子犬のトイレはどこが理想?場所を決める3つのパターン

子犬のトイレを置く場所、これは結構飼い主さんの悩みどころではないかと思います。

それぞれの住宅事情、例えばマンションなのか戸建なのか、どんな間取りでどのくらいの広さなのか、子犬を取り巻く環境によっても変わってくるでしょう。

では、どんな場所にトイレを置くと子犬も飼い主さんも暮らしやすくなるでしょうか?

スポンサーリンク

子犬のトイレに適した場所とは

犬は基本的に、寝床や生活エリアと異なる場所をトイレに選びます。

その理由は、野生の時代の習性で、自分の寝床や餌を食べている場所を危険な敵に知られることを警戒するからとも言われています。

また、犬が綺麗好きで寝床を汚すのを嫌うという理由もあるようです。

排泄行為は、動物にとってはとても無防備になる行為なので、トイレには子犬安心してできる場所を選んで設置する必要があります。

そのようなことから考えると、廊下やドアの近くなどで人の導線にかかっているような場所は子犬のトイレにはあまり適していないと言えるでしょう。

玄関や掃出し窓に近い場所なども、すぐそばに外の気配、人や車の通行する音などを感じるようであれば、子犬にとってはあまり落ち着けない場所かもしれません。

また、普段、子犬がいる場所からトイレがとても離れていたり、ドアを隔てたような場所にあると、そこまでたどり着くことが難しくて、それはトイレの失敗の原因にもなることがあります。

このような理由から、子犬のトイレを置く場所は、普段から子犬が過ごしている部屋の中で、例えばリビングの片隅などが一番適していると思われます。

スポンサーリンク

パターン①子犬のトイレをサークルの外に設置する

子犬のトイレのしつけをする時には、場所ありきの考え方でなく、まずトイレシートにすることに慣らすのを目的にした方がうまくいきます。トイレシート=トイレです。

【子犬のトイレのしつけについて】

子犬がトイレを覚えない時のしつけ 5つの工夫

トイレシートをトイレとして認識できるようになった子犬は、場所が変わっても比較的応用が利くようになり、シートの上であれば排泄ができるというようになってきます。

さらに、トイレのしつけの時に、子犬に排泄を促す合図も一緒に教えることができていれば、その後もスムーズに排泄のコントロールをしやすくなります。例えば「シーシー」などの声掛けをするということなのですが、こういう合図を教えておくと何かと役に立ちます。

そして、シートの認識ができてくれば、少しずつトイレの場所をサークルから離して「トイレでできたら褒めてご褒美をあげる」というしつけを繰り返しながら、最終的にトイレの設置場所まで誘導するようにします。

また、もしも子犬が決まって粗相する場所が何ヶ所かあるのなら、先に場所を決めずにそこにトイレシートを敷き、後付けでその近辺をトイレの場所の候補にしてもよいでしょう。

飼い主さんにも妥協できる、共通の都合のよい場所を選んで、そこに置いたシートの上で排泄できた時だけわかりやすく褒めてご褒美をあげ、あとはそれほど反応しないということを繰り返していきます。

子犬は褒められてご褒美がある方が嬉しいので、そのシートを選んでするようになり、やがて子犬と飼い主さんが折り合うことのできるトイレの場所が決まって来る、というような場所の決め方もできます。

広い家の中に子犬が出入り可能な部屋がいくつかあるのなら、それぞれの場所に一つずつトイレを設置してあげる方が失敗が少ないかと思います。

注意したいのは、途中で失敗があったとしても、いずれの場合も決して叱らないことが大事です。

パターン②サークルを子犬のトイレにする

子犬のトイレのしつけでは、まずトイレシートをサークルの中に敷き詰めて、その中でならどこにでも自由に排泄できるようにしておきます。

好んで排泄する場所がある程度固定されてきたら、必要なさそうなシートをはずしていって範囲をせまくするという方法で、トイレシートをトイレとして認識させるようにすることがトイレのしつけのポイントです。

このパターン②は、トイレのしつけに使ったサークルをそのまま丸ごと、トイレシートを認識後もトイレ場所として位置づけするということです。

最初に自分でサークルの中に入ってシートの上で排泄することを覚えてしまえば、その後もそのまま場所を変えずにすむので、子犬にとっても難しいことはないでしょう。

そして、子犬が生活する場所や寝床をサークルの外に設定してあげるのです。生活空間や寝床の場所と、トイレの場所は別であると区別できること、が基本です。サークルの外で子犬が好んで過ごしている場所に寝床を設定してあげましょう。

トイレになるサークルとの距離は遠すぎず近すぎず、子犬が無理なく移動できる場所にしてあげるとよいでしょう。

パターン③サークル内を子犬が留守番できる「家」にする

飼い主さんの家にはそれぞれの生活スタイルがあり、子犬には、いずれ留守番が必要になることもあるかもしれません。

成犬になって、そこの暮らしにも慣れているのであれば、室内で自由に過ごすスタイルの留守番でも大丈夫だと思います。

しかし、まだしつけの途中にある子犬には、そのような形での留守番は危険も多く、無理だと思います。

犬には、ある程度のテリトリーの範囲を決めて、その中で過ごせるように設定してやる方が、安心して過ごせるのだそうです。

そのような理由からも、留守番がある場合は、子犬のうちはサークル内で過ごせる方が安心でき、安全だと思います。その場合、サークル内には、トイレと共に子犬の居場所になる寝床も設置しなければいけません。

その為にサークルは可能な範囲で広いものを選んであげて下さい。そして、サークルの中にトイレと「クレート」を入れてあげましょう。

【クレートについて】

なおせるの?子犬がトイレで寝るわけと3つの対策

まさにサークルの中に子犬が落ち着いて過ごせるようなプライベートな空間を1部屋作るというイメージになります。

やんちゃな子犬がクレートの屋根に上って、サークルから外に出る危険を防止する為に、クレートは壁際に寄せた方が安全です。

そして、クレートの中におやつやおもちゃを入れてあげると、居心地の良い状態になります。クレートではなくて、入り口と屋根のあるドーム型のベッドでも、同じような空間が作れるので大丈夫だと思います。

留守番中は水も好きな時に自由に飲めるようにしてあげましょう。

《可愛い屋根付きベッド》

犬用 ルナ屋根付きハウス型ベッド LUNA HOUSE PINKAHOLIC N…

まとめ

トイレをどこに設置するかについては、においの問題や来客の問題も考えなければならなくて、人間の方にも何かと都合があるでしょう。同時に、粗相の防止には子犬の都合の良い場所であることも大事で、お互いに歩み寄れる場所を見つけてあげることが必要です。

トイレのしつけがきっちりとでき、子犬をトイレシートにさえ慣らしておけば、もしも転居したり、部屋の模様替えをしたりして環境が変わり、トイレの場所が変更されることがあったとしても、応用がきくようになります。

子犬が室内のトイレを認識できるまで、散歩であれこれ刺激を与えずに少し控えめなくらいが良いです。まずは子犬を室内の環境にゆっくり慣れさせてあげて下さい。その方が子犬も混乱が少なくなります。

子犬が無理なくトイレを使える場所を見つけて、失敗が少なくてすむような環境を作ってあげて下さい。失敗をしない環境づくりは大事です。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

カンファペットは安心安全な除菌消臭剤?成分と効果を確認

SNSの口コミで人気?Furbo(ファーボ)ドッグカメラの評判

生後2ヶ月で上手にしつける!子犬のトイレトレーニング

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

私のおすすめ

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!