ピーナッツは犬が食べてはいけないもの?食べられるもの?

お酒のおつまみやおやつにとピーナッツというのは普段から私達のとても身近にあるナッツです。

ピーナッツは小さい粒なので、食べながらついうっかり落としてしまった!ということも起こりがちです。犬がいる場所では注意が必要ですね。

ところでピーナッツは犬が食べてはいけないものなのでしょうか?もしも落としたピーナッツを犬が拾って食べてしまったら・・・どうなるのでしょう?

今回は、ピーナッツは犬が食べてはいけないのか?について説明したいと思います。

[ad#co-2]

ピーナッツは脂質そのもの・栄養価は高い!

ピーナッツは、マメ亜科ラッカセイ属の一年草、つまり「落花生」です。

そもそもナッツと豆の違いがわかりにくいのですね。違うのでしょうか?

ナッツとは、バラ科(アーモンドなど)、マメ科(ピーナッツなど)、ブナ科(栗など)も全て含めた総称で、硬い皮や殻のある食用の植物の果実や種子のことを指しています。

ちょっとイメージが違うような気もしますが、なるほど栗もナッツの仲間なのですね。

【犬も栗を食べられるのか?の参考記事】

犬が栗を食べていいのかを解説!犬の食べ物に秋の味覚を

その中で、ピーナッツとは、落花生の皮を取った中身のことです。薄皮の付いてあるものもあれば薄皮まで取ったものもあります。

一粒のカロリーはあんなに小さい粒にもかかわらず約3,5Kcalもあり、その成分の半分は脂質です。

しかし、ピーナッツの脂質は大変良質なものなのです。ピーナッツの脂質はオレイン酸リノール酸という不飽和脂肪酸で、これらは悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病を防ぐ効果があります。

また、ビタミンEも豊富で、その働きである抗酸化作用は老化防止に役立ちます。さらにヨウ素を含むアミノ酸の一種、チロキシンと同時に血行を促して冷え性を改善する働きがあります。

ビタミンB1は糖質の代謝を促して疲労回復の効果があります。

そして、ピーナッツの薄皮には強力な抗酸化作用のある、多くのポリフェノールが含まれています。

[ad#co-3]

ピーナッツは犬が食べてはいけないもの?

ピーナッツは高カロリーですが、その栄養素を見てみると、犬が食べてはいけないもののような悪い成分はなさそうです。ピーナッツは犬が食べてはいけないものというわけではありません。

ただ、犬の消化管は大豆なども含めて、豆類の消化は苦手です。

【大豆についての参考記事】

どうすれば食べていい?犬の食べ物に大豆は要注意!

犬がピーナッツを食べても、消化吸収が困難なので嘔吐や下痢などの原因になることもあれば、未消化のピーナッツがそのままの形で出て来ることもあります。

体の外に出てくるのであれば良いですが、腸に詰まるというトラブルを起こす可能性もあります。

犬の歯は形状的に人と違っているので、食べ物を噛んで潰すというようなことはできません。ほぼ丸飲み状態です。そのために小型犬などの場合では、あの粒が気管に詰まる危険もあります。

ピーナッツにはミネラル分も多く含まれています。ミネラルが多く摂りすぎると尿路系の結石ができやすくなります。

そして、人が食べるピーナッツは塩分がとても濃いです。人はあの塩辛さが美味しいですが、高血圧の人には問題です。まして犬にとってはさらにナトリウムの過剰摂取になります。

ピーナツはたった一粒でも高カロリーですので肥満にも繋がります。

このようにあげていくと、ピーナッツはあまり犬に好ましい食べ物ではなさそうです。

ピーナッツは毒物のような成分はなく、犬が食べてはいけないものとまではいかないのですが、積極的に食べさせない方がいいという食べ物です。

また、重要なこととして、ピーナッツ(落花生)はアレルギー食品にあげられている食品の一つです。食品には表示が義務付けられている成分になります。

ナッツには絶対に犬が食べてはいけないものがある

ナッツの中には、絶対に犬が食べてはいけないものもあります。

マカダミアナッツは、その名前から付けられた「マカダミアナッツ中毒」というものが存在するほどに、中毒の原因になることで名前が知られているナッツです。

マカダミアナッツ中毒は、犬が食べて12時間以内に発症し、嘔吐、発熱、痙攣、後肢の麻痺などの症状を表します。そして、重度になると腎不全に移行し死に至ることもあり、マカダミアナッツの殻付きが簡単に手に入るハワイでは、多く報告されているそうです。

この中毒に解毒剤はなく、対症的な治療をすれば一日程度の経過で回復することも多いようですが、やはり個体差があり、ほんの少しの量を食べたにすぎなくても亡くなったケースもあるようです。

実はピーナッツ、クルミ、アーモンドでも、それに含まれているペニトリウムAという物質が中毒を引き起こすとされて、これらは犬が食べてはいけないものという説もあります。

マカダミアナッツ以外のナッツであれば犬が食べてもいいという意見とは分かれていて、そこは飼い主さんの判断に委ねるしかないかもしれません。

どちらにしてもマカダミアナッツだけは犬が食べてはいけないものということがはっきりしています。ピーナッツと一緒に入っているミックスナッツなども多いですので、飼い主さんは、そういうものを食べる時には犬が誤食しないよう十分注意する必要があるでしょう。

【食べてはいけないものの参考記事】

保存版!犬のダメな食べ物は?犬の食べ物の禁止リスト

でもピーナッツが含まれる犬のオヤツもある?

ピーナッツは実際に犬のおやつに使われていることがあります。また、犬に薬を飲ませる時にピーナッツバターを使うと良いと指導する獣医師もいるようです。

しかし、少量でも人間用に味を調整したピーナッツバターが犬に良いわけはありません。

そこで犬用のピーナッツバターというのを調べてみると、これではないかと思うものがありました。

コング ピーナッツバター味ペースト 226g 犬 おやつ 

このコングペーストにはチキンやチーズ、レバーなどいろいろな味があるのですが、ピーナッツバター味がありました。

犬の知育おもちゃに詰めるペーストで、犬の嗜好性が高く、確かに、薬を包んで飲ませる時などの使い方もできるのでとても便利で重宝します。

私はこのボトルではなくチューブタイプのチーズ味を使っています。

コングペーストの成分に本物のピーナッツバターは含まれていません。フレーバーというだけですので、ピーナッツのことは考えずに使えるピーナッツバター味の便利なペーストだと思います。

??一方、本当にピーナッツバターが入ったクッキーもありました。

sojos グッドドッグトリーツ ピーナッツバター&ジェリー 100g?

自然素材のみを使用し、無添加・無着色・保存料不使用。こちらは本当にピーナッツバターが使ってありました。

健康に考慮したヘルシーおやつのようで、美味しそうではあります。

犬にピーナッツを食べさせる場合は?

食べてはいけないものと言われたり、実際に食べられていたりと良し悪しがはっきりしないピーナッツですが、結論としては積極的に食べさせる必要もない食材ということになるかと思います。

特に、そのままの形では、気管に詰まる、消化不良で腸に詰まる、塩分が高い、カロリーが高い、アレルギーを起こしやすいなど、問題が多いです。

しかし、栄養価やその嗜好性から、ピーナッツはアクセントに使うと良いかもしれません。

もしも使う場合は、薄皮も消化が悪いので取り除き、茹でてふやかして柔らかくするとか実を潰してペースト状にするという必要があるでしょう。

つまり、味付けされてないピーナッツを容易に指で潰せる柔らかさに茹でて潰し、少量なら良いかと思います。

まとめ

ピーナッツは、丸飲みすることで形状的に危険があり、消化もできないので、そのままでは犬が食べてはいけないものです。

一つ食べたというようなことで中毒を起こすような食べ物ではないですが、犬がよほど好きでなければ積極的に食べさせるものではないと思っていた方がよさそうです。

添加物や甘みや塩分などの味付けのないペースト状のピーナッツバターなどがあれば、少量舐めさせることや食事のトッピングなどには差支えないでしょう。

人間用に味付けされたものは犬が食べてはいけないものですので、もし犬用にピーナッツを使いたい場合はピーナッツに手を加えて潰すのが確実です。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

4種の症状に注意!犬の食べ物アレルギー対策について


あわせて読みたい記事はこちら


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"