犬の腎不全と余命 検査数値と腎臓病のステージについて

腎臓は体の中でとても重要な臓器です。

腎臓は、体に不必要な老廃物の排出に深く関わっている臓器ですが、腎不全は腎臓が正常に働かなくなる病気です。

腎不全は、余命に大きく関わる重大な病気であり、その重症度によるステージ分類があります。

今回は、犬の腎不全の検査の数値の見方、治療などについて解説したいと思います。

スポンサーリンク

腎臓は濾過・排泄器官として重要な役割を持つ

犬の腎臓は、人と同様に背中側に左右1つずつあります。

そして腎臓から尿管という管が出て膀胱に繋がっています。

腎臓の働きには、次のようなものがあります。

  • 尿の生成
  • 体内水分量とPH調節
  • ホルモンの分泌
  • 老廃物の除去
  • ビタミンD活性化(カルシウム吸収)

腎臓には、その働きの要となる糸球体が中心の腎小体という器官尿細管という細い管がワンセットになった「ネフロン」と呼ばれる単位が無数あります。

その「ネフロン」の一つずつが腎機能の働きを保っています。

人においては左右の腎臓でネフロンが200万個あり、犬には80万個あるとされています。

ネフロンは、それぞれが独立し、原尿のろ過、再吸収、濃縮などを休みなくおこなっています。

つまり、ネフロンとは、尿の元になる液体の中に含まれている、必要なものと不必要なものを濾しているフィルターと考えるとわかりやすいと思います。

そのフィルターが数えられないほどあり、腎臓は常にその濾過をおこなっているのです。

そして、必要なものは再度血液中に戻し、本当に必要のないものだけにして、そこからさらに水分を再吸収して濃縮し、最終的に尿を生成し排出します。

スポンサーリンク

腎臓機能が障害される病気・腎不全

腎不全は、このネフロンの働きが何らかの理由で障害されてほとんど機能できなくなる状態です。

腎臓病では、このネフロンの中の糸球体という部分のフィルターが目詰まりを起こします。

その為に、本来なら体外に排出すべき老廃物や毒素を排出することができなくなります。

そして、水分の再吸収もできなくなるので、尿を適切に濃縮することができません。

その為に水分の多い薄い尿を多量に排出することになり、そのせいで身体は水分が失われ、脱水になってしまいます。

また、腎不全ではホルモン分泌という働きもできなくなります。

腎臓が分泌するホルモンには、エリスロポエチンというホルモンがあります。

それは、赤血球を作る機能に関与するホルモンで、腎不全になるとこのホルモンが分泌されなくなるので貧血になるのです。

さらに、腎臓は血圧を調整するホルモンも分泌していますが、その働きも滞るので、腎性高血圧が見られるようになります。

無数のネフロンは、互いに補い合ってギリギリまで機能するので、腎不全の症状が現れるまでに時間がかかります。

その半分ほどが正常に機能していれば、無症状であり気づくのがなかなか難しいのです。

しかし、ネフロンの機能障害が75%以上までに広がってくると、ようやく何らかの症状が現れるようになります。

腎臓病の症状が出るようになった時には、すでに75%がだめになっているということであり、治療不可能であることが多いのです。

そして破壊されて機能しなくなったネフロンはもう元に戻ることはありません。

急速に進行し命の危険に陥る・急性腎不全

急性腎不全は、何らかの原因で急速に腎障害が進行し、機能不全に陥ってしまう状態です。

急性腎不全には

  1. 腎前性急性腎不全
  2. 腎性急性腎不全
  3. 腎後性急性腎不全

の3つのパターンがあります。

1は、心臓病や脱水などが原因になり、腎臓に流れ込む血流が急激に減少したために2次的に起こります。

2は、腎臓そのものの異常により起こります。

3は、腎臓から先の器官に結石や腫瘍などがあって閉塞しているとか、外傷などで尿管を損傷したりして、尿が流れるルートが障害され、排出できなくなったことで、2次的に起こります。

たとえば、急性腎炎などの腎臓の病気、レプトスピラ症などの感染症、薬物や毒物による中毒、降圧剤や利尿剤の過剰投与、尿路結石、腫瘍の増大、心不全、下痢や熱中症による脱水などがその原因に挙げられます。

【参考記事】

頻尿や血尿で急変の危険?尿路結石はあなどれない犬の病気

急性腎不全の症状と経過

急性腎不全には、食欲不振、嘔吐、下痢、脱水、けいれん、尿量減少や無尿、ぐったりする、むくみ、過呼吸などの症状が認められます。

急性腎不全は、腎臓そのものが正常であることも多く(1や3のパターン)、原因に対し早期に治療すれば回復も期待できます。

しかし、大抵、発症は突然で進行が急速であり、あっという間に尿毒症に移行して死に至ることもあるので、その治療は一刻を争います。

注意・エチレングリコール中毒と急性腎不全

エチレングリコールというガソリンや保冷剤に使われる不凍液は、腎毒性が高く、誤食による急性腎不全には要注意です。

エチレングリコールは甘味があるので犬が誤食しやすい物質でもあり、致死率が高いです。

致死量は体重1kgで6㎎と、微量でも危険であり、早期に適切に治療がおこなわれなければ予後は不良とされています。

保冷剤などは身近にある物質なので、犬の誤食がないように細心の注意が必要です。

(参考:http://www.hiro-vet.or.jp/learning/pdf/magazine-h2109/P71-73.pdf

症状がわかりにくくいつのまにか進行する・慢性腎不全

慢性腎不全は、高齢犬に多く発生し、加齢による腎機能の低下が原因になることが多い病気ですが、若い犬が腎炎を起こしたあとにそのまま慢性腎不全になってしまうこともあります。

また、糖尿病のコントロール不良で、その病気の合併症として起こることもあります。

【参考記事】

犬の糖尿病の症状チェック 初期症状や合併症はどんなもの?

慢性腎不全は経過もゆっくりで、明らかな症状が現れないままに数か月~数年かけて腎臓の正常な機能が少しずつ失われていく病気です。

症状が出始めて病気に気づいた時には、すでに腎臓の残存機能がわずかしかなく、それをどこまでもたせることができるのか?というような、シビアな状態になっていることも多いのです。

慢性腎不全には、発症しやすいとされる好発犬種があります。

【好発犬種】ゴールデンレトリーバー、ジャーマンシェパード、シーズー、ミニチュアシュナウザー、ビーグル、ロットワイラー、スタンダードプードル、バセンジーなど。

ただしあくまでもそのリスクが高いと言われるだけで、これらの犬種が必ず慢性腎不全になるわけではなく、また違う犬種であれば発症しないというわけでもありません。

慢性腎不全の症状と経過

慢性腎不全では、食欲不振、嘔吐、継続する軽度の下痢、多飲多尿、貧血、骨密度の低下、副甲状腺機能亢進症、むくみなどの症状が現れます。

腎臓は、赤血球生成やカルシウム吸着などの役割も持っているので、腎機能が失われていくと、貧血や骨への影響も起こります。

副甲状腺機能亢進症という病気の発症は、ホルモン減少による影響の一つです。

慢性腎不全は少しずつネフロンが壊れて進行していくために、最初はこれといった症状もありません。

何らかの症状が出て来るようになった時は、すでに75%以上のネフロンが機能不全に陥っている状態で、早期発見は難しいと言えます。

検査数値から見る犬の慢性腎臓病のステージ

数値が指標となる腎臓の検査項目

ここで書くことはちょっとややこしい話になるのであまり面白くないかもしれません。

ご興味があれば読んでみて下さい。

血液検査の中で、腎機能を調べる項目は主に「BUN」「Cr(クレアチニン)」の数値です。

そして、腎臓が悪ければ電解質の数値も変化するので、Na、K、Cl(ナトリウム、カリウム、クロール)などの数値も重要になります。

もし、お手元に検査データ(飼い主さんのものでも犬のものでも)があれば、項目と数値を確認してみて下さい。

おそらく検査データとしてよく目にしている項目です。

BUNは「尿素窒素」のことです。

これは体内でエネルギーとして使われた蛋白質の老廃物の数値です。

この数値が意味するものは、腎臓機能が低下して老廃物が血液中に溜まっていることの指標であり、腎機能が悪ければ数値が上昇します。

ただ、この数値は、蛋白質の過剰摂取や他の病気の影響も受けることがあるので、それも考慮しながら数値を判断する必要があります。

もう一つのクレアチニンの数値の方は、筋肉内にあるクレアチンリン酸という物質が、筋肉を動かす為のエネルギー源として使われたあとの老廃物の名前です。

クレアチニンも本来は腎臓で濾過されて尿として排出されるはずの老廃物で、腎臓機能が悪ければ血液中に溜まり数値が上昇します。

しかし、クレアチニンの数値は筋肉量によって左右される傾向もあります。

また、腎臓機能が大幅に低下して、ネフロンの機能不全が半分以上にならないと数値が上昇しない、という欠点もあります。

つまり、いよいよ悪くならなければ異常数値としては現れにくいのです。

そのような理由で人の腎臓の血液検査の場合は、この数値とともにe-GFR(推算糸球体濾過量)という数値も追加検査するのが一般的です。

しかし、近年では、犬の腎臓機能検査にも、新しくSDMA(対称性ジメチルアルギニン)という項目の追加が推奨されるようになったようです。

この検査も簡単に言うと、理屈はクレアチニンと同じです。

SDMAはクレアチニンよりも早い時期に腎臓の機能不全がわかるというメリットがあり、クレアチニンの欠点を補うことができます。

その結果、1年半近くも早めに慢性腎臓病の診断が可能になるということで、早期発見に大変有用な検査と言えそうです。

犬の慢性腎臓病(Chronic Kidney Disease : CKD)のステージ分類

犬の慢性腎臓病(Chronic Kidney Disease : CKD)は、血液検査の数値からその重症度によって、ステージ1~4の4段階に分けられます。

基準になる数値は、血清クレアチニンの数値です。

♦ステージ1

  • 血清クレアチニン濃度の数値:1.4mg/dl未満 
  • 残存腎機能:33%
  • 尿比重:正常~1.050 蛋白尿

症状は特にないか、多飲多尿の傾向が多少見られるくらいで気づかれることはほとんどありません。

しかしこの時点ですでに、腎臓機能は正常な腎臓の33%程度まで落ちているということになります。

♦ステージ2

  • 血清クレアチニン濃度の数値:1.4~2.0mg/dl
  • 残存腎機能:33~25%
  • 尿比重: 1.017〜1.032(低比重尿) 蛋白尿

腎臓の機能は、正常の時の4分の1しか残っていません。

尿を濃縮する水分の再吸収の能力が低下している為に、比重が低い薄い尿が多量になり、その為に体は水分が不足し、喉が渇くので多飲になります。

しかし、犬の全身状態は悪くないので、検査などしない限りはまだ気づかないことも多いです。

♦ステージ3

  • 血清クレアチニン濃度の数値:2.1~5.0mg/dl
  • 残存腎機能:25~10%
  • 尿比重:1.012〜1.021(低比重尿) 蛋白尿

腎臓はすでにその75%が破壊され、病気が進行して全身に症状が現れるようになります。

老廃物の排出が困難になる為に、体内に蓄積した毒素が血液の流れによって全身をめぐります。

その影響で食欲不振や吐き気、下痢、嘔吐、貧血などの症状が見られるようになります。

全身の状態が悪くなり、このステージでは健康状態が悪いと気づくはずです。

♦ステージ4

  • 血清クレアチニン濃度の数値:5.0mg/dl以上
  • 残存腎機能:10%以下
  • 尿比重:1.010〜1.018(低比重尿) 蛋白尿

腎臓の機能は正常の時の10%以下しかなく、ほとんど機能していない腎不全末期のステージです。

重度であり、老廃物は排泄されることなく血液中に多く溜まるので尿毒症と言われる状態に陥って、生命の危険があります。

尿毒症については別の記事で詳しく書きたいと思います。

腎不全の予後と余命

破壊されてしまったネフロンは治療しても元に戻ることはありませんので、腎不全の治療の目的は、残った腎臓の機能をいかに長く保たせるかということになります。

慢性腎不全のどの段階で診断がついたのかによって、余命も変わって来ます。

例えば、特に症状はなくても健診などで早期に腎機能の数値異常などでわかった場合は、まだ腎臓の残存機能には余裕があると言えます。

腎不全の進行を遅らせる為には、食事療法など生活上で対応すべきことがあり、そのような手厚いケアによって余命を延ばすことができている犬もいます。

慢性腎不全の余命は、診断がついてから一般的に1年半~2年と言われるようですが、それもケア次第で個体差があると言えるでしょう。

また、いよいよ末期状態になってわかった場合では余命は極端に短くなります。

すでに1週間~1ヶ月の余命であることもあります。

血液透析という治療法

急性腎不全の場合、もしも血液透析という治療を受けることができれば、回復が望めるパターンもあります。

血液透析は、ダイアライザーという人工腎臓を使い、血液をその機械に通し本来は腎臓のネフロンがおこなう濾過機能を人工腎臓で代替することによって、血液を浄化します。

そして浄化された血液を再び体内に戻す方法です。

急性腎不全では、腎臓そのものに問題がなかったにもかかわらず中毒物質などが原因となって腎不全を起こしているパターンがあります。

そのような症例では、早期に血液透析を導入して急性期を乗り越えることができれば、回復の可能性も広がります。

一方で、慢性腎不全がじわじわと進行し腎臓機能がほぼ壊れてしまっている状態では、血液透析の適応にはなりません。

私は以前、透析センターで勤務をしていましたが、人の透析治療の対象は基本的に慢性腎不全です。

もちろん急性期の透析治療もありますが、定期的に1回4~5時間、週3回~4回で継続的に透析治療を行うのは慢性腎不全の患者さんです。

慢性腎不全の透析治療は、いつまでという期限がありません。

腎移植をおこない、新たな腎臓が体内で機能しない限り、その人の腎臓の機能はダイアライザーが代替していくことになります。

しかし人と違って、犬の血液透析は、まずどこの病院でもできるわけではありません。

高度で専門的な動物医療をおこなっている一部の機関に限られると思います。

さらに、一回に4~5時間かかる透析を週に何度も、定期的に必要とするような治療を永久的に犬におこなうというのは、リスクも考え、現実的な治療法とは言えないでしょう。

犬への血液透析は、急性腎不全、または慢性腎不全が一時的に悪化した時には有効かもしれないのですが、慢性腎不全の継続治療には適応にならないのが現実です。

 

まとめ

腎不全には急性と慢性があり、急性腎不全は何らかの原因があって突然発症して急速に進行します。

慢性腎不全は明らかな原因がなく、主に高齢犬でゆっくりと進行します。

腎臓の機能はその75%以上が失われるまで症状がはっきりとは現れず、症状が出現した時はすでに重症であることも多い上に、壊れてしまった腎臓の機能は元に戻りません。

いずれも分かった時には手遅れであるという可能性も高いです。

急性腎不全では、その症状と原因に心当たりがある場合、迷わずに病院を受診させて下さい。

また、高齢犬では、元気であっても健診を受けさせることを心がけていれば、腎臓だけに限らず病気の早期発見に繋がります。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

肝機能検査の数値の異常 肝臓・胆のうに多い犬の病気

心臓に雑音が生じる犬の病気 僧帽弁閉鎖不全症の症状と治療

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

私のおすすめ

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!