困った!犬が粗相する時の対策 その原因はどこにある?

トイレ以外の場所での犬の粗相、どの飼い主さんも一度は遭遇したことがあるのではないでしょうか?しつけがうまくいっていたはずでも起こる、粗相の原因は何なのでしょう?

頻繁でなければその都度掃除すればすむことですが、たびたびとなると大変です。

犬の粗相にはどのような対策があるのでしょうか?

スポンサーリンク

犬がある日トイレでしなくなった!

まだトイレのしつけの過程にある子犬の場合、粗相の原因はトイレを認識できてないということが一番に考えられます。

その対策は、子犬がトイレを覚えられるように根気よく教えていくということに尽きます。覚えていく過程では、粗相の失敗はつきものと受け止めて、飼い主さんがおおらかに対応していくしかありません。

しかし、一度しつけの完成したで、トイレできちんと排泄できていたはずなのに、何故かトイレでしなくなり粗相の回数が増えてきたのなら、少し意味が違ってきます。

粗相の原因は様々で、中には深刻なものもあって決して一括りにはできません。まずは原因になっているものが何かを考える必要があり、その原因によって対策も全く違ってきます。

スポンサーリンク

犬の粗相-トイレ環境に原因はないか?

犬のトイレのしつけではたびたび言われることですが、犬は本来きれい好きで、汚れたトイレを嫌がることが多いのです。デリケートな犬になると、一度おしっこをして汚れたシートでは次はしないという極端な場合もあります。

また、トイレと決められている場所が犬にとって好ましくない場合などは、違う場所を排泄場所に使い始めることもあります。

犬にとっては、寝床と食事の場所以外なら、トイレの場所はどこでも良いというのが本能です。

しかし、人間の暮らしの中でそれでは人間側に不都合になります。その為に、トイレの場所を決めて、シートに排泄することを教え、トイレのしつけをするのですが、そのトイレが犬にとって適した場所ではなかった場合、粗相に繋がっていく可能性があります。

トイレトレーの大きさは犬の体と比較して余裕がある大きさになっていますか?

トイレシートや周囲の環境はいつも清潔で快適に保たれているでしょうか?

トイレのまわりに犬の嫌いなものがあったり、人の出入りがなく落ち着いて排泄できるところにあるでしょうか?

犬の寝床や食事をする場所と近すぎると、犬の習性から考えて、排泄場所としてはあまり好ましくなく、トイレの場所が粗相の原因になっているかもしれません。

【トイレの場所の決め方について】

子犬のトイレはどこが理想?場所を決める3つのパターン

また、もしかしたら模様替えをしたか、あるいは引越しするなどの環境の変化のあとに粗相が始まったということはなかったでしょうか?

もし住環境に何か変化があったのでしたら、トイレの場所がよくわからなくなって迷っていることも粗相の原因になっているかもしれません。

その対策としては、難しいかもしれませんが、以前のトイレ環境と可能な範囲で似せることを試みて下さい。また、改めて一から犬がそのトイレを認識できるように、しつけをすることが必要かもしれません。

犬の粗相-心理的な原因はないか

犬を強く叱りすぎたり、しつけで厳しく対応しすぎていたり、反対に、極端にかまいすぎたり、あるいは遊んであげる時間が少なすぎたり、というような不安定な対応はないでしょうか。

留守番が長すぎる、運動不足になっている、本当はもっと飼い主さんと一緒に遊んで好奇心を満たされたいのにそれがかなわずにいる、そんなふうに犬にストレスがかかっていることは考えられませんか?

ストレスが溜まっていることが原因で粗相という行動があらわれることがあります。でもそれは決して飼い主さんを困らせようとしてしているわけではありません。

【粗相の参考記事】

犬はわざと粗相することがある?無視する効果とは

また、恐怖心が原因となっている粗相もあります。

例えば、雷のような音がとても苦手な犬の場合などはそれに似た音にも反応します。人間には何ともなくても、何か犬の恐怖心を刺激するようなことが起こり、それが原因で突拍子もない場所での粗相がみられることがあります。

さらに、犬には服従行動というものがあり、それが原因となる粗相もあるようです。

犬がお腹を見せる仰向けの姿勢は服従行動の一つで、これは子犬が母親の前でとる姿勢が基本になっています。自分よりも強い立場の存在に対して、自分は弱い存在であることをアピールしているのです。

何かのきっかけで犬が緊張状態にある場合は、争いを避けたい為に「自分は弱いから攻撃しないで」と降参の意味を持って失禁してみせる、という行動をとることがあるようです。

犬の粗相-病気による原因はないか

犬のおしっこの回数や、おしっこの性状、何か体調の変化などはないでしょうか?

膀胱炎など起こしているとおしっこの回数も増えてくるので、自分でおしっこをコントロールできないことが原因となり粗相してしまう可能性があります。

まとめておしっこを出すことができずに、少しずつ何度も粗相しているようだったり、血尿などによっておしっこの色やにおいがおかしい場合は膀胱炎の可能性がありますので、対策としてはすぐに医療機関に受診させるようにして下さい。

特に避妊手術していないメスの生理前は、このような感染症を起こしやすくなっています。

また、体の不調は膀胱炎だけでなく、何か他に原因となる病気があるかもしれません。

どこか体に痛みがあってトイレへの移動が困難なのかもしれませんし、具合が悪くてトイレの場所を一時的に認識できなくなっているのかもしれません。

さらに身体的なことだけでなく精神的な病が原因のこともあり、分離不安と言われる症状として粗相が起こることがあります。

犬が、愛着のある相手と離れることに対して異常に強い不安を抱いている場合、留守番をしなければならない時などには、その強い不安感とストレス、緊張感に包まれた状態で過ごすことになってしまいます。粗相はその緊張感に包まれている状態の中での無意識の行動と言えます。

普段からこのような傾向にある犬への対策は、分離不安という精神的な原因に働きかけなくてはなりません。

粗相に遭遇した時やってはだめなこと&対策

絶対にやってはいけないのは粗相した犬を叱ることです。どんな場合も犬を叱らないで下さい。

叱られても、犬は粗相したことが原因ということを正しく理解できず、排泄そのものが何か悪いことであるかのように覚えてしまう可能性があります。それは決して粗相の対策にはなりません。

そして、次回から、悪いことなので隠れてする、という行動に繋がってしまい、粗相が重なっていく原因になります。

粗相した場所に犬の鼻を押し付け、そこを臭わせて叱るという対策法が昔はあったようですが、これも現在は犬に効果のない叱り方とわかっています。そのようなことをすると、排泄することは嫌な目に合うことというイメージを犬に植え付けてしまうことになります。

また、粗相の場面に遭遇した時につい大声を出したり、大騒ぎをしながら片付けると、飼い主さんに関心を向けられ喜ばしいことと犬が勘違いします。

粗相を見つけた時の対策は、静かに犬を違う場所に移動させて、犬の見ていないところで黙ってさっさと片付けるということです。

特ににおいは極力残さないようにした方がよく、消臭ミストなどを活用して、同じ場所で粗相を繰り返す原因を作らないようにしましょう。

《強力なのに安全な除菌消臭剤》

また、雷の恐怖などで失禁をしてしまう犬への対策には、同じような音の刺激の弱いものから少しずつ慣らして耐性を作っていくという方法があります。

【音のしつけについて】

どんな音が嫌い?子犬が日常の音に慣れるしつけの方法

この刺激を弱めた音とおやつなどのご褒美をリンクさせ、その刺激が嬉しいイメージに繋がるよう覚えさせ苦手を克服するしつけです。ただし、強要しすぎると犬の恐怖を強めてしまう可能性があります。犬の様子を観察しながら無理強いしないように進めて下さい。

犬が服従行動としての粗相をする場合の対策は、できるだけ無視することです。これはお腹を見せてリラックスして甘えている時ではなく、緊張や怯えが見られる場合の話です。

淡々とかまわないで過ごしていると、次第にそのような行動も減り、それが原因での粗相もなくなることが期待できます。

分離不安については、重症化すると医療を必要とすることもあるほどですので、早期の対策が望ましいです。犬が持っている不安を解消でき、安定できるように考えてあげて下さい。留守番の時に限って見られる粗相は、これが原因のことが多いように思われます。

留守中も電気を点けておいてあげたり、ラジオをつけておいたりして、普段と留守中の環境が大きく変わらないような対策をすると効果があります。

出かける予定のない日でも、出かける時と同じように服を着替え、飼い主さんが女性であればお化粧をしてみたりと、外出時と同じ雰囲気を作ってみましょう。

飼い主さんが外出する時は空気が違うというようなことが、不安の原因になります。飼い主さんが家にいる時と外出する時の雰囲気の違いが大きくないようにしてあげて下さい。

そして、出かけてもすぐに帰ってくるなどのフェイントをかけてみましょう。離れても必ず戻ってくるということに犬が慣れ、安心感を持たせる行動を続けていくと、次第に飼い主さんの外出が大イベントのようになることもなく、動じないで待っていられる対策になります。

 

まとめ

それまでトイレを使うことができていたのになぜか粗相が目立つようになってきたら、それには必ず原因があります。いつからそうなったのか?何かとりまく環境に変化はなかったか?犬の体調はどうなのか?原因を考えてみて下さい。

そしてそれぞれの原因に合わせた対策をとれば、粗相は治らないものではありません。

飼い主さんを悩ませてしまう行動ではありますが、どうぞ感情的に怒ることなく、犬の行動の意味を考えてみてあげて下さい。

留守番中に粗相だけでなく物を壊すなどの問題行動が伴うようでしたら、やはり分離不安に陥っている可能性は高いかもしれません。

普段から体を使って思いきり一緒に遊べる、飼い主さんとのふれあいの時間をたっぷり持てるようにして、犬がストレスをためないように心身の管理をしてあげましょう。

犬の健康な心身を育てることが粗相の原因を作らない一番の対策だと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

子犬のうれしょんの理由が知りたい!それはしつけで治るもの?

犬のお漏らしは病気のサイン?知っておこう!原因と対策

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!