『犬の十戒』~犬との約束~にGo!

【食ふんの理由】うんちを食べる子犬のしつけと8つの対処法

♦子犬のしつけ
この記事は約10分で読めます。

子犬がうんちを食べる姿を初めて見た時、これはなかなかショックです。

自分のうんちを食べるなんて、人間の感覚では想定外のできごとです。

実はうちもそうでした。

やめさせようと叱った飼い主さんも多いと思いますが、子犬の食ふん(うんちを食べる)は異常なことではないのです。

まずは子犬がうんちを食べる理由を理解し、しつけ方法を考えてみましょう。

スポンサーリンク

食ふん=犬がうんちを食べる行為

犬がうんちを食べる行為を食糞(しょくふん)と言います。

人間はなんて汚いことを!と叫びたくなりそうですが、子犬にとってうんちは汚いものではありません。

 

犬以外にも、生きて行く上で必要な行為としてうんちを食べる動物はいます。

うさぎやコアラは、ビタミンを補給する目的や離乳食としてうんちを普通に食べるそうですよ。

 

子犬が自分のうんちを食べるのは特殊なことではなく、むしろ本能的な行為であるとも言えます。

例えば母犬は、敵から巣を守る為ににおいを隠す目的子犬のうんちを食べて片付けます。

巣をきれいに保つ為食べることもあります。

犬にはこのような本能的な行為としてうんちを食べることがあるのです。

子犬もそんな母親の行動をまねることがあるようです。

そして1歳未満の子犬の場合、成長すればいずれ、むやみやたらと食べなくなると考えられます。

つまり、人間が大騒ぎするような異常行動ではないのです。

スポンサーリンク

うんちを食べるさまざまな理由

本能的な理由

 

  • 自分の食事内容に飽きていて、他の味や刺激を求めている。
  • 食事をうまく消化吸収できない為、未消化のうんちを食べ物と認識して食べる。(食事量が多すぎて未消化な場合と、食事が子犬に合ってない場合とがある)
  • 食事の量が足りていない。いつもお腹がすいていてうんちを食べる。
  • 消化管または食事の内容に問題があり、特定の栄養素が不足していて不足分を補う目的でうんちを食べる。
  • 母犬が子犬のうんちを食べる行為、飼い主さんがうんちを片付ける姿を見て模倣する

精神的不安定が理由

 

  • 飼い主さんとのコミュニケーション不足、運動不足などでストレスや寂しさがある。それを紛らわす為や関心を引きたい為にうんちを食べる。
  • うんちを食べたことを強く叱られて、排便そのものに罪悪感を持つようになり証拠隠滅の為に食べる。
  • ペットショップで長期間過ごした子犬など、望ましくない環境で排泄物も放置されているのが日常だった為にうんちを食べて遊ぶ癖がついている。

他の犬のうんちを食べるパターン

少し特殊な印象はありますが、散歩中や、多頭飼いの環境の中で、自分以外の犬のうんちを食べてしまう場合もあります。

 

  • 子犬自身に先天的に欠如している酵素などを他の犬の排泄物から本能的に補おうとしている。
  • 排泄した犬が病気にかかっている仲間である場合など、弱っている仲間のにおいを敵に見つからないように隠す為の行動。

病気の症状の場合もあるので要注意

他にも異常行動がある場合、発作が見られる場合、物にしょっちゅうぶつかるなど視野の問題があると考えられる場合、うんちを食べることは何か病気の症状である可能性もあります。

そして、病気で治療中の子犬などが、治療薬の影響でうんちを食べることもあるようです。

スポンサーリンク

食ふん対処法としつけ

子犬がうんちを食べる行為は、放置していても自然に治ることがあります。

また、自然に治らなくても、しつけの方法自体ないものもあります。

でもうんちに寄生虫などがいる場合などは、強制的にでもやめさせないといけないでしょう。

しつけ方法、あるいは対策を挙げてみますね。

食事量の調整

単純に量が足りず、おなかがすいているのかもしれません。

おなかがすいていたらうんちを食べるのか!?と驚くのは人間の感覚であり、最初に書いたように犬にとってうんちは汚いものではないからです。

もし量が十分であれば、トータル量はそのままにして分割して回数を増やして与えることで、空腹時間が短くなり満足感が得られやすいと思います。

子犬の食事の内容を変更する

メインの食事(フード)を変更してみましょう。

フードが体に合わずに消化吸収がうまくいかない場合など、未消化のうんちもおいしそうなにおいがして、食べ物と区別がつきにくいことがあるようです。

フードの変更は、一気におこなうと下痢などの原因になるので、少量ずつ、現在のものと入れ替えておこなって下さい。

消化の状態を確認しながら日数をかけて慎重に移行していきます。

栄養状態や病気を調べる

病院を受診し、問題になるような病気がないか健康状態をチェックしてもらいましょう。

腸内に寄生虫などがいる場合、栄養の吸収が悪い可能性があります。

または不足している栄養素があるかもしれません。

もしそういう問題があれば、駆虫や、栄養価の高いフードやサプリメントの検討をしてあげると改善すると思われます。

ストレス発散の工夫

普段からコミュニケーション不足が考えられるようでしたら、十分に遊んであげてストレス解消を図ってあげましょう。

私の愛犬はペットショップ出身ですので、正直なところ、あまりいい環境にはなかったと思います。

そして日常的に留守番もありストレスも溜まりやすいと思われたので、遊ぶ時間は意識して毎日作りました。

その都度静かに片付ける

子犬がうんちを食べても過剰に反応しないようにする、これが一番重要です。

うんちを食べるたびに、飼い主さんが大騒ぎするのはよくないです。

排泄の時は素早く、そして静かに対応し片付ける、これに尽きます。

仮に間に合わずに食べていたとしても、怒ったり大声を出したりキャーキャー騒がないで、「ああ仕方ないね」くらいの諦めが大事です。

うちもいろいろと試していて、頻度は少なくなったと思うのですが、もっともよい影響があったのは私自身の態度だったかもしれません。

排泄したら褒めるしつけ

うんちをすることは悪いことではないとしつけで教えてあげましょう。

トイレでうんちができたら褒めるしつけをして下さい。

 

 

うんちを食べていることに嫌な顏を見せたり咎めたりすると、高確率で次からもコソコソ隠して慌てて食べるようなことをするようになります。

食べたものは仕方ないので割り切って片付け、食べてない場合は排泄したこともうんちを置いていることもとにかく褒めましょう。

私はこれを徹底していました。

だからこれからもうんちは私に教えてね!片付けさせてね!という感じです。

うちはもう子犬ではないですが、これだけは続けています。

留守番時は環境を整える

子犬のトイレと寝床のエリアをきちんと分けてあげて下さい。

子犬がハウスでくつろげる環境を整えてあげましょう。

 

待てのしつけで制止

うんちを食べるところを目撃したら、感情的に大声を出すのではなく、制止の指示を出して行動を止めることを試みて下さい。

制止の指示はいくつかあり、「待て」「おすわり」などが行動制止の指示です。

その合図で制止ができるようにしつけをおこないましょう。

そして行動制止している間にすみやかに片付けて下さい。

ただしこれもかなり難しく、うちは私にバレたとわかった瞬間にうんちをくわえて逃げ、おいかけっこが始まってしまうのが常でした。

ちなみに追いかけてしまうのは、最悪の対応です。

とにかく遊びと勘違いさせることなく淡々と静かに片付けることが大事です。

 

食ふんをやめさせるのに効く食べ物やサプリメント

酵素が不足していたり、消化能力が弱く栄養を補給する目的の食ふんは、サプリメントで改善することもあるようです。

特にビール酵母のサプリメントなどがよいとのことです。

 

食べ物によってうんちのPHを変えるという手段もあります。

食べるととてもまずい味になるので食ふんをやめるそうです。

PH変える食べ物にはパイナップルがあげられています。

パイナップルは、甘い加工品でない実の部分であれば、犬に少量食べさせる分には問題ないようです。(アレルギーの可能性もあるので注意が必要です。)

 

ただ、これは通説で、有効性が検証されたものではありません。

私もこれは実際に試したわけではないので、犬がパイナップルを食べるのか、PHが変化するか、ましてうんちがまずくなるのかなどはわかりません。

もしお試しになるとしても、適量範囲内で体調を確認しながら慎重におこなって下さいね。

 

使いやすさや安全面ではサプリの方が安心です。

直接うんちにスプレーして味を変え、食べないようにするものなども市販されています。

食糞対策に! C.E.F(20g)

天然のグルタミン酸のサプリです。

このサプリの成分が胃液と混じることによってうんちの味を変化させ、うんちに苦みが出るので食べなくなりますが、子犬の体には影響しません。

効果には合う合わないなどばらつきがあり、即効性は期待できないと思いますが、価格もお手頃なサプリですので、お試ししやすいと思います。

 

C&R  C.E.F.(犬用)Sサイズ 20g【RCP】【YOUNG zone】

オーガニックプラス Sサイズ

こちらのサプリは、オーガニックの海藻の酵素を主成分とした、消化を助けるサプリメントです。

以前から食糞サプリとして口コミの多かったC&Rシーオーガニックの改良型サプリメントです。

こちらのサプリもお手頃なお値段になっていますので、補助食品として常備しやすいと思います。

 

皮膚・脱毛・食糞・甲状腺トラブルCPURERA サプリメントオーガニックプラス  サイズS

酵素とプロバイオティクスのペット用サプリメント【プロキュア】

プロキュアは、酵素とプロバイオティクスで腸内環境を改善して、食糞防止に効果があるサプリメントです。

口コミには、実際に食ふんがなくなったと実感しているものもあって評判は良いです。

食ふんに限らず、普段から腸内を整える目的のサプリなので私も愛犬に飲ませています。

公式HPで寄せられた感想を見ることができますので、一度覗いてみて下さい。

お試しが500円で大変お安いです。

気軽に取り寄せできますよ。

 

 

 

ビターアップル スプレー犬用 236ml

こちらはサプリとは違い、直接うんちにスプレーして苦みを出し、食べると味がまずいので食べなくなるというものです。

成分は、犬が舐めても安全なように作られていて、うんち以外に子犬に噛んでもらいたくない場所などにも使用できます。

 

ビターアップル スプレー 236ml 犬用 送料無料!

まとめ

子犬がうんちを食べることに強い抵抗がある飼い主さんは、何とかしてやめさせたくてしつけに必死になることでしょう。

一方で、子犬とはそういうものと割り切ってあまり問題視していない飼い主さんもいます。

観ていて決して気持ちのいいものではないですが、飼い主さんが必死すぎると、それが子犬のストレスになることもあり逆効果なので気を付けて下さい。

試せることは試してみながら、とにかくうんちをしたらすぐに片付ける、食べさせない環境にするのがもっとも大事と思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

コメント

テキストのコピーはできません。