頻尿や血尿で急変の危険?尿路結石はあなどれない犬の病気

犬の頻尿(おしっこの回数が多い)や、色がおかしいという時には、尿路系の病気が考えられます。

水分をたくさん摂っていて、まとまった量のおしっこが出るのならそれは自然なことです。

しかし、頻尿で一回の量が少なく全部出しきれてないとか、見るからに血尿や褐色に色づいているなどの症状は尿路系に石がある可能性があります。

今回は、意外と多い犬の病気、尿路結石について解説します。

スポンサーリンク

尿路結石は犬の体内に石ができる病気

おしっこは腎臓で作られ、尿管という管を通って膀胱に送られます。

膀胱で一定のおしっこを溜めておいて、いっぱいになるとその情報が脳に伝わり尿意がもよおされて、尿道という管から外に排出されます。

この一連の器官、腎臓・尿管・膀胱・尿道を総合して泌尿器と呼びます。

尿路結石というのは、この器官の途中に石ができる病気です。

石ができていても、その場にあるだけなら特に支障をきたすことはありませんが、石が動いて狭い管の中に入り込み詰まってしまうと、おしっこが流れなくなり、それに伴う症状が起こってきます。

もちろん人にも尿路結石があります。人では腎臓にできる結石の頻度が高く、その石が動いて尿管に引っかかるという症状もたびたび見られます。

尿管に石が引っかかった時には背中に激しい痛みがあり、七転八倒しながら救急車で運びこまれて来るということも珍しくありません。そして、運よく石が動いて自然にそこを通過したりすれば、不思議なほどに痛みはなくなります。

犬の場合は、石が膀胱にできることが多いようです。石は動きながら周囲の粘膜組織を傷つけ、それが血尿という形で表れるようになります。

もし大きな石が膀胱から尿道に落ちて途中で詰まると、尿道は塞がれ、おしっこをしたくても出ないので犬は何度もトイレに行って頻尿になり、痛みで苦しい思いをします。

尿道が完全に塞がれてしまえば、膀胱破裂や尿毒症、腎不全などで亡くなってしまうこともあります。

スポンサーリンク

尿路結石では血尿・頻尿の症状が特徴的

頻尿・血尿は膀胱炎でも起こる?

たしかに頻尿・血尿と言えば膀胱炎と結びつく症状です。膀胱炎は細菌感染が原因になる病気ですが、頻尿・血尿は膀胱炎が起こっている時の症状でもあります。

そして、膀胱炎は尿路結石とも大変関連が深いのです。

尿路結石は、最初は石の成分の結晶だったものが、次第に大きく石のように硬くなっていくのですが、その形はなめらかではないことが多く、金平糖のように周囲が尖っているものもあり、粘膜を刺激し、それが血尿を引き起こす原因にもなります。

完全におしっこの通り道を閉塞していなくても、その刺激による痛みでおしっこがスムーズに出なくなり、おしっこの流れが悪く、停滞するのでそこに細菌感染が起こり膀胱炎を起こすのです。

反対に、細菌感染によって先に膀胱炎を起こしていて、その炎症が石の形成に関係しているという場合もあります。

【参考記事】

犬のお漏らしは病気のサイン?知っておこう!原因と対策

痛み

尿路結石は、膀胱内などの広さのある器官内にとどまっているうちは自覚がないものですが、石が動き、狭い尿道に引っかかると痛みが出現します。

その為、おしっこを出しきれず、あるいは尿道が狭まってしまって少しずつしか出せません。

すっきり出せないために「しぶり」と呼ばれるような「尿意はあるけどできない」状態に陥って、何回もトイレに行く頻尿になり、長々とトイレに座っているなどの行動が現れます。

トイレの後も膀胱内にはまだ残尿があり、その状態が細菌感染を招くようになります。

血尿・頻尿以外の症状は

血尿・頻尿が尿路結石の代表的な症状ですが、まだその症状の前の段階で、おしっこシートを確認するとおしっこがキラキラと光っている、というような時は注意深く観察をしていた方が良いです。

おしっこがキラキラと光って見えるのは、石の元になる結晶成分がたくさん排出されている可能性があります。

また、血尿は肉眼的に赤ければわかりやすいですが、少量の血液が混じっているくらいでは真っ赤にはなりません。うっすらとピンク色であったり褐色であったりする場合でも血尿の可能性があります。

【血尿の参考記事】

犬の血尿の原因にストレスが影響するのはなぜか?

細菌感染が起こると、おしっこのにおいも強くなります。

そして全身状態として、元気がない、食欲がない、吐き気がある、などの症状は腎障害が出ている可能性があります。

おしっこが出なくなり、お腹が張って硬くなっている場合は膀胱破裂の危険がある緊急事態かもしれませんので、そうなる前に対処が必要です。

なぜ体内で石ができるのか

結石の種類は一つではない

結石はその成分ごとに分類されます。

特に多く代表的な結石は

  • ストルバイト結石(リン酸アンモニウムマグネシウム結石)
  • シュウ酸カルシウム結石

の2種類です。

他にも尿酸結石やシスチン結石などありますが、犬の尿路結石の半数以上はストルバイトと言われます。石の大きさも砂状から大きいものまで様々です。

結石ができる過程

体内の老廃物は腎臓で濾されておしっことして体外に排出されます。その中の成分には結晶を作る物質もあります。

おしっことしてスムーズに排出されれば問題ないですが、流れが滞って溜まっていくと、他のミネラル分と結合して結晶化し、石が作られる原因になります。この結晶が、先に述べた、ペットシーツの「おしっこがキラキラ光っている」の正体です。

成分が結晶になるには、細菌感染、飲水量の不足によるおしっこの濃縮、ミネラル分の過剰摂取などが要因と考えられています。

そして膀胱炎が結石の原因になるのは、このようなメカニズムによるものです。

結石ができやすい犬種

尿路結石という病気はどの犬種であってもかかる可能性がありますが、できやすい犬種というのもあるようです。

結石が好発する犬種はミニチュアシュナウザー、ヨークシャーテリア、ペキニーズ、パグ、ブルドッグ、ダックスフンドなどです。

また、性別も関係していて、尿路結石は膀胱炎を起こしやすいメスに多いと言われますが、一方で、尿道の結石は尿道の長さのあるオスに多いと言われます。

また、石の種類によって、オスに多い、若い犬に多いなどの傾向が出て来るようです。

尿路結石には内科的治療と外科的治療がある

尿路結石の治療は、石の成分や石がある場所などによって選択されます。

石によっては内科的に薬で溶かすことができるものもあります。石が溶けてある程度小さくなれば、動いたとしても尿道に詰まることなく自然に排泄されることも十分に期待できます。

しかし、薬が効かない結石で、血尿や頻尿の症状が著しい場合や緊急を要する場合は手術による摘出が必要です。

診断のための検査

血尿・頻尿のエピソードとレントゲン検査で尿路結石の診断がつきます。

さらに超音波検査によってレントゲンで見えない石も発見することができます。

手術の適応

尿路が閉塞している、あるいは、結石が大きく閉塞の危険が高いと思われる場合は手術になります。

また、内科的治療をしたが改善されない、腎機能障害があるなどの場合は、内科的治療を長期に続けることはリスクが高いので外科的治療に切り替えられます。

もし結石が「石」ではなく砂状の段階であり、それが詰まっている時は、尿道カテーテルを挿入して洗浄を行うという方法も選択されることがあります。

内科的治療

薬はおしっこのpHを変えることで石を溶かすことを目的として投与されます。

また、血尿・頻尿という症状がすでにある場合は、尿路感染が起きているとも考えられ、抗生剤も投与されます。

食事療法

食事療法も薬と同様、尿のpHコントロールが目的です。

pHコントロールが効果的な種類の石は、ストルバイト結石です。これはアルカリ性に傾いているおしっこでできやすくなる種類の石です。

この石を溶かすには、おしっこを酸性に傾ける必要があります。このような療法食は市販されており、病院でも治療には療法食を勧められます。

反対に、シュウ酸カルシウム結石は酸性に傾くことでできる石です。この場合はおしっこを中性に傾ける必要があります。

つまり、普段の食生活で極端に酸性やアルカリ性のどちらかに偏ることは、結石を作りやすい要因になると言えるのです。

↓アルカリ性・酸性どちらもPHを適切にコントロールする療法食

初回限定送料無料!ナチュラルハーベスト 結石ケア用食事療法食フラックス

尿路結石は治療後も再発しやすい

尿路結石は、できやすい体質という素因もあり、再発も多い犬の病気です。その為、治療後も再発防止を心がけなければなりません。

おしっこの流れが滞ると、濃縮して結晶が蓄積しやすくなり石ができやすくなります。そうならないように、水分をしっかり摂らせ、おしっこの流れを良くしてあげる必要があります。

もし、普段からあまり水を飲まない犬であれば、食事に水分を含ませる工夫をして(スープにするなど)しっかり摂らせましょう。

また、犬はトイレが汚れているとそこを使いたがらないということもありますので、トイレは常に清潔に保ってあげるようにしましょう。

マグネシウム、リンなどのミネラル分が過剰になると結石の原因になります。治療後も食事によるPHコントロールは必要です。

人のミネラルウォーターは、ミネラル分が豊富なものがあり、いわゆる硬水と分類される水はそのような水です。人には良いですが、結石の原因になり犬には適していません。

また、おしっこを溜めておく傾向は結石を作りやすいので、促してトイレに行かせ、おしっこを長時間溜めずに排泄させる習慣を付けて下さい。

特殊なパターンでは、肝障害やホルモン異常などの全身疾患が結石の要因になることがあります。基礎疾患がある場合は、いずれにしても獣医師の元での治療が必要です。

まとめ

尿路結石は体質などの素因もありますが、日常の食習慣が原因になることも多い犬の病気です。

野菜の中にもシュウ酸などを多く含むものがありますので、食べさせる量などには注意して下さい。

【参考記事】

【野菜】犬が食べてはいけないものと注意すべきもの

結石があるということは、それがこの先大きくなることも複数になることもあると考えられ、結石が尿路を塞いでしまうとたちまち容態が急変し死に至る危険もあります。

血尿や頻尿は軽いうちは目立たないかもしれませんが、犬は痛みや不快感を持っているのです。

できるだけ早期に異常を発見してあげて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

犬のサプリ「プロキュア」効果で腸内環境良好!口コミ・評判は?

スポンサーリンク