子犬が来たら教えたい!しつけはいつから始められる?

子犬を家に迎えたら、教えたいこと、教えなければいけないことがたくさんありますね。

トイレやおすわりやお手、覚えてくれるだろうか?うまく教えられるのか?不安です。

そもそも子犬のしつけはいつから始められるものなのでしょう?

今回は子犬にしつけをする意味と、いつから開始できるのかについて解説したいと思います。

スポンサーリンク

子犬にしつけが必要な理由

自由奔放な子犬の行動は、どれをとっても問題となるものは基本的にないのです。

子犬が、吠えたり噛んだり、また好きなところでおしっこをしたりする、それは問題なのではなく生まれながらの当たり前の行動です。

それが問題とされるのは、人間と共存するという環境の中にいるからこそと言えます。

子犬が犬の群れの中で暮らして行く時にもやはりルールがあり、それに従う必要があります。子犬はそのルールを母親からのしつけで教わり、また、きょうだいと遊びながらその関わりを通して、自然に身に着けていきます。

しかし、人間と暮らす為に必要なルールは、人間がきちんとしつけをしなければ、何も覚えられないまま成長してしまいます。

そのようにして、何も知らないまま大人になった子犬は、人間の都合や暮らし方とは関係なく、犬の本能のままに行動しますので、それが人間との共存において、やがて問題行動と呼ばれるものになってしまうのです。

子犬の頃には体も小さいゆえに、それほど問題にならなかったことでも、成犬になってから同じことをすれば大きな問題に繋がってしまうこともあります。

たとえば、その代表的なものが噛むという行為でしょう。

人間も犬もお互いに不幸なことにならない為に、人間と暮らす犬は、人間と暮らしやすくなるための必要なルールがあることを覚え、それに従えるようにならなければなりません。

そして、そのことがストレスにならないようにする為には、子犬の頃から最低限のしつけをして、望ましい行動を習慣化させておく必要があるのです。

スポンサーリンク

子犬のしつけ開始 いつからが理想?

家に迎えることができるくらいの子犬は、もう生後2ヶ月くらいになっていることでしょう。

結論から言えば、しつけはその時期から始めることができます。

生まれたばかりの子犬は、母犬からたっぷりと愛情を注がれ、付きっきりで世話をされて育ちます。そして子犬が少し大きくなると、母犬は少しずつ子離れしながら、子犬を自立させる為のしつけを始めます。

生後2ヶ月頃の子犬は社会化期という時期にあり、社会化のしつけが最適なのは生後2~3か月と言われています。つまり、お迎えした頃というのは、むしろしつけを始めるのに理想的な時期です。

【生後2ヶ月のトイレのしつけ】

生後2ヶ月で上手にしつける!子犬のトイレトレーニング

犬を迎えた時に最初にしつけるのは、トイレのしつけではないでしょうか?

犬の年齢を人間の年齢に換算すれば、生後2ヶ月くらいはまだ1歳くらいの赤ちゃんです。

しかし子犬の成長はとても早く、生後半年も経てばすでに幼稚園に行くくらいの年齢になっていますので、決してしつけが早すぎるということはありません。

また、しつけは最低限のルールを教えていくことであって、何かを目的にした訓練をすることとは意味が異なります。

生後4ヶ月くらいまでの社会化期には、その時期を有効に使えるよう、その時期にしかできないしつけを優先させ、今できなくても後で修正できるような緊急性のないものは、とりあえず後回しにしてかまいません。

この社会化期という時期は、子犬がさまざまな刺激を受けながら、それでも恐怖を感じずにすむようになるために日常の出来事や人に慣れるということが目的になります。

人間や飼い主さんに対する信頼を構築し、これから遭遇する新しい世界にも楽な気持ちで挑んでいける為の強い土台を作るしつけです。

子犬を迎えたばかり いつからしつけする?

迎えたばかりの子犬には、全てが新しい環境であり、とても大きなストレスがかかります。体力を落としやすく、無理をすると命にかかわる事になるかもしれません。

とてもデリケートな時なので、迎えて一週間くらいはできるだけそっとしておいて、必要以上に刺激をせずゆっくり休めるようにしてあげて下さい。

少しずつ環境に慣れてくるのは2週目以降くらいからになると思いますが、いつからしつけを始めるかは個体差も考え、子犬の様子に合わせながら、焦らずに始めるようにして下さい。

子犬の甘噛み いつからしつけする?

【子犬の甘噛みについて】

甘噛みはしつけのチャンス!子犬が噛むのをやめさせる方法

子犬の甘噛みは、幼い頃には問題になることが少ないのですが、放置しておくと成長してから重大な事故に繋がる可能性のあるものですので、子犬のうちに矯正しておく必要があります。

たとえ甘噛みであっても、絶対に人を噛んではいけないとしつけ、甘噛みをやめさせないといけません。

甘噛みが始まるのは生後3~4ヶ月くらいですが、甘噛みという行動が見られたら、いつからでもすぐにしつけを始めましょう。

子犬のおすわり いつからしつけする?

おすわりは子犬のしつけの中ではそれほど緊急性の高いものではありません。

おすわりの体勢は教えなくても自然にできているものであり、それと指示を結びつけて覚えさせることはそれほど難しいことではないので、いつからでもしつけられます。

おすわりができるようになると、その後に続くしつけがしやすくなりますが、他に優先されるべきことがあるので、緊急性の高いものから選んで取り組む方がいいと思います。

子犬のしつけでは、まずはトイレのしつけ、甘噛みのしつけ、そしてある一定の時期にしかできない社会化のしつけが重要になってきます。

おすわりはいつからでも覚えることができますので、遊びの中で楽しみながらゆっくり教えていくことができればよいのではないかと思います。

子犬の社会化について

まだ幼い子犬の社会化期に行う「社会化」というしつけの目的は、遊びやゲームを通して「飼い主さんや人間と過ごすことは楽しいこと」「飼い主さんとは毎日おいしいごはんをくれる優しくて信頼できる存在」「飼い主さんと一緒にいることは自分にとって安心なことである」「人間と一緒に暮らすということは素敵なことであり、恐いことも嫌なことも起こらない」というような、子犬にとって「信頼」と「快」のイメージをたくさん教えることです。

また、様々な景色や音、他の犬や人との出会いを体験し、この時期に十分に新しい刺激に慣れることによって、これから先に必要となるしつけの場面でも、人間を信頼しストレスを抱えることなく楽しんでそれを受け入れていけるようにする為のステップになります。

この社会化ができているかそうでないかは、その後子犬が出会うであろういろいろな出来事への適応力に大きく影響してくるので、生後4ヶ月くらいまでの社会化期には、厳しいしつけや不快なことをせず楽しいことを経験させてあげることが大事です。

 

まとめ

子犬のしつけがいつからできるのかについては、家に迎えた子犬が環境に慣れてきたら開始することが可能です。

ただ、しつけの中にも緊急性の高いものとそうではないものがあり、全てがいつからと言うのではなく、その優先度によってしつけの時期が違ってきます。

しつけの一般的なイメージは、おすわりができることだったりお手を教えることだったりするかもしれません。

しかし、しつけとはそういうことではなく、人間と共存する為の最低限必要なルールや、人間と一緒に楽しんだり遊んだりできるようになるための方法を教えることと言えるでしょう。

いずれにしても、一度にあれこれをしつけようとして詰め込むことは、お互いに無理になります。

子犬に苦痛にならないように、そして飼い主さん自身も楽しみながら、いつからということにとらわれずその成長に合わせて進めていくようにすると良いのではないでしょうか。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

初めての首輪!子犬が無理なく着けられるようになるしつけ

いつでも注目できるしつけ!子犬がアイコンタクトできる時期

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!