子犬にハウスを覚えさせる意味は?しつけを楽しくすすめよう!

子犬のしつけの中にはハウスを覚えさせるというしつけがあります。

室内で自由にさせるつもりなのでハウスができなくても困らない、特に教えないという飼い主さんも結構多いです。

ハウスのしつけは子犬にとっては必要ないのでしょうか?いえ、必要なのです。

今回は、子犬にハウスを教える意味とそのしつけ方法について解説したいと思います。

スポンサーリンク

ハウスのしつけってどんなこと?

ハウスのしつけとは、飼い主さんの指示で子犬決められた場所(ハウス)に移動させることができ、また指示するまでそこから動かないようにするしつけのことです。

このしつけをすることによって、子犬の行動をコントロールできるようになります。

何をハウスにするかについては、そのまま運ぶこともできるという構造的な都合からも、クレートにしておくと何かと便利です。ただ、その物自体にこだわることは目的ではありません。

例えば、家の形をしている犬小屋や犬用ケージ、またはサークルで囲って作った部屋の一角など、その家ごとに決められた、固定された犬用スペースで、子犬が落ち着いて過ごすことができる専用の場所であれば決まりはなく、そこがハウスと認識させられれば良いのです。

スポンサーリンク

子犬にハウスのしつけをするのはなぜ?

犬は本来、巣穴という、土を掘って作った狭くて周囲を囲まれた空間の中で暮らす習性があります。

そこで外敵から身を隠し、雨風をしのぎながら過ごすことで、安全と安心感を得られてきたのです。

そのような習性から、子犬も本能的に周囲を囲われたような空間を好みやすく、そこにいることによって落ち着いて過ごすことができるようになります。

自分の居場所を与えられた子犬は、そこが自分のテリトリーと認識します。

しかし、そのように決められた場所がなくフリーで過ごしている犬の場合は、家全体という広い範囲をテリトリーとみなすようになり、自分にとってあまりに大きすぎるテリトリーを必死で守ろうとするので、行動が落ち着かなくなりがちです。

常に神経を研ぎ澄ませて侵入者を防ごうとし、吠えることや威嚇行動が多くなって、いつもストレスがかかっているような状況になり、それは性格形成にも影響してきます。

庭で放し飼いをしているような犬の場合でも、犬が安心して休める場所がそこになければ、犬は常にテリトリーとして庭を含めた家全体という広範囲を守ろうとします。そして通行人や訪問者の気配に怯えながら一日中吠えているようなことになりがちです。

また、ハウスを覚えることは、留守番の時に犬が落ち着いて過ごすのにも役に立ちます。

そして災害時などは、犬の行動がコントロールできるので移動もしやすくなり、犬を同伴して避難する上でも便利です。

ハウスとは、子犬が安心して落ち着ける居場所を覚えさせるしつけなのです。

子犬にハウスを教えよう!

しつけのポイント

子犬のハウスには、広すぎないものを準備します。

クレートであれば、中でスムーズに方向転換できて、ふせの姿勢をした時に、前足が外に出ずにすっぽり収まりきれるくらいの奥行があり、子犬が立っている時にも無理のない高さのある大きさのものが基準になります。

もし子犬専用のスペースがケージやサークルで広さのあるものであれば、その中にもう一つプライベートな部屋として、クレートやハウス型ベッドなどで空間を作ってあげると良いと思います。

ハウスのしつけをする前には、適度に運動をさせて心身ともに満足させ、エネルギーを発散させておく方がスムーズにいきます。

また、食事と排泄もすませ、落ち着かせてからしつけをした方が効率が良いようです。

そして、ハウスのしつけの時の指示は、言葉を統一するようにして下さい。

「ハウス」など統一して同じ言葉で指示を与えていかないと子犬が混乱します。家族間でもしつけの時は同じ言葉を使いましょう。

しつけの進め方

まず、ハウスの中にフードやおやつを入れておいて、子犬を中に誘導することから始めます。

子犬がハウスに入ったら、また同じようにフードやおやつを入れて3回くらい誘導を繰り返し、出たり入ったりさせます。

次は、飼い主さんがフードやおやつを手に持ち、その手を子犬が追ってくるように見せながらハウスの中に誘導します。

子犬の体が足の先まで全部ハウスに入ってから、フードやおやつをハウス内であげて下さい。

すっぽりと中に入る事をためらうようであれば、やり直すか、子犬の警戒心がなくなるまで無理をせずに最初の誘導から行います。

体が全部ハウスの中に入る事ができるようになったら、ハウス内でしばらくすごすことができるようにします。

子犬がハウスに入っている状態で外からおやつやフードを連続して与えます。ハウスの中にいるとごほうびがもらえて、良い場所である!ということを教えてあげるのです。

同じことを何度か繰り返し、子犬がハウスを警戒することなく中にいることに慣れてきたら、今度はゆっくりハウスの扉を閉めます。そしてすぐに、扉などの隙間からおやつやフードを中にどんどん入れてあげます。

子犬が食べ終わるのを見計らってすぐに扉をあけてあげましょう。

繰り返してこのしつけを行うと、やがて子犬はハウスの中に入って扉が閉まるとごほうびがもらえると期待するようになります。そのように条件付けることが目的です。

子犬が扉を閉められることにも慣れて来たら、今度はその時間を少しずつ長くしていきます。

ごほうびをあげる間隔を少しずつ延ばしゆっくりにします。

ごほうびの間隔が延びること=ハウスの中で扉がしまったまま過ごす時間が長くなることです。

子犬は、扉が閉まっても必ず出られるということを学習しますが、閉じ込められたような状況に抵抗を示すこともあります。もし、鳴いたり扉を齧ったり爪で引っかいたりと、扉が閉まることに抵抗する行動が見られるようであれば、無理をしないでその前のしつけに戻します。

ハウスのしつけでは、子犬がハウスに警戒心を持たないようにすること、恐怖を感じることなく、そこが自分にとって良い場所であるというように覚えられることが大事です。

ハウスのしつけでこれはダメ!

ハウスに警戒心を持ち、中に入ることを怖がるようになると、ハウスのしつけはうまくいきません。

おやつやフードで誘導する時にも、子犬が入りたがらないのに手で押し込むとか、無理やり引きずって入れるなどすると、ハウスに入ることが子犬にとって楽しいことではなくなってしまいます。

そのような無理強いは警戒心が増強するだけで、中に入る事に抵抗するようになるので、絶対にやってはいけないことです。

また、悪いことをした罰としてハウスに入れるというような使い方もやめましょう。

ハウスは子犬にとって安全で安心できる良い場所でなければいけません。

子犬がハウスの中で過ごしている時は、あまり干渉しないようにして、リラックスタイムを妨げないようにして下さい。

 

まとめ

子犬のトイレトレーニングが無事に終了したら、その後はケージを撤去して部屋で自由にさせている飼い主さんも多く、ハウスのしつけをしないということは多いようです。

しかし、やはり専用の落ち着ける場所がある方が犬は落ち着いて暮らせるのです。

閉じ込める場所としてではなく、子犬が安心して休める場所として、ハウスのしつけ=クレートトレーニングはしてあげた方が望ましいことです。

それは、今後、例えば病院に受診する場合などにもクレートの中で落ち着いて待つことができたり、車での移動の途中もストレスを感じずにゆったりできることに繋がります。飼い主さんにとっても子犬にとってもメリットが多いのです。

また、ハウスの周囲の環境にも配慮を忘れないようにしてあげて下さい。気温や音など、周辺の環境が悪ければ、ハウスが安らげる場所にはなりにくいです。

日常的にフリーで過ごしている子犬の場合も、ゆっくりと休める専用スペースを確保してあげておくと、何かと役に立ちます。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事!】

暴れる子犬を止められない!よくある3つの場面でのしつけ方法

性格の問題?落ち着かない子犬を落ち着かせるしつけ方法

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!