仰向け固めは子犬のしつけ?それはどんな意味があるもの?

子犬のしつけの中で出て来る「仰向け固め」という言葉をご存じでしょうか?

子犬を仰向けにすること?何となくはわかるような気もしますが、それはどのような方法で、子犬のしつけとしてどんな意味を持つものなのでしょうか?

ここでは「仰向け固め」の方法や目的についてを取り上げてみたいと思います。

子犬にとって仰向けの意味とは

子犬にとって、仰向けの姿勢というのはとても無防備な姿勢です。

お腹はとても柔らかくてそこには大事な内臓があり、体の中ではとても弱い部分であるのに、仰向けになるということはそれをさらけ出しているようなものです。

そういう理由から、犬は警戒して、仰向けになるような姿勢をあまり取りたがりません。

そのような仰向け姿勢を、例えば犬の喧嘩の時などに、自分の方が負けということを認めた犬の方があえてやって見せることがあり、これは相手に対して白旗を振っているというサインです。

「あなたにはかないませんのでもう抵抗はしません」という、相手に対する服従のポーズを意味しているのです。

しかし、人間と暮らしている犬が仰向けになることは必ずしもそれだけではなく、飼い主さんとの信頼関係の中、リラックスした状態でいることを表す意味もあれば、飼い主さんへの「撫でて欲しい」というアピールということもあります。

いずれにしても、仰向け姿勢でいる犬には争う気持ちはないということがわかります。

「仰向け固め」の方法、そして目的は

まず、「仰向け固め」とはどのようにするのかについてですが、基本は、人間が足を伸ばした状態で座り子犬の頭を人間側にして、ちょうど人間の太ももの間に挟むような恰好にすることです。

そしてその方法について調べると実に様々な表現、解釈がなされているのがわかります。

小さな子犬であれば背中から抱えてそのまま簡単に仰向けにできそうですが、子犬でも少し大きめの子などで、抱えていきなり仰向けにするのが難しい時は、伏せの姿勢から少しずつ仰向けにひっくり返します。

そして、子犬が抵抗して暴れたら片手で前足を抑え込み、勢いをつけて起き上がるということができないようにします。

子犬の体が大きくてあまり暴れるようであれば、誰かもう一人の人間が足を抑えるように、と指導するトレーナーもいるようです。

抵抗しても強引に仰向け固めにするということのようです。

また、もし子犬が嫌がって噛もうとするならば、下あごから抑えて口が開かないようにして口をつかみます。

この仰向け固めの姿勢のまま、お腹を撫でて足先や尻尾の先まで触ることを日々繰り返していきます。

仰向け固めをする目的は、一言で言えば主従関係を認識させる為であり、そのしつけということになります。

いきなり仰向け固めされると子犬は驚いて抵抗もするけれど、それが無駄であるということを覚えさせ、飼い主さんに対する服従性を育てるということがこのしつけの一番の目的です。

「仰向け固め」というしつけに対する肯定と否定

子犬にこの仰向け固めのしつけをすることによって、

①主従関係をはっきり認識させることができる。

②子犬の頃から身体中を触らせることに慣れどこを触っても怒らない犬になる。

③容易に仰向けにできることで、腹部などの隠れた部位も観察でき病気の早期発見がしやすくなる。

④病院での診察や爪切りなどもスムーズになる。

このようなメリットがあるとされ、仰向け固めのしつけは有効として肯定の意見があります。

そして一方では

①無理やり服従のポーズである仰向けにされ抑えつけられ固められることにより、精神的にとても不安になる。

②子犬を怯えさせるだけのしつけであり、恐怖心から攻撃性が育っていく。

③子犬に下位のものは力で抑えつけるものと教えていることになり、成長した時に、自分から見て弱いものに対し(人間の子供など)同じように強引で乱暴な対応をしかねない。

④犬は人間との関係の中で上下を意識しない、アルファシンドロームもないというのが最近の見解であるので、このようなしつけは、ただ理不尽な暴力を受けたというイメージしかなく、自己防衛からの攻撃性を身に付けさせることになり逆効果である。

このようなデメリットがあるとされ、仰向け固めのしつけは昔のものであってもうやるべきではないという否定の意見があります。

子犬を仰向けにするのか?子犬が仰向けになるのか?

正しいとされていたしつけの方法も、時代の流れの中で変化しています。

【叩くしつけに有効性はあるのか?】

叩くというしつけが及ぼす影響 その方法は子犬に有効か?

仰向け固めも確かに一時期は推奨されていたしつけ方法であったと思われます。

しかし最近では、このような種類のしつけ方はその後の子犬の性格形成に悪影響があり、逆効果の方が大きいとして、やめるべきという意見も多くなっているようです。

仰向けになることそのものについては、持って生まれた性格というのもあると思われ、すんなりと仰向けになって何の抵抗もしない子犬もいます。

一方で、恐怖や警戒心が植え付けられて怯えてしまい、仰向けにしなくても、抱き上げられるだけで抵抗し噛むようになる子犬もいるようです。

そうかと思えば、積極的に仰向けになって見せ、撫でて欲しいことをアピールし、撫で方が気に入らなければ怒るようになる子犬もいるようです。

また、慣れてない人などに対して、自分から仰向けになり、近づいて手を伸ばしたらその手を噛むというような、複雑な優位性を示す子もまれにいるそうです。

その子犬にとって、仰向け固めのしつけがそれほど怖いものではなくて、抵抗しないために抑えつけられることもなく素直に、自然と自分で仰向けの姿勢になることを覚えるのであれば、それでも良いのかもしれません。

実際、容易に仰向けにでき身体中のどこを触られても平気、という状態になれば、今後何かと便利ですし、異常の早期発見ができることもいいことです。

病院以外にもブラッシングや爪切りなどあらゆる面で体を触る必要が出て来るので、触られることを抵抗なく受け入れられる犬に育てるというのは大事なことでしょう。

しかし、仰向け固めに恐怖を感じ激しく抵抗する子犬には、それを無理してまで仰向け固めにするという方法はやはり疑問が残ります。

 

まとめ

仰向け固めとは仰向けになるという服従ポーズを強制的に取らせるしつけと言ってもよいかと思います。

抵抗しても抑え込んでというところでは、単に仰向けを教えるというより、やはり強制するという意味合いがあるということでしょう。

ただ、解釈は時代と共に変わってきているのか、またはそれぞれの捉え方の違いなのかもわかりませんが、同じ肯定の意見の中にも比較的ソフトに「仰向けで撫でてリラックスできる姿勢であることを教える」というものもあります。

しかし、やはりあくまでも「抑え込んで屈辱感を与え支配と服従の関係をはっきりさせる」というものがあるようです。

メリットもあるかもしれませんが、怖くて必死でもがく子犬を無理やり仰向け固めにする必要はあるのでしょうか?

無理やり仰向け固めにすることではなく、飼い主さんへの信頼ありきで、仰向けにされても抵抗することもなく、何をされるにも身を任せられるという関係を育てることが重要ということではないのか?と私は感じます。

もし子犬に仰向け固めのしつけをするのだとしたら、前者の解釈の、仰向けはリラックスできるものとして教えるという目的で取り組んだ方が良いのではないかと思います。

何もわからない子犬に無理強いして抑えつけたりせず、触るということを短時間から始めて、仰向けになれたら褒めて撫でて安心させるような接し方の方が、よい信頼関係が保たれるのではないでしょうか。

咬傷犬の矯正などで仰向け固めを積極的に使っている訓練所もあるようですが、それ自体が特殊な状況であり、その仰向け固めに賛否を唱えることはできません。

でも子犬は、これから社会のことや飼い主さんとの関係を身に着けていくのですから、そのような嫌な思い、怖い思いを無理にさせるのではなくて、子犬が自然に飼い主さんに従いたくなる関係を作っていくこと、頼れる飼い主になることが大事ではないかと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事!】

子犬と一緒に通いたい!しつけ教室にはいつから参加できる?

子犬の噛み癖は早くなおすのが大事!噛み癖のしつけ方法


あわせて読みたい記事はこちら


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"