犬の腎臓の重大な病気「尿毒症」末期症状にどう対処するか?

前回の犬の腎臓病の記事でも書いたように、腎臓という臓器は、体内の毒素の代謝に関わっていて、その役割はとても大きいものです。

しかし、病気や外傷などで組織が破壊されてしまった腎臓は、二度と再生することができません。

尿毒症は、腎臓病から腎不全になって、さらに進行した末期症状のことです。

今回は、犬の尿毒症の治療や対処法について解説します。

スポンサーリンク

腎臓は壊れたらもう元には戻らない

腎臓は体内に左右2つある臓器です。

もし何かの理由で腎臓が1つになったとしても、残った腎臓が健康であれば、1つでも十分に機能し、生きていくことができます。

人の医療で、生体腎移植という言葉をお聞きになったことがあると思いますが、これは腎不全の患者さんに対し、家族間で基準を満たした場合に限り、腎臓を1つ提供し移植する治療方法です。

あくまでもドナーになる側の意志の上に成り立つ方法ですが、健康であれば、1つを提供してもそれまでと変わりなく生きていけるからこそ、行われるのです。

腎臓は、1つの単純な臓器ではなく、その中には、ネフロンと呼ばれる、腎臓の機能を保っている独立した細かい器官が、犬の場合は約200万個あります。

その無数のネフロンが、それぞれ「濾過・再吸収・濃縮」という機能をして、体外に排出する尿を作っているのです。

尿の元になる液体成分を濾過し、その時に体内に必要な成分や水分は再吸収されます。

そして、その液体を濃縮し、体には不要な毒素などを含んだ尿として膀胱まで送り届けます。

つまり、腎臓は、そのようなフィルター機能をメインとしています。

それだけでなく、他にも、複数の重要な役割を持っているのです。

このような、毒素の排泄という役割を持つ臓器には、腎臓以外にも肝臓があります。

肝臓は大きくて強い臓器であり、唯一、再生能力のある臓器とされているのですが、異なる点は、腎臓は一度ダメージを受けたらその組織は再生することがないということです。

200万個あるネフロンは、たとえその数が半分になっても腎臓の機能を保つことができます。

しかし、その75%以上がだめになった時には、正常に機能できない「腎不全」という状態になります。

【参考記事】

犬の腎不全と余命 検査数値と腎臓病のステージについて

肝機能検査の数値の異常 肝臓・胆のうに多い犬の病気

犬の腎不全は2通りの経過がある

犬の腎不全には、急性腎不全と慢性腎不全という2通りの病態があります。

発症が突然で、急激な病状の進行によって、みるみるうちに重症に陥ってしまうのが急性腎不全です。

一方、慢性腎不全は、その発症に年齢や食生活という背景が関係し、気付かないうちに腎臓病になっていて、じわじわと時間をかけて進行します。

慢性腎不全では、症状が現れる時にはすでにネフロンの大部分がだめになり、腎臓が機能していなかった(腎不全)というような経過をたどります。

急激な経過・急性腎不全

急性腎不全で多いのは、心臓病や重症の脱水など、全身の血流量に影響するような他の原因がある場合です。

そのような病状では、腎臓に流れ込む血流量が極端に減少してしまい、その結果、腎臓が正常に機能できない状態になってしまいます。

または、急性腎炎などの腎臓そのものの病気や、全身の感染症、薬物中毒、腫瘍や腎結石などに尿路が塞がれて尿の排泄ができずに腎臓機能が障害される、というようなパターンがあります。

【参考記事】

頻尿や血尿で急変の危険?尿路結石はあなどれない犬の病気

ゆっくりと腎臓を蝕む・慢性腎不全

慢性腎不全は、それまでの食習慣や加齢による機能低下も関係するのですが、この病気が多く発生する好発犬種というものもあります。

先に述べたように、腎臓は、その大部分がダメージを受けない限りは目立った症状が現れるでもなく、機能し続けます。

正常なネフロンの数がいよいよ少なくなって、腎臓の機能を保てなくなった時、腎不全の症状が見られるようになってきます。

スポンサーリンク

尿毒症は腎不全の末期

急性でも、慢性でも、腎不全が進行して、体に不必要な老廃物(毒素)を体外に排出できなくなると、血液中に蓄積していきます。

老廃物は窒素を含んでいて、それが増えていくと高窒素血症になるので、血液検査では血液中の尿素窒素(BUN)が高値になります。

さらに、尿毒症の物質となる、インドキシル硫酸、尿素、クレアチニンなどの老廃物も増え、血中濃度が高くなり、毒素を含んだ血液は全身をめぐります。

そして、血中に蓄積したそれらの老廃物は、各臓器にも悪影響を与えます。

この状態を尿毒症と呼び、尿毒症は治療が遅れれば死に至る重度の病状で、腎不全の末期症状です。

尿毒症の症状

腎不全は、腎臓が水分を再吸収して尿を濃縮するという基本的な機能が失われていくので、体の水分が必要以上に体外に排出されて常に脱水になるために、多飲多尿という症状が現れます。

しかし、もっと進行して尿毒症という末期にまで至った場合は、腎臓の機能は完全に停止してしまうので水分も毒素も体内に貯留していき、無尿や乏尿(極端に尿量が少ない)という症状に変化していきます。

おしっこが出ないという症状には、もう一つ、尿閉というものもあり区別が必要です。

尿閉は字のごとく、おしっこが作られているにもかかわらず、それが排出されるまでの流れの途中で、何らかの原因により通り道が塞がれ、流れ出ていくことができない状態を指します。

尿閉の原因は、主に腫瘍や結石であることが多いですが、尿閉、無尿、乏尿のいずれも尿毒症に繋がる重大な兆候です。

そのままでは命の危険を招くことになり、処置が必要な病状です。

老廃物の毒素が全身に回り、全身の水分や電解質のバランス調整もできなくなるので、吐き気、嘔吐、下痢、貧血などの一般的な全身症状とともに、むくみ、高血圧、心不全などの症状も現れます。

そして、特徴的な症状として、口臭がアンモニア臭になるなどもあります。

全身をめぐる毒素は、脳神経にも影響を及ぼして、神経症状である痙攣や昏睡などが現れるようになります。

尿毒症の治療

尿毒症は、一刻も早く、血液中から老廃物を取り除く治療が必要になります。

輸液や輸血によって体内の循環量を増やしながら、同時に利尿剤を使って尿の排出を試みます。

また、対症的に心臓の機能を高める薬や、高血圧に対する降圧剤なども使用します。

尿毒症の改善をはかりながら、その原因になっている基礎疾患があるのであれば、その治療を行います。

しかし、尿毒症が悪化した状態では利尿剤に対する反応が悪くなりがちで、期待した効果が得られないことも少なくありません。

腎不全の点滴治療・自宅でも可能な場合がある

慢性腎不全の場合は、多尿により脱水になることを防ぐ為、点滴治療は有効な治療です。

点滴治療には、皮下点滴と静脈点滴の2通りの方法があります。

静脈点滴は、入院しておこなわなければならないのですが、皮下点滴であれば、獣医師の指導の元で飼い主さんが自宅で行うことも可能であり、通院の負担も軽減されるでしょう。

急性腎不全は原則として入院治療なので、自宅点滴の適応ではありません。

ただ、人に置き換えてみるとわかると思いますが、通常は静脈に入れるからこそ大量であってもスムーズに入るのであり、皮下点滴は薬剤の量に限度があり、静脈に比べると吸収も遅いです。

そして、このような治療で延命・病状維持できるのは、あくまでも腎臓の機能がわずかでも残っている腎不全に留まっている段階です。

腎臓の機能が完全に壊れてしまい、尿毒症まで進行している状態では、このような治療ではもう間に合いません。

尿毒症になる前に、まだこのような対処ができれば、少しでも状態を改善して延命する手段にもなりますが、尿毒症はすでに末期であり、治療の選択肢もかなり狭くなるのです。

尿毒症には透析治療か腎移植か

腎臓が全く機能しなくなり、血液中に老廃物が溜まって全身に影響を及ぼす「尿毒症」は、腎臓の代替となる人工透析によって、血液を浄化する治療が唯一の有効な治療法でもあります。

人であれば、ギリギリまで待たずに間違いなくこの治療が適応になるところです。

人に透析治療を導入する時、急性腎不全では、危険な状態を脱するまで一時的に透析治療を行い、本来の腎機能が回復するまで続ける治療と考えます。

急性腎不全で、尿毒症を起こして全身状態が悪く、緊急透析の必要がある場合などは、ICUで長時間に渡る透析をおこないます。

一方、慢性腎不全では、腎機能はすでに失われたものとして、永久的(腎移植するまで)、定期的に透析治療を続けることになります。

犬に対しても、急性期の透析治療には期待ができるとされます。

急性腎不全は、尿毒症に陥っても、そうなっている原因を取り除けば、腎臓そのものは損傷がなく正常に機能する可能性があるからです。

しかし、慢性的に腎臓がだめになったものに対し、定期的かつ永久的に透析治療による延命というのは、犬に対しては、現実的な治療ではありません。

1回に何時間もかかる透析を犬が動かずに受けることは困難であり、それを週に3~4日、永久に通い続けるというのは無理と言えるでしょう。

腎臓移植という方法が根本治療になるものですが、これは、数少ないですが、犬の腎臓移植をおこなっている病院はあるようです。

ただし、臓器移植は、ドナー(臓器提供者)の問題や術後の拒絶反応、免疫抑制剤を維持する必要性、感染症の管理など、課題が多く、容易なことではありません。

それでも助かる方法があるのなら手を尽くし、どんなことをしても死なせたくないという飼い主さんの気持ちは、私がそういう選択をするかは別として、理解できなくはないです。

尿毒症の余命・そして飼い主にできることは

急性腎不全は、急激に症状が進行するので、犬に何らかの症状が現れてから尿毒症という末期に至るまでに、それほど時間はかからないと考えた方がよいでしょう。

急性でも慢性でも、尿毒症までに陥ると、余命は数時間~数か月と考えられています。

おしっこが出なくなり、それに気づかず、治療が何もなされないならば、余命は数日以内という短さになることも覚悟する必要があります。

それほどに、尿毒症とはかなり深刻な末期症状であり、決して楽観視できないものです。

余命には開きがあり、その要素になるものは、犬の基礎体力、そして対症療法をどこまでするのか、またはできるのか、そして治療にどこまで反応が得られて効果が出るのか、ということによります。

 

まとめ

犬の病気で、尿毒症とは、腎不全の末期症状のことです。

それは急性、慢性に関わらず、腎不全が進行して命が危険な状態なのです。

透析治療は、犬の場合、一時的な治療としてなら有効とも考えられますが、慢性腎不全になって生命を維持していくための治療法としては、適応がないのが現実です。

慢性腎不全も、早い段階で対処すれば、点滴療法などで状態を改善することはまだ可能ですので、末期まで気づかないことがないように、普段から健診などを受けて、健康状態をいつも把握しておくことが大事です。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

犬もリラックスして免疫アップ!ドッグマッサージの素敵な効果

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!