犬が粗相した時はこうする!効率よく家で洗濯する方法

あなたのうちでは、犬に使ったブランケットなどの洗濯をどのようにされていますか?

犬が粗相した時の洗濯物の取り扱い方法は、それぞれの家庭で多少違いがあると思います。

しかし、調べてみると共通した悩みは、やはり簡単に洗えないようなもの、例えば布団などに粗相した時の取り扱い方法のようです。

今回は、犬が粗相した時の洗濯の方法について解説したいと思います。

犬の粗相で汚れた物はどこで洗う?

犬の洗濯物も、人間が使用する洗濯機で一緒に洗っているという飼い主さんは多いです。

しかし、犬専用の洗濯機を決めていて、別々に洗濯するというパターンもあり様々のようです。

粗相などで汚れがひどい物だけは先に手洗いをしておいて、おおまかに汚れが落ちたら洗濯機で普通に洗うという飼い主さんもいます。

犬に関するものは、全部手洗いをしているという飼い主さんもいるようです。

洗う順番や、できれば洗濯機は分ける方が清潔で良いという衛生観念の人もいるでしょう。

また、犬に触れたものを別にするのだったら、普段からその犬を抱いている自分の衣服も同じように汚れているのでそれを考えたらきりがない、という考え方の人もいます。

こうなると、普段の洗濯に何が基本というのはなく、それぞれの衛生観念で対処すればよいことと思います。

ちなみに私は、粗相などの汚れ物は先に手洗いして、その後は一緒の洗濯機で洗うという方法です。

犬の汚れものは、粗相したものも含めてコインランドリーで洗濯・乾燥しているという人もいるようで、それについては賛否両論あるようです。

後に使う人のことを考えたら非常識だという意見もあれば、動物に限らずみんな汚れのひどいものを洗濯しに来ているのだし、洗えばきれいになるのだからかまわないのでは?という意見もあります。

コインランドリーの利用方法も、全てをそこですませる人もいれば、家で洗濯し乾燥する時だけ効率的にコインランドリーでという方法など、このあたりも様々なようです。

ただ、コインランドリーに関しては、ペットのものを洗濯するのを禁止されているところもあるのでご注意下さい。

ほとんどの飼い主さんは、やはり自宅で洗濯をしているようです。

粗相したものはその場で手早く片付けられた方がベターだと思いますので、次で自宅での洗濯の方法をご紹介していきたいと思います。

粗相した洗濯物を洗濯機で洗う時のコツと洗剤選び

犬の粗相で汚れているものには、どのような洗剤を使って洗濯しているでしょうか?

世の中には、犬(ペット)専用の洗剤という便利な製品が存在しています。

 

犬の洗濯物を洗って収納していたにもかかわらず、再び取り出した時に、何となく生乾きのような嫌なにおいがする・・・といった経験はないでしょうか?

これは、犬の皮脂成分が人間とは異なっていて、普通の洗剤では落ちにくく、洗濯後もそれが残っているために菌が繁殖したことが原因になっているからなのです。

犬(ペット)用の洗剤とは、この洗浄部分が工夫されていて、犬の皮脂への洗浄力が優れているということが特徴です。

しかし、洗濯の方法さえ工夫すれば、普通は人間と同じ洗剤でもあまり問題ないと思います。

ここで上手に活用したいのが漂白剤です。

犬の粗相で汚れた洗濯物は、

  1. 40℃くらいのぬるま湯で手洗いをしておおまかに汚れを落とす
  2. 漂白剤を溶かした液につけ置きし、30分くらい経過してからすすぐ
  3. 洗濯機で普通に洗濯をする

という手順で洗濯すると良いです。

粗相に対するにおい対策と、嫌なにおいの原因になるのを防ぐために、ここで除菌処理をしっかりとします。

色柄物には、ワイドハイターなどの酸素系の漂白剤を使用し、色落ちの心配のない白い物であれば塩素系の漂白剤の使用も可能です。

注意したいことは、塩素系と酸素系は液性が全く逆ですので、同時に使用しないようにして下さい。

よく注意書きしてある「混ぜるな危険」の状態にならないように使用して下さい。

そして、乾燥機かまたは天日干しが乾きが早くてよいと思いますが、室内干しでも早く乾かせば問題ないと思います。

人間用の洗剤も優秀なものがたくさんありますし、犬の粗相で洗濯することになるのは、大抵、普段人間が使っているマットやクッションカバーなどではないかと思います。

洗濯時にハイター系のものをうまく足すことで、除菌は十分できるはずです。

粗相した物が洗濯機では洗濯困難な場合

粗相されたものが、洗濯機で洗濯可能だったらまだ何とかなるのですが、これが洗濯機に入らないようなものだったら本当に困りますね。

もしも犬が布団やマットレスに粗相した場合は、次のように洗濯します。

  1. 布団やマットレスの粗相の部分に70度以下の熱湯を粗相の部分にかけて浸透させる
  2. 乾いたタオルで上下からサンドイッチにして吸い取る
  3. また熱湯をかけて吸い取るという部分洗いのようなことを何度か繰り返す

70℃の熱湯で部分洗いを繰り返すことでにおい対策になります。

【こちらの記事と同じ要領です】

>>これで解決!犬が粗相した時のカーペット・畳の掃除法

もし浴室まで運べるようなものでしたら、浴槽を使って足で踏みながら丸洗いができます。

  1. 浴槽をちょうど洗濯槽に見立てて、オシャレ着用の洗剤を使用してぬるま湯で踏み洗いする
  2. 裏表ひっくり返しながら、同じようにまた踏み洗いする
  3. すすぎも同様の洗い方で洗剤分がなくなるまでこの作業を2,3回繰り返す
  4. 浴槽の縁にかけ、バスタオルなどを押し付けて水分をできるだけ切る
  5. 水が垂れなくなってから外干しする

ただし、素材によっては無理がありますし、敷き布団などは水を吸うと重く、かなり大変になります。

また、キルティングされてない綿入りのものは綿が固まってしまうなど、トラブルも起こりうるので、水洗いできそうかどうか、素材などには十分注意して判断して下さい。

そして、布団のクリーニングでは、犬の粗相で汚染したものは受け付けられないというところもありますので、飼い主さんはそのようなことも認識しておいて下さい。

犬のものを洗濯する時の注意

犬の物を洗濯機で洗濯する時には、ほんの小さな作業をマメに行うことで洗濯機の故障の防止対策ができます。

洗濯の前には、洗濯物に付着している被毛や小さなゴミなどは、粘着クリーナーなどを使用してできるだけ取り除いて下さい。

抜け毛は、排水ホースや排水溝に詰まりやすく、犬のいるご家庭では普段の洗濯の時から意識しておいた方がよいです。

そして洗濯の後には、洗濯機のごみ取りネットなどもその都度掃除しておきましょう。

今、洗濯機は自動洗浄機能のあるものがほとんどで、清潔に保ちやすくもなっていますが、定期的に洗浄してカビ対策を忘れないようにしておきましょう。

そして、洗濯物は、せっかくきれいに洗濯しても、乾燥に時間がかかって半乾きの状態が続いてしまうとにおいの発生の原因になりますので、できるだけ早く乾燥するようにして下さい。

犬との暮らしの中では、粗相があっても洗濯のしやすい、できるだけ手入れが難しくない素材のもので環境を整える工夫も必要でしょう。

 

まとめ

犬の粗相の洗濯では、洗剤を選び除菌洗浄をきちんとすることで汚れとにおいを落とすことができます。

犬の粗相で汚れた洗濯物の取り扱いは、粗相があるなしに関わらずその飼い主さんの感覚でかまわないと思います。

例えば洗濯機を一緒にするのか別にするのかということにしても、そこの家の方針で良いのです。

ただ、犬がいる環境は、自分には当たり前なのですが、そうではない人もいるということを常に考え、公共の場を使う時は周囲にも配慮できることが犬と犬との暮らしを守ることに繋がります。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

犬の粗相に使える消臭剤 掃除の必需品!おすすめ7選

カンファペットは怪しい除菌消臭剤?成分・効果を確認してみた!


あわせて読みたい記事はこちら


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"