食べさせる?ちょっと待って!柿は犬の食べ物として大丈夫?

犬の食べ物には、人間用に味付けしてあるものはダメというのが基本。

では、自然素材のものは?果物などはビタミン豊富で体に良いものだから、犬にも大丈夫なのでしょうか?

果物を好きな犬は多いです。秋の味覚の柿は特に甘いので、喜んで食べる犬も多いのではないでしょうか?

今回は、柿は犬が食べても大丈夫なのか?について解説したいと思います。

スポンサーリンク

犬は柿が好き??

は柿が好きかどうか?これは個体差があるので何とも言えないのですが、少なくとも私の周囲では、柿を好んで食べる犬が多いように思います。

犬が柿を食べている動画も動画サイトにあがっているようです。柿を好きな犬は多いのかもしれませんね。

実は私も大好きな果物です。柿は柔らかくて食感がよく、水分も多いし、甘いし、食べやすい果物ですね。

柿に含まれる成分とその働きについて

柿はどのような成分でできているのか、その栄養価はどうなのを調べてみました。柿は犬の食べ物に問題ない成分でできているのでしょうか?

βカロテン

柿のきれいなオレンジ色の色素はβカロテンの色素です。誰もが耳にしたことがあると思いますが、このβカロテンという栄養素は体内で必要な量だけビタミンAに変わります。

ビタミンAにすでに変わっているものは、人間でも過剰に摂ると体に蓄積し、多すぎると過剰症なども出てきて悪影響があるので、特にサプリメントなどでは注意が必要です。

しかしβカロテンという、ビタミンAの前の形で摂ると、そのようなことも起こりません。大変便利な栄養素です。

これは強い抗酸化作用があり、粘膜や免疫力の強化、目に良いとされる栄養素です。

また、一緒にカロテンの一種であるβクリプトキサンチンも含まれていて、これには抗がん作用があることでも注目の成分です。

ビタミンC

ビタミンCというと「酸味」のすっぱいイメージがあって、甘い柿とはあまり結びつきそうにないのですが、ビタミンCが豊富なイメージがあるいちごなどよりも柿の方がビタミンCが豊富です。

ただし、ビタミンCの含有量は甘柿>渋柿>干し柿と、柿によって違っています。

ビタミンCは、美肌や美白という美容効果が有名なので、人間では美容界で使用されることが多いですが、他に身体機能の調整や抗酸化作用という大事な働きがあります。

がん予防に関して、上記のβクリプトキサンチンとの相乗効果が最近では注目を集めているとのことです。

犬は人間と違って、ビタミンCを自分の体内で作ることができるということをご存じでしょうか?

そういう理由で、犬はビタミンCをわざわざ摂る必要はないと言われて来ました。しかしそれでも体調によっては、やはり不足している場合もあるようです。

例えば、病気があって何か薬を服用している、ストレスが溜まっている、大型犬、妊娠している、授乳中である、高齢犬などについては、ビタミンCが不足しやすい傾向にあります。

体調を整える為には、犬の食べ物としてビタミンCを外から補給することも決して無駄ではないということが最近はわかっています。

タンニン

タンニンはポリフェノールの一種で、柿の渋みの成分です。

口の中で溶け、渋さを感じる元になるものは「可溶性」と言って、渋柿に含まれているタンニンはこれになります。

甘くなるにつれて「不溶性」のものに変化していくので口の中で渋みを感じなくなりますが、甘柿のタンニンはこちらです。

渋柿であっても、それを干し柿にすることによって、タンニンを「不溶性」に変化させることができます。渋柿を干すと甘い柿になるのは、タンニンの変化によるものです。

タンニンは、体内にある有害物質を排出してくれる作用があります。

腸の動きを抑える作用があって、下痢止めにもなり、摂りすぎると逆に便秘してしまいます。その一方で、柿には食物繊維が豊富なので、適量を食べるのであれば便秘解消の作用をしてくれる食べ物です。

このような複雑な理由があるので、量には十分注意し、便の状態を観察する必要があります。

他にもタンニンには抗酸化作用があり動脈硬化を防ぐ効果もありますので、柿は生活習慣病予防によい食べ物と言えます

同様に、こちらもポリフェノールの一種であるフラボノイドも豊富に含まれていますので、口臭予防に効果があるとされます。フラボノイドはガムなどの成分でよく見る名前ですね。

カリウム

カリウムは体内のナトリウムを排出する効果があります。

ナトリウムが体内に過剰になると血圧を上昇させます。高血圧の人が塩分を控える必要があるというのは、塩分=ナトリウム過剰にならないようにする為です。

カリウムを摂取することでナトリウムの排出を促すことができ、それを防止することができます。

柿には、カリウムの他にカルシウムやリンなどミネラル分が豊富に含まれています。

ペクチン

ペクチンは食物繊維のことで、柿を触ると表面のぬるっとするような手触りのあの成分のことです。

ペクチンは水溶性食物繊維であり、コレステロールの吸収や血糖値の上昇を抑える働きがあるとされています。また、腸内の環境を整えて便秘を解消する働きがあります。

その他

柿は、その83%が水分で構成されていますので、水分の補給にもよい食べ物です。しかし果糖という、甘さの元になる糖分も豊富に含まれているのでカロリーもそれなりに高いです。

柿のカロリーは、100gで60Kcal、果物売り場でよく見かける中くらいの大きさの160g前後のものでは一個87Kcalくらいの目安になります。

スポンサーリンク

柿が犬に与える好ましくない影響は?

は食物繊維が多いので、犬の食べ物として決して消化が良いわけでもありません。

犬の消化管は、タンパク質の消化は得意ですが、食物繊維はあまり得意ではない構造なので、そういう意味では柿は食べすぎると消化管に負担をかけることにもなります。

もし丸飲みするようなことがあれば、消化されずに消化管に詰まってしまう可能性もあります。食べ物を噛み砕く方法も、犬は人間と違っているので、丸飲みする可能性が高いのです。

また、柿が体質に合わなければアレルギー反応が出る可能性もあります。

そして、食べさせる量によっては、下痢をすることもあれば逆に便秘になることも考えられます。

さらに、カロリーを摂りすぎると肥満に繋がることもあります。特に干し柿は、水分が少なくて栄養素が濃縮されている分、カロリーも生の柿より高く食物繊維も多いので、少量だと思っていてもいろいろな影響が出やすいです。

犬の食べ物として柿は大丈夫?結論

柿に限らない話にはなりますが、食べすぎには注意が必要です。

食べさせる量に気を付けることとアレルギーに注意すれば、柿には特に犬の食べ物として危険な成分が含まれているわけではなく、食べさせても問題はないです。

ただし、皮と種は食べさせないようにして下さい。皮は実に比べて消化が困難ですし、種も消化できません。小型犬などでは、このようなものが腸に詰まるということも起こりやすく、出てこない場合には手術になることもありますので要注意です。

犬の食べ物として与える時の注意

まずは柿に対するアレルギー反応を観察して下さい。どのような食べ物にもアレルギーの可能性はあります。もし体や耳を痒がる、指の間や手足をしきりに舐める、嘔吐、下痢、その他にも何か異常が見られたらその食べ物を食べさせることはやめて下さい。

【犬のアレルギーについて】

犬の目が腫れるのはアレルギー症状?目が腫れる原因と対処法 

そして、与える時には量に注意して下さい。

目安とされるのが、小型犬で15g/1日くらいだそうですので、好きなものだからと言ってもたくさん食べさせることはよくないです。

また、丸飲みの危険がありますので、大きいままであげるのではなく消化しやすいように薄く小さくしてあげて下さいね。

犬に食べさせる柿を選ぶ時は、人間も食べることのできるちゃんと熟した果実にして下さい。

渋柿やまだ熟していないような柿にはアルカロイドという毒性物質が多量に存在しているので犬の食べ物には危険です。柿を食べさせる時はおいしそうなのを選んであげて下さいね!

まとめ

柿の成分はほとんどが水分ですが、貴重な栄養素も豊富です。

人間にとっても柿はすぐれた食べ物であることがわかります。犬の食べ物としても特に危険な成分はありませんので、食べさせることは問題ないです。

しかし、犬が消化しやすい種類の食べ物ではありません。カロリーや腸への負担などの理由から、食べさせる量には十分注意して下さい。

特に、庭に柿の木があるご家庭などは、実が落ちている場合などは気を付けてあげて下さい。特に未成熟な毒性のある柿の実を拾って食べるようなことのないように注意しましょう。

いくつかのことを注意してあげることで、柿が好物の犬には嬉しいおやつになります。

アレルギーの問題は、普段から観察している飼い主さんしかわからないことで、犬は飼い主さんが与える食べ物だけを食べています。初めて食べる時より、抗体ができ体が反応を起こす二度目からの方が症状もひどく出ることがあります。注意して観察しましょう。

犬の食べ物の安全は飼い主さんが十分気を付けてあげて下さいね。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

子犬にご飯をあげる時に「待て」のしつけ どうやって教える?

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA