は、そこが自分にとって安全で安心できる、楽しい特別な部屋であることをしつけで教えてあげなくてはいけません。

いわゆる、クレートトレーニングというしつけです。

【クレートトレーニングの参考記事】

子犬にハウスを覚えさせる意味は?しつけを楽しくすすめよう!

しつけの前に十分に遊んであげて発散させてあげておくと、しつけに入るのもスムーズです。

最初はおやつなどで中に誘導して扉は閉めないようにします。

この時に無理をすると、ハウスに対する警戒心や恐怖、抵抗を強めるだけなので、あくまでも自分から入るようにしつけましょう。

そして、中でおやつを食べることに慣れて来たら、次は中に入った時に扉を閉めておくというしつけです。

少しずつ、そこが自分の居場所であることに慣れ、中で安心して落ち着くことができ、暴れることなく過ごせるようにしつけてあげて下さい。

また、中に長時間入れたままにせず、飼い主さんと十分に遊んでスキンシップが取れる時間を取り、メリハリある過ごし方ができるようにしましょう。

ケージから出すと暴れる場合

子犬をケージから出した途端、全速力で部屋中を走り回って暴れるという行動は、珍しいことではありません。

外に出た解放感、広い部屋に対する好奇心や嬉しさ、溜まっていたエネルギーを発散するかのように動き回り走って暴れるのです。

走り回って自制が利かないその行動を見て、どうかしてしまったのではないかと心配になったり、危ないと感じて掴まえたいけど、暴れる子犬はすばしっこくて掴まらなかったりします。

子犬が普段から十分に飼い主さんとの遊びで運動できていて、適度にストレスも発散できていると、しばらくすれば落ち着くものですが、暴れる行動が10分も続くようであれば、それは普段の運動が十分ではないかもしれません。

散歩に行ける月齢であれば、子犬にとって散歩が足りてないということも考えられます。

その場合は散歩や遊びの内容などを見直してあげてみて下さい。

また、子犬がこのように走り回って暴れる時には、障害物などを比較的うまくよけているものなのですが、突進してその勢いが止まらずに怪我をすることがあります。子犬であれば骨折などもしやすいですし、頭を打つような重大な事故にも繋がります

ちょうど人間の赤ちゃんが歩き始めた時と同じように、室内の危険物をなるべく少なくし、家具やドアの角の部分にはぶつかっても安全なガードを貼るなどの対策をしてあげると良いと思います。

行動をしっかり観察し、かじってしまう可能性のある電気コードなどは感電事故に繋がりますので十分注意し、コード類のカバーなど活用すると安心です。

そして、普段から遊びで子犬のエネルギーを発散させてあげましょう。

子犬が噛んだとしても、壊れて怪我したり飲み込んだりする心配のないような、安全なおもちゃをあげてみるとか、ロープのついているおもちゃを飼い主さんと引っ張りっこするなどして遊んであげて下さい。

散歩のできる子犬の場合は、少し景色の変わるようなコースに変えてみるなどして、子犬の好奇心を満足させてあげるのもいいかもしれません。

暴れる時は、大声で名前を呼んだり怒ったりしないようにして、危険がないように観察しながら無視しておいて下さい。飼い主さんが高い声を出しながら追いかけまわしたりすると、子犬は遊んでもらえていると思って一層テンションがあがって暴れることになり、興奮が止まらなくなります。

静かに落ち着いていればちゃんと遊んでもらえることを子犬に覚えさせるようにしつけましょう。

また、暴れるからとケージに入れるのは、ハウスのしつけができてない子犬には逆効果になります。

ハウスを罰として覚えさせてしまうことになり、ケージ内に入れると閉じ込められたというストレスで暴れることに繋がってしまいます。

散歩やおもちゃで遊んで十分発散させた後は、クールダウンさせてあげて、ケージ内に戻す時は落ち着いてからにした方が、中でもそのまま落ち着いて過ごせるようになります。

暴れる時には静かに無視をするようにし、一方で行動を制止するしつけを覚えさせると役に立つと思います。

そして、エネルギーが有り余っているようでしたら、子犬のしつけ教室のようなところに通ってみるのもよい刺激になるのではないかと思います。動物病院などでも開催されていることがありますので、お住まいの地域で探してみて下さい。

パピークラスでは、子犬の社会化に大事なコミュニケーションのしつけを遊びのようなゲームなどを通して行うので、そのような場所で発散できれば十分満足感も得られ、長時間暴れることも少なくなると思います。

留守番中に暴れる場合

飼い主さんの留守中に物を破壊したりゴミ箱をあさったりして暴れる行動には、分離不安と呼ばれるものが隠れている可能性があります。

留守番による不安、飼い主さんという愛着のある対象と離れることの、耐え難い寂しさによるストレスから、精神的に不安定となり、混乱してそのような暴れる行動を取るようになることがあります。

これはそのままにしておくと重症な心の病にまでなってしまうことがあります。

まず、留守中の物を壊して暴れるような行動を、飼い主さんが帰って来て怒ったりするのは有効なしつけではありません。そのような形で時間が経過したことに怒っても、子犬には意味がわからないので、飼い主さんが帰ってくることと怒られることを関連づけて覚えてしまいます。

留守番をさせる時には、子犬に留守番用の特別なおもちゃをあげることにしてもいいかもしれません。中におやつを入れておき、それを自分で工夫して出しながら遊べるような犬のおもちゃがあります。そういうものだと結構長い時間、楽しんで遊ぶことができるようです。

また、分離不安と思われる場合は、飼い主さんが姿を見せなくなる時間を少しずつ延ばしていく、出かける準備をしたのに家にいる、などで、少しずつその状況に慣らしていく必要があります。

飼い主さんが家にいる時と留守中のギャップをできるだけ感じさせないようにし、出掛ける際のざわざわした雰囲気を作らない、留守の間も音楽をかけてみるとか電気が点くようにするとかの工夫も考えてみましょう。

【分離不安の参考記事】

困った!犬が粗相する時の対策 その原因はどこにある?

鳴く!吠える!子犬に対処する方法 要求吠えへのしつけ

 

まとめ

子犬の頃はみんな多少は暴れるものであって、落ち着きがないものです。好奇心旺盛でエネルギーがいっぱい、元気に暴れた後にぐっすり寝るというのは、健康な子犬の姿です。

その時期は暴れても良いように環境を整えて、子犬を事故や怪我から守ってあげて下さい。

そして、十分なコミュニケーションと適切な遊びでエネルギーを発散させてあげましょう。

子犬の頃特有の暴れる行為は、成長と共に次第に落ち着いて来ます。

しかし、成長した時に問題となる行動が残らないように、見守りながら同時にしつけもきちんとしなければなりません。子犬は、人間と暮らしていく上で必要となるようなルールを何も知らないまま、飼い主さんの家にやって来たのです。

だから、子犬の行動には、たとえ手を焼くものがあったとしても、それは決して問題行動ではなく、ありのままの子犬らしい姿です。

これから飼い主さんがたくさんのことを丁寧に子犬に教えていかなくてはいけません。どうか広い心で、根気よく子犬の成長を見守ってあげて下さいね。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事!】

甘噛みはしつけのチャンス!子犬が噛むのをやめさせる方法

子犬と一緒に通いたい!しつけ教室にはいつから参加できる?

性格の問題?落ち着かない子犬を落ち着かせるしつけ方法

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!