犬もかかる精神の病気 ストレスがまねくうつ病について

ストレスの蓄積は、身体にも様々な症状を引き起こし、病気の原因の一つになることもあります。

人においては、ストレスは身体的な病気だけでなく、精神的な病気の大きな原因になることが認識されていますが、それは犬にとっても同じです。

ストレスがかかり続けると犬も精神の病気を発症することがあり、うつ病はその一つです。

今回は犬のうつ病について解説したいと思います。

スポンサーリンク

ストレスが引き起こす犬の病気

人もストレスが蓄積すると自律神経系のバランスが崩れ、消化管の働きなどに影響するのと同様で、も一番症状が出やすいのは嘔吐や下痢を始めとする胃腸症状でしょう。

また、ストレスは免疫力の低下にも繋がるので、ストレス過剰の状況下では泌尿器系の感染症などを起こしやすくもなります。

あるいは、ストレスが皮膚のバリア機能を低下させてしまう原因になり、心因性脱毛という病気で被毛が抜けてしまうこともあります。

【ストレスが原因になる病気】

犬の血尿の原因にストレスが影響するのはなぜか?

ストレスでも起こる?犬の嘔吐・下痢の原因と緊急性の判断

ストレスが原因になる犬の脱毛 心因性脱毛を見分けよう

ストレスに早期に対処することで症状を改善させることはできますが、ストレスの蓄積が重度だと解消させることも次第に困難になっていき、病気も重症化してしまう可能性があります。

犬の心臓疾患なども原因になるものはたくさんありますが、ストレスが要因になる心不全は命に関わる重大な病気です。

スポンサーリンク

身体の症状だけではない・ストレスは精神の病気の原因になる

ストレスは、犬の身体の病気に繋がるだけではなく精神にも異変を来たします。

犬が前足を執拗に舐めたり噛んだりする行動があり、軽いうちはまだリラックス行為の範囲内と考えることができます。しかし、皮膚が炎症を起こして爛れ、骨が露出するほどになっても、自分ではやめられなくなるほどエスカレートした行為に発展することがあり、それを自傷行為と呼びます。

【前足を噛むのはストレスサイン?】

犬が前足を噛む?犬のストレスサインに気づいた時の対処法

このような行動パターンはストレスが過剰になった時の反応で、転位行動と呼ばれるものの一つです。

転位行動が繰り返され、コントロールのできない目的のない行動に支配されているような状態を常同障害と呼び、人間の精神科領域で強迫性障害(強迫神経症)とも言われる不安障害と同じです。

この病気は、人の場合は、手を洗っても洗っても汚れが気になり、皮が剥けようが繰り返し洗い続ける行為がやめられない、ガスの元栓や鍵を締めたのか心配で何度も確認に行き、確認して回ることに時間を費やし、いつまでも外出や就寝ができない、などが多い症状です。

「やめられない」強迫行為は、その根底に不潔恐怖などの恐怖症という強迫観念があって、不安感を打ち消し、振り払う為に起きている不合理な行動です。

このような病気はストレスがかかるほど悪化し、また無理にやめさせようとするとストレスは増大し、一日中を強迫行為に振り回されて費やし、やがて日常生活を送ることが困難になります。

【常同障害について】

犬がぐるぐる 回る・しっぽを噛む・毛をむしる常同行動とは?

犬の精神の病気・うつ病の発見方法

犬には人間が考えている以上に、喜び、哀しみ、不安や恐怖などの深い感情があり、過剰にストレスのかかる環境の中では、本格的に精神の病気を抱えてしまうことにもなります。

近年、人のうつ病の罹患率が増えていることは知られていますが、犬も人と同じようにうつ病にかかります。

うつ病とはどんな病気?

うつ病とは、ほとんど毎日の抑うつ気分、興味の減退、精神活動の低下、不眠または過眠、易疲労性、焦燥、持続する悲しみや不安、食欲低下、集中力低下、意欲の低下などの気分障害を症状とする病気です。

人のうつ病が増えていると言われる背景には、認識が広まって受診率が高くなったこと、うつ病になりやすいストレスが高い現代の環境的影響などが考えられます。

そして犬のうつ病もまた同様のことが言えるのではないでしょうか。

うつ病になりやすい犬の素因

うつ病には、病気になりやすい性格的素因があるとも言われます。一般的に真面目で責任感のある人がなりやすいという話は聞いたことがないでしょうか?

性格というよりも物事の捉え方とか考え方の癖と言った方が適しているかもしれません。ストレスを溜めやすく病気を発症しやすい傾向というものがあるようです。

責任感が強い人は自己犠牲に苦しむ機会も多く、また真面目で頑なであるほど融通が利きにくいので環境変化に弱く、ストレスを溜めやすいと言い換えることができると思います。

同じように犬にも個性があり、精神の病気を抱えやすい性格の傾向というものがあります。

普段から飼い主さんへの依存傾向が強くて甘えん坊な性格や、警戒心が強く繊細な性格、留守番が苦手などは、ストレス耐性が低くなりがちで(すぐにストレスフルな状態になり)ストレスを溜めやすい傾向にあると言えるでしょう。

そのような犬がストレスの高い環境にさらされながら暮らしていると、過剰なストレスの蓄積に耐えられなくなり、身体の不調、行動異常、そしてうつ病という病気を発症するリスクも高まってきます。

犬がうつ病になった時に起こりやすい症状や行動

犬のうつ病も人間と同様の症状を認めることができます。

  • 食欲低下あるいは過食傾向
  • 意欲がなく元気がない、表情や感情の表現が乏しい
  • 散歩に行きたがらない
  • 長時間吠え続ける、遠吠えする
  • 慢性的に嘔吐や下痢をするなどの身体不調がある
  • 狭いスペースに閉じこもり飼い主の呼びかけにも反応しない
  • 粗相が増える
  • 同じ場所を意味なく何度もウロウロ歩き回る
  • 自傷行為が見られる

これらの症状は、犬が高齢の場合は認知症ともだぶる部分がありますが、人の場合も高齢者においては2種の病気の初期症状は似ていて区別がつきにくいと言われるのと同じで、観察に注意を必要とします。

【ストレスと粗相の参考記事】

犬の粗相と赤ちゃんの関係 うまく共存する方法

犬のうつ病にどのように対応するか?

うつ病のメカニズムは解明されつつありますが、まだ病気の全貌はわかっておらず未知の部分が多い状態です。

ただ、ストレスなどが原因となって、脳の神経伝達物質が減少し引き起こされる病気であるということがわかっています。

脳内物質がバランスを崩している病気ですので、甘えているとか厳しくしつけたら治るとかいう問題ではありません。

病気の原因になっているストレスを探す

犬がうつ病を発症する原因になったストレスは何なのかを考えてみましょう。

犬は人間が想像する以上にデリケートで、飼い主さんにとっては何でもない対応が心を傷つけていたり、ストレスを蓄積させていたりする可能性もあります。

日常的に安らげる環境であるかどうかは、音や光などの物理的なストレスの影響もありますが、何よりも大きいのは飼い主さんや飼い主さん家族との関係で生じるストレスかもしれません。

家族間の喧嘩や怒鳴り声、飼い主さんの機嫌など、たとえ直接関係がなかったとしても、犬は家庭内の緊張した雰囲気を敏感に感じ取り、居心地の悪さに一人でストレスを蓄積させていることもあるのです。

あるいは、日常的に長時間の留守番をしている、いつもケージに入りっぱなしになっている、スキンシップ不足、十分な運動ができていないなども大きなストレスになります。

それ以外にも、引越しや家族構成の変化、同居動物との相性などもストレスの原因になります。

治療と日常での注意点

精神の病気を疑う前に、身体の病気がないかどうかを検査して確認しましょう。同じような症状を示す身体的な病気はあるので、それが原因になっているのであればそちらを治療していかなくてはなりません。

もし、うつ病の症状が認められ、身体的な病気が何もなかった場合は、うつ病に対する治療をしていくことになりますが、それは薬物治療が全てではありません。

むしろ必要な部分に対症的に薬を使用するにすぎず、根本的にはストレスを取り除くような飼育環境の調整がもっとも重要なことになります。

精神の病気や行動療法に理解のある獣医師と巡り合うことができれば、治療も進めていきやすいと思いますが、それでもメンタルケアは根気が必要です。

原因になっているストレスを取り除いて、不安にさらされずのびのびと過ごせるように支持しながら、十分なスキンシップの元に精神を安定させられるように寄り添ってあげて下さい。

散歩やおもちゃを使った遊びを工夫したところで、たとえ犬の行動ペースが伴わない状況であっても、ゆっくり体を撫でたり、名前を呼んで話しかけたりしながら根気強く見守り、安心できる療養環境づくりに努めていきましょう。

くれぐれも、感情的に声をあげて叱るとか手をあげることのないように注意して下さい。

留守番は極力短くできる方がよいですが、留守番している時間がストレスにならないように少しずつ慣らしていくこともまた大事なことです。

不安の強い犬は、飼い主さんと少しでも離れることのストレスに耐えられず、分離不安という状況に陥ってしまいます。分離不安も一種の精神の病気と考えられるものです。

しかし、元々は留守番中に何か怖いことや不安な出来事があったことが発端で(大きな音で雷が鳴ったなど)、その嫌なイメージが留守番とリンクしてストレスになってしまっているという可能性もあります。

犬の行動の原因は何か?というところにまずは目を向け、ストレスを極力排除した環境づくりと、「たとえいなくなっても飼い主さんは必ず戻ってくる」と、飼い主さんの行動への信頼と安心感を持たせることができるかどうかが鍵になります。

【分離不安について】

困った!犬が粗相する時の対策 その原因はどこにある?

犬には必要ないと思いがちなことかもしれませんが、留守中、ラジオをうるさくない程度にして点けておくことなどの工夫は、不安を感じやすい犬の寂しさを緩和するのに意外と効果があります。

 

まとめ

犬も人間と同様、日常の中でストレスを受けていて、それが限度を越えると精神の病気を発症することがあります。元々の性格などの要因もありますが、一旦このような病気を発症してしまうと治療は容易ではありません。

犬は、どんなストレスがあったとしてもそれを言葉にして飼い主さんに伝えることができません。身体的な病気や精神的な病気の症状として出て来るのは、まさにストレスが全身からあふれ出て来た結果と言えます。

人間には大したことではなくても、自分で環境調整や発散、回避することもできない犬には、ストレス過剰な環境は本当に苦しいと思います。

しかし同時に何らかのストレスサインを出していることがあるはずです。飼い主さんはそれに気づいて、病気を発症する前の段階で予防できるようにしてあげて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

SNSの口コミで人気?Furbo(ファーボ)ドッグカメラの評判

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!