困った!犬が粗相する時の対策 その原因はどこにある?

トイレ以外の場所での犬の粗相、どの飼い主さんも一度は遭遇することかもしれません。

しつけもうまくいっていたはずなのに起こる、その粗相の原因は何なのでしょう?

今回は、犬の粗相の原因として考えられるものと対策について解説します。

スポンサーリンク

なぜ?犬がある日トイレでおしっこしなくなった

トイレのしつけの途中の子犬の場合であれば、粗相の原因は、まだトイレをきちんと認識できてないということが一番に考えられます。

そして、その対策は、子犬がトイレを覚えられるよう、根気よく教えていくということに尽きます。

トイレのしつけの過程では、粗相もあるものと受け止め、飼い主さんがおおらかに対応していくしかありません。

しかし、一度しつけができていた犬で、トイレで排泄できていたはずなのに、何故かトイレでできなくなり粗相の回数が増えてきたという場合は、少し意味が違ってきます。

粗相の原因は様々で、中には深刻なものもあり、決して全てを一括りにはできません。

まずは原因になっているものが何かを探る必要があり、その原因によって対策も全く違ってきます。

スポンサーリンク

犬のトイレの環境に原因があるかもしれない

犬のトイレのしつけではたびたび出て来ることなのですが、犬は大変きれい好きで、汚れたトイレを嫌がることが多いです。

デリケートな犬になると、一度おしっこをして汚れたシートではしないという極端な場合もあり、実はうちの愛犬もこのような極端なタイプです。

また、トイレと決められている場所が犬にとって好ましくない場合などは、違う場所を排泄に使い始めることもあります。

トイレの場所の都合は人間のものであり、犬にとっては、寝床と食事の場所以外なら、トイレの場所は自由なのが本能です。

【子犬にしつけをする理由】

>>子犬が来たら教えたい!しつけはいつから始められる?

しかし、それでは人との暮らしが成り立たないので、トイレの場所を決め、犬にトイレシートで排泄することを教え、トイレのしつけをするのですが、その決められたトイレが犬に適した場所ではなかった場合、粗相という行動に繋がる可能性があります。

  • トイレトレーの大きさは、犬の体に比較して余裕がある大きさになっていますか?
  • トイレシートや周囲の環境は、いつも清潔で快適に保たれているでしょうか?
  • トイレのまわりに犬の嫌いなものがあるとか、人の出入りで落ち着かないということなどなく、安心して排泄できる場所でしょうか?

犬の寝床や食事をする場所と近すぎると、犬の習性から考えても排泄場所としてはあまり好ましくなく、それがゆえに粗相の原因になっている可能性もあります。

【トイレの場所の参考記事】

>>子犬のトイレはどこが理想?場所を決める3つのパターン

あるいは、模様替えをしたか、引越したなどの環境の変化はなかったでしょうか?

もし、住環境に何か変化があったのでしたら、トイレの場所が以前と様子が違ってしまい迷っていることが粗相の原因になってしまったかもしれません。

その対策としては、以前のトイレ環境と可能な範囲で似せることを試みて下さい。

また、改めて、一から犬がそのトイレを認識できるようなしつけをし直すことが必要かもしれません。

【参考記事】

>>子犬がトイレを覚えない時のしつけ 5つの工夫!

犬の粗相という行動の裏に心理的な原因があるかもしれない

犬を強く叱りすぎたり、しつけで厳しく対応しすぎていたり、遊んであげる時間が少なすぎたり、反対に極端にかまいすぎたり、というように、不安定な対応をした覚えはありませんか?

留守番が長すぎる、運動不足になっている、寂しい、本当はもっと飼い主さんと一緒に遊びたい、好奇心を満たしたい・・・それがかなわずにいるために犬にストレスがかかっていることは考えられませんか?

ストレスの蓄積が原因で、粗相という行動があらわれることがあります。

でもそれは決して、飼い主さんを困らせようとしてわざとしているわけではないのです。

【参考記事】

>>犬はわざと粗相することがある?無視する効果とは

恐怖心が原因になっている粗相もあります。

例えば、雷のような音がとても苦手な犬の場合などは、それに似た音にも反応しやすいです。

人間には特に気にならないものでも、犬の恐怖心を刺激するようなことはあり、それが原因になって突拍子もない場所で突然粗相してしまうこともあります。

他にも、犬には服従行動というものがあり、それが粗相の原因になることもあるようです。

犬がお腹を見せる仰向けの姿勢も服従行動の一つと言われ、これは子犬が母親の前でとる姿勢が基本になっています。

服従行動は、自分より明らかに強い立場の存在に対して、自分は弱い存在であることをアピールしているのです。

何かのきっかけで犬が緊張状態に置かれた場合、争いを避けたいために「自分は弱いから攻撃しないで」と、降参の意味を持って失禁してみせる、という行動をとることもあるようです。

犬の粗相の原因は病気かもしれない

犬のおしっこの回数やおしっこの性状がおかしいなど、何か体調の変化はないでしょうか?

膀胱炎など起こしていると、おしっこの回数も増えてくる上に残尿感という不快な症状もあり、自分でおしっこをコントロールできなくなりがちになって、それが粗相の原因になっている可能性があります。

おしっこを一度に出すことができず、少しずつの量で何度も粗相しているとか、血尿など、おしっこの色やにおいがおかしい場合は、膀胱炎を起こしているかもしれません。

その対策は、重症化する前にすぐに医療機関に受診させ、抗生剤などの適切な治療が必要です。

膀胱炎を起こす犬は多く、避妊手術していないメスの生理前などにもこのような感染症を起こしやすくなりますし、膀胱炎を繰り返すようなら尿路結石があるという可能性もあります。

【参考記事】

>>頻尿や血尿で急変の危険?尿路結石はあなどれない犬の病気

体の不調は膀胱炎だけでなく、何か他に原因となる病気があるかもしれません。

どこか体に痛みがあり、トイレまでの移動が困難なのかもしれませんし、体調が悪くてトイレの場所を一時的に認識できないのかもしれません。

病気は、身体的なことだけでなく、精神的な病気が原因になることもあり、分離不安と言われる状態の症状で粗相が起こっているのかもしれません。

犬が、愛着のある相手と離れることに対して、異常に強い不安を抱いている場合、留守番をしなければならない時などは、その強い不安感とストレス、緊張感に包まれた状態で過ごすことになるのですが、それを分離不安と呼びます。

粗相は、その緊張感に包まれている状態の中での無意識の行動とも言えます。

普段からこのような傾向のある犬への対策は、分離不安という精神面での原因を解決していく必要があります。

粗相に遭遇した時の対策の基本はとにかく怒らないこと

絶対にやってはいけないのは、粗相した犬を頭ごなしに怒ってしまうことです。

大声でつい怒ってしまうことはありがちなのですが、犬は粗相が原因で怒られるということを正しく理解できません。

排泄そのものが悪いことであるかのように捉えてしまう可能性があり、それでは決して粗相の効果的な対策になりません。

おしっこすると怒られるので、次回から飼い主さんの見てないところで隠れてする、という行動に繋がってしまうこともあり、そうして粗相が重なっていく悪循環の原因にもなります。

粗相した場所に犬の鼻を押し付け、そこを臭わせながら怒るという対策も、昔はしつけの方法としてあったかもしれませんが、これも犬には効果のない方法であることがわかっています。

そのようなことをすると、排泄することは嫌な目に合うことというイメージを犬に植え付けてしまうことになり、反対に悪影響です。

また、粗相の場面に遭遇した時につい大声を出したり、大騒ぎをしながら片付けると、その反応を見て、飼い主さんに関心を向けられる喜ばしいことというように犬が勘違いします。

粗相を見つけた時の対策は、騒ぐことなく、静かに犬を違う場所に移動させて、犬の見ていないところで黙ってさっさと片付けるということです。

そして、においは極力残さないようにした方がよく、消臭ミストなどを活用して、同じ場所で粗相を繰り返す原因を作らないようにしましょう。

《↓↓安全で使いやすいおすすめ除菌消臭剤》

雷など、音によるパニックで粗相をしてしまう犬への対策には、同じような音の刺激の弱いものから少しずつ慣らして耐性を作っていくというしつけの方法もあります。

【音のしつけについて】

>>どんな音が嫌い?子犬が日常の音に慣れるしつけの方法

刺激を弱めた音とおやつなどの嬉しいご褒美をリンクさせ、その刺激が良いイメージに繋がるようにして苦手を克服するしつけですが、強要してしまうと犬の恐怖を強めてしまう可能性があるので、犬の様子を観察しながら無理強いしないように進めて下さい。

犬の分離不安については、重症化すると治療が難航するようなことにもなりかねないものなので、できるだけ早期の対策が望ましいです。

留守番の時に限って見られる粗相は、これが原因であることが多いと思われます。

留守番中に粗相だけでなく、物を壊すなどの行動も伴うようでしたら、やはり分離不安に陥っている可能性は高いかもしれません。

留守中も電気を点けておくラジオをつけておくなど、普段と留守中の環境が大きく変わらないような対策をし、犬が安心して過ごせる環境を整えることも大切です。

反対に、飼い主さんが出かける予定のない日に、出かける時と同じように服を着替え、お化粧をしてみたりと、外出時と同じ雰囲気を作るようにします。

飼い主さんが外出する時は、いつもと空気が違うというようなことを犬は悟り、それが不安の原因になります。

飼い主さんが家にいる時と外出する時の空気の違いが、できるだけ大きくないようにしてあげましょう。

そして、出かけてもすぐに帰ってくるなどのフェイントをかけてみましょう。

姿が見えなくなっても必ず戻ってくる、ということに犬が慣れると、犬は安心して待てるようになります。

安心感を持たせる行動を続けていくと、次第に、飼い主さんの外出が大イベントのようになることもなくなるでしょう。

そして、何よりも、普段から飼い主さんとのふれあいの時間をたっぷり持てるようにして、犬がストレスをためないように心身の管理をしてあげることが大切です。

 

まとめ

それまでトイレを使うことができていたのになぜか粗相が目立つようになってきたら、それには必ず原因があります。

いつからそうなったのか?何かとりまく環境に変化はなかったか?犬の体調はどうなのか?などの原因を考えてみて下さい。

それぞれの原因に合わせた対策をとれば、粗相は治らないものではありません。

飼い主さんを悩ませてしまう行動ではありますが、感情的に怒るのではなく、行動の意味を探る必要があります。

そして、犬の健全な心身を育むことが、粗相の原因を作らない一番の対策です。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

>>子犬のうれしょんの理由が知りたい!それはしつけで治るもの?

>>犬の粗相に使える消臭剤 掃除の必需品!おすすめ7選

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!