子犬が来たら教えたい!しつけはいつから始められる?

子犬を家に迎えたら、教えたいこと、教えなければいけないことがたくさんあります。

トイレやおすわり、お手など、覚えてくれるだろうかという不安もあります。

子犬のしつけはいつから始めると無理がないでしょう?

今回は、子犬のしつけの目的と、いつから始めたら良いのかについて解説します。

スポンサーリンク

子犬にしつけが必要な理由は人との快適な共存のため

自由奔放な子犬の行動は、そのどれをとっても、問題となるものは基本的にないのです。

子犬が、吠えたり、噛んだり、または好きなところでおしっこをする、それらは問題なのではありません。

犬という生き物にとっては、生まれながらの当たり前の行動です。

それが問題とされるのは、人間と共存するという環境の中にいるからこそです。

子犬が犬の群れの中で共同で暮らして行く時には、そこでのルールというものが存在し、子犬は自然とそれに従うようになります。

子犬は、そのルールを母親からのしつけで教わり、そして、きょうだいとの関わりを通して、自然に身に着けていくのです。

しかし、人間と暮らす上で必要なルールは、人間がしつけという形で教えてやらなければ、子犬は何も覚えることができないままで成長してしまいます。

しつけをされず、何も身に着けることができないまま大人になった子犬は、人間の都合や暮らし方などはおかまいなしで、犬の本能のままに行動します。

そのふるまいは、人間との共存において、やがて問題行動と呼ばれるものになってしまうのです。

 

子犬の頃には、体も小さいゆえにそれほど問題にならなかったことでも、成犬になってから同じことをすれば、大きな問題に繋がってしまうこともあります。

たとえば、その代表的なものが噛むという行為です。

人間も犬も、お互いにトラブルなく幸せに暮らす為には、人と暮らす犬は、人と暮らしやすくなるためのルールがあることを覚え、それを身に着けていかなくてはなりません。

そして、それをストレスと感じないようにする為には、子犬の頃から最低限のしつけに慣れ、人との暮らしの中での望ましいふるまいを習慣化させておく必要があるのです。

スポンサーリンク

子犬の社会化期はしつけの開始に最適

家に迎える子犬は、生後2ヶ月を過ぎている頃ではないかと思います。

結論から言えば、その時期にはもう、しつけを開始することができます。

生まれたばかりの子犬は、母犬からたっぷりと愛情を注がれながら、24時間付きっきりの世話をされて育ちますが、子犬が少し大きくなると、母犬は、少しずつ子離れしながら子犬を自立させる為のしつけを始めるのです。

生後2ヶ月頃の子犬は社会化期という時期にあり、母犬やきょうだい以外の存在や関わり方を認識し、好奇心も旺盛で、自分を取り囲む環境からの刺激を吸収しやすくなってきます。

つまり、社会化のしつけが最適なのは、生後2~3ヶ月と言われ、家にお迎えした頃というのはしつけを始めるのに理想的な時期とも言えるのです。

子犬のしつけの中で、最初に取り組むのがトイレのしつけではないかと思います。

犬の年齢を人間の年齢に換算すれば、生後2ヶ月くらいの子犬は、まだ1歳くらいの赤ちゃんです。

しかし、子犬の成長はとても早く、生後半年も経てば、すでに幼稚園に行く子供くらいの年齢になりますので、決してしつけが早すぎるということはありません。

また、しつけとは最低限のルールを教えていくことであり、何か目的を持った訓練をすることとは意味が異なります。

生後4ヶ月くらいまで続く子犬の社会化期は、その時期を有効に使えるよう、その時期にしかできないしつけを優先させると良いです。

後で修正の効くような緊急性のないしつけについては、とりあえず後回しにしてもかまいません。

社会化期という時期は、子犬がさまざまな刺激を受けながら、それでもこれから先、恐怖やストレスを抱えることなく生きていけるように、日常の出来事や人に慣れるということが目的になります。

飼い主さんとの信頼関係を構築し、人と触れ合うことができ、これから遭遇する新しい世界にも楽な気持ちで挑んでいけるよう強い土台を作る、人で言うなら人格形成の時期のしつけです。

子犬の社会化について

まだ幼い子犬の社会化期に行う「社会化」というしつけの目的は、遊びやゲームを通して、子犬の生きていく環境や人間という存在に対する「信頼」と「快」のポジティブなイメージをたくさん教えることです。

「飼い主さんと過ごすことは楽しいこと」

「飼い主さんは毎日おいしいごはんをくれる優しくて信頼できる存在」

「飼い主さんと一緒にいる環境は安心」

「人間と一緒に暮らすということは素敵なこと」

というような、人と暮らすための社会性を子犬に覚えこませるのです。

また、様々な景色、音、他の犬や人との楽しい出会いをたくさん体験させ、子犬の豊かな感性を養います。

この好奇心旺盛な時期に、飼い主さんに守られながら新しい刺激を一つずつクリアすることによって、子犬が人を信頼し、ストレスを抱えることなく、これからの犬生を穏やかに生きられる為のステップにすることができます。

この社会化ができているかそうでないかは、その後、子犬が出会うであろういろいろな出来事への適応力に大きく影響してきます。

生後4ヶ月くらいまでの社会化期には、厳しいしつけや不快なことをせず、より多くの楽しいことを経験させてやることが何よりも大事です。

迎えたばかりの子犬のしつけはいつから可能?

迎えたばかりの子犬にとっては、家の中や出会う人、飼い主さんの家族も、全てが新しい環境であり、とても大きなストレスがかかります。

その為、体力を落としやすく、ちょっとしたことでも命にかかわる事になりかねません。

とてもデリケートな時期なので、迎えて一週間くらいはできるだけそっとしてあげて、必要以上に刺激することなく子犬がゆっくり休めるようにしてあげて下さい。

少しずつ環境に慣れてくるのは2週目以降くらいからになるでしょう。

いつからしつけを始めるかはその子の健康状態などを考え、子犬の様子に合わせながら焦らずに始めて下さい。

【参考記事】

>>生後2ヶ月で上手にしつける!子犬のトイレトレーニング

子犬の甘噛みのしつけはいつから?

子犬の甘噛みは、幼い頃には問題になることが少ないのですが、そのまましつけせずに放置しておくと、成長してから重大な事故に繋がる可能性のあるものです。

甘噛みは、子犬のうちに矯正してあげて下さい。

【子犬の甘噛みのしつけについての参考記事】

>>甘噛みはしつけのチャンス!子犬が噛むのをやめさせる方法

たとえ甘噛みであろうとも、絶対に人を噛んではいけないということをしつけして教えてあげなくてはいけません。

甘噛みが始まるのは、大体、生後3~4ヶ月くらいです。

しかし、甘噛みという行動が見られたらいつからでも、すぐにしつけを始めて良いです。

子犬のおすわりのしつけはいつから?

おすわりは、子犬のしつけの中ではそれほど急いで教える種類のものではなく、焦る必要はありません。

そもそも、おすわりの体勢は、教えなくても自然にできている体勢です。

それを指示と結びつけて覚えさせることはそれほど難しいことではなく、いつからでもしつけられます。

おすわりができるようになると、その後に続くしつけもしやすくなります。

ただ、覚えやすいしつけなので、トイレのしつけなどを優先しながら、遊びの中でゆっくり教えていくことができればよいのではないかと思います。

【参考記事】

>>すぐに覚えられるしつけ!子犬におすわりを教えよう!

 

まとめ

子犬のしつけは、迎えた子犬が環境に慣れてきたら開始することができます。

しつけとは、人間と共存する為の最低限必要なルールや、人間と一緒に楽しんだり遊んだりできるようになるための方法を教えることです。

一度にあれもこれもしつけようと焦らず、子犬の苦痛にならないように、そして飼い主さん自身も楽しみながら進めていきましょう。

しつけはいつからということにとらわれるのではなく、その子犬の成長に合わせてあげて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

>>いつでも注目できるしつけ!子犬がアイコンタクトできる時期

>>デメリットも調べよう!ペッツベストのペット保険・口コミ評判

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!