子犬にハウスのしつけをする必要性と方法について

子犬のしつけには「ハウス」というしつけがあります

室内で自由にさせるつもりなので、わざわざハウスを覚えさせなくてもかまわない、という飼い主さんも多いです。

しかし、実は、小犬のハウスのしつけ(クレートトレーニング)は結構重要です。

今回は、子犬にハウスを教える意味とそのしつけ方法について解説します。

ハウスのしつけは子犬に家を教えるだけではない

ハウスのしつけ=クレートトレーニングと言うと、子犬の家を作っておいて、そこに入るように教えるだけというように理解しがちです。

理屈はそうなのですが、これには大きな意味があるのです。

ハウスのしつけとは、飼い主さんの指示で子犬を決められた場所(ハウス)に移動させることができ、また指示するまでそこから動かないようにするしつけです。

ハウスのしつけをすることは、子犬の行動をコントロールするということに繋がります。

子犬のハウスという、その形が目的なのではなく、子犬を指定した場所で落ち着かせることが目的なのです。

ハウスのしつけは子犬も安心感を得られることになる

犬には本来、「巣穴」という、土を掘って作った、狭くて周囲を囲まれた空間の中で暮らす習性があります。

すっぽりとその中に入って外敵から身を隠し、雨風をしのぎながら過ごせるその場所は、犬にとって安全と安心感を得られる場所なのです。

子犬も、本能的に周囲を囲われた空間を好み、そこが子犬の場所と決められれば、子犬は安心して過ごすことができるようになります。

居場所を与えられ、そこで過ごすことを教えられた子犬は、それを自分のテリトリーと認識します。

しかし、特に決められた場所もなく、フリーで過ごしている子犬の場合は、家全体をテリトリーとみなすのです。

一見、自由なのですが、子犬にとっては家全体はあまりに大きな範囲で、広すぎるテリトリーです。

そして、子犬は自分のテリトリーを本能的に必死で守ろうとするようになり、行動が落ち着かなくなりがちです。

テリトリーに入ってくる侵入者を防ごうとして、懸命に番犬をし、吠えることや威嚇行動も多くなります。

隅々まで守らなければならないので、いつも神経を研ぎ澄ませ、常にストレスがかかっているような状態になるので、子犬の性格形成にも影響してきます。

たとえ室内で自由にさせるのだとしても、固定された居場所=ハウスを決めてやることは、子犬の為にも必要なのです。

ハウスのしつけは、留守番させる時にも犬を安心させることができます。

また、災害時などは、犬の行動をコントロールできるだけでも、犬を同伴して避難する上で飼い主さんも犬もそれに慣れているというだけで、ストレスを軽減することもできます。

ハウスとは、子犬が安心して落ち着ける居場所を覚えさせるしつけということができます。

子犬にハウスを教えるしつけの実際

しつけのポイント

子犬のハウスになるものを準備します。

ハウスのしつけは、家の形をしている犬小屋、犬用ケージ、サークルで囲って作った部屋の一角など、その家ごとに決めた犬用スペースで、子犬が落ち着いて過ごすことができる専用の場所であればそれでよいです。

要するに、子犬がハウスと認識できるような居場所にできれば良いのです。

構造的なことから、子犬が中に入ったらそのまま運ぶこともできるクレートにも慣れさせておくと、動物病院への通院の時など移動に便利な場面も多いです。

クレートを選ぶ時は、

  • 中でスムーズに方向転換できる
  • ふせの姿勢をした時に、前足が外に出ずにすっぽり収まりきれる奥行がある
  • 子犬が立っている時にも無理のない高さがある

というのが、最低限の大きさの基準になります。

子犬専用のスペースを広めのケージやサークルにしてやって、その中にもう一つ、子犬がすっぽりと隠れることのできるようなクレートや屋根付きベッドなどを個室として置いてやると、より落ち着くことができると思います。

ハウスのしつけをする前には、適度に運動をさせてエネルギーを発散させておき、また、食事や排泄もすませて子犬が落ち着いてからの方が効率が良いようです。

そして、ハウスのしつけに使う指示の言葉は家族間でも統一しておきましょう。

「ハウス!」で良いのですが、言葉が統一されていないと子犬は混乱して覚えることができません。

↓クレートとは、このように外側がプラスチックでできた、頑丈なハードタイプのキャリーのことで、バリケンネルという呼び方もしますが同じものです。

サイズ展開もあります。

 

ハウスの中に入るようになる

ハウスの中にフードやおやつを入れておいて、子犬を中に誘導することから始めます。

子犬がハウスに入ったら、またフードやおやつを入れておくという誘導を3回くらい繰り返し、ハウスを出たり入ったりさせます。

次は、飼い主さんがフードやおやつを手に持ち、その手を子犬に見せながら追って来させ、ハウスの中に誘導します。

子犬の体が足の先まで全部ハウスに入ったら、フードやおやつをハウス内であげて下さい。

すっぽり中に入る事はためらうようであれば、またやり直してみましょう。

警戒しているようであれば、子犬の警戒心がなくなるまで無理をせずに、最初の段階に戻って中におやつを入れておく誘導方法に慣らします。

ハウスの中で過ごせるようになる

警戒心が取れて、体全部でハウスの中に入る事ができるようになったら、ハウス内でしばらくすごすしつけの段階へと進みます。

子犬がハウスに入っている状態で、外からおやつやフードをどんどんあげて下さい。

子犬は、ハウスの中にいると食べ物をもらえる、ここはなんて良い場所なんだろう!とハウスの中を気に入ることでしょう。

ここは居心地のよい場所なんだよと教えてあげて、ハウスを子犬のお気に入りにするのです。

同じことを繰り返し、子犬がハウスを警戒することなく、中で過ごすことに慣れてきたら、今度はゆっくりハウスの扉を閉めてみます。

そして、扉などの隙間からおやつやフードをどんどん入れてあげます。

子犬が食べ終わるのを見計らい、食べ終わったらすぐに扉をあけてあげましょう。

このようなしつけを繰り返すことで、やがて子犬は、ハウスの中に入り扉が閉まると、おやつがどんどんもらえるのだと期待するようになります。

子犬がハウスの扉を閉められることにも慣れて来たら、今度はその時間を少しずつ長くしてみます。

ごほうびをあげる間隔を少しずつ延ばして、ゆっくりにしてみます。

そうすることで、ごほうびを与える間隔が延びる=ハウスの中で扉がしまったまま過ごす時間を長くすることができるのです。

ただ、子犬は、扉が閉まっても食べ終わったら必ず出られるということを学習していくのですが、閉じ込められたような状況に抵抗を示すこともあります。

もし、鳴いたり、扉を齧るとか爪で引っかくとかして扉が閉まることに抵抗する行動が見られるようであれば、無理をして進めず、その前の段階のしつけに戻します。

ハウスのしつけ(クレートトレーニング)では、

  • 子犬がハウスに警戒心を持たないようにすること
  • 恐怖を感じないこと
  • そこが自分にとって良い場所というプラスのイメージで覚えられること

大事です。

ハウスのしつけに不安になることをやってはいけない

ハウスに警戒心を持ち、中に入ることを怖がるようになると、ハウスのしつけはそれ以上進めることができなくなります。

おやつやフードで誘導する時にも、子犬が入りたがらないのに手で押し込むとか、無理やり引きずって入れるなどしないようにして下さい。

そのような無理強いは警戒心が増強するだけで、ハウスに入ることが子犬にとって楽しいことではなくなってしまい、中に入る事に抵抗するようになるために絶対にやってはいけません。

悪いことをした罰として、ハウスに閉じ込めるというようなハウスの使い方もやめて下さい。

ハウスは子犬にとって、安全で安心できる良い居場所でなければならないのです。

子犬が安心して休める場所を作るためにもハウスのしつけ(クレートトレーニング)は子犬に必要なしつけです。

このしつけによって、子犬はクレートの中で落ち着いて待つことができ、飼い主さんにとっても子犬にとってもメリットが多いのです。

子犬がハウスの中で過ごしている時には、あまり干渉せず、リラックスタイムを妨げないという配慮も必要です。 

 

まとめ

子犬のケージを撤去して部屋で自由にさせている場合、ハウスのしつけ(クレートトレーニング)は不要と考える飼い主さんも多いようですが、自分専用の場所がある方が犬は落ち着いて暮らせるのです。

是非、子犬にハウスを教えてあげましょう。

ハウスの周囲環境、気温や音などの配慮も忘れないようにして下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

>>性格の問題?落ち着かない子犬を落ち着かせるしつけ方法

>>犬用サプリで免疫!犬康食・ワンプレミアムの口コミと評判


あわせて読みたい記事はこちら


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"