老犬に粗相が始まった時 理解すべきことと対策について

それまで特別に問題になるような行動もなかったのに、犬が粗相するようになった時には、改めて犬の年齢を意識するのかもしれません。

もう老犬と言われる年齢になっていたなら、それが粗相の原因の可能性があります。

老犬の粗相が始まった時、飼い主としてはどのような対策ができるのでしょうか?

今回は、老犬の粗相の対策について解説したいと思います。

犬が年をとることと粗相の関係

a0782_001070

あなたの犬は、今は何歳でしょうか?

犬の年齢の考え方は、大型犬か小型犬かによって多少異なります。

しかし、少なくとも犬は人間の4~7倍の速さで年をとっていっていると言われます。

犬の年齢を人間に換算する計算方法があります。

《大型犬の年齢計算》

  • 最初の1年で人間の12歳
  • その後は12+(現在の犬年齢-1)×7が年齢の目安

 

《小型犬の年齢計算》

  • 最初の2年で人間の24歳
  • その後は24+(現在の犬年齢-2)×4が年齢の目安

大型犬の方が少し早くシニア期に入り、老犬と呼ばれる年齢になります。

犬は、7歳が老犬(シニア期)の目安と考えられることが多いです。

犬年齢で7歳前後の犬に粗相が増えてきた場合、その原因は老化である可能性も高くなります。

犬も、老化していくことは人間と変わりがなく、若い時のように膀胱におしっこをたくさんためることができなくなるので、おしっこの回数が増えていきます。

尿意を感じる神経の伝達も鈍くなっているのに加えて、筋力も低下している為にトイレまでの移動に時間がかかり、その結果、トイレに間に合わないなどということも起こりやすくなります。

うんちの時も、いきむ力も弱くなり完全に排泄してしまえないことが増えます。

肛門括約筋も緩むので、トイレ以外のところで自分の意志と関係なくもらしてしまうこともあります。

人間も、年をとるほどに排泄のトラブルが増え、紙パンツやおむつを使う必要が出てきたりしますが、犬にも同じことが起こるのです。

さらに、犬にも認知症があり、そのような病気が粗相に関係してくることもあります。

【犬の認知症の参考記事】

>>犬の認知症が始まる年齢と発症しやすいとされる犬種について

>>止まない徘徊は犬の認知症の症状?診断はどのようにされるのか?

老犬のトイレの失敗 まず考えるのは

犬が老犬と呼ばれる年齢になっていて、それまでにはなかった粗相に気付いた時、そしてそれが度重なるようになった時には、まず病気がないかということを考えてみて下さい。

老犬には、腎機能の低下などの内臓の問題も起こりやすいです。

また、膀胱炎などは老犬に限る病気ではないですが、老犬では特に、おしっこを出し切れずに膀胱内に残りやすく菌が繁殖しやすい条件になるので、若い時以上に膀胱炎を起こしやすくなります。

膀胱炎になると、おしっこの回数が増える為、ますます粗相が起こりやすくなります。

そして全身の抵抗力も落ちてくるので、そのような病気が治りにくく、治っても再発しやすいという問題が生じます。

あるいは、認知症が原因で、暮らし慣れたはずの室内の配置に迷い、トイレの場所がわからなくなって粗相するかもしれません。

あるいは、おしっこを漏らすこと自体がひとつの症状として出てくるかもしれません。

老犬では、身体的な病気が粗相の原因として隠れていることがあるので、まずは体調をよく観察し、何となく様子がおかしいと思うことがあれば、まず医療機関を受診させましょう。

老犬の粗相への対策で改善できること

老犬に粗相が多く見られるようになった時の対策を挙げてみましょう。

トイレ対策

トイレに間に合わないということが多くなってきたら、トイレの数を増やす対策もあるのですが、新しく増えたトイレの場所を覚えることもまた、難しいかもしれません。

それよりも、トイレシートをトイレの周囲に敷いてトイレの範囲を広げてやるという対策の方が、多少犬の動きが鈍くても、トイレからはみ出しにくくなり、老犬には使いやすくなるのではないかと思います。

周囲のシートが滑りにくいように、裏面をテープなどで固定するというような対策もしておいた方が良いかもしれません。

そして、トイレの場所と、いつも老犬が休んでいる場所との距離を近づけるようにしましょう。

トイレがあまりにも寝床の近くにありすぎることを犬は好まないのですが、トイレに移動しやすいよう、遠からず、そして動線に障害物のないように工夫する対策は必要かと思います。

老犬の運動機能を維持することもまた必要ですので、犬の動き方に合わせながら、移動に無理のない距離を調整してやるとよいと思います。

室内環境の対策

上記しましたが、老犬の居場所からトイレまでの動線上にできるだけ障害物がないようにすることは一つの工夫です。

でも、その対策の為に大きく模様替えをしてしまうと、老犬の場合は新しい室内の配置がなかなか覚えられず、戸惑って粗相が増えてしまうかもしれません。

できるだけ大きな模様替えはせず、動線を確保しつつ、老犬が慣れている室内環境を維持できる工夫も必要です。

クッションやマットなどは粗相の場所になりやすいので、もし他の場所に移せるのでしたら、犬の近くからは移動させた方が良いかもしれません。

床には、撥水加工のタイルカーペットなどを敷いておくと、粗相があっても汚れた部分だけはずして洗え、掃除対策には便利です。

老犬は、足腰の筋肉も衰えていき滑りやすくもなりますので、タイルカーペットなどは滑り止め対策にも有効です。

【参考記事】

>>これで解決!犬が粗相した時のカーペット・畳の掃除法

>>犬の粗相に使える消臭剤 掃除の必需品!おすすめ7選

散歩の対策

外でのおしっこが習慣になっている場合、トイレの回数が増えて来るので、できれば散歩時間の間隔を狭め、少し回数を増やすという散歩対策も必要です。

動きが悪くなり、散歩に出られない時の為に、室内トイレ対策もしておく方が無難です。

室内トイレの近くに植物などをレイアウトして、外の雰囲気を演出してみるのはいかがでしょうか。

スペースも必要ではありますが、これで外派の犬が室内排泄に慣れてくれる場合もあるようです。

おむつでの対策

粗相がひどく、尿漏れなどがあってどうしても排泄コントロールが難しければ、犬用のおむつでの対策が必要な場合もあります。

体格によっては、犬用ではなく人間の赤ちゃん用のおむつの方が使いやすいこともあります。

その場合は、尻尾を出す部分を切ってあげないといけないので、手間が少しかかりますが、もし犬用のおむつのちょうどいいものがない時などには試してみてもよいかもしれません。

そして、おむつを付けたからと言って、ずっと着けっぱなしではいけません。

においの元にもなり、不潔になりますので、定期的に交換して清潔にし、菌の繁殖などの感染対策が必要です。

長時間おむつを着けることで皮膚が蒸れて皮膚病にもなりやすいので、おむつを着けてない時以上に気遣ってあげて下さい。

【参考記事】

>>老犬介護で問題になる床ずれの3大要因とグッズ利用による予防法

また、老犬に備わっている「自分でトイレに行く」という能力を完全に奪ってしまってはよくないです。

飼い主さんがお世話できる時は、できる範囲でおむつをはずし、おむつは老犬の粗相対策としての必要最小限の使用にしましょう。

その他

寝たきりに近い状況になり、介護レベルが高くなってくると、自力でおしっこを全部出すことができなくなることも考えられます。

その場合、腹部を圧迫しながらおしっこを出すという介助が必要になってくるかもしれません。

うんちも寝たままで出せるような対策が必要になるかもしれません。

こういう介助が必要な状況では手技が必要で、知識がないままにむやみやたらと圧迫すると、膀胱破裂などの危険もあります。

排泄の介助が必要な時は、病院で正しい指導を受けるようにして下さい。

粗相する老犬への対応で気を付けること

老犬に限らず、犬への対応で鉄則のようなものですが、粗相が増えても決して感情的に犬を怒らないようにして下さい。

飼い主さんの怒りを理解した犬は、飼い主さんの前で一生懸命排泄を我慢しようとしてしまうかもしれず、それは膀胱炎や腎臓病などの病気に繋がってしまいます。

老犬の粗相は「犬も人間同様に年を取ったということ。老犬に粗相は当たり前」くらいの気持ちで、優しく受けとめてあげて下さい。

粗相が増えて来たのは、犬が年を取り介護が必要になってきたという兆候のひとつでもあります。

これから老犬のお世話は大変になるかもしれませんし、飼い主さんにかかる負担が増えるかもしれません。

何より、犬も老いて変化していく体調に不安を感じているかもしれません。

老犬の粗相が多くなってきて少し大変になり、もし気持ちに余裕がなくなってきても、どうか受け入れてあげて下さい。

年を取れば介護は必要なものなのです。

もしかしたら老化によって記憶が曖昧になり、基本的なしつけも忘れていっているかもしれませんが、老犬がまだ動ける間は、たとえ忘れてしまうとしても、トイレのしつけを継続していってあげましょう。

老犬の粗相は子犬の粗相と違って、これからしつけをしっかりやって自立させていくという種類のものではありません。

しかし、それも老犬の精神面へのよい働きかけになります。

そして、老犬がトイレでおしっこできた時は、子犬のようにしっかり褒めてあげて下さい。

 

まとめ

老犬の粗相対策に疲れてしまった時は、一緒に過ごしてきた昔のことなどを思い出してみて下さい。

こんな時間があとどのくらい残されているのか、考えてみると、一緒にすごす時間の大切さや犬への愛しさが増してくるのではないでしょうか。

犬はどんな時もあなたを信頼して生きてきて、あなたが全てです。

老犬になるまであなたに寄り添ってきたのです。

対策を工夫しながら、貴重な日々を最後まであなたと幸せに過ごせますように。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

犬用サプリで免疫!犬康食・ワンプレミアムの口コミと 評判

口臭が気になる犬の歯周病 歯磨きケアで歯石の付着を予防しよう


あわせて読みたい記事はこちら


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"