犬のお漏らし対策 体にフィットするオムツを選んで快適に!

犬のお漏らし対策にいろいろと工夫をしてみても、やはりオムツも併用していくことが望ましいということはあるかもしれません。

しかし、オムツの種類もたくさんあるので、どのように選んだらいいのか迷いますね。犬の体に合っていなければ全く意味を成さなくなってしまいます。

今回は、犬のお漏らしにオムツを使用する時の注意や選び方などを確認してみましょう。

犬のお漏らしにオムツが必要になる時

65c3117209a060c96037b8131d103332_s

のお漏らしが継続的ではない時や量もわずかな場合は、できるだけオムツを使わずに工夫できることをしてあげた方が、犬も自然に過ごせますので負担は少ないと思います。

【お漏らしの工夫について】

犬のお漏らしは病気のサイン?知っておこう!原因と対策

しかし、犬がもしも高齢になっているとか、病気や怪我で療養中の為に体動制限があったり、トイレへ移動するのが困難な場合などは、オムツも選択肢になるかもしれません。

お漏らしの症状がひどく、掃除に追われることが多かったり、犬の体を洗ったり拭いたりすることで、飼い主さんにも犬にも負担が大きくかかってくるようであれば、思いきってオムツを使用した方が良いこともあります。

オムツ使用のメリットとデメリット

オムツをすることのメリットは、部屋や犬の周辺環境がお漏らしで汚染することを防げて、掃除の負担も減ることで飼い主さん側にも余裕が生まれます。

犬にとっても、お漏らしによって体が広範囲に汚れるということを避けられますので、体の傷がある時にその部位の保護が必要な場合などは、汚染させなくてすむかもしれません。

犬も飼い主さんも、お漏らしに手間や時間を取られなくなるので、その分落ち着いてすごすことができると思います。

デメリットは、オムツをしていることにより、汚物が犬の体に密着し湿った状態でそこに蓋をしていることになりますので、オムツの中が蒸れやすくなります。

それが原因で皮膚の炎症を起こすリスクが高まり、そのような状態が長時間に及ぶと、尿路感染の元にもなって膀胱炎などを起こすことがあります。

そのようなリスクを防止する為には、オムツを着けたからと言っても、やはり時間ごとに定期的な交換が必要で、オムツをはずした時には、汚れを拭いたり洗ったりして清潔にするというような手間がかかることは変わりがありません。

また、費用もおそらくペットシートより負担が大きくなるのではないでしょうか。

紙オムツのサイズ 使用する時の注意

犬の紙オムツも、人間の紙オムツほどはなくても、同じように最近は複数のメーカーから発売されていて、種類も豊富です。

紙オムツを選ぶ時に最も大事なのはそのサイズがフィットするかどうかです。

犬の体にフィットしていないと、きちんと装着しても隙間ができてそこから漏れてしまいます。犬種だけでなく、体格には個体差があるので、犬の体のサイズは測定しておいた方が何を選ぶ時も間違いないと思います。

もしも動きのある犬にオムツを使用する場合は、おむつカバーを併用するという方法もありますが、しっかり固定はできても、この場合はオムツの中がさらに蒸れやすくなりますので、いっそうの注意が必要になります。

肛門の周囲や腹部などの被毛は、部分的に短くカットするなどしていた方が、汚れの付着が少なく、清潔に保ちやすくなります。

紙オムツはかさばるし音もするので、犬にとっては違和感があると思います。慣れるまで、最初はマナーベルトやマナーパンツの装着から練習してもよいでしょう。マナーパンツでも、着けたことがないととても嫌がることが多いです。

市販されている紙オムツ

各メーカーから出されている紙オムツをいくつか選んで集めてみました。

ぺティオ 紙オムツ Mサイズ 20枚入

ここにご紹介しているのはMサイズですが、こちらはサイズ展開が5段階あります。

吸収ポリマーでしっかりおしっこを吸収し、ギャザーがウエストとサイドについていて、しっかりと漏れない工夫がされています。

テープも付けはずしが可能なようですので、装着し直すことができて無駄にもなりません。

比較的タイトにフィットする作りなのかもしれませんが、こちらのレビューには、少し小さいと感じる方もいらっしゃるようです。サイズを選ぶ時には余裕を持って選ぶ方が良いかもしれません。

ユニ・チャーム ペット用紙オムツ M 28枚入

こちらは人間のサニタリー用品でもおなじみのメーカー、ユニ・チャームから出されている紙オムツで、サイズ展開は6段階あります。

こちらのオムツも、吸収面やギャザーの工夫はあり、通気性にも配慮された紙オムツです。デザインも水玉模様で可愛く作られていて、つい選んでしまいそうです。

フィット感や吸収性に関してのレビューはとても良いようです。やはりメーカーの信頼性は高いと言えそうですね。

ドギーマン ペットの紙オムツ M 16枚入

こちらもペットグッズで有名なメーカーから出されています。サイズ展開6段階あります。

立体ギャザーやつけ直し可能なテープなどについての機能面は問題ないと言えそうです。

そして、価格の面では一枚当たりがリーズナブルになっていて、デイリー使いには魅力的な紙オムツです。

ユニ・チャーム 男の子用 おしっこオムツ M 18枚入

こちらもユニ・チャームのもので、お尻を覆わないタイプなのでおしっこ専用になりますが、オス犬のマナーベルトのような形の「尿取りパッド」です。

うんちのトラブルは心配がなく、おしっこのお漏らしだけの場合、男の子でしたら手軽にこれで十分ではないでしょうか。

装着も簡単で、犬の違和感も最小限で済み、コストダウンにもなると思います。

ぺティオ おむつパッド M 30枚入

こちらは性別問わず、おしっこの吸収だけを目的とした「尿取りパッド」です。 

紙オムツと併用しておいて、お漏らしの量が少ない時はパッドだけを交換すればいいようにできます。お漏らしが少量とわかっている場合は、最初からこのパッドとオムツカバーかマナーベルト、マナーパンツなど固定できるものと組み合わせて使用するとよいと思います。

市販のオムツ以外の工夫

既製品の犬用紙オムツがどうしてもサイズが合わなかったりして、お漏らしにうまく対応できない場合は、他の方法を考えないといけません。

人間用のオムツには成人用と赤ちゃん用がありますので、それを犬の体格に合わせて選び分けて使用してみると、案外こっちの方が犬用よりもフィットするかもしれません。また価格も安く手に入ったということもあるようです。

ただ、人間用のオムツは尻尾の穴は開いてないので、その都度開けてあげないといけません。オムツに切れ目を入れることでオムツの中のポリマーが出てくることがあるので、その対策も必要になります。

切れ目は十字に入れて、それぞれを外側に向けて折り返しテープで止めると、実際に尻尾に当たる部分はテープの違和感もなく、ポリマーも出てこないと思います。

また、人間用の尿取りパッドは吸収力でかなり優れています。種類も薄手や小さいものなど豊富ですので、犬の体格次第ではそちらも便利に使えるのではないでしょうか。

まとめ

オムツは種類や組み合わせ方で工夫ができますので、お漏らし対策が他の方法ではうまくいかない時には、思い切ってオムツを使用してみると飼い主さんも犬も楽になれます。

ただ、オムツを着けたら、外見的にはわからなくてもオムツの中では犬の体が汚れることになるので、人間の赤ちゃんのようにマメに交換してあげることを心がけて下さい。

汚れた部分は温タオルで拭くか、お湯で部分浴をするなどしてマメに清潔にしておくことが、皮膚のトラブルを防止することになります。皮膚が炎症を起こしたりトラブルを抱えてしまうと、治りにくくなり、オムツをすることも困難になりますので、予防が大事です。

そして、飼い主さんや家族の誰かが対応できる時間帯などは、できるだけオムツをはずして蒸れを防ぐようにしてあげて下さい。

オムツを装着していても、動ける場合は犬も自分のトイレに行くと思います。全面的にオムツにしてしまうのではなく、犬の自立心を尊重し、トイレを使いやすくする工夫も必要なことです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

老犬のお漏らし対策 その原因と必要となる介護について

犬のお漏らしにおすすめサプリ 効果に期待の5選


あわせて読みたい記事はこちら


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"